« BRM宇600 NO3 | トップページ | BRM宇600 NO5 »

2009年7月 2日 (木)

BRM宇600 NO4

「相馬のPC」を出発して、一路、次のPC「富岡」を目指す。

去年このコースを逆に走った時には、細かいアップダウン&猛暑にやられた、にがい経験がある。

088 ←でも、今回は「おいちゃん」さんが、一緒に走ってくれるというので、話しながら走ってたら、あんがい簡単に通過することが出来ました。  「おいちゃん」さんは、ママチャリのスピードでは、かなり「眠かった」みたい。 ありがとうございました<(_ _)>。

で、富岡PCにはAM0:03着。 ここからは、かなりの「登り」になる。 ライトの電池を交換して、深夜の山道の登りに備える。

「おいちゃん」さんは、ここからは単独で行きたいということなので、お別れして、一人で出発。

富岡のPCには、他に3人ほど参加者が居たので、そのうち追い抜いて来るだろうと、予想していた・・・・が。

089 ←車もほとんど通らない、真夜中の「山道」をひたすら登ってゆく。 沢のゴーゴーという音が「不気味」。 早くあの3人が来てくれないかな~と、後ろを振り向くと・・・・「真っ暗闇」・・・・こわ~い(@_@;)。

しばらく登って、沢から離れ、静かになってくると、ちょっとした「物音」にも敏感になっちゃうし。

と・・・・前方に明かりが! 近づいてみると「電話ボックス」。 こんな山の中になんで? 携帯の圏外だから?

良く見ると、中に若い男が座ってる。 格好からして参加者ではない、かといって、車も見当たらない。 どうやって、こんな山の中まで来たんでしょう?

しばらく登ると、もうひとつ「電話ボックス」が! 今度は、中年の男が電話をかけるわけでもなく、中に立っている。 やはり、車は見当たらない。

ゴールしてから、直前に通過したであろう人たちに聞いても、そんな「人影」は見なかったのだとか・・・・・・(@_@;)。

090 ←いったん下って、今度はもうひとつの「登り」へ。 こちらの方が、道が細くて不気味。 でも、ここでは「宮城」スタートの参加者と何人かすれ違ったので、うれしかったです(^^)。

お互いの姿は見えないので「ベル」を鳴らし「お疲れ~」と挨拶して、すれ違う。 自分の事は棚に挙げ、「頑張れよ~」と、心の中で声援を送る。

やっとのことで頂上を通過し、夜明け前の寒い中をどんどん下って、「小野PC」にはAM4:05着。 スタッフのS藤さんが居てくれて、チェックをしていただく。

パンは飽きてきたので、おにぎりを買って出発。 ここでの、時間の余裕は1時間半。 この先の「石川広域農道」を考えると、それほど充分な余裕ではない。

   つづく(なんだか、終わりが見えてきませんわ)(>_<)。

|

« BRM宇600 NO3 | トップページ | BRM宇600 NO5 »

コメント

ちょっと、ちょっと~~
電話ボックス、怖すぎ~~です

投稿: シー | 2009年7月 2日 (木) 23時02分

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。電話BOX怖え~!!
夜中は走りたくないなあ~。

投稿: アカギヤマ | 2009年7月 2日 (木) 23時22分

こんばんは
自分も似たような経験があります
去年の宇都宮ブルベ300キロだったかな?
回りに何もないところで、カップルが歩いていました
次のPCで聞いたところ、見ていないということでした
霊感が多少あるので....あまりきにしないようにしています

投稿: 井坂@ブルベ | 2009年7月 2日 (木) 23時25分

相馬-富岡ではオジャマ虫させていただきありがとうございました。
そんなペースは私のペースと一緒ぐらいでしたよ。眠気がなければ小野までご一緒したかったのですが残念でした。

投稿: おいちゃん | 2009年7月 2日 (木) 23時30分

山の中の電話BOX、万が一の時無ければ困るし、夜中に人が入っていたんじゃ不気味ですよね。通りかかったらいきなり出てきて、走って追いかけられたりしたら、上り坂だったら自転車は思うように加速できないし、すぐに追いつかれちゃいますよね。あっという間にすぐ後ろまで追いつかれて「がんばれよっ!」なんて言われたら・・・とまどっちゃいますよね。
あれっ、話が変な方向へ・・・。わたしは、こういうのに弱いのです。夜間のブルベは心臓に良くないかもですね。“へばなさん”夏らしいお話でした。

投稿: koji | 2009年7月 3日 (金) 01時08分

おーっ、なかなか怖いシチュエーションですねぇ。そういった話は大好きなんだけど、実際には経験したくないなぁ・・・。

投稿: Masa | 2009年7月 3日 (金) 08時38分

シーさんへ
そうなんですよ! 登りながら「しっかり」見たので、間違いなく「人」が居ました・・・でも「電話」してないのが不気味でした(>_<)。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 20時01分

アカギヤマさんへ
あんな「山奥」に、ふたつも電話ボックスが有るっての自体が、不気味でした。
昼間行ってみたら、無かったりして・・・・こわ~い(>_<)。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 20時08分

井坂@ブルベさんへ
 そ・・その話も「怖い」ですよね~。
日光の杉並木には「首の無い」アベックのライダーが出るって、以前はもっぱらの評判でしたが・・・似た様な話ですね。
 井坂さんは「霊感」があるんですか~(@_@;)。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 20時15分

おいちゃんさんへ
 こちらこそ、ありがとうございました。「ママチャリ」のスピードが「眠気」をさそってしまったのかもしれませんね(^_^;)。
 これにこりずに、またよろしくお願いいたします<(_ _)>。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 20時18分

kojiさんへ
こんど「昼間」に自転車で走って行って、本当に「電話ボックス」が有るか、見て来てください。
 「本宮」から行くと、頂上のトンネルから「富岡」側へ下った右側です。
 「夜中」に行くのは、止めたほうが良いかも・・・でも、下りなら、追いかけられても「ぶっちぎれ」ますかね(^^)。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 20時27分

Masaさんへ
そうなんですよ。 真っ暗な真夜中の山奥を一人ぼっちで走ってたので、ちょっと「びびり」ました(^_^;)。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 20時30分

ひえー。かなり寒いです。
昼間の暑さもコレなら飛びますわ。

もしかして、公衆電話も他の人には見えなかったりして。

投稿: ふつうのパパ | 2009年7月 3日 (金) 21時00分

ふつうのパパさんへ
そうなんですよ、あんな「山奥」に電話ボックスってのが「変」なんですよね~。 しかも、それほどあいだを置かずに、ふたつも!
 あの時は「登る」のに必死だったけど、いま、冷静になって考えると・・・・怖さ倍増です(@_@;)。

投稿: へばな | 2009年7月 3日 (金) 21時40分

疲れからくる幻影だよ。
僕が電話ボックスの横を通ったときは誰もいません。
いやに明るい電話ボックスだった記憶があります。
そんな明るいところに幽霊はいません。
不眠不休で幻影でもみたのでしょう。
きっと。私は犬に吠えられたのが怖いです。
そう言えば犬に追いかけられた人がいてPCで真っ青になっていました。(^^;)

投稿: masa(茨城) | 2009年7月 3日 (金) 21時44分

何度か電話ボックスで仮眠したことがありますが
おっかないのでもう近づけません....

投稿: μ-Tha:キャノン | 2009年7月 4日 (土) 09時09分

masa(茨城)さんへ
私も、最初は「幻影」かと、目をこらして見たのですが・・・・実際に、人が居たんですよ(>_<)。

「犬」のほうは、仕事中に、吠えられたり、噛みつかれたり、しょっちゅうしてるので、それほどビックリはしませんでした(^^)。

投稿: へばな | 2009年7月 4日 (土) 19時46分

キャノンさんへ
なんだか、脅かしてしまって、すみません。 他の人たちは、「見てない」ようなので、私の見間違いかもしれませんので「ご安心」ください<(_ _)>。

投稿: へばな | 2009年7月 4日 (土) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BRM宇600 NO3 | トップページ | BRM宇600 NO5 »