« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

やってしまいました

今日はなんとか走れそうな天気。 なので路面からの「ショック」に少しばかり強くなったはずの「ビアンキ」の試運転に行きました。

001 ←まずは「大平山」へAM10時ごろ出発。 食事直後なので、ちょっとキツ過ぎる(^_^;)。

002 ←なので、少し平地を走って「琴平峠」へ。

005 ←ハンドルを少し「柔らかい」物に変え、サドルも慣れ親しんだママチャリのものを付けた、ビアンキは、なかなかいい感じです。

2往復して、さてどうしようか? もうちょっとやっていこうかな~、なんて考えながらくだってきたら・・・・・カーブで、いきなり「こけました」(>_<)。

路面は濡れてたけど、滑るような場所ではないので、わけわからん状態?

でも擦過傷がものすごく痛いし、それ以上に「肩」が痛む(+_+)。

「鎖骨」やっちゃったかな~と思い、肩をさわってみたけど、激痛はないので、とりあえず自転車を見てみると・・・・・。

前輪が逆方向向いちゃってる! 単純なスリップダウンなのに、なぜ?

で、元に戻そうとしたら「簡単」に回るじゃありませんか! そうなんです、いつのまにか「ヘッド」が緩んじゃってて、コーナーリング中に前輪が回転しちゃい、そのせいで引っ張られた「ブレーキ」が効いちゃったみたいです。

コーナーリング中にブレーキをかけちゃったら、スリップダウンしちゃいますよね~(^_^;)。

で、なんとか帰宅して、血だらけの腕と脚のキズ部に「ラップ」を巻いた。 その後、肩を見てみたけど、外観からはわからない。

でも、動かすとかなり痛いです(>_<)。

明日から「年賀はがき」の発売が始まり、「年末繁忙期」に入るので仕事は休めないし・・・・・もう、最悪ですわ~(T_T)。

| | コメント (32)

2010年10月30日 (土)

雨で

今日は、せっかくの「非番」だったのに「雨」。 台風らしい降り方ではなく、シトシトと降ってますし、風も弱い。

やることが無く、TVとPCで時間が過ぎて行く。 身体を動かさないと「食事」もおいしくない。

なので、16年も前の「ツール」のビデオを見ながら「エアロバイク」を1時間漕いだ。

「膝」が心配なので、負荷はかけずに回転のみ。 でも室内練はつまらないな~(ーー;)。

明日はなんとか走れそうなので、軽く走ってみましょうかね(^^)。

「ビアンキ」のハンドルを在庫の軽量タイプに変更し、「サドル」も使い込んだママチャリの物をはずしてこちらに取り付けたので、少しは「硬さ」から解放されるかも・・・・楽しみです(*^^)v。

| | コメント (6)

2010年10月24日 (日)

ジャパンカップ

今日は「ジャパンカップ」を見に、宇都宮森林公園へ行ってきました。

002 ←会場近くで、Masaさん達御一行様と出会うpaperhappy01

003 ←今日は、久しぶりの「ママチャリ」です。やっぱり、乗りやすいわ(*^^)v。

030 ←この人出は、どうよ!ここは「新宿駅構内」でしょうか?

033 ←おっと「ナマズ」の方達、発見!

045 ←さらに「AJ宇都宮」のスタッフの方達のお姿も。

054 ←「野州さん」なに食べてますのんriceball

036 ←毎年、私が「陣取る」場所は、最高の場所なので、隣にTVカメラが(^^ゞ。

023 ←この人出なので、「TVリポーター嬢」も、緊張の面持ち。

048 ←選手を写してるのか、観客を写してるのか、わからん状態(^_^;)。

038 ←地元の「ブリッツェン」の選手も頑張ってくれました。

018_2 ←いつ見ても「かっこいい」マビックカーgoodlovely

052 ←この人出では、選手よりも観客のほうが「救急車」に乗る確率大(^_^;)。

059 ←登りも速いけど、くだりもガンガン行きますね~。

066 ←場所を変えてみる。 写真ではくだりに見えるけど「登り」です。

067 ←いつもは、4~5周で帰っちゃう「白バイ」が、今年は最後まで居てくれた。

068 ←後半なのに、トップの選手の登りのスピードはすさまじいい(゜o゜)。

070_2 ←それを追う集団。

075 ←遅れた選手をどんどん抜いて行く、チームカーの列。

080 ←選手が通り過ぎると、この人波(^_^;)。

081 ←選手が来ない間の、かわいいパフォーマンス(^^)。

123 ←3周近くを逃げて優勝した「ガーミン」のマーティン選手。 この選手の登りのスピードは他を圧倒してました!

