« 宇600K前半 | トップページ | 宇600後半の後半 »

2008年8月 5日 (火)

600K後半

相馬→名取

性格的にも体質的にも長い時間休めないほうなので、おにぎり2ヶをいそいで食べ、ボトルに水を入れて即出発。 

ここからは平坦なので、腰がすごく楽。 海沿いを走ってるんだけど、なかなか海が見えず、匂いもしない、が・・・・

015 021 022

←ついに見えてきました「海」! ここらへんから早くも折り返してくる参加者とすれ違い始める。

025 ←こういうのを見ると、あ~宮城県まで来たんだな~と、感慨もひとしおです(^^)。 

027 ←阿武隈川の河口に架かる「亘理大橋」

028 ←仙台空港の近く。 着陸誘導灯の真下を通過するので、着陸を見たかったけど、2~3分の差で見られませんでした(T_T)。

029 ←名取のPCはサイクリングターミナルなんだけど、花火大会とかでこの写真の先に行くと出られなくなっちゃうとかで、ここが臨時のPCになってました。 ちょうどPM5着。

折り返してくる参加者の人たちが親切に教えてくれたので助かりました。 ありがとうございました<(_ _)>。 「宮城」のスタッフの方も、こんなところでいつ来るかもしれない参加者を待つなんて、ご苦労様でした。

かなり大きな花火大会らしく、ゆかたを着た若い女性が大勢いて、すごく華やかでした。 やっぱり日本の女性にはゆかたが似合いますね~(^^)。 後ろ髪をひかれる思いで、PCをあとにしました^^;。

名取→相馬

030_2  ←夕暮れの「亘理大橋」。 この区間は往路を戻ります。 が、途中の「新地」でも花火大会があって、一方通行。 自転車なのでおまわりさんは通してくれたのですが、狭い道に車がひしめき、その中を逆走するので、大変危険。

気がついたら、なんだか住宅地の中の狭い道に。 往路でこんなとこ通過した記憶がない! 標識も何もないので、ここがどこだかもわからない(T_T)。

戻ろうか悩んだけど、「まあいいや、行っちゃえ」という、いつもの単純さが出て、そのまま前進。 後ろでは花火大会が始まったようで、ドドーンという音が。

あ~、あと2~3分遅く通過すれば見られたのにな~^^;。 で、結局、道は合ってました(^^)。 相馬のPCにはPM7:58着。

相馬→霊山

相馬のPCを出てすぐに、複合商業施設から出てきた軽とあやうくぶつかりそうに! ママチャリでスピードが出てなかったのと、こちらが先に気がついてブレーキかけたので、すんでのところで回避。

このやろーって思った瞬間、運転していたあんちゃんが「ご~めぇ~ん、じぇんじぇん見えんかった~」と、強烈な方言であやまってきた。

それを聴いた瞬間、「あ~、ここは東北なんだな~、オレはママチャリで東北まで来たんだな~」という思いが、おもわず笑みをもたらしていました(^^)。

あんちゃんは大げさにバックしてくれ、そのあと私を追い抜いてゆく時にクラクションで挨拶。 私も手を上げて答えました。 けんかしなくて良かったな~^^;。

ところで、ここからは長い登りが待っているのですが、プロフィールマップでは25kだかの登りだけど、勾配は2.5%ぐらいだろうなんてたかをくくっていたら、だんだん勾配が急になり、しかも延々と登る。

途中で腰が痛くなり、痛み止めを飲み、塗り薬もぬる。 それが効くまでの間は押しを多用。 が、疲れてるせいで押すのもかなりきつい、心拍が一気に上がっちゃう。

頂上付近も、なんとなくゆるい登りで、どこが頂上なのかわからない。 霊山の看板あたりから下り始め、だんだんスピードが上がるけど、初めての道で乏しいライトの明かりでは、怖くてあまり飛ばせない(ーー;)。

いくら下っても山の中で、こんなところに次のコンビニがありそうには思えず、不安になる。 下りすぎちゃって登り返しなんて、絶対にやだからね~。 コマ地図とメーターの距離を確認しながら下る。

と・・・お~、前方にコンビニが! 何人かの参加者の影も見える! 良かった、安心しましたよ。 霊山PCにPM11:05着。 ここでは、たんぱく質をってことで、太い「まるかじりソーセージ」105円を食べた。

この先、眠気が予想されるのでカフェインの錠剤を飲む。 ちょうどS藤さんがいたので、S藤さんにもあげた(効果はどうでした?)。

またまた長くなっちゃったので、後半の後半へつづく~(←またかよ^^;)

|

« 宇600K前半 | トップページ | 宇600後半の後半 »

コメント

相馬から仙台空港は去年一度だけ走りましたが、大型トラックが多くて怖かったです。それに思いの外海が見えませんでした。でも亘理大橋を渡りながら、阿武隈川の河口ってでかいんだなあと感動しました。
その時も暑くて閉口しましたが、“へばなさん”たち選手の方は名取が中間折り返しなんですものね。それに25キロの上りなんて聞いただけでも完全に負けてしまいます。腰の痛みと相まって本当に苦しい想像を絶する闘いだったのですね。

投稿: koji | 2008年8月 5日 (火) 19時38分

kojiさんへ・・・あっちのほうまで走られてるんですか! 県道10号線は車が多いので歩道を走りました^^;。
 霊山への登りには負けました。 夜目にも前方はるかに山の稜線が見えるので、あそこを越すのかと思うとくじけそうでした(T_T)。 頂上がわからず、通過する車のテールランプが下におりて行くのを期待しながらの走りでしたが、全部上にあがって行きました(ーー;)。

投稿: Oです | 2008年8月 5日 (火) 21時13分

またまたお疲れ様です。
後半の後半は、さらにきつそうなルートにいよいよ突入ですね。
しかし、シングルギヤのみでの登り、想像がつきません。
腰痛に加えて、この先は睡魔との闘いが待っているのでしょうか?

投稿: rqmdq437 | 2008年8月 5日 (火) 21時58分

rqmdq437さんへ・・・シングルギヤで走ってると、多段ギヤのありがたさが良く分かります^^;。
 そうです。二日めの夜の眠気が大敵なんですよね(-_-)zzz。

投稿: Oです | 2008年8月 6日 (水) 07時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« 宇600K前半 | トップページ | 宇600後半の後半 »