« 宇300パート2 | トップページ | 桜・お花見ラン »

2010年4月 6日 (火)

宇300パート3

PC3の「勿来」を出たのがPM7:20分ごろ。 出てすぐの踏み切りで延々と遮断機がおりてて、あせる。 その間にPCで買ったパンを食べて開くのを待つ(^_^;)

PC4までは、ずーと登って、ずーとくだるという単純なコース。 ここで時間を稼がないとタイムアウトになっちゃうので、ひたすら漕ぎまくる。

048 ←登りの途中で、先にPC3を出発した参加者が見えてきた。 まずお一人「撃墜」。

050 ←その先にももうひとりの方がいて、こちらも「撃墜」させていただく。

通行止めのトンネルを左折したあとの急な登りでもうひとりの方を「撃墜」。

で、頂上を越した所でストップしてウインドブレーカー2枚を重ね着し、首にタオルを巻いて、長いくだりに備える。

051 ←頂上付近にあった温度計は0度を表示してるので凍結が心配だ。

「ジェントス」の130ルーメンのライトをダブルで点灯させてくだり始める。

バイクなみに明るいので良く路面が見える。 でも濡れている所は心配なので白く見える乾いた部分をえらんでくだる。 風があるせいか、かなり乾いていて凍結の心配はないようだ。

やがて撃墜したロードのお二人が追いついてきた。 でも私のライトが明るいので私に先頭をまかせるつもりなのか、抜かない。

こうなると、もし私が転倒したら後ろのお二人も巻き込んじゃうので慎重にくだる。

メチャクチャ寒い! 途中から手の感覚がなくなり、ブレーキレバーをにぎってるのかどうかがわからない。 凍傷になっては大変なので、手をニギニギして血行を良くしながらくだる。

あまりの寒さに、途中で「コンビニカッパ」を着ようと、後ろに合図して先に行ってもらい、カッパを着る。 が、これが失敗!

内側がびしょ濡れだった。暗くてわからず着てしまったのだが、くだってる途中で凍りつき始めた。

なんだか手も良く動かないな~って思ってたら、手袋も凍ってました(T_T)。

ボトルの水も凍っていて出てこないし・・・。

もう泣きそう。ときどきあまりの寒さに気が遠くなりそうでした。

052 ←やっと下界の明かりが見えてきて、ほどなく「塙」のPC4に到着。 ガタガタ震えながらも「間に合ったかどうか」スタッフに聞くと、11分オーバーしてるとのこと がっくり

あの寒さの中を頑張ってくだってきたのは、なんだったんだろう? 自分の走力のなさが原因とはいえ、あまりにむごい現実でした(T_T)。

と・・・隣の休憩室から「シーさん」が・・・えっ! なんでここに居るの?

聞いたらやはり寒さにやられ、落車もあって、時間的にきびしいんだとか。 でも勇気を奮い起こして、PC5に向かって行きました。 偉い!

053 ←私は、もう終わってるので、隣の休憩室で暖をとり食事をしながら衣類を整理して、この先の走りに備えました・・・・そう、タイムアウトにはなったけど、最後まで走ります。

そうでもしないと、雨や寒さの中ここまで、けなげに走ってくれたママチャリに申し訳が立ちません(^_^;)。

056 ←ここのコンビニで「軍手」を買い、スタートしたけど、平地なのにこの気温なんですけど・・・(>_<)。

060 ←途中で新しいコースが加わり、その左折地点がわかりずらいということなので、慎重に走るんだけど、コマ図ケースもメーターもベルまで凍っちゃってて良く見えない。

なんとか「赤い橋」を見つけられてホッとする。

N118にでてすぐにPC4のスタッフの方の車に追い越された。 つーことは、もう後ろには誰も居ないということですね・・・寂しすぎる。寒いし。

058 ←誰も居ないはずの「馬頭」のPC5についたら、「シー」さんが居る? えっ、またまたどうしたの?

聞いたら、ここで数分おくれで「タイムアウト」になっちゃったので、迎えの車を待っているのだとか。 女性がひとりであの寂しいコースを走ってきたのは、さぞ大変だったことでしょう。 お疲れ様でした<(_ _)>。

059 ←ここではカップラーメンを食べ、カイロを買って軍手の中に入れる。 PCでこんなにのんびりしたのは初めてです(^_^;)。

シーさんの携帯を借りて、ゴールで待つスタッフの方に、「待たずに撤収してください」と連絡を入れる。 シーさんありがとうございました。

062 ←寒さと眠さにたえながら、グリーンラインを走り、鶴CC坂は押して登り、やっとのことで誰も居ない寂しい森林公園にゴール。 と思ってたらスタッフの須藤さんが待っていてくれました。 ありがとうございました<(_ _)>。

なんだかものすごく「悲惨」な300kになってしまいましたが、最後に、参加された皆さん、スタッフの皆さん、そして無事に走りきってくれたママチャリに心からお礼を言わせていただきます、「ありがとうございました」 <(_ _)>

                  FIN

|

« 宇300パート2 | トップページ | 桜・お花見ラン »

コメント

勿来~塙が、手袋が凍り付くとか壮絶ですね。普段「凍結注意」とか看板があっても、気温的に気にしないのですが、氷点下の温度表示と組み合わされると恐怖です。タイムアウトとはいえ、自走帰宅も含めてママチャリでの無事帰宅おめでとうございます。お疲れ様でした。

投稿: sakakaze | 2010年4月 6日 (火) 19時34分

sakakazeさんへ
・あの区間をふくめ、帰路は寒くて地獄でした(T_T)。
・なんとか最後まで走りきれたので、少しはホッとしてます(^^)。

投稿: へばな | 2010年4月 6日 (火) 20時42分

今回は、スタート時に遠くでお見掛けしご挨拶しようとしたら見失なってしまい残念でした。

へばなさん流石です。私にはけして追いつく事のできない巨星です。

投稿: pokky | 2010年4月 6日 (火) 21時17分

pokkyさんへ
・いえいえ、私はタイムアウトですから、全然ダメでしたが、pokkyさんこそ、チェーントラブルを修理しての完走はさすがですよ
・すべてを「自分の力」で解決しながらゴールを目指すというブルベの真髄ここに有りですね~

投稿: へばな | 2010年4月 6日 (火) 21時49分

お疲れ様でした
PC4で参加者を待っていましたが、到着するなり
「寒い」の一言でした
今回のブルベ
雨、雪、霧を体験した参加者
本当にお疲れ様でした
須藤さんとは、森林公園で別れた後
とあるSAで偶然にも会いました
スタッフも大変です

投稿: 井坂@Pro Ride | 2010年4月 6日 (火) 22時56分

レポート、楽しく読ませて頂きました。
私の事も記事中に書かれてあり、とても光栄に存じます。
クローズ時間と競争の中でも、流石、一流の自転車乗りにして
一流のブロガー、画像をしっかり撮っているところが素晴らしいです。

投稿: シー | 2010年4月 6日 (火) 23時05分

本当にお疲れ様でした。
過酷な条件下での“完走”お見事です。

無事帰れたことが何よりですね。
またモチベーションをUPさせて、次回頑張って下さい。なんて気安く言えませんね。

とにかくゆっくり休んで下さい。お疲れ様でした。

投稿: ニューアルテアルマー | 2010年4月 6日 (火) 23時06分

シーさんも書いてあったけど、-1℃凍結も記録しているし、一流のブロガーかつ伝説のママチャリ乗りですよ。
タイムアウトになってもゴールを目指す精神は見習いたいものです。私めなら、塙でJRの始発を待っちゃうだろうな。
お疲れ様でした。

投稿: ふつうのパパ | 2010年4月 6日 (火) 23時55分

完結編感動しました。涙(笑)

>指をニギニギ
皆さん同じことを考えているのですね。
でもあまり効果はないのですよね。でもやらねば死にます。(爆)

投稿: kuni | 2010年4月 7日 (水) 00時17分

井坂さんへ
・「スタッフ」のお仕事お疲れ様でした<(_ _)>
・いつ来るのかわからない参加者を、寒い中待ち続けるのは、かなりの負担だったと思われます。 ほんとうにご苦労様でした。 ありがとうございました   <(_ _)>。

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 07時02分

シーさんへ
・お疲れ様でした。いや~寒かったですね~(T_T)。
・シーさんこそ、あと少しで完走できたのに「残念」でした。
・雨の中、ビニール袋からいちいちカメラを取り出すのに時間がかかり、「まずい」と思いつつも、やめられませんでした(一種の病気ですね)(^_^;)。

投稿: | 2010年4月 7日 (水) 07時06分

ニューアルテアルマーさんへ
・ありがとうございます(^^)。
・今回は300kを甘く見すぎていました。 今度は気合を入れなおして頑張ります!

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 07時09分

ふつうのパパさんへ
・なんといいますか「ブログのために走ってる」という感じが強くて、写真を撮らないと前に進めません(^_^;)。
・ママチャリは「輪行」出来ないので、走らざるを得ないんですわ(T_T)。

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 07時13分

kuniさんへ
・そうなんです。「効果」はなかったです。 でもニギニギすることで「凍傷」にはならないだろうという「精神的」な安心感はありました(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 07時15分

凄まじいほどの闘争心ですね。真夜中の農免道路の寒さが伝わってきます。この激走はフランドルでのカンチェララの度肝を抜く走り以上のものを感じます。感動した!!!

投稿: C澤 | 2010年4月 7日 (水) 07時38分

こうして拝見すると、あらためてあの状況でのママチャリ完走のすごさに感動させられます。写真もちゃんと撮っているのもすごいです。

ゴールの写真が夜明け、なおかつスタッフの方がいらっしゃるというのも、感動です。

すばらしい!

投稿: 楽山 | 2010年4月 7日 (水) 12時12分

C澤さんへ
・ありがとうございます。 でも本当に「寒かった」です(T_T)
・以後「栃木のカンチェラーラ」とお呼びください<(_ _)>

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 12時59分

楽山さんへ
・う~ん、ちょっとママチャリでの「限界」を感じちゃいましたが、あと少し頑張ってみようと思っています(^^)。
・明るいゴールはタイムアウトの「証明」ですね。 でもスタッフの須藤さんが居てくれて、救われました。 誰も居なかったら、寂しさ倍増だったでしょうね(T_T)。

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 13時05分

過酷なブルベでしたねぇ~。お疲れ様でした。
日曜の朝、BLITZENのイベントに参加したのですが、同組のyaguchiさんから「ここに来る途中で、へばなさんを見かけましたよ」と聞いていたので、ゴールして帰還中かなと思ってました。

自分は乗鞍のトレーニングに、8月の山岳ブルベに出る予定です。抽選に外れたら、参加は止めますけど・・・

投稿: Masa | 2010年4月 7日 (水) 18時00分

Masaさんへ
・おっと!yaguchiさんに見られてましたか? どこでだろう?
・今回のブルベは寒くて、もう「悲惨」の一言でした
・私は8月は「滝ケ原」を通過しない807の方に出る予定ですが、休みが取れるかわかりません

投稿: へばな | 2010年4月 7日 (水) 19時43分

お疲れ様でした。
あれえ、もう森林公園にゴールしちゃったの?
私のブログはまだ塙ですよ。

大変過酷な環境の中、皆さんに感動を与えて下さってほんとうにありがとうございました。

師匠リベンジ期待してまっせ!

投稿: masa(茨城) | 2010年4月 8日 (木) 06時13分

masa(茨城)さんへ
・自転車は遅いんですが、ブログは速いんです
・次の400で「リベンジ」したいんですが、休みがとれるかが、まず問題でして・・・

投稿: へばな | 2010年4月 8日 (木) 07時02分

“へばなさん”本当に大変でしたね。これじゃ、やっぱりわたし仕事で正解でしたね。5月8日も仕事でダメになってしまったんです。これも正解だったりして・・・、ついでに自転車はもうやめました、なんてね。ハハハ

投稿: koji | 2010年4月 8日 (木) 21時27分

kojiさんへ
・なんだか508も天気があやうい「予感」がいたします。宇ブルベに雨はつきものですからね~^^;
・今度は「カッパ&長靴」のフル装備でいきますよ(*^^)v

投稿: へばな | 2010年4月 8日 (木) 22時06分

平日は仕事関係でネット環境に恵まれず、いま家に帰ってみるとパート1から3まで・・・泣けますね、感動です。
画像の用意といいお見事、何度も読み返しました。ありがとうございます。(私の画像まで有りびっくりです!!)
さて、北海道から4人で走っていましたが、寒さはあまり気になりませんでした。やっぱり慣れているかもしれません。
去年の長万部400はもっと寒かったし・・・。
それよりも峠の斜度のキツさがつらかった。北海道は凍結があるからあんなに斜度無いです。

投稿: タナカ@daiou | 2010年4月 9日 (金) 20時23分

タナカさんへ
・お読みくださり、ありがとうございます。最近は「ブログ」のために走ってるという「本末転倒」状態でして・・・
・あの気温でも「寒さ」を感じなかったとは・・・さすが「北海道」!参りました<(_ _)>。
・でも宇ブルベでは、あの位の「坂」は普通です
・またよろしくお願いいたします(^^)

投稿: へばな | 2010年4月 9日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇300パート2 | トップページ | 桜・お花見ラン »