« 笹越路 | トップページ | 正常範囲 »

2008年9月29日 (月)

ハンドル周りを

今日は非番。 でも朝から小雨が(T_T)。

やる気の有るときなら、カッパ着てでも大平山くらいは行っちゃっただろうけど、もうそんな元気はありません(^_^;)。

つーことで、午前中はダラダラとして、午後になってからビアンキとママチャリのハンドル周りの改造を。

ビアンキのほうは、ハンドルを回してグリップ位置が少し前に出るようにしただけなので、割合簡単でした。

けれど、ママチャリのほうは、グリップ位置をかなり前にしないと窮屈で、これが腰痛の原因かもなので、かなり悩む。

そもそも改造は加えないのが基本だったはず。 でも、腰がだめになっちゃっては元も子もないしね~(^_^;)。

まあ、一度はノーマルのままで600kmまで行ったから、これからは改造してもいいかな~ということで、やっちゃいました。

001 002

←で、こんな感じになりました。 ややフラットぎみのバーに、バーエンド、それにブレーキの補助レバーを付けました。

これでグリップ位置(バーエンドの位置)はかなり前に出た。 もうちょい出したいけど、カゴがじゃまでダメ。 高い位置までだせて、突き出し寸法の長いステムを買えばOKだけど、今回は手持ちの部品だけでやりました。

どんな具合なのか、明日の通勤で多少はわかるかな(^^)。

|

« 笹越路 | トップページ | 正常範囲 »

コメント

実質的にブルホーンハンドルですね。2ポジションとれて長距離によさそうです。

投稿: sakakaze | 2008年9月29日 (月) 20時17分

sakakazeさんへ・・・腰の違和感がママチャリの時にだけ現れるので、仕方なく改造してしまいました^^;。
 とりあえずは、これで山登りしてみます。 あとは、すべらないペダルでしょうか。 だんだん改造点が増えちゃいそうです<(_ _)>。

投稿: Oです | 2008年9月29日 (月) 22時02分

これで腰痛が無くなればいいですね。わたしはロードで長距離を走るときに、きつい前傾からママチャリスタイルにするととても楽に走れるのを実感していました。そこでステムを90mmから60mmに変更して楽に姿勢を立てられて、ママチャリスタイルに近づくようにしました。
“へばなさん”のママチャリは効率の良いペダリングが出来るようにサドルを上げてあるようですので、相対的にハンドルが低くなり、その結果腰の前傾がきつくなり腰痛が発生したり、より体重がかかって手に負担がかかっているような気がするのですが・・・。
サドルを高くした分、ハンドル位置を上げる工夫をして、ママチャリスタイルを維持できるようにしたらどうなんだろうなどと考えていました。

投稿: koji | 2008年9月29日 (月) 22時35分

うーん・・・、さすがママチャリとは思えないハンドル周りにしちゃいましたね
太平山でこんなママチャリが付いて来たら、マジにビビりますよ。自分なら、止まって先に行かせちゃいますよ

投稿: Masa | 2008年9月30日 (火) 05時54分

kojiさんへ・・・まったく、おっしゃるとおりなのですが、坂になると腰に違和感(痛くなる寸前の)が出ちゃうんです。
 もしかすると、ハンドル位置のせいではなく、変速ギヤが付いてないせいかもしれませんが、とりあえず、これでちょっと走って様子をみてみます。

投稿: Oです | 2008年9月30日 (火) 06時46分

Masaさんへ・・・ちょっとやり過ぎでしょうか? 私の場合、ロード以外はすべてこの方式にしてあるので、やってみました。
 これで山登りで腰が痛くならなければよいのですが。 あとは、手が痛くならないようにクッション関係をどうするかですね(^_^;)。

投稿: Oです | 2008年9月30日 (火) 06時51分

自分の無印ママチャリは、130mmのステムを付けてあります。
200kmくらいまでなら走れますけど、それ以上だとドロップハンドルのようにポジションを変えられないので、腰にきそうです。
と言っても、短くても上半身が起きてしまうと効率が悪そうな気がしてしまいます。
※ロードの前傾にこだわりすぎ>じぶん。

投稿: rqmdq437 | 2008年9月30日 (火) 22時50分

腰痛がでるのならママチャリにこだわらなくとも良いのではないでしょうか。
ロードのポジションが身体に良いのならどんどん改造してロードポジションのママチャリというのもありでしょう。
どんな形になるのか想像出来ませんが。

投稿: おいちゃん | 2008年9月30日 (火) 23時53分

rqmdq437さんへ・・・130mmくらい出てたら楽になると思います。 前カゴを浅い物に替えるとかすれば可能ですね(^^)。
 やはり前傾ポジションは必要ですね。 なぜロードがああいう形になったのか、ドロハン・ギヤをふくめて、わかりました^^;。

投稿: Oです | 2008年10月 1日 (水) 07時11分

だんだんママチャリが進化していますねぇ(^^) 純正のママチャリハンドルではどうしても姿勢が立ってしまい腰に負担がかかる ましてはO花さんのように長距離を走るのでしたら立姿勢は厳しいよ! 腰に負担のかからない前傾姿勢がベストです ハンドルを交換したのは正解です(^^)v 私もママチャリ姿勢だと5キロで腰が痛くなりますがロードレーサーなら80キロはもちますから…。

投稿: 鯰のS崎 | 2008年10月 1日 (水) 07時13分

おいちゃんさんへ・・・まったくおっしゃるとおりなんですが、どうしても自分としてはママチャリの「形」をくずしたくないので、そこが悩みどころなんです^^;。
 もともと、ママチャリの形に惚れ込んでますので(^^)。

投稿: Oです | 2008年10月 1日 (水) 07時17分

S崎君へ・・・やはり、そのとおりですね。バーエンドを着けただけなのに、かなり楽にスピードが出ます(^^)。
 これで大平山登ってみて、腰がなんともなければ良いのですが。

投稿: Oです | 2008年10月 1日 (水) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笹越路 | トップページ | 正常範囲 »