124 ←それを追う、第2集団。 統一がとれず、結局50数秒の差を詰められず。でも、この中から「シマノ」の畑中選手が3位になった。

097 ←遅れた選手にも、トップを走る選手以上の「声援」が飛んでました(^^ゞ。

112  ←遅れてレースをやめた後、観客に「ハーモニカ」を吹くパフォーマンスを見せる「福島」弟。

110 ←今回も「地元」ということで「ブリッツェン」ジャ~ジでの応援がかなり目立ちました(*^^)v。

144 ←レースとは関係ないけど、帰りに見たのんびりした「農村風景」。 こういうの好きなんです(^_^;)。

| | コメント (16)

2010年10月20日 (水)

リベンジ400(追記)

今市町の「ゴール」が近づいた頃。 眠気と疲れのせいか、いろんな「不思議な物」を見た。

暗闇の中、「ゴルフ場」だかの看板のところに若い男性がいて、懐中電灯を持つわけでもなく、その看板を間近で見ていた。

そして、私に気づいて、さっとすがたを消した。

そのあと、ちょっと走ったところで、今度は道路のすぐ脇の真っ暗な「畑」の中を、これまた懐中電灯も無しに、女性がなにかを探してるような感じで、下を向いたまま歩いていた。

そのほかにも、何かの音が「人のしゃべる声」に聞こえた事もあった。

これらのことをかんがみると、以前のブルベの最中に真夜中の山道で「公衆電話ボックス」の中に人が立っていたのを見たのも、もしかして「眠気や疲れ」による幻視だったのかもですね。

sakakazeさんも「中部1000k」ブルベの最中、夜間、トンネルの手前でパンク修理中、ず~と「トンネル」の中から複数の女性の話し声が聞こえていたとブログに書いてるし。

| | コメント (16)

リベンジ400(その3)

今日は「非番」なんですが、「膝」を治すべく、家でのんびりしています(^_^;)。

さて、PC3をたち、「コシヒカリ」の刈り取りの終わった、やや平坦な道をしばらく走ります。

「入広瀬村」あたりから短いけど「登り坂」が多くなる。

膝が痛む。特に左側がひどい(>_<)。

いろいろと「踏み方」を変えたりしてみるけど、ぜんぜん変らない。

また、この「ビアンキ」がアルミフレームのせいか、ガチガチに「硬くて」、疲れた身体にはその振動がつらい。 おかげで「手のひら」が痛くなってきたし、あまつさえ「お尻」まで痛い(T_T)。

「立ち漕ぎ」すればお尻は楽になるけど、「膝」の痛みが倍になっちゃう。

手・膝・お尻・腰と、痛い所だらけで「六十里越」にのぞむことになろうとは・・・・8段変速のビアンキなら「スイスイ」の予定だったのに。

104 ←「大白川駅」でコーヒータイム。 本番のときには「真っ暗」だったのでわからなかったけど、こうして見ると、なんだか「食堂」に駅が「間借り」してるみたいな感じだな~(^_^;)。

この先から「六十里越」の長い登りにかかる。

けど、前半はアップダウンの連続なので、くだりで休めるせいか、そんなにきつくはない。

後半の「九十九折れ」にかかると、「膝」が限界。 でも「F40×R30」があるので、なんとか「押さず」に登れた。

105 ←秋の日は「つるべ落とし」。 曇ってるせいもあり、あっと言う間に暗くなった中を、ヒ~ヒ~言いながら登りきり、やっと頂上の「トンネル」に着いた(^^ゞ。

で、安心して長いトンネルの中をタラタラ走ってたら、なんだか後ろから大きな音が・・・・振り向くと・・・「大型観光バス」がcoldsweats02

なんでこんな時に来るんだよ~。 怖いので、痛い膝に鞭を入れて「タイムトライアル」状態で出口へ全速bicycledash

バスが待っていてくれたのか、出ると同時に抜いていった(疲れた~)(+_+)。

ここのくだりは工事中の箇所も多く、路面が濡れてるところもあるので、慎重に且つ高速でくだる←ちょっと「矛盾」してますが、まあ、そういうことです。

なが~いくだりの途中、前方はるか下に「光の帯」が見える。えっ、また工事中?・・・・いや、光が動いてる! しかも登ってきますがな~(゜o゜)。

ものすごい「長い光の帯」!何?

で、ついにその光の帯とカーブしてる「スノーシェッド」の中ですれ違うはめに!

ものすごい「轟音」が近づいてくる(こわ~い)。 「戦車」でも登ってくるような音がシェッドの中に響き渡る!

ついに見えた正体は・・・・ものすごく長い「超大型トレーラー」が3台つながって登ってきたのでした。

工事現場へ物資を運ぶのだろうか、荷物満載であの登りを登るので、エンジン音がすごいんだわ。

106 121 ←くだって、しばらく平坦を走り、PC4に到着。このお店はPM7:30閉店なので、間に合ってよござんした。

PC4のクローズがPM8:02。 貯金は1時間15分くらいか。 戦前の予想では、このあたりでは3時間くらいの「余裕」があるはずだったのに、ぜんぜん「ダメ」ですわ<(_ _)>。

107 ←食料の棚は、ガラガラだったけど、この揚げ物がすごいでしょう。 ここでは食べないけど、めずらしいので「おみやげ」に買っちゃいました(^_^;)。

で、スタートして、真っ暗な県道351号線をひた走る。 本番中に雨の中「仮眠」した場所を見て、われながら、よくこんな「寂しい所」で寝たよな~と、感心した。

28kmほど走った「南郷村」から、次の長い登りの「駒止峠」へ入る。

もう「膝」に力が入らず、手もお尻も痛くて、やけに坂が「急」に感じる。去年の400kでは、ここをシングルのママチャリで越えたのが信じられません。

特に「スノーシェッド」の中が「急」で、辛くて、何度も「押しちゃおうかな~」って思いましたが、ここまできて「押す」のも残念なので、必死に頑張る!

108 ←なんとか頑張れて、やっとスノーシェッドと連結してる「駒止トンネル」へたどりついた(*^^)v。 長~いけど、夜遅いので車が来なくて安心して通れた。

110 122 109 ←寒~いくだりを、カッパを来てくだり、平坦を走って会津田島の「PC5」へ。 余裕は1時間しかないけど、あとは「山王峠」を越えるだけなので、カップめんなどを食べ、電池も全部交換して、「ゆっくり」する←ママチャリのときには考えられなかった行動(^^ゞ。

111 ←で、山王峠をなんなく越え(やや誇張あり)、栃木県へ帰ってきましたよ。

112 123 113 117 ←あとは、車のほとんど来ないくだり基調の道を「三依」→「五十里ダム」→「川治」→「鬼怒川」→「今市」と走り、最後のゴールにしたコンビニに到着。 本来のゴールは、この先400mの所のYHなんですが、まあここでいいでしょう。

ゴールのクローズタイムがAM4:30ですから、「45分」しか余裕がなかったですね(パンクしたらアウトでした)。 8段変速に変えても、乗り手の力が無いと、ママチャリと変らないって事が「証明」されちゃいました<(_ _)>。

このあと、帰宅途中で、眠気のためひんぱんに意識が飛び始めたので、途中にあった「公園」のベンチで仮眠してから帰りました。 482kmでした。      FIN

| | コメント (19)

2010年10月19日 (火)

リベンジ400(その2)

さて、いよいよ「樹海ライン」へ突入ですが・・・・。

065 067 069 074_3 076 077  ←こちら側(くだり)の紅葉も、登りに負けず劣らず、すばらしい!

