« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

取れました

今度の「宇都宮ブルベ」に向けての、一番の「心配事」だった「休暇」が、今日出た勤務指定表で、ちゃんと取れたことが確認できました(^o^)。

これで参加できることが「確定」しました・・・・・ホッ。 

基本的に「土曜日」は仕事なので、いつも「休み」が取れるのか、発表されるまで「不安」なんですね~(^_^;)。

あとは、私が休んでる間の仕事量が多くなく、他の人に「迷惑」がかからないことを祈るばかりです。

もっとも「ジジイ」が「自転車」で細々とやらせていただいてるだけなので、「あれっ! へばなさん休んでたの?」って感じで、大勢にまったく影響無かったりして・・・・・(T_T)。

| | コメント (9)

2009年7月29日 (水)

石段登りⅡ

この間の「石段登り」のあとは、痛かった「膝」の調子が良くなり、こりゃ~時々やらないといかんでしょう、ってことで、今日もやってきました。

001 ←帰宅後、即着替えて、大平山へ。 夕方の森は「カナカナ」というヒグラシの合唱で、何とはなく涼しげ。

006 ←今日は仕事の後の「疲れてる足」なので、あまり飛ばさず、マイペースで入る(^_^;)。

それでも、最後の頃は、けっこう脚にきてました(>_<)。

膝が痛い時に、石段を駆け上がるなんて、「逆効果」のようにも思えるけれど、それで痛みが無くなるんだから「不思議」だ。

002_2 ←大平山神社には、たくさんの神様が祀られていて、その中に「足尾神社」がある。

祭神が「ヤマトタケル」ってのは、ちょっとアレだけれど、この神様の おかげで痛みが取れたのかも、ってことで・・・・

003 ←「お賽銭」をあげてきましたよ(^_^;)。

004_2 ←たくさんの「絵馬」がかかってて、読んでみると、親や祖父母が、子や孫の「足の病気やケガ」が治りますようにと必死に祈る内容で、胸にジ~ンとくるものがありました<(_ _)>。

帰り際に3人のローディーに会った。 一人は小学校低学年ぐらいの男の子で、「下ハン」持って登ってきてました・・・・すごい!

| | コメント (2)

2009年7月27日 (月)

石段登り

今日は「非番」なんだけど、朝から「雨」予報なので、「休養日」の予定だった。  が・・・けっこう良い天気。 なので、久しぶりに「大平山」へ石段登りに行きました。

膝が痛い時には、「石段登り」をやると、治るんですよね~不思議と(^_^;)。

001 ←青空まで見えていて、雨が降るような感じではない。

002 ←「随神門」に自転車を置き、一度スタート地点まで歩いて下ります。

003 ←隋神門から上をのぞいたところ。 ここからが「キツイ」んですよね~(>_<)。

004 ←くだりながらも、今年になって「初めて」なので、はたして登りきれるのか「不安」になる。

009 ←今回初めて気がついた、スタート地点にある表示板。 神社まで600mなんですね~(^_^;)。

で、スタート! 「さら脚」ということもあって、今年初めてにしては、まあまあの調子で駆け上がれました。

010_2 ←頂上で、今日の大平山神社。  「膝」も、まあまあ(^^)。

なんだか「もう一本」行けそうなんだけど、メチャ「暑い」ので、2本目やって「熱中症」で倒れちゃったら、えらいことだしと・・・・・迷う。

でも、行っちゃいました「2本目」! ここを2回やるのは初めてなので、登りきれるのか「不安」だったけど、2本目なので、だめだったら「歩いて」もいいやってことで、気が楽。

最後はさすがに「暑さとキツさ」で倒れそうだったけど、なんとか「完走」できました(^_^;)。

015 ←終わって、着替えていたら、隋神門のところに「丁石」が有るのに初めて気がついた。 づ~と上まで有るんだろうか? 「胸突き八丁」などと言うからね~。

017 ←帰りに「Hセンター」に寄ったら、「チェーンジョイント」売ってました、98円で。 これでママチャリのチェーンが切れても安心かな?

今、こちらは「雷雨」が通り過ぎた所で、少し「涼しく」なりました(^^)。

肝心の「膝」のほうも、少し良くなったみたいです。 ときどきやる必要があるのかもですね(^_^;)。

| | コメント (4)

2009年7月26日 (日)

暑っ!

001 ←いつものことながら、出発はこんな時間(遅っ!)。

002 ←ここのところ「湿気」が多いせいか、持病の「左膝の痛み」が少し出てきてるので、今日はギヤ付きのMTBで行きます。

時間も時間だし、「暑い」ので、近場の「琴平峠」でお茶をにごします(^_^;)。

005 ←暑い(>_<)。 もう「真夏」ですがな~。 湿気も多いし。

009 ←一本めの葛生側の下りで「ナカマロ」さん親子と遭遇! Mさんの「トレック」はこちらに来てたんですね~。

息子さんは慣れてきたら「ナマズ・プラス」の練習に参加したいそうなので「S崎店長」よろしくお願いいたしますね<(_ _)>。

012 ←今日は、けっこうな人数のローディーと遭遇したんだけど、皆、「対向」ばかり。

そんな中、二本目の柏倉側の登りで、このお方に「撃墜」されました(T_T)・・・・ので、写真を撮って、即、追撃に移る!

が・・・・速い! 結局、見えなくなっちゃいました(>_<)。

014 ←その後の「葛生側」の下りで、なんだか車体が若干ぶれるような挙動を感じた。 で、見てみたら「スローパンクチャー」みたいで、空気が半分くらい抜けてる(T_T)。

とりあえずは、空気を入れて走れるところまで走ろうという作戦に出た。

葛生側の登りは、なんとか持ってくれたので、頂上で再度空気を入れた。

015 ←それにしても「暑過ぎ」! 500mmのボトル3本持って来たけど、一気に500mmくらい飲めちゃうので、いくらあっても足りません(T_T)。

017 ←暑そうな空!

018 019

←帰りに見た、栃木市内の夏祭り風景。 それにしても人数「少な過ぎ」で寂しい祭り(^_^;)。

025 ←帰ってきてから、どうも「パンク」にしては変な空気の抜け方なので、もしやと思って「バルブ」を抜いてみたら、ゴムがダメになってました。

で、新しいものに交換したらOKでした。 パンクではなかったんですね~(^^)。  47kmでした。

| | コメント (17)

2009年7月22日 (水)

ブリッツェン

昨日、帰ってきてから「ポスト」を開けてみたら、「封筒」が・・・・。

中身はなんと、

005 ←「ブリッツェン」のステッカーでした! 知り合いの方が「プレゼント」してくれたんですね~(^o^)。

ありがとうございました<(_ _)>。

でも、このステッカーを「ママチャリ」に貼るのは、ちょっと「もったいない」気がしますね~。

どうしようかな~、うれしい「迷い」です(^^)。

| | コメント (6)

2009年7月21日 (火)

昨日の詳細

005 ←なんでも「敵機」はAM8頃、東武日光駅を出撃するらしいので、こちらはAM4に出発! 夜明け直前ですね。 ちょっと「寒い」(^_^;)。

011 ←「鹿沼」あたりまで来ると、日が昇って暖かい。

012 ←今市の「松月氷店」の前を通過。 まだAM6:50なので開いてません。 月曜は「休み」らしいので、帰りにも開いてるかどうかはわからない。

013 ←「大谷川」の橋の上から。 くっきり「男体山」が見えて、最高の天気(^^)。

015 ←今市側から「大笹牧場」への登りに入る。

016 ←この山の上に牧場があるんですね。

019 020

←「艱難辛苦」やっとのことで牧場に到着!

で、反対側へくだるんだけど、これが「ちょー寒い」。 登りが暑かったので、ヤッケ着ないでくだっちゃったら、もう「震え」が来そうでした(T_T)。

オートバイのライダーさん達は、ジャンバーなど着てて、もう「冬装備」ですがな~。 そんな中を「Tシャツに短パン」ですから~(>_<)。

021 ←くだり終わった、このT字路は左折です。

022 ←車がほとんど来ないこの道は最高! でも、なんだか「涼しくて」高原は、早くも「秋」の装いか?(早過ぎ)。

023 ←おいしい空気のなかを走ってゆくと・・・・・。

024 ←新道の「トンネル」です。 でもトンネル嫌いな私は、直前を右折して「旧道」を行きますよ(^^)。

025 ←がっ! 「通行止め」! 聞いてないよ~(T_T)。

027 ←しょうがないので、意を決してトンネルへと「突入」sign03

028 029

←やっと抜けたと思ったら、またトンネルが! それも抜けたら、さらにトンネルが! しかも、全部「登り」(>_<)。

でも、車がぜんぜん通らないので、怖くは無かったですバイscissors

053 ←ここまで来る途中に、また「トンネル」造りますよ~って、看板があったけど・・・・・coldsweats01

031 ←やっとトンネルが終わって、右から来る「旧道」と合流。

033 ←このすぐ左に「水場」があるので、給水をする。

034 ←ちょっと走って「川俣湖」へ。 水位がかなり低い。 今年は「渇水」ぎみなんだろうか?

035 ←ここからは、かなり「狭い」場所も有るので、広げる工事が続いてました。

036 ←川俣温泉郷。 このT字路を左折すると「山王林道」が始まります。

037 039

←ゲートと地図。

042 ←こんな感じの道路です。 勾配はきつくなったりゆるくなったり。

043 ←途中一箇所だけ工事中で、しばらく「ストップ」させられた。

047 ←「敵機」とは、どのあたりで「遭遇」するんだろうと、いろいろ思いをはせながら登る。 が、ロード乗りは来るんだけど、みんな違う人たちばかり(T_T)。

048 ←「日光市」との境界まで登っても、来ない! もう、ガックリ。 なんか有ったんだろうか? 心配だったけど、中禅寺湖畔の「狭い」道は車が怖いので走りたくない。 なので、残念だけど、ここでユーターン。

戻って、大笹牧場へのキツイ登りを「カキ氷」を楽しみに頑張る。

055_2 ←が、牧場へ着いたら、この「雲」! こりゃ、やばいですよ。 いそいでくだるが、途中から雨が(>_<)。 だんだん「大粒」になってくる。

でもくだり終えたら、止んでました。 ここのくだりも「寒かったです」(^_^;)。

 056

←途中の「登り」で頑張って体温を上昇させ、「松月」へ到着したら・・・・このありさま! これじゃ「待つ月」ですがな~。 あきらめちゃいました(T_T)。 

次回に「こう御期待」sign03

| | コメント (5)

2009年7月20日 (月)

山王林道&松月氷店

二年前に偶然「山王林道」でお会いした方達が、今日再び「いろは坂」方面から登って来るという情報を得たので、「川俣」側から迎撃に向かったのですが・・・・。

048 ←結局、ここまで登ってもお会い出来ず(T_T)。 

車で混んでるであろう「中禅寺湖畔」の狭い道路をバスに「あおられながら」走るのはイヤなので、いま登ってきた道を下っちゃいました(^_^;)。

で、次の目標は木熊さんのブログでおなじみの「松月氷店」での、天然氷のカキ氷!

056 ←が! 帰りに寄ったら、この混雑! 20人以上待っている(@_@;)。 「ダメだこりゃ」ってことで、これもパア(>_<)。

結局、今日は210kmも走って、なんにもなりませんでした<(_ _)>。

AM2:30起床だったので、眠いっす。 詳細は、後日ね(^_^;)。

| | コメント (8)

2009年7月19日 (日)

天気が

今日は、本来なら「ロング」をやりたかったんだけど、昨夜の天気予報では、日光方面は午後から「雨」とか・・・・(T_T)。

なので、近場にしたんだけど、朝の予報では、こちらも昼から雨予報に変ってた。 まあ、雨が降るまで走りましょう(^^)。

が・・・・・。

003 ←家を出るAM9:30ごろには、こんなに「青空」が・・・。 これで、ほんとに「雨」降るのかね~?

007 ←まずは「大平山」へ。 最近「さぼってる」せいか、ものすごく「キツイ」。 脚は「さら脚」なんだけど、心臓がいけませんわ(>_<)。 何本かやるつもりだったけど「や~んぴ」して、国学院側へくだる・・・・・と・・・・・。

009 ←私より10歳以上「お年より」っぽい方が、あの「激坂」を難なく登ってくるではあ~りませんか(@_@;)。 しかも、重そうなクロスバイクで・・・・・。 ひょえ~、すごすぎ! ま、負けました<(_ _)>。

010

←「気をとり直して」下皆川林道から西山田林道を越して行くと・・・・・。

012 ←県道に出るところで「チェーン」がイン側に落ちてしまい、噛み込んじゃって、どうにもならない状態のお方が。

フレームが独特の形をしているので、チェーンがびくともしない状態(T_T)。 仕方なく「チェーンリング」をはずす。

011 ←直してる最中に、「佐野TC」の「F田」さん(右端)が通りかかったので、F田さんの「工具」まで借りて、なんとか完了(^^)。 でも、おかげで、手が「オイル」で真っ黒に(>_<)。 

真ん中のお方は、このブログの「読者」のかたで、「へばなさん」ですか?って、聞かれちゃいました(^_^;)。

なんでも、左端のこの自転車のオーナーのかたは、5月から自転車を始めたばかりなんだとか。 これからは単独で山方面へ行くこともあるでしょうから、「修理」についても多少は勉強してくださいね(^^)。 あと、工具も必要ですね。

つーことで、皆さんとお別れしてから、「西山田林道」だけを往復する。 「F田」さんも2往復してたみたい。

013 017

←今日は、けっこういろいろな人が登ってきてました。 やっぱり「ブーム」っぽいですわ(^^)。

014 ←「レンタサイクル」でここまで走ってきて、ここから「ハイキング」って人たちも。 なるほどね~(^^)。

まあ、雨が降ってくるまでなので、2~3回だろうと思っていたんだけど、4回目に入っても、雨など降りそうに無い空模様(^_^;)。

これじゃ~、なん往復すればよいのでしょう?

4回目に、MTBに乗った「女の子」が単独で登ってきた。 単独ってのは「めづらしい」。 なかなか速くて、けっこう「乗り込んでる」みたいでしたよscissors

かなり脚に来てたけど、4回では「数が悪い」だろうということで、5回目に突入! もう「やけくそ」ですね~(^_^;)。

やっとのことで5往復終了して、ふたたび「下皆川林道」を登って、国学院側から帰って来ました。   61kmでした。

018 ←さすがに腹がへったので、途中で持参の「おにぎり」を食す。 塩をめちゃくちゃ振りかけてきたので、うまい!

帰宅後、知り合いが「ファンライド誌」に出てるってことなので、速攻で「本屋」へ。

が、どこに出てるのか「わからない」? 買うつもりで「図書券」まで持って行ったんだけど、結局わからなかったので買いませんでした<(_ _)>。

しかし、今やいろんな「自転車の雑誌」が出てるんですね~。 久しぶりの本屋なので「びっくり」でした。

   

| | コメント (9)

2009年7月16日 (木)

お盆終了

001 ←今日の午後、町内会の「精霊舟」が回って来て、「ご先祖様」を乗せて行きました。

町内会の「保健部」の方々は、この暑さの中、ご苦労様です<(_ _)>。 さすがに、皆さん「バテ」てましたね~(^_^;)。

これで今年の「お盆」の行事は終了です。

二日間休みを取ったんだけど、昨日は「お寺さん」が棚行に来られたし、今日は、この「送り出し」があったので、どこにも行けませんでした(T_T)。

まあ、「やる気」さえあれば、昨日も今日も「近場」なら乗れたんだけれど、どうも最近は、あんまりやる気が出ません<(_ _)>。

「歳」のせいなのか、なんなのか??

まだPM2なので、これから「大平山」ぐらいは、(やる気があれば)充分行けるんだけれど・・・・・・なんだか「おっくう」ですわ(^_^;)。

夜になって、風呂に入る前にでも「エアロバイク」漕ぎましょうかね~(^^)。

| | コメント (6)

2009年7月12日 (日)

アタック滝が原!

AM8起床で、今回もAM10過ぎの出発<(_ _)>。

今週は、こちらでは「お盆」なので、まず、お墓へ「ご先祖様」を、お迎えに。 

で、ご先祖様を乗せたまま「滝が原」へ向かいます(^_^;)。

と・・・・天気はまあまあなのに、なぜか「小雨」が・・・・。

どうも、ご先祖様が滝が原までママチャリに乗って行くのをいやがって、降らせてる感じ・・・・(^_^;)。

でも、今週はお盆の用事で走れないので、今日は「無理」してでも行っていただきます。

001 ←「板荷」を抜け(小雨は止んだ)。

003 ←「小来川」を抜け・・・・。

006 ←最後の人家も通過して、いよいよ「滝が原」への登りに入る。 ここで、対向して来たローディー6名と会った。 もうすでにPM1:30なので、ちょっと「あせる」。

007 ←どんどん「急」になって行き・・・・・。

008 ←「押し」。 乗ったまま峠まで何度か行ってるんだけど、今回の「目的」は、押してどのくらい「時間」がかかるのかを、調べる為なので、時速6kに落ちたら、即押します(^_^;)。

009 ←押しては乗り、乗っては押すを、何度も繰り返す。 

今度のブルベでここを通過する時には、その前に徹夜で300k走ってからなので、今日のような「さら足」ではないから、かなり「押し」が入るはず。

010 ←どんどん「急」になってゆく。 押すと、足は楽だが、心拍があがってキツイ(>_<)。

011 ←大汗こいて、やっと峠へ到着。 PM2時を過ぎていた。 でも、押しても時速5kは出るので、そんなに時間は変らないことがわかった(^^)。

Photo ←ワンパターンの「ピースサイン」。 しっかし、この人は、これしか出来ないのかね~(ーー;)。

013 ←頭上には「青空が」! この調子では、今日は「カミナリ」は無さそうだ・・・・一安心(^^)。

014 ←今日の補給食は「おせんべい」です。

015 ←峠にある「掲示板」をせんべいをかじりながら見てみる。 ここを「全部」を通して走った事は無いので、「近沢峠」が開通したら、やってみたい。

016 ←どっち側から走った方が「キツイ」のかを、考えてみた。 「松田」側からのほうがキツイかな~? でも、「日光」側からも、スタート地点へ「滝が原」を登ってくるとなると、けっこうキツそうだ(^^)。

まあ「両方」やってみれば、いいんだな~(^^)。

017 ←あれれ~? 掲示板には、日光側が「起点」となってるのに、次の林道入り口が「終点」? わけわからん??

018 ←帰りに見た「卯の花のにおう垣根♪」って、これだっけ? こんな所へ「ホトトギス」なんて、来るのかね~?

022 ←同じく帰りに写した、「板荷駅」の近くの「マンガン鉱山」。 鹿沼から群馬へかけての「足尾山地」には層状マンガン鉱床が数多く分布してるらしい。

 107kmでした。 帰宅してからは「盆棚」を作り、やっとのことで「ご先祖様」を、お迎えすることができました。 ご先祖様も「お疲れ様」でした<(_ _)>。

| | コメント (12)

2009年7月 7日 (火)

古峰ヶ原

今日は非番。 今日も「室内練」では、天罰がくだろうというもの。

なので、お外を走ってきました。

恒例のAM8時起床(おそっ)。 朝飯の後、今日は久~しぶりにMTBで行こうと思い・・・。

003 ←まずは、ペダルをフラットのやつに交換。 これでスニーカーで行けます(^^)。

005 ←空気入れたりしてたら、もうこんな時間(^_^;)。

006 ←はい、やっと、出発の準備が整いました。

007 ←今日は「レーパン」で行きますよ。 短い足を長く見せようと「ショートタイプ」を履いているのに、普通にしか見えない足の短さよ(泣き)。

008 ←出発してすぐに「メーター」を付け忘れてることに気づく。 この間の宇600用に、MTBに付いていたメーターをママチャリに移しちゃったんです(T_T)。

ギヤが付いてると、速いですね~、重いギヤでぐんぐん加速します! オレってこんなに「力」付いていたんだ~。 やっほ~、うれしい(^o^)。

009_2 ←が・・・・「調べてみたら追い風でした」<(_ _)>。

012 ←鮎釣りやってるおじさん達を横目に、飛ばしていると・・・。

014 ←道の合流地点で、先を行くローディー「発見」! 即、追尾行動に移る・・・・・が、写真を撮ってる間に、気づかれてしまい・・・・逃げられちゃいました(T_T)。

で、工事現場を避けて、裏道に入ったら、ポニーテールをなびかせた若い「女性」の郵便配達員が! お~、かっこいい! 女性が、男性と同じように「バイク」で配達してるのって、りりしくて、好きなんです(^o^)。

017 ←そんな「余韻」にひたってる内に、もう登り口に来ちゃいました(^_^;)。

020 ←めちゃくちゃ「暑い中」を大汗かきながら登っている時に見えてくる、この看板、何とかして欲しいです・・・・精神的につらい(>_<)。

023 ←で、なんとか「古峰ヶ原神社」へ到着! えっ! ここで帰るんだろうって?

025 ←何をおっしゃいますか、まだ12時半でっせ~(^^)。

 本当は、ユータンして帰りたかったんだけど、それではブログ的に「インパクト」が弱いだろう、ということで、雷雨の危険を承知でさらに登ります(難儀なこっちゃ~)(^_^;)。

027 ←前半は木漏れ日の中を登るので、涼しい(^^)。

037 ←が・・・後半は、次第にキツクなって来る。 ここをシングルの「ママチャリ」で登ったなんて、ほとんど信じられません。 ギヤが付いていてもキツイ!(>_<)。  遠くには「積乱雲」まで見えてくるし・・・。

044 ←やっとのことで「粕尾峠」への分岐に到着! 登りはここまでなので・・・。

045 ←家で作ってきた「おにぎり」を食す・・・めちゃくちゃ「うまい」!

047 ←粕尾峠の足尾側にある「標識」。 古峰ヶ原まで12kなんだ~、もっと長いと思ってたのに(^_^;)。

さーて「待望の」下りですよ~、ガンガン行きまっせ~、と思っていたら・・・・。

051 ←「観光バス」4台に先をふさがれて、タラタラと下りましたとさ(T_T)。

054 ←最後に「大越路峠」を!  最後なので「全力で登ったらマツダでした」・・・・じゃなくて、全力で登ったら、キツカッタです・・・・前回、「ここは平地です」などと発言しましたことは訂正のうえ、お詫び申し上げます<(_ _)>。

このまま降りちゃうと「ダンプ街道」を走ることになるので、また「粟野側」へ降りて(何のために登ったんでしょう?)、裏道で帰りました。 

メーターが無かったので、正確な距離は不明ですが、前回よりちょっと遠回りしたので120k弱ってところでしょうか?

| | コメント (12)

2009年7月 5日 (日)

室内練

AM8時ごろ起きて、飯&PCなどしてたら、AM11時になっちゃって、なんだか「外」を走る気がなくなってしまった(T_T)。

なので、久しぶりの「室内練」。

005 ←昔のビデオを見ながらやります。 ビデオが壊れてて、「再生」しか出来ないので、最近の映像は無いんですね~(T_T)。

まずは「シドニーオリンピック」から。 重いギヤを踏む「ウルリッヒ」はお気に入りの選手だったんです。

ラップのAVが41k→43k→45kと上がって行き、3人で逃げてるラスト2周は200k越してるのに、なんと47k(@_@;)!

私がC澤さんやhiroさんから安く譲ってもらった自転車と「同じフレーム」に乗ってる選手が、こんなスピードで走ってるとは・・・・私なんか下りですら出ませんわ<(_ _)>。

023 ←次に見たのが「95’世界戦」。 この頃は、いまから見るとフレームがやけに細いので「クロモリ」だったのかも。

場所が「コロンビア」なので、この「標高」が、すごい!

027 028

←「今中」も「ブーニョ」も、一周めから「ちぎれちゃう」すごさ。 斜度がハンパではなく、歩くようなスピードですがな~(>_<)。

034 ←「オラーノ」がパンクしたまま走りきって優勝、凄い!

で、3時間たったら、お尻が痛くなってきました(>_<)。 ふだん、レーパンは、はかないので、慣れてないんでしょうね。

070

←なので、レーパンを裏返しにはいて見ました。 縫い目が当たらないので、ちょっと良いかも(格好は、あれですけど(^_^;))。

044 ←続いて「92’世界戦」(古っ)。 「市川」パンクの図。 この頃は、皆さん「ダブルレバー」なんですね。 靴はビンディングだけれど。

052 ←「インデュライン」に「キャプッチ」。 なつかし~(^^)。 17年も前の画像だからね~。

つ~ことで、4時間踏みました・・・・大汗でした(^_^;)。

| | コメント (12)

2009年7月 3日 (金)

BRM宇600 NO5

091 ←小野PCを出て、やがて「悪名」高き「石川広域農道」へと、突入!

前半は、まあまあ走れたんだけど、一度大きく下ってからの「後半」がきつくていけません。 ほとんど「押し」っぱなし(^_^;)。

でも「時間」が押してきてるので、下りは目一杯飛ばす!

おかげで、次の「塙」のPCまでには、少しだけ時間を持ち直すことが出来た。

塙PCにはAM8:12着。 ここまで来れば、あとは「グリーンライン」の登りだけなので、なんとか「完走」が視界に入ってきた感じ(^^)。

096 ←「矢祭山」あたりでは、こんな景色を撮る余裕もでてきた。 久慈川を渡る「水郡線」の鉄橋です。

097 ←やっと「栃木県」に帰ってきました(^^)。 あと少しの頑張りです。

最後のPCである「馬頭」にはAM10:55着。 ここには、チーム「亀風」の方が、数名いらっしゃいました。 補給食購入後、スタッフのS藤さんとB藤さんに見送られて、即出発。 

「グリーンライン」のアップダウンに苦しめられるも、最後なので、頑張る!

098 ←最後の最後の「鶴CC」の激坂は、あっさり「押し」(^_^;)。 もう、あと少しでゴールなので、時間を気にすることも無く、のんびり押しました。

今回は「風邪気味」ということで、やや「抑えて」走ったのが良かったのか、手も腰も膝も「痛く」はなりませんでした。

あるいは、直前の2週間、風邪で走れなかったのが、かえって良い「休養」になったのかもしれません。

帰宅して、風呂&飯の後、ちょっと横になったら、寝てしまい、気づいたら朝になってました(^_^;)。

600kの長きにわたって活躍してくださった「スタッフ」の方々、また一緒に走られた「参加者」の皆様、そして「応援」してくれた多くの人たちのおかげで、今回も「完走」できました。 本当にありがとうございました<(_ _)>。

また、いつものことながら、「トラブル」なく走りきってくれた「愛車」にも、感謝です(^_^)/~。

今度は8月の「300+200」です。 後半の200kがきつそうですが、なんとか「頑張りたい」ものです。

                FIN

| | コメント (18)

2009年7月 2日 (木)

BRM宇600 NO4

「相馬のPC」を出発して、一路、次のPC「富岡」を目指す。

去年このコースを逆に走った時には、細かいアップダウン&猛暑にやられた、にがい経験がある。

088 ←でも、今回は「おいちゃん」さんが、一緒に走ってくれるというので、話しながら走ってたら、あんがい簡単に通過することが出来ました。  「おいちゃん」さんは、ママチャリのスピードでは、かなり「眠かった」みたい。 ありがとうございました<(_ _)>。

で、富岡PCにはAM0:03着。 ここからは、かなりの「登り」になる。 ライトの電池を交換して、深夜の山道の登りに備える。

「おいちゃん」さんは、ここからは単独で行きたいということなので、お別れして、一人で出発。

富岡のPCには、他に3人ほど参加者が居たので、そのうち追い抜いて来るだろうと、予想していた・・・・が。

089 ←車もほとんど通らない、真夜中の「山道」をひたすら登ってゆく。 沢のゴーゴーという音が「不気味」。 早くあの3人が来てくれないかな~と、後ろを振り向くと・・・・「真っ暗闇」・・・・こわ~い(@_@;)。

しばらく登って、沢から離れ、静かになってくると、ちょっとした「物音」にも敏感になっちゃうし。

と・・・・前方に明かりが! 近づいてみると「電話ボックス」。 こんな山の中になんで? 携帯の圏外だから?

良く見ると、中に若い男が座ってる。 格好からして参加者ではない、かといって、車も見当たらない。 どうやって、こんな山の中まで来たんでしょう?

しばらく登ると、もうひとつ「電話ボックス」が! 今度は、中年の男が電話をかけるわけでもなく、中に立っている。 やはり、車は見当たらない。

ゴールしてから、直前に通過したであろう人たちに聞いても、そんな「人影」は見なかったのだとか・・・・・・(@_@;)。

090 ←いったん下って、今度はもうひとつの「登り」へ。 こちらの方が、道が細くて不気味。 でも、ここでは「宮城」スタートの参加者と何人かすれ違ったので、うれしかったです(^^)。

お互いの姿は見えないので「ベル」を鳴らし「お疲れ~」と挨拶して、すれ違う。 自分の事は棚に挙げ、「頑張れよ~」と、心の中で声援を送る。

やっとのことで頂上を通過し、夜明け前の寒い中をどんどん下って、「小野PC」にはAM4:05着。 スタッフのS藤さんが居てくれて、チェックをしていただく。

パンは飽きてきたので、おにぎりを買って出発。 ここでの、時間の余裕は1時間半。 この先の「石川広域農道」を考えると、それほど充分な余裕ではない。

   つづく(なんだか、終わりが見えてきませんわ)(>_<)。

| | コメント (18)

2009年7月 1日 (水)

BRM宇600 NO3

066 ←「亘理」からは、海岸線沿いの松林の中を走る。 この松林が実に立派な松で、すばらしい。

067 ←「仙台空港」をぬけ・・・

068 ←真ん中に「切り株」のあるサイクリングロードを走り(以前は立ち木のまま、ここに有ったらしい(@_@;))・・・

069 ←「ゆりあげ港」の橋を渡り・・・

070 ←折り返し地点の「働く婦人の家」に到着! ここで「AJ宮城」のスタッフの方に、チェックをしていただく。

071 ←仮眠から起きた「おいちゃんさん」と、まだ「お亡くなり」状態の参加者の皆様<(_ _)>。

073 ←「ままちゃり」部隊の辞書には「仮眠や休憩」という言葉はないので、仮眠された「おいちゃん」さんと「キャノン」さんとともに、復路へ即出発!

075 ←「無常にも」アッという間に、私をちぎって行っちゃう、おふたり(T_T)。

077 ←轟音とともに、仙台空港を飛び立ってゆくジェット機。 双発機ですら、この轟音なんだから「ジャンボ」だったら、たまらないね~、騒音被害が問題になるのがわかる気がする。

078 ←暮れなずむ「亘理大橋」。 なんだか、去年と全く同じ時間、同じ景色(^_^;)。

081 ←と・・・「se7en」さんのペアに再度抜かされる。さっき、すでに私を抜いていったのに・・・どこに居たんだろう?

083 ←信号ストップで追いついたので、聞いたら、コンビニで「夕飯」食べてたんだとか・・・・それにしては「速い」!・・・つ~か、私が遅すぎ(^_^;)。

085 ←だんだんと暗くなり、PC7の「相馬松川浦店」にはPM8:05着。 いよいよ二晩目の夜間走行に。 眠気との戦いになるので「リポビタン」で気合を入れる!(でも、一番安いやつってのが泣かせる)。

          つづく

| | コメント (4)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »