« 奥鬼怒スーパー林道へ(前半) | トップページ | 「松月」へ »

2009年8月23日 (日)

奥鬼怒スーパー林道へ(後半)

この「トンネル」で105km。 時間は14時。 この先の状況がわからないので、ぐずぐず出来ない。 

083 ←ライト全部点灯で、突入! 「寒っ!」

084 ←全力で走りながらも、途中にある県境の「表示板」を写すべく、カメラを構えるが・・・・うまく作動しない(>_<)。  で、結局こんなものが写ってました・・・・・(@_@;)。  やっぱり、あそこには、なんか居るな、たぶん・・・・。

086 ←やっと「抜け」ました、無事に(^_^;)。 こちらから風が吹き込んでいるようで、こちらに近づくと、暖かくなった。

088 ←出口にあった杭。 う~む、「大清水」まで8.5kmもあんのか~。 いそがないと。

089 ←「群馬県側」は路面状態が良い。 ラッキー(^^)。

091 092

←と・・・・思っていたら、甘かった。 やっぱりこんな状態で、もう自転車こわれちゃいそう(>_<)。

MTBならいざしらず、「ママチャリ」の「強度」って、どのくらいなんざんしょ? ものすごい「衝撃」がいやおうなく襲いかかる・・・・もう「バラバラ」になっちゃいそう(@_@;)。

少しでも良い路面を選ぼうとするんだけど、「前カゴ」に水やらライトやらと、重い物積んでるので、石に当たったハンドルがあっちへ「フラフラ」こっちへ「ふらふら」。

もう「パンク」どころか「リム」までお釈迦になっちゃいそうな状況の連続!

ブレーキ握り締めてる手も「痛い」。 振動で「手首」もいた~い(>_<)。

094 ←づ~と下って、やや路面が落ち着いてきて一安心してたら・・・・・「ゲート」がありますがな~!。 両脇まで続いていて、どこからも抜けられない(T_T) 聞いてないよ~。

ここまで下って来ちゃって、また登り返しなんて「不可能」に近い。 どうしよう((+_+))。

096 ←と・・・・脇にある「お知らせ」を見ると・・・・な~んだ、勝手に開けていいのね~・・・ホッ(^^)。  いや~、一時はどうなるかと思っちゃいましたよ。

097 098 099

←で、開けて、通って、また締める・・・と。 良かった、よかった(^^)。

105 ←向こうの山から下ってきたんですね~(^^)。

106 ←もう一発、ゲートがあったけど、もう驚きはしませんぜ。 「鹿」が「尾瀬」に侵入するのを防いでるって、書いてあった。

108 ←驚いたのは、こちら! やっぱり、いるんですね~(>_<)。

109 ←いきなり左下に大きな駐車場が見えてきて、出ました「大清水」へ(^_^)/~。 

112 114

←「大清水休憩所」。 ここで113km。 PM3時20分。 こりゃ、「金精」への登りで暗くなっちゃうな~(T_T)。

118 ←「くだりオンリー」のR401を「飛ばす」! といってもママチャリなので20kちょいしか出ないのが泣き。

121 ←「尾瀬大橋」のコンビニで食料を買い込む。 これからの長い登りに備えて、1リットルの水は必携! 131km。 PM4時16分(やばい)。

124 ←「尾瀬大橋」。この「鎌田」交差点から、「金精トンネル」まで、えんえん24.8kmの登り(@_@;)。 もうすでに「膝」が限界なのに~。

128 ←途中にあるこういう標識は、重いからだを一層重くするので「撤去」していただきたい<(_ _)>。

138 140

←「丸沼」通過! もう、ほんとうに「限界」っぽいけど、「金精」過ぎれば家まで「くだり」だと、自らを叱咤激励しながら、「フラフラ」と登り続ける。 今日は「押し」は許されないのだ!

142 146

←いよいよ「夜の帳」が・・・・。 ライト点灯で登る。

150 ←PM6:30を過ぎると、あたりは真っ暗に! わきの林で「ガサガサ」という物音が・・・・な、なんだ!  鳥?の「不気味」な鳴き声も!

でも、行楽地へ向かう幹線道路なので、土曜の夜ということもあり、ときどき車が通るのが救い(^^)。

151 ←PM7。 やっとのことで「金精トンネル」に到着(^_^)/~。 「膝」がもってくれて良かった!

153 ←トンネルを抜けた所で、さっきのコンビニで買ってきた、人気NO1とかの「揚げカレーパン」を食す。

電池も交換。 標高1840mなので、めっちゃくちゃ「寒い」。 ヤッケにカッパ上下を着込み、首にタオルを巻いて下りに備える。

155 ←交通量のほとんど無い道を、金精→湯元→戦場ヶ原→中禅寺湖(PM8時)→いろは坂→日光市内と走る。

「今市」で「雨」。 その後「鹿沼」→栃木と走って・・・・。

156 ←家に着いたのが、日が変る4分前! 242kmでした。 風呂・飯のあと、寝たのがAM2時。 「膝」ガクガクですわ(T_T)。

|

« 奥鬼怒スーパー林道へ(前半) | トップページ | 「松月」へ »

コメント

お疲れ様でした。
あらら、最後の写真でぶれてますがな。
相当疲労が出たのでしょうね。
お疲れやんした。
ゆっくり休んでね。
私は、ブルベ留学が終わり、クラブに復帰したとたん高速チームでしごかれて、脚が痛いですわ(T_T)
公道で平均時速30km超えは止めて欲しいなあ。
もう一度宇ブルベ留学したい。(^o^)

投稿: masa(茨城) | 2009年8月23日 (日) 17時28分

masa(茨城)さんへ
ハハハッ、「高速練」は、やり慣れてないと「キツイ」ですよね。 

私はもう「歳」なのでやりませんが、masaさんはまだ若いから、回数こなせば楽に着いて行けるようになりますよ
 
頑張ってくださいね。

投稿: へばな | 2009年8月23日 (日) 18時38分

えー、奥鬼怒から尾瀬に抜けちゃったの。
もう、ダートだし、出るものは出ちゃうし、口、あんぐり。
暗闇の奥日光も、納涼過ぎますね。お疲れ様でした。

投稿: ふつうのパパ | 2009年8月23日 (日) 22時03分

ふつうのパパさんへ
スーパー林道は、距離的には、たいした事ないのに、あたかも雪の無い「八甲田山死の彷徨」って感じでした・・・。 熊にもあわず、無事に「生還」できてよかったです

投稿: へばな | 2009年8月23日 (日) 22時29分

今度は「アドベンチャーブルベ」?ですか
凄すぎです。
でも楽しそうですね。(笑)

投稿: クニ | 2009年8月23日 (日) 22時45分

お疲れ様でした。
女夫淵温泉は夫と結婚前に行った事がありました
ので懐かしく思いました。

心霊写真?凄いですね
私は霊感が無いので(有ると思っていた時期もありました)
怖いだろと思っていたブルベの夜間走行は以外にも
全然怖さを感じませんでした。
雨とスリップの怖さの方が勝っていたのかもしれないですが。

投稿: シー | 2009年8月23日 (日) 23時26分

長い未舗装の林道と金精への登り、読んでいるこちらもすっかり参りそうです。242キロ、今地図を見ながら“へばなさん”の全行程を見ていました。“奥鬼怒スーパー林道”をママチャリで走破したのは“へばなさん”だけでしょうね。お疲れさまでした。

投稿: koji | 2009年8月24日 (月) 06時22分

クニさんへ
「路面」が悪すぎて、ほとんど路面ばかり見てましたので、「景色」を堪能する余裕もなく、まさに「アドベンチャー」でしたわ(爆)。

投稿: へばな | 2009年8月24日 (月) 09時28分

シーさんへ
トンネルへ入ったとたん、カメラの調子が悪くなり、なんどやってもだめで、帰ってきてから見たら、こんなものが写ってたんです(^_^;)。

たぶん、カメラをいじっている時に、偶然、出口の明かりが写ったんではないかと思ってますが・・・(^_^;)。

投稿: へばな | 2009年8月24日 (月) 09時34分

kojiさんへ
それが~、ゲート管理のおじいさんも、送迎バスの人も、ぜんぜん「普通」って感じだったですよ

むしろ「金精道路」登ってる時の方が、ドライバーの目が「点」になってました(^^)。

投稿: へばな | 2009年8月24日 (月) 09時41分

うーん、驚きです。
奥鬼怒スーパーをママチャリでやっちゃうなんて。しかも金精超えのおまけつきで。
ご無事で何よりでした。
奥鬼怒スーパーは、自然保護系の話題としても、1度は自転車で通ってみたいと思っていたのですが、来年の課題になりそうです。
それにしても、へばなさんって、ほんとにヘンタイですね(笑)。

投稿: 楽山 | 2009年8月27日 (木) 22時04分

楽山さんへ
「奥鬼怒スーパー」は自転車も通れないと思っていたのですが、あるブログから通れることがわかったので、行って来ました。

思ってた以上に「砂利道」で、難儀しました。 でも、なんであんなところに道を造ったのか、走ってみても「不明」です(・・?。

行くなら「紅葉」の時期が良いかと(^^)。

投稿: へばな | 2009年8月28日 (金) 07時05分

「CYCLO TOURIST vol.4」1,575円

http://www.amazon.co.jp/シクロツーリスト-Vol-4-旅と自転車-グラフィック社編集部/dp/4766122860/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1321634748&sr=8-2

に奥鬼怒スーパー林道の記事が載っています。
レポートではへばなさんとは逆の大清水の方から女夫淵へ抜けています。

大清水側からだとゲートで片品村による通行許可書の発行があり、鹿よけのゲートが2カ所あるので必ず閉めて下さいと説明があるようです。また熊に関する注意もされているようです。女夫淵側の管理人さんは怠慢だったようですね。

詳しいレポートがあります。見覚えのある写真もたくさん掲載されていると思いますよ。楽しい記事です。近くの書店にあれば立ち読みしてみて下さい。

また熊スプレーなるものが販売されています。10,080円
今度持参されてはいかがでしょうか。
http://outback.cup.com/counter_assault.html

投稿: kuichaer | 2011年11月19日 (土) 01時56分

kuichaer さんへ
・「大清水」では「通行許可書」の発行があるのですか~。 徒歩と自転車は許可書は不要だと思ってましたが・・・(^^ゞ

・今日は雨なので、さっそく近くの本屋へ見に行って見ましょう。 田舎の本屋なので、有るかどうか(^_^;)

・「熊よけスプレー」を使うような場面って、クマと超接近してる場合ですよね。 持っていても使える余裕が私にあるとは思えません(>_<)

投稿: へばな | 2011年11月19日 (土) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥鬼怒スーパー林道へ(前半) | トップページ | 「松月」へ »