075_3  ←車がけっこう登ってくるんだけど、私も運転手も「紅葉」に見とれてるので、道が細い事もあり、非常に「危険」(^_^;)。

072 ←遠くに見える山は「燧ケ岳」ですね。

なんだか、新潟方面からは、非常に強い風が吹いてきていて、くだりということもあり、ものすごく「寒い」(+_+)。

078 ←新潟県との県境。このあたりまでくだってくると、紅葉にはちょっと早い感じ。

このあと、例のキツイ「登り」が3回ほど続く。本番では「押し」のオンパレードだったけど、今回は「F40×R30」というファイナルギヤに助けられて、膝が痛いけど、頑張れました。

081_2 083 087 ←「銀山湖」のあたりは、まだ紅葉してない。 さらにくだった、南面が少し紅葉してたけど。

090 ←「銀山平」の遊覧船発着所。次に乗る多くの乗客が並んでいた。ここからの乗船は団体客が多いみたい。

092 ←「枝折峠」(しおりとうげ)への登りに入ると、路面が濡れてる。風が強いのに濡れてるという事は、降ったばかりなのかも。

「尾瀬三郎」がこの峠付近で道に迷った時に、童子があらわれ、枝を折りながら道案内したということから、枝折峠と言う名前が付いたみたい。

旧道の枝折峠は、この道とは違う所に有るようです。

ここも膝の痛みに耐えながらの難行苦行でした。ファイナルギヤ固定で登る。 本番にはママチャリでも、ゆるく感じたのにな~。

095 099 ←だんだん「霧」がでてきて、「頂上」は霧につつまれてて、視界ゼロ。

ひんぱんに現れるこの「標識柱」の「ひらがな」は、なんと読むのだろうって、本番中にも疑問に感じてました。 「来たの、よ~し」かと思ってたら「よぉ~来たの」なのかな?

登山客のおじさんが「どこから来たの?新潟?」って、聞いてきたので「栃木市です」って答えたら「と・ち・ぎ!」って、びっくりされてた(^^ゞ。

くだりは車に付いて、ガンガンくだります。 前に目標があると、くだり易いですからね~。

100 ←でも「狭い」ので、すれ違えず、こういう状況になって、ストップすることも(^_^;)。

101_2 120_2 ←山からおりても、ギヤがあるので、ゆるいくだりをガンガン飛ばして、PC3のコンビニに到着。 約1時間半くらいの余裕あり。 うひゃ~、貯金が増えました(*^^)v。

本番とは違い「ミニスカ」の女性は居なかったけど、久しぶりにPCでのんびりくつろぐ。

これから夕方&夜間にかけて、大きな峠を二つ越えるので「英気」をやしなう。 でも膝の痛みが尋常ではなく、越えられるのか「不安」がつきまとう。

さあ「樹海ライン」はなんとか突破できましたが、この後に来る「六十里峠」と「駒止峠」を押さずに登れるのでしょうか・・・・次号をまて!

| | コメント (14)

2010年10月18日 (月)

リベンジ400(その1)

帰宅後、風呂・飯とこなして、少しでも身体を休めるべく横になる。 眠れないけど、少しは楽になった(ような気がする)。

天気が気になるが、レーダーなどを見る限りでは、家のあたりの雨は出発する頃には上がるはず。

途中は、「今市町」あたりで、軽く降られるくらいだろう。 ということで、軽い「なんちゃってカッパ」を持ってゆくことにした。

PM11時。雨があがったところで、出発。スタート地点の「宇都宮森林公園」をめざす。

が・・・・「鹿沼市」に入ったら「どしゃ降り」(T_T)。

005 ←「土地改良区事務所」の軒下へ避難。なかなか止まず、スタート時間がせまるので、あせる。

006 ←小降りになったところで、走り出し、本日のスタート地点のセブン「森林公園入り口店」へ。

スタッフが居るわけではないので、ここをスタート地点とし、ゴールも、正式なゴール(ユースホステル)の400m手前にある、コンビニとしました。

118 ←本番と同じく、AM1:30にスタート。雨はあがった。

スタートから11k地点の「リンゴ街道」へ入ったときに抜いていった自動車が「4灯」を焚いて行った。 まるで「頑張って」と言ってる様で、ブルベを知ってる人みたかった。

009 ←鬼怒川の「龍王峡」あたり。「ギヤ付き」はやっぱり楽だわ、などと思いながら快調に走る。 雨も小降りで、そんなに気にならない。

011 ←夜が明けたところで、第一PC(ポイント・オブ・コントロール)へ到着。

119 ←が・・・時間がかかりすぎてる。 なんと、クローズ30分前。これじゃ~ママチャリと変らないじゃないの?(゜o゜)。 愕然!

問題の「膝」も痛くなってきてるし。このままでは、「本番」の二の舞か?

左膝は仕事中も痛かったので、こうなるだろうとは思っていたけど、右は「完治」してると思っていただけに、ショック!

それにしても、8段ギヤ付きだのに、シングルのママチャリと同じスピードとは・・・・時計がくるってるのかと、何度も見ちゃいました(>_<)。

がっくりしながらも、そそくさとPCをあとにする。

012 ←夜明け直後なので「寒っ」。 なんだか西風がびゅ~びゅ~で、前に進まないんですけど。

8段ギヤ付きなら「楽勝」だろう、などと思っていただけに、あまりのスピードの出なさに「がっくり」きてるところへ、この寒さ!

いっきに「ヤル気」が失せちゃいました<(_ _)>。

021 ←天気は良くなってきたけど、前方はるかの山にかかる雲はどうよ? もしかして「しぐれてる」んじゃないの?

027 ←でも、次第に青空が広まってきて・・・

034 ←なんか、いい感じ(^^)。

035 ←この橋の先からが「急坂」になる。6kmぐらい続く。

037 038 ←入ったとたん、この「紅葉」ですわ~。きれい、きれい!

041 042 044 ←もう「最高」!さっきまでのやる気の無さも消えうせ、クローズタイムの事も忘れて、写真撮りまくり(*^^)v。

047 050 055 058 059 060 ←すばらしいでしょう! 写真では実物の十分の一くらいしかお伝えできないのが、残念です。 ここだけで何十枚も写真を撮っちゃいました(^_^;)。

062 ←おっと、気がついたらいつの間にか「PC2」に到着ですわ~(^^)。

063 ←ここがPC2の「尾瀬御池」。ここで買い物してレシートをもらえばよかったんだけど、登山客で混んでるようだったのでスルー。写真に時間が写りこんでるので、まあいいか。

066 ←でも、一応「ロッジ」の時計を写しておきました。ここのクローズがAM10:50だから、あれだけ写真を撮ってたのに、余裕が50分に増えてる→ヤル気出てきました(*^^)v・・・・膝は痛いけど。

さあ、ここから先は、例の「樹海ライン」へ入りますよ。痛い膝をかばいながら、どうやってあのアップダウンを乗り越えたんでしょうか?最終兵器の「押し」が出たのか・・・・次号へつづく!

| | コメント (12)

2010年10月17日 (日)

行って来ました

宇925の400kのコースを走ってきました。

052 055 ←「尾瀬御池」への登りの「紅葉」が真っ盛りで、それはそれは、きれいでした(*^^)v。

走りのほうは、時間内に完走したものの、私の体とビアンキに、問題点多数出現でした(T_T)。

眠いので、もう寝ます。 詳細は後日<(_ _)>。

| | コメント (17)

2010年10月15日 (金)

リベンジ

明日とあさってが休みで「連休」になった。

天気も良さそうなので、「ビアンキ」でのブルベの試走をかねて、このあいだDNFだった「宇400k」のコースを走ってきます。

今、家のあたりは「雨」だけど、天気は良くなる予報なので、PM11家出、宇都宮森林公園をAM1:30出発で行って来ます!

はたして「リベンジ」なるのか、はたまた「返り討ち」にあっちゃうのか! 乞う御期待! 

| | コメント (12)

2010年10月11日 (月)

「ナマズ・プラス」のサイクリング?へ

きょうは、「アルテアルマーさん」プロデュースで「B☆P・TOCHIGI」主催のサイクリングへ参加してきました。

コースは栃木市→日光市今市町小来川→宇都宮森林公園→栃木市。

事前の情報では、参加者が少ないとのことだったけど・・・・。

001 ←行ってみたら、この人数ですわ(^_^;)。

005 008 ←S崎店長とアルテアルマーさんのブリーフィングの後、そろって写真を。

022 ←最初は、以外にも「のんびり」走りました。まあ、そのうちスピードが上がるでしょうけど、きょうは一応「LSD」という名目なので(^^ゞ。

031 ←人数が多すぎて、車が抜けないので、ここから速い班と遅い班に分ける事になりました。

033 ←今日走った中で、紅葉してたのは、このイチョウ一本のみ(T_T)。

039 ←登りにかかる手前で、速い班が待っていてくれました。

045 ←「小来川」への登りぎみの道に入ると、われわれ4人が「置いてきぼり」に(T_T)。

050 ←ひ~ひ~言いながら、やっと頂上に着きました。人家も無い山の中にある、不思議なバス停。

052 049 ←頂上風景。余裕が有るのか無いのか、カメラにscissorsサインのS崎店長(^^ゞ。

ここで「ペア」のローディーに出会う。うらやましいな~lovely

054 055 056 ←くだって、今市市内のフライングガーデンで昼食。 普通はコンビニなんだけど、きょうは一応「ツーリング」ですからrestaurant

057 ←食後はエネルギーが入ったせいか、スピード上がりまくりdash

059 ←さらに「高校生」達が引き始める! 狭い「杉並木」も、なんのその。 ここは路側帯が狭いので、普通は車が怖くて走れないけど、高速&大人数なので、平気(^^ゞ。

061 ←宇都宮の「森林公園」近くの、軽いアップダウンの道を時速50kとかで、ぶっ飛ばす高校生達bicycledash

063 ←今日も「パンク」にみまわれた「KYMさん」impact。 走るたびにパンクしてるので、みんなから「もうお祓いしてもらうしかないでしょ」と言われてました(T_T)。

066 067 ←「ジャパンカップ」直前で盛り上がる森林公園を登り、くだったところで地元のアルテアルマーさんとyamaさんとは、お別れ。 お疲れ様でした。

068 ←栃木まで帰るのに、ず~と「先頭固定で走れ」とS崎店長から命ぜられ、向かい風の中を引き続ける若手の「T村君」(悲惨)。

071 ←命令したS崎店長は「番手」で楽な走り(^_^;)。 おもわず笑みが!

073 ←このことがこのブログに書かれてはまずいと判断したのか、S崎店長も引きました。 で・・・疲れが顔に出ている店長。 後方部隊は皆さん笑顔ですね(*^^)v。

074 ←さらに「先頭交代」が始まって、時速40k巡航の、いつもの「ナマズ練」になってます←もう「ツーリング」なんてことは、忘れちゃってる皆様(^_^;)。

075 ←で、お店に到着! 参加された皆さん、きょうは「暑い」中、お疲れ様でした<(_ _)>。 127kmでした。

| | コメント (22)

2010年10月10日 (日)

ビアンキ

今日は一日「雨予報」だったのに、AM10時ごろから天気回復。

なので、「ブルベ仕様」の「ビアンキ」でどんなものか、走ってみました。

001 ←これが「ブルベ仕様」にした、ビアンキ8段変速。 ハンドル回りやライトをママチャリから移植。 サドルもママチャリと同じ物にした。

006 ←ペダルも変えて、25年落ちの「シルバン・ツーリング」にクリップ&ストラップ。 立ち漕ぎの時に、足がペダルから「はずれる」ってことがないので、安心(*^^)v。

008 ←まずは、近場の大平山へ。天気が良くなりすぎで、大汗sweat01

二本やったら、久しぶりの大平山は、けっこうキツイので、そこまでにして・・・

010 013 ←「琴平峠」へ向かう。

016 017 ←膝に若干の「違和感」があったけど、マアマアかな~。「柏倉側」からの一本でやめ(^_^;)。

あっ、後ろの荷台の「米袋」の中には、工具・雨具などの、すぐには必要ないものを入れてます(^_^;)。 総重量は17.5kg。 これに「食料」がプラスされるから、ほぼ18kgというところでしょうか。

ギヤはF40×R11~30の8段。 

トップの11は重すぎて使えないので、帰宅してからトップを変えようとしましたが、手持ちのトップ13は厚みが違い、それに合うスペーサーが見つからず。

しかたなく、また元に戻しました←時間の無駄(T_T)。

| | コメント (14)

2010年10月 5日 (火)

もどる

きょうは非番。 なので、ママチャリを元の姿に戻してやりました。

Photo ←ハンドルもアップスタイルにもどって、普通のママチャリらしくなりました。

きょうは、このママチャリで「野暮用」のために、あちこち走り回りました。

最初はハンドルが軽すぎて、乗りづらかったけど、慣れてくると、やはり町の中をチョコチョコと走るのには、ママチャリが便利ですね。

これからは通勤と買い物で活躍してもらいましょう(*^^)v。

| | コメント (12)

2010年10月 3日 (日)

びっくり食堂へ

今日は「hiroさん」と、例の「びっくり食堂」へ行く約束をしてました。

天気がちょっと心配ですが、なんとかなりそうな空模様の中を、待ち合わせ場所の「葛生壱番館」へ、7速の「ビアンキ」でいそぎます。

002 ←と、皆川町でランニング中のナマズの「S木(栃木)さん」とばったり!・・・・目をつむった写真ですみません<(_ _)>。

003 ←「琴平」の登り口で、速そうな3人のローディーに抜かれる。もう一人にも抜かれたが、最後の一人には抜かれず頂上へ。 脚はまだ痛いけど、まあまあかな(^^ゞ。

005 ←葛生側のくだりで、今度はナマズのH本君とばったり!「レーシック」をして、完璧に1.5になったのだとか。勇気あるな~(*^^)v

006 ←くだり終えたところで、さらに「kymさん」に遭遇! 今日はローディーがわんさか居たけど、こんなに知り合いに合えるとは・・・(^^♪。

で、kymさんも一緒に行くことになりました(^^ゞ

007 008 ←「壱番館」で待ってると、hiroさん登場!新車のクロスバイクの「ウンチク」を聞く。

009 011 013 ←壱番館にいたローディーが「道を教えて欲しい」とのことなので、「中運動公園」まで道案内。

014 015 ←その後、「田沼町」へ向かう。

016 ←田沼の町を抜け、だんだん山が近づいてきた。

017 019 018 ←途中、kymさんの提案で、裏道へと入る。 車が来なくていいわ。

020 021 ←11時20分ごろ、「びっくり食堂」着。ちょうどオープンしたとこみたい。

028 ←「入り口」がわからなかったけど、道路の反対側がそうでした(^_^;)。

お店のおばさんに、びっくり食堂の名前の「由来」を聞いてみたけど、「昔から、そういう名前を使ってる」という答えしか帰って来ませんでした(・・?。

023 ←さっそく「美女」の前に陣取るhiroさん(^_^;)。

030 024_2  ←ちょっと昔の有名人のサイン入り色紙がたくさん飾ってあり、「レトロ」っぽい雰囲気がいい。

027 032 ←「山菜うどんと天ぷら」を注文。味・量ともに「まあまあのマーチャン」。 ごく「普通」で、びっくりする事と言ったら、お店の「雰囲気」ぐらいかな~(ーー;)。

035 036 ←食後は、すぐ先の「老越路峠」を登り。

041 042 ←「桐生側ダム」へ。

045 ←「桐生市」を抜け。

046 049 ←「白葉峠」を越える。

050 051 ←降りて。

052 ←「ブリッツエン自販機」で補給し。

055 054 ←桐生川ぞいのCRを行く。

057 ←途中でCRを降り、裏道へ。前方の山が「大小山」。ハイキングコースがあり、短いけどキツイらしい。

059 060 ←名所旧跡がたくさんあるけど、時間がないのでスルー(T_T)。

061 ←親子で魚とりしてる所に遭遇し、魚の種類を聞かれたhiroさんが「てきとうな答え」をしていた(-_-;)。

063 ←「介護保険」の話でもりあがる御ふたり・・・・(^_^;)。

064 ←最後の最後でkymさんの前輪が「スローパンク」。なので、ここでお別れすることになりました。 今日はお付き合いいただきありがとうございました(*^^)v。

065 ←その後二人で走り、「琴平」の登り口でhiroさんともお別れ。道案内お疲れ様でした。 おかげで楽しい一日が過ごせました。ありがとうございました<(_ _)>。 

急いで帰り、なんとか暗くなる前に帰宅できました。121kmでした。

PS hiroさん「お誕生日」おめでとうございますpresent cake。 「年賀はがき」まで買っていただき、ありがとうございました<(_ _)>。

| | コメント (16)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »