« 正常範囲 | トップページ | 下野薬師寺 »

2008年10月 6日 (月)

足尾ツーリング

昨日の仕事が激重で、ちょっと腰が痛くなってた。 なので、今日はハンドル周りの確認のために、近場で済ませようと思ってました。

が、今朝寝床の中で本を読んでいたら、偶然、足尾銅山の記事が。 そうだ、久しぶりに「足尾に行こう」ってことになり、急いで準備。

用意が出来て出発したのはAM9:30と、かなり遅め^^;。

粟野町を経由して粕尾峠へ。

001 ←大越路の「町の駅」(←変な名前)は大入り満員。

002 ←峠へ向かう道路は拡張工事してるところがあった。

003 ←途中の急坂では、腰が心配で得意の「押し」が入る(T_T)。

004 ←こんな感じの道を登ってゆきます。

005 ←途中にある「開通記念碑」。 頂上ではなく、中途半端な場所にあるのが変^^;。

006 ←やっとのことで頂上へ到着。 直後にローディーが抜いていった(速っ)。 腹が減ってたので、ここで持って来た弁当を食べた。

007 ←その後、上着を2枚着込んで足尾側へ下る。 寒い! 狭い所に新しい道を造っていた。

008 010 012 017

←今日の目的の「足尾の古い町並み」を散策。 銅山時代の面影が残っている。

014 015

←終点は銅山観光の「通洞坑」。 客は、まばら。 世界遺産をめざしてるようだけど、ちょっと無理っぽい。

016 ←トイレの脇にこんな看板が。 始めて見た。 世界で2例のみとは、こちらのほうが世界遺産に近いかも。

019 ←再び粕尾峠を登り返して帰宅の途に。 足尾側の登り口にある看板。

022

←頂上の看板。 足尾側のほうが、激坂がないので登り易い。 標高1000m越してるんですね、寒いわけだわ^^;。

予想はしてたけど粟野町で雨が降り出した。 カッパを持って来てたので、途中で着る。 雨中走行はブルベで慣れちゃってるので、たんたんと走る。

PM5:30過ぎると暗くなってきたので、前後のライト点灯で家まで。 ハンドル周りの変更は快適でした。 でも急坂でのブレーキングがちょっと甘い。 ここだけが問題点として残りました。  123kmでした。

|

« 正常範囲 | トップページ | 下野薬師寺 »

コメント

“足尾ツーリング”&“ハンドル周り確認”の旅お疲れさまでした。足尾銅山は学校で習ったような気がします。地面の下は今も穴だらけなんでしょうか。
ところで、ハンドル周りの感触がいい結果で何よりでしたね。“へばなさん”の思い立ったら行動にすぐ移すというところ、いつもながら感心してしまいます。
きょうは休みだったのですが先日痛めたらしい腕を診てもらうために病院へ行って来ました。骨に異常なしとのことでしたので、バンザイでした!

投稿: koji | 2008年10月 6日 (月) 12時42分

kojiさんへ・・・足尾へはしょっちゅう行ってるのですが、今まではトレーニングとして行っていたので、ゆっくり見て回る暇は有りませんでした^^;。
 地下洞の総延長は1200kmだそうです。
 腕のケガが重症でなくて、なによりでした。 お大事に!

投稿: Oです | 2008年10月 6日 (月) 19時59分

う~ん・・・、Oさんが押している姿を見ると、「あのOさんが・・・」と信じられない感じですが、バイクはギア無しママチャリ、坂は粕尾峠なので、仕方ありませんね

粕尾って意外と行かないんですけど、8月にみんなで行きました。練習コースには良い所ですね。太平山の激坂を上っているより、よっぽど練習になります。

投稿: Masa | 2008年10月 7日 (火) 04時36分

Masaさんへ・・・最近は腰保護のため、きついところは押すようにしてます^^;。
 祝祭日の粕尾峠はバイクが多いですが、平日なら貸切状態で静かな登りが楽しめます(^^)。

投稿: Oです | 2008年10月 7日 (火) 06時56分

粕尾峠、緑のトンネルみたいで好きです。
でも、今の時期になると、落ち葉が増えていたり、コケが生えていてスリッピーだったりしませんでしたか?
夏場に走った記憶しかないのですが、確かに帰りは冷えそうですね。
しかも雨とは。。
でも、『慣れちゃってる。』と言えるところが凄いです。

投稿: rqmdq437 | 2008年10月 7日 (火) 23時05分

rqmdq437さんへ・・・足尾側の一部に路面が濡れている所があり、そろそろ下りましたが、それ以外は大丈夫でした。
 下が短パンのみだったので、下りが寒かったです。足尾側の方が寒いですね^^;。
 雨といっても、小雨程度でしたので、助かりました(^^)。

投稿: Oです | 2008年10月 8日 (水) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正常範囲 | トップページ | 下野薬師寺 »