« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

真っ暗

今日も残業&買い物の後、石段登りへ行ってきました。

雨が降ってきたけど、家を出るときにはまだ少し明るかったので、懐中電灯も持たずに行ったら・・・・

「隋神門」へ着く頃には真っ暗闇に・・・(+_+)

どうしようか迷ったけど、せっかく来たんだから「やりまっしょ」ということで・・・・

石段を見たら、暗くて見えない!

隋神門から上は神社の明かりで「ほのかに」見える・・・・なので、ここから上だけ2往復やりました。

登りはいいけど、くだりが暗くて怖い。足踏み外しそうwobbly

ちょっと短くて心拍は上がり切らなかったけど、雨の中だし、やれただけ良しとしました(*^^)v

終わって着替えた時に「手袋」を落としちゃったみたい。 真っ暗だったのでわかりませんでした。 帰ってきてから気がついた(ーー;)。

明日にでも拾いに行きましょう。

PS 今まで自転車で郵便配達してた人が、もうひとり居たんだけど、その人が郵便課へ転勤になったので、明日から私ひとりになっちゃいました。 私も、なんだか「肩たたき」されそうな予感が・・・・(T_T)

| | コメント (6)

2010年4月29日 (木)

だるい(T_T)

今日は天気が良いのに「だるくて」起きれません(T_T)

連日の「石段登り」がかなり効いちゃってるみたいです。

それでもBRM400にむけて、少しは乗らなければならんでしょうということで、11時ごろ出ようとしたら「雨」が・・・・rain

とりあえず「昼食」にして、止むのを待ってたら、ひと眠りしちゃいました。

夕方4時ごろになったらダルさもなくなってきたので

002 006 ←「石段登り」に行ってきました(^_^;)

一日ダラダラしてたので、けっこう「快調」! でも前半を飛ばしすぎて、最後は気が遠くなりそうでした(+_+)

003 ←大平神社の脇にはいろんな神社があるんだけど、自転車や石段登りに霊験あらたかなのは、この神社かな? 

でも「ヤマトタケル」がなぜ「足」の神様なのか・・・・わからないんですけど?  遠征したから?

004 ←その脇にある願掛けの「灯篭」。以前はただの灯篭だったような気がするんだけど・・・いつの間に?

005 ←投げ込む石は100円・・・・(^_^;)

008 ←自転車を置いておく「隋神門」の脇に大きな石碑があるんだけど、その書は奈良武次とかいう人のもの。 なんでも鹿沼の農家の次男坊から陸軍大将&男爵にまでなった人なんだとか。 ぜんぜん知りませんでした^^;

009_2 ←天気も回復してきて、登り終わった後はすっきりして、気持ちがいい(*^^)v

えっ? あっ、自転車ですか?・・・・・大平山「一本」だけです<(_ _)>

| | コメント (8)

2010年4月26日 (月)

天狗が!

今日もまた石段をやりに行ってきました。 昨日のでちょっと疲れてるんだけど、明日が「雨」ということなので、行きました。

001 ←もう大平山も「青葉若葉の日の光」状態(^^)。

003 ←隋神門の下に、こんな看板ができたの、今まで気づきませんでした(^_^;)。

006 ←あちこちに「石垣」があるけど、昔の山城の名残りなのか、そうではないのか? わかりませんけど・・・。

011 010 ←途中にあるこの「鳥居」は佐野の「天明鋳物」なのかな? ここまでの石段はかなり「なだらか」。 でもここを飛ばすと、後がキツクなる^^;

005 その上がこんな状態。 上に見えるのが「隋神門」。

014 ←隋神門からさらに登って、このあたりからキツクなる(>_<)

013 ←ここまでくれば、もうあと少しで頂上の神社。 キツさは、絶頂となる(T_T) 石段の高さもわずかだが高くなるという「おまけつき」。

012 ←今日は久~しぶりに「お賽銭」10円をあげました(太っ腹)!

身体が登りに慣れてきたのか、今日もけっこう良い感じで登れた(*^^)v

で、自転車までくだって、着替えていたら、私より年配の方が、すごいスピードで駆け下りてきた(゜o゜)

もうすでに薄暗いのに、そのスピードたるやものすごく、ありゃ~この山に住む「天狗」じゃないでしょうか? ほとんど信じられない速さで降りて行っちゃった。 ダダ~っと(@_@;)

| | コメント (3)

2010年4月25日 (日)

県58

今日は、ちょっと「長距離」を走ろうかと思ってたんだけど、朝は寒いという予報なので、止めにして、「ナマズ練」へでも行く予定でしたが・・・・。

起きたら集合時間を過ぎてました(T_T)。

なので、ゆっくり朝食をとり、AM10過ぎに「ビアンキ」で「古峰神社」方面へ。

家を出たところで、チームの「油屋のH本」さんとバッタリ! 古峰方面へさそったんだけど「唐沢山」方面へ行くとかで、断られた(話に夢中で、写真撮り忘れ(T_T))。

004 ←田植えの準備で水が入れられた田んぼが気持ちいい。

005 ←途中にある「ポスト」。 いつも気になってるんだけど、近くに人家は無く、あるのはお墓なんですけど・・・(^_^;)。

007 ←古峰神社を通過し、そのまま県58を登り続ける。

008 ←と・・・後ろに「気配」が・・・・。 振り向くと外人のローディーが!

先に行かせてそれを「目標」にして、付ける所まで着いてゆこうとしたのだけど・・・・。

抜く気配が無い! ず~と、ピタ着けですよん(T_T)。 ま・・・まずい!

のんびり登ろうと思ってたのに、後ろに付かれると、つい頑張ってしまう。

いよいよ「キツク」なる所で、上から5~6人のローディーが降りてきた。 あれっ、勘違いでなければ、そのなかに「アペックス」のジャージが見えたんだけど・・・・?

その後さらに坂がキツクなって来て、もう吐きそうな感じ(>_<)。

ギヤを落とせばいいんだけど、「日本男児」たるもの、外人相手にギヤを落とすなんてことは、死んでも出来ない<`ヘ´>。

相手は?と振り返ると・・・お~チギレかけてますがな~。「敵」もかなりキツそうだ(*^^)v。

ここで、一気にチギリたいんだけど、こちらももう「限界」をはるかに超えてるので、それが出来ない(>_<)。

「鼻水」をぬぐう余裕もなく、必死で登り続けるwobbly

009 ←少し縮められながらも、なんとか抜かれずに頂上に到着! 外人さんは以外に元気で・・・・「OK」と言いながら、さわやかな笑顔で下って行かれた(^_^)/~。  私は水を飲むのがやっとでした(T_T)。

010 ←下ってゆく外人さん。しかし、なんですね~、外人ってロードが良く似合うのね~、まるでツールの選手みたいに「かっこいい」んですけど・・・・それにひきかえ、ワタクシは・・・・。

011 ←今日は天気抜群で、日光連山が良く見えた。

012 ←くだりに備えて、持ってきた物全部を着て下る。 向かい風で、かなり寒かったです。

013 015 ←途中はまだ「春」の余韻が残ってました。 109kmでした・・・・距離のわりにはけっこう疲れた(^_^;)。

| | コメント (14)

2010年4月24日 (土)

石段連ちゃん

ここのところ、一年以上やらなかった「石段登り」に凝ってます(*^^)v。

昨日も雨&暗い中をやりましたrain(寒くて風邪ひきそうでした)。

今日はどうしようか迷ったけど、選挙関係郵便がなくて(今日出す候補者はさすがに居ないみたい)、定時であがれたので、行っちゃいました。

005 ←もう「新緑」に衣替えした木々たちがさわやか。

007 ←今日の「隋神門」。実際は、PM6ごろなので、もっと「暗い」。 

011 ←スタート地点にある「六角堂」。 かわった形をしている。

009 ←その隣にある「石碑」。まえから気になってたんだけど、ちょっと見づらい位置にあるので、そのままだった。 今日は草を分けて入って行き、見てみました。

この人の顕彰碑でした(書は「渋沢栄一」←すごい!)。 偉い人がいたもんだな~。 それにひきかえ、石段登りで「無駄に」労力を使い果たしてる私は・・・・pigsweat01

012 ←肝心の(「無駄な」でも可)石段登りは、昨日の疲れでダメダメと思いきや、ぜんぜん「快調」で、特に心肺は楽勝でした。 えっ、もう終わり?ってな感じ。 まったく信じられません。

行く前に家で「バナナ」を食べたのが良かったのかもbanana

016 ←昨日は「着替え」を忘れちゃって、びしょ濡れで帰ってきたんだけど、今日は「手袋」を忘れちゃって、手がかじかんで悲惨でした。 夕方はまだ「冬」ですね~wobbly

| | コメント (6)

2010年4月18日 (日)

桜散る&石段

今日は近くのスーパーで「朝市」があって、肉が安いので、それを買って来てからの出撃になりました(^_^;)。

AM10時家出。 今日も「石段登り」をやりたいので、向かうは「大平山」です。

日が照ってるので、思ったより暖かく「ももひき」は要らなかったみたい(^_^;)。

001 ←一本目で、いきなり「撃墜」対象が! でも、このお方は、かなり疲れてらっしゃったみたいなので、撃墜にはあたりませんでした。

002 ←隋神門のところに自転車を止め、まずは下ります。

007 ←スタート地点の「六角堂」前。 今日はけっこう観光客が居ます。

009 ←あいかわらず、足は重いけど、観光客がたくさん居るので、つい頑張ってしまい、最後はもう苦しくて気を失いそうでした(>_<)←やり過ぎ!

心臓は「リミット」ぎりぎりまで行ってた感じ^^;。

010 ←隋神門の裏には「雪」が残ってた。

011 012 ←「桜」は、かなり散ってるcherryblossom

013 016 ←で、また自転車にもどり、2本目を登ってたら、なにやら後ろから「あやしい」集団が・・・・!

017 ←おっと、「ナマズプラス」の方達ではないですか(*^^)v。

018 019 021 022 ←先頭は、なんと「小学生」のY崎君sign03 はい、私がどんどんぶち抜かれちゃってる瞬間の画像(T_T)。

025 ←大曲の駐車場で「パチリ」camera。 Y崎君は小学生ながら以前のタイムを「1分」も縮めた登りだったようです。将来が楽しみですな~(^^)。

026 ←おっと、もうおひと方、いらっしゃいました(^^)。 今度南方面へロング行くときには、ぜひ一緒に行きましょう。

029 030 ←今日の「大平山」はいろんな自転車乗りがわんさか来てました。 ロードからママチャリまで・・・・(^^)。

031 ←10本ともなると、途中で何本目かわからなくなるときがあるので「ピンチ」で数を数えます(^_^;)。

033 034 ←ふもとは「菜の花」が満開。昨日までは寒かったけど、これからは暖かくなるのかな?

明日からは「選挙」関係の郵便大量で、地獄の一週間の予感が(>_<)。

| | コメント (12)

2010年4月14日 (水)

桜・石段

今日は、久しぶりの「非番」(*^^)v。

予定では、ずーとご無沙汰の「矢切の渡し」あたりまで南下してみようと思っていたのですが、朝から「暴風」並みの風が・・・(T_T)。

なので、風がおさまるのをまって、AM11:30ごろ、近場の「大平山」へ行きました←近すぎ(^_^;)。

004 ←今朝の「暴風」で散ってしまったかと、思っていたら、まだけっこう残ってました(*^^)v。

009 010 ←桜をめでながら、まず1本目。

011 ←「隋神門」の所から例の石段をのぞいて見たら、観光客は居ないみたい。 なので、1年以上やってないけど久々の「石段」駆けあがりをやってみましたrun

017 ←スタート地点の「六角堂」のあたりも桜がたくさんある。 久しぶりなので、入りはややゆっくりと(^_^;)。

018_2 ←序盤から足があがらず、隋神門では苦しさのあまりやめたくなったけど、がまんして神社まで頑張りました。 スピードも心拍も足もあがらず、ぜんぜんダメでしたが、終わった後は久しぶりに「さっぱり」しました(*^^)v。

自転車では、この「さっぱり感」が得られないのよね~、どうしてなんだろう?

019 ←下りて来る途中で、ローディーがあがってくるのとすれ違いました。 レーサーシューズでは歩きづらいだろうな~(ーー;)。

020 ←そのお方の自転車、リドレー。

021 ←対抗上、私の自転車もパチリcamera

022 023 048 ←あとは、桜をめでながらひたすら登りますsnailsweat01

032 ←スタート地点。

034 ←ゴール地点。

027 ←朝の暴風がチリを吹き飛ばしてくれたのか、桜越しに「筑波山」がくっきり見えましたhappy01

40kmでした(短っ)(ーー;)。

| | コメント (12)

2010年4月11日 (日)

桜・お花見ラン

今日は、急遽、「ナマズ・プラス」のお花見ランに参加させてもらいました。

AM9:30集合なのですが、いろいろと野暮用を済ませてるうちに10時を過ぎてしまい、肝心の「大平山」はパスして、直接「西山田林道」へ向かう。

002 ←今日は暖かくて、まさに「春爛漫」。ちょっと着すぎてて暑い(^_^;)sweat01

003 ←「清水寺」に来ても、ナマズの集団は見当たらない。彼らはAM9:30前に「朝練」をやったはずだから、疲れてて、そんなにハイスピードではないはずなんだけど・・・・(ーー;)

「唐沢山」までにつかまえないと、追い着く可能性はかなり低くなる。 つ~ことで、もう「全力」で唐沢山を登るsweat01。 く・・苦しい~(>_<)。

004_2 ←と・・・居ました。唐沢山の頂上で休憩中の集団に合流(*^^)v。

010 ←「田沼高校」側へくだり

012 013 ←「葛生一番館」をめざす。 さすがに「朝練」で疲れてるのか、私でも着いて行けるスピードなので助かりました(^^)。

014 ←葛生一番館で、「がきまんさん」とチーム「しゃみせん」のMasaさんとhiroさんが合流。 これで全部で11名に。

020 ←小腹が空いただろうということで「ニューアルテアルマー」さんが「いもフライ」を差し入れてくれました、ごちそうさまでした happy01

027 033 ←で、お次は「琴平峠(長坂でも可)」をたんたんと登る・・・・と、私の後輪がゴツゴツと・・・・?

035 ←ひぇ~「パンク」ですわ~(T_T)。 Masaさんに手伝っていただき速攻タイヤ交換。チューブラーなんだけど、あんまり「セメント」が効いてなかったな~(危なっ)。 おかげで、すぐに外すことができたけど(^_^;)。

039 ←頂上で皆さんが待っていてくれた<(_ _)>。 で、くだり。

ここで「写真」を撮っていたら「中切れ」を起こしてしまい、Masaさんとkymさんに引いて頂き、集団を追います。 キツクて先頭には出られません<(_ _)>。

042_2 ←やっと「ポアッソン」に着きました。お疲れ様でした。さぁ「お食事」です~restaurantscissorshappy01 おっと、すでに「jpnさん」が先着?されてました。

044 045 048 ←マスターのつくる料理はいつ食べても「最高」! ごちそうさまでしたrestaurantcafe

食べてる最中に「足を攣った」人が何名か! ナマズプラスの「過酷」な練習のほどが推し量れますな~(^_^;)。

52kmでした。 朝練やった人は100kmを越してるはず。 お疲れ様です<(_ _)>。

| | コメント (14)

2010年4月 6日 (火)

宇300パート3

PC3の「勿来」を出たのがPM7:20分ごろ。 出てすぐの踏み切りで延々と遮断機がおりてて、あせる。 その間にPCで買ったパンを食べて開くのを待つ(^_^;)

PC4までは、ずーと登って、ずーとくだるという単純なコース。 ここで時間を稼がないとタイムアウトになっちゃうので、ひたすら漕ぎまくる。

048 ←登りの途中で、先にPC3を出発した参加者が見えてきた。 まずお一人「撃墜」。

050 ←その先にももうひとりの方がいて、こちらも「撃墜」させていただく。

通行止めのトンネルを左折したあとの急な登りでもうひとりの方を「撃墜」。

で、頂上を越した所でストップしてウインドブレーカー2枚を重ね着し、首にタオルを巻いて、長いくだりに備える。

051 ←頂上付近にあった温度計は0度を表示してるので凍結が心配だ。

「ジェントス」の130ルーメンのライトをダブルで点灯させてくだり始める。

バイクなみに明るいので良く路面が見える。 でも濡れている所は心配なので白く見える乾いた部分をえらんでくだる。 風があるせいか、かなり乾いていて凍結の心配はないようだ。

やがて撃墜したロードのお二人が追いついてきた。 でも私のライトが明るいので私に先頭をまかせるつもりなのか、抜かない。

こうなると、もし私が転倒したら後ろのお二人も巻き込んじゃうので慎重にくだる。

メチャクチャ寒い! 途中から手の感覚がなくなり、ブレーキレバーをにぎってるのかどうかがわからない。 凍傷になっては大変なので、手をニギニギして血行を良くしながらくだる。

あまりの寒さに、途中で「コンビニカッパ」を着ようと、後ろに合図して先に行ってもらい、カッパを着る。 が、これが失敗!

内側がびしょ濡れだった。暗くてわからず着てしまったのだが、くだってる途中で凍りつき始めた。

なんだか手も良く動かないな~って思ってたら、手袋も凍ってました(T_T)。

ボトルの水も凍っていて出てこないし・・・。

もう泣きそう。ときどきあまりの寒さに気が遠くなりそうでした。

052 ←やっと下界の明かりが見えてきて、ほどなく「塙」のPC4に到着。 ガタガタ震えながらも「間に合ったかどうか」スタッフに聞くと、11分オーバーしてるとのことclockwobbly がっくりweep

あの寒さの中を頑張ってくだってきたのは、なんだったんだろう? 自分の走力のなさが原因とはいえ、あまりにむごい現実でした(T_T)。

と・・・隣の休憩室から「シーさん」が・・・えっ! なんでここに居るの?

聞いたらやはり寒さにやられ、落車もあって、時間的にきびしいんだとか。 でも勇気を奮い起こして、PC5に向かって行きました。 偉い!

053 ←私は、もう終わってるので、隣の休憩室で暖をとり食事をしながら衣類を整理して、この先の走りに備えました・・・・そう、タイムアウトにはなったけど、最後まで走ります。

そうでもしないと、雨や寒さの中ここまで、けなげに走ってくれたママチャリに申し訳が立ちません(^_^;)。

056 ←ここのコンビニで「軍手」を買い、スタートしたけど、平地なのにこの気温なんですけど・・・(>_<)。

060 ←途中で新しいコースが加わり、その左折地点がわかりずらいということなので、慎重に走るんだけど、コマ図ケースもメーターもベルまで凍っちゃってて良く見えない。

なんとか「赤い橋」を見つけられてホッとする。

N118にでてすぐにPC4のスタッフの方の車に追い越された。 つーことは、もう後ろには誰も居ないということですね・・・寂しすぎる。寒いし。

058 ←誰も居ないはずの「馬頭」のPC5についたら、「シー」さんが居る? えっ、またまたどうしたの?

聞いたら、ここで数分おくれで「タイムアウト」になっちゃったので、迎えの車を待っているのだとか。 女性がひとりであの寂しいコースを走ってきたのは、さぞ大変だったことでしょう。 お疲れ様でした<(_ _)>。

059 ←ここではカップラーメンを食べ、カイロを買って軍手の中に入れる。 PCでこんなにのんびりしたのは初めてです(^_^;)。

シーさんの携帯を借りて、ゴールで待つスタッフの方に、「待たずに撤収してください」と連絡を入れる。 シーさんありがとうございました。

062 ←寒さと眠さにたえながら、グリーンラインを走り、鶴CC坂は押して登り、やっとのことで誰も居ない寂しい森林公園にゴール。 と思ってたらスタッフの須藤さんが待っていてくれました。 ありがとうございました<(_ _)>。

なんだかものすごく「悲惨」な300kになってしまいましたが、最後に、参加された皆さん、スタッフの皆さん、そして無事に走りきってくれたママチャリに心からお礼を言わせていただきます、「ありがとうございました」 <(_ _)>

                  FIN

| | コメント (26)

宇300パート2

いつもの「F1ピットイン」で速攻PC1を出発。 次の常陸大子町のPC2をめざす。

023 ←「風車の弥七の墓」はここだったか。 以前車で来たことがあった。 通り過ぎてから戻ったので、自転車は逆向き。

024 ←こういう表示は、あ~またきつい坂か~と思っちゃうので精神的に良くないです(^_^;)

025 ←昔を思い起こさせるような、レトロチックな「美和村」を通過し、「タバッコ峠」への登りにかかる。 頂上手前でついに「押し」が入っちゃいました(T_T)

026 ←くだって「アップルライン」へ左折すると、いきなり10%の登りですわ~。 なんだかここらへんから「雲行き」があやしくなってきた。 でも天気は良いはずだから大丈夫でしょう。

が・・・くだって常陸大子の駅あたりから「ポツポツ」と雨が(ーー;)。 見上げる空は一面真っ黒! あとすこしでPC2なので、そのまま走り続ける。

PC2にはPM2:21着。 スタッフの須藤さんと井坂さんが居てくれた。 私が最終走者とのことだけど、ここでも50分近い余裕があるので、楽勝気分。

ところが買い物をして出てきたら「どしゃ降り&強風」(>_<)。 聞いてないよ~。 天気予報はどうなってんのよ~<`ヘ´>

027 ←カッパは持って来てないので、コンビニでカッパの上下を購入。 950円の出費は痛いけど、背に腹は変えられない。

足にはビニール袋を巻いて土砂降りの中を出発!

028 ←けれど、このカッパは「蒸れ蒸れ」で、登りでは汗びっしょり。 たまらず脱いでみたら、外と同じくらい内側も濡れていて意味無し。

なので、小雨になったこともあり、脱いで「濡れて走る」ことにした。 カッパのぶんだけ重量増じゃん(T_T)

北部広域農道を「大生瀬トンネル」と「花立山」への二度の登りをこなしてるうちに、かなり「寒く」なってきた。 登りはいいけどくだりがたまらん。

029 ←R349までくだって「里美牧場」への登り口でこの気温。

032 ←登ってゆくとどんどん気温がさがってゆく(T_T)。

041 ←雨の中に「白いもの」がまじってるな~、なんて思っていたら、そのうちに全面雪に変ってきた。

042 ←頂上付近はこんな状態で、すでに夕暮れ時なので「凍結」が心配。 そんな折、頂上を越えてきたオートバイのライダーがチョーのろのろ運転で下りて来る!

えっ!向こう側は凍結してるんだろうか? 以前、凍結路で大落車して肋骨骨折してる私としてはビビリまくり(>_<)。

044 ←でも凍結はなく、無事に「小山ダム」まで下りて来られた。 このころには雨もやみ、上空には夕日が(^^)。 けど今度は放射冷却での凍結が心配に(まったく不安は尽きません)。

045 ←ここから今度は「東部広域農道」を登って、頂上付近から見た「北茨城市街」。 もうポツポツと明かりが灯っている。 このくだりからは夕暮れの中をライト点灯で走る。

046 ←真っ暗な中、霊園への細い山道などを走り、やっと着いた「勿来の関跡」。

ここからすぐのR6沿いにPC3がある。 ついたら2~3人の参加者が出発するところでした。 あれ!店内のイートインコーナーにあの「強い」yamaさんが居る! どういうこと?

聞いたら雨で濡れたマンホールの上でスリップ、落車してしまったのだとか。 腰を強打して走れそうになく、迎えの車を待っているとのこと。

心配だったけど、私の時間的余裕も「17分」となっているので、スタッフの方のチェックを受けて即出発!(落車でリタイアした人の写真を撮るのも気が引けたので、写真はありません)

長くなったので・・・・つづく

| | コメント (11)

2010年4月 5日 (月)

宇300パート1

いろいろと手を尽くして、同僚の好意もあり、なんとか土曜日に休みがとれてBRM300kに参加できることになりました。

AM3起床。 AM4:30出発でスタート地点の宇都宮森林公園へ向かう。

会場にはたくさんの知り合いの方々がいらっしゃいました(*^^)v

003 ←公園直前でsakakazeさんとバッタリ。 なんでも、日曜に別のオフ会があるので、速く帰って来たいのだとか・・・・相変わらず凄い!

004 ←野州さんは7時スタート組。 このブルベに出るとは聞いて無かったので、見かけてびっくり^^; このブルベで「パンク大魔王」の称号を得ることになろうとは、この時点でだれが予想したでしょう(^_^;)

005 ←いつも笑顔がすてきなyamaさん・・・・がこの後大変な「悲劇」が・・・・(^_^;)

011 ←「北海道」!から参加のタナカさん。 このブログの読者ということで、ありがとうございます<(_ _)>

012 ←こちらも「プロテクター」を着けて走る有名人!

008 009 010 ←チーム「スプロケッツ」の方々と、それを率いる「masa(茨城)」さん。 masaさんのブルベにかける情熱と努力はすごい(^^)

014 ←「ふつうのパパ」さん。 ハンパではない「有名人」だけど、連続パンクで泣きの入る野州さんに「穴の開いた」チューブを渡して走り去るという「暴挙」に出た人(ーー;)

015 ←いつも「笑顔」をたやさない「シー」さん。 が、このお方にも悲劇が襲い掛かるんですね~、こわいですね~(^_^;)

007 ←第一ウエーブがスタートした後でもこんなにたくさんいる7時組。 いつもの宇都宮の300kでは考えられないこと。 いつもなら参加者が少ないので、「300kはやらない」なんてうわさまであったのにね。

016 ←それにくらべて、私たちの8時組みは・・・少なっ。7時組みにしておけば良かったかな~(ーー;)

P4033569 P4033575 ←第一ウエーブで受付をして、8時5分前にスタート(画像はパパさん提供)。 鶴CCの坂を行く。 この坂でその日の調子がわかる。 今日の具合は、まあまあのマーちゃんだ(^^)

017 ←が・・・後続にどんどん抜かれまくり(^_^;)

019 ←「シー」さんが引く集団にもぶち抜かれる・・・速すぎ!

020 ←第一PC手前の「和の道」の登り。 けっこう長いけど、第一PCまでには、ここしか登りがない。 平地だとロードとのスピード差で、かなりのタイム差になってるはず。

021 ←と思っていたら7時スタートの「野州」さんと、第一PCのところですれ違う・・・・はい~? 聞いたら、ここまでに4回もパンクしたらしい。 何かに祟られてるんじゃないの? お祓いしてもらいなさいお祓い(^_^;)

022 ←で、第一PCのココストア「御前山野口店」にAM11:53着。クローズまで50分ほどあるので、第一PC着としては異例な速さだ。 ふつうは30分ぐらいの余裕しかないからね。

(注) 今日も雨の中を月曜ということもあり、郵便大量に積んで2時間残業までして走りまくったので、かなり疲れてます。 なので、パート1はここまでにします<(_ _)>  つづく

| | コメント (4)

2010年4月 4日 (日)

タイムアウト

宇300kブルベに行ってきました。

221km地点のPC4に間に合わず「タイムアウト」になっちゃいました(T_T)

一応最後まで走りましたが、残念な結果に終わりました。

041 ←雪の峠越えなんかもありまして、とにかく「寒かった」の一言です(>_<) 

これから「風呂」で身体を温め、飯&寝ます。 詳細は後日<(_ _)>

| | コメント (26)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »