« リベンジ400(その2) | トップページ | リベンジ400(追記) »

2010年10月20日 (水)

リベンジ400(その3)

今日は「非番」なんですが、「膝」を治すべく、家でのんびりしています(^_^;)。

さて、PC3をたち、「コシヒカリ」の刈り取りの終わった、やや平坦な道をしばらく走ります。

「入広瀬村」あたりから短いけど「登り坂」が多くなる。

膝が痛む。特に左側がひどい(>_<)。

いろいろと「踏み方」を変えたりしてみるけど、ぜんぜん変らない。

また、この「ビアンキ」がアルミフレームのせいか、ガチガチに「硬くて」、疲れた身体にはその振動がつらい。 おかげで「手のひら」が痛くなってきたし、あまつさえ「お尻」まで痛い(T_T)。

「立ち漕ぎ」すればお尻は楽になるけど、「膝」の痛みが倍になっちゃう。

手・膝・お尻・腰と、痛い所だらけで「六十里越」にのぞむことになろうとは・・・・8段変速のビアンキなら「スイスイ」の予定だったのに。

104 ←「大白川駅」でコーヒータイム。 本番のときには「真っ暗」だったのでわからなかったけど、こうして見ると、なんだか「食堂」に駅が「間借り」してるみたいな感じだな~(^_^;)。

この先から「六十里越」の長い登りにかかる。

けど、前半はアップダウンの連続なので、くだりで休めるせいか、そんなにきつくはない。

後半の「九十九折れ」にかかると、「膝」が限界。 でも「F40×R30」があるので、なんとか「押さず」に登れた。

105 ←秋の日は「つるべ落とし」。 曇ってるせいもあり、あっと言う間に暗くなった中を、ヒ~ヒ~言いながら登りきり、やっと頂上の「トンネル」に着いた(^^ゞ。

で、安心して長いトンネルの中をタラタラ走ってたら、なんだか後ろから大きな音が・・・・振り向くと・・・「大型観光バス」が

なんでこんな時に来るんだよ~。 怖いので、痛い膝に鞭を入れて「タイムトライアル」状態で出口へ全速

バスが待っていてくれたのか、出ると同時に抜いていった(疲れた~)(+_+)。

ここのくだりは工事中の箇所も多く、路面が濡れてるところもあるので、慎重に且つ高速でくだる←ちょっと「矛盾」してますが、まあ、そういうことです。

なが~いくだりの途中、前方はるか下に「光の帯」が見える。えっ、また工事中?・・・・いや、光が動いてる! しかも登ってきますがな~(゜o゜)。

ものすごい「長い光の帯」!何?

で、ついにその光の帯とカーブしてる「スノーシェッド」の中ですれ違うはめに!

ものすごい「轟音」が近づいてくる(こわ~い)。 「戦車」でも登ってくるような音がシェッドの中に響き渡る!

ついに見えた正体は・・・・ものすごく長い「超大型トレーラー」が3台つながって登ってきたのでした。

工事現場へ物資を運ぶのだろうか、荷物満載であの登りを登るので、エンジン音がすごいんだわ。

106 121 ←くだって、しばらく平坦を走り、PC4に到着。このお店はPM7:30閉店なので、間に合ってよござんした。

PC4のクローズがPM8:02。 貯金は1時間15分くらいか。 戦前の予想では、このあたりでは3時間くらいの「余裕」があるはずだったのに、ぜんぜん「ダメ」ですわ<(_ _)>。

107 ←食料の棚は、ガラガラだったけど、この揚げ物がすごいでしょう。 ここでは食べないけど、めずらしいので「おみやげ」に買っちゃいました(^_^;)。

で、スタートして、真っ暗な県道351号線をひた走る。 本番中に雨の中「仮眠」した場所を見て、われながら、よくこんな「寂しい所」で寝たよな~と、感心した。

28kmほど走った「南郷村」から、次の長い登りの「駒止峠」へ入る。

もう「膝」に力が入らず、手もお尻も痛くて、やけに坂が「急」に感じる。去年の400kでは、ここをシングルのママチャリで越えたのが信じられません。

特に「スノーシェッド」の中が「急」で、辛くて、何度も「押しちゃおうかな~」って思いましたが、ここまできて「押す」のも残念なので、必死に頑張る!

108 ←なんとか頑張れて、やっとスノーシェッドと連結してる「駒止トンネル」へたどりついた(*^^)v。 長~いけど、夜遅いので車が来なくて安心して通れた。

110 122 109 ←寒~いくだりを、カッパを来てくだり、平坦を走って会津田島の「PC5」へ。 余裕は1時間しかないけど、あとは「山王峠」を越えるだけなので、カップめんなどを食べ、電池も全部交換して、「ゆっくり」する←ママチャリのときには考えられなかった行動(^^ゞ。

111 ←で、山王峠をなんなく越え(やや誇張あり)、栃木県へ帰ってきましたよ。

112 123 113 117 ←あとは、車のほとんど来ないくだり基調の道を「三依」→「五十里ダム」→「川治」→「鬼怒川」→「今市」と走り、最後のゴールにしたコンビニに到着。 本来のゴールは、この先400mの所のYHなんですが、まあここでいいでしょう。

ゴールのクローズタイムがAM4:30ですから、「45分」しか余裕がなかったですね(パンクしたらアウトでした)。 8段変速に変えても、乗り手の力が無いと、ママチャリと変らないって事が「証明」されちゃいました<(_ _)>。

このあと、帰宅途中で、眠気のためひんぱんに意識が飛び始めたので、途中にあった「公園」のベンチで仮眠してから帰りました。 482kmでした。      FIN

|

« リベンジ400(その2) | トップページ | リベンジ400(追記) »

コメント

へばなさんが走り始めた頃、私の所では
雨音で目が覚めるくらい降っていました。

そんなわけで、こんな日に一人ブルベで可愛そうとか
思って居ました

「痛みに耐えて頑張った、あんたは、エ・ラ・イ」とだけコメントいたします

投稿: シー | 2010年10月20日 (水) 15時14分

シーさんへ
・ありがとうございます<(_ _)>。
・スタート直前まで大雨で、ちょっと出鼻をくじかれましたが、あの「紅葉」を見られたのは「ラッキー」でした。
・しばらくは「膝」の回復につとめます(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 16時02分

ただただ、「感動した。おめでとう」の言葉しかありません。
ゆっくり休んで、次の戦いに備えてください。

投稿: C澤 | 2010年10月20日 (水) 20時25分

うーん、これをやっちゃったらへばなさんに本番ブルベはいらなくなっちゃうような気が・・・・。

投稿: 野州 | 2010年10月20日 (水) 20時33分

C澤さんへ
・ありがとうございます。しばらくは「膝」の回復につとめます(^^ゞ。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 20時58分

野州さんへ
・「コマ図」さえあれば、ひとりでも走れるので、一粒で「2度おいしい」と言えますね(*^^)v。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 21時00分

その1、その2は昼間の写真(紅葉等)があり 楽しそうだけど その3は暗闇の中を走る過酷さ これが『ブルベ』なんですね (;一_一)
一人ではとてもまねできませんね(~_~メ)
身体(膝)の回復の為 しばらくは の~んびりして下さい(-_-)zzz

投稿: kym(若爺) | 2010年10月20日 (水) 21時09分

kymさんへ
・そうなんです。300k以上だと「夜間走行」があるのです。これがまたブルベならではの「醍醐味」でもあります。
・夜のほうが「車」が少なくて走りやすい利点もあります(^^)。
・はやく「膝」を治したいので養生しますね。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 21時20分

いや~お疲れさまでした。ただ、もっと過酷な事態が待ち受けているのかと密かに「期待」?してましたが、

投稿: yama | 2010年10月20日 (水) 21時20分

(続き)結局難コースをあっさりクリアしてしまったのは、へばなさんの実力の発露なんでしょうね。「熊」に出会わず幸いでした。

投稿: yama | 2010年10月20日 (水) 21時25分

yamaさんへ
・いえいえ、膝・手・お尻・腰の痛みに耐えて走ったのは充分「過酷」でしたよ。
・でも925の本番があまりにも「過酷」すぎたので、それと比較しちゃうと、ちょっとあれですが・・・(^_^;)。
・925の本番中、夜の「六十里越」を押してるときに、脇の草むらから、動物の「うなり声」とガサガサと言う音がして「熊」かな~って思いましたが、あまりにも「疲れ」ていたせいか、ぜんぜん怖さを感じませんでした(^^ゞ。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 22時19分

(´;ω;`)ウウ・・・
お見事!お帰りなさい。
お疲れ様でした。
後半に成るにしたがい厳しさが増すのに、さも他人事のような?さらっと迎えたクライマックス…。
今巷を賑わしている“森の熊さん”に遭遇しなくてホントに良かったですね。

今度は写真ではなく“ムービー”で一部始終を見たいものです。
ビアンキだと『秘技!押し』の図が出ないのでつまらないかな?

早く(ゆっくり)膝を直してくださいね。
次回の“戦い”を楽しみにしております。

投稿: アルテアルマー | 2010年10月20日 (水) 23時35分

アルテアルマーさんへ
・今回も「膝」の痛みがひどくて「熊」のことなど忘れてました(^^ゞ。
・「秘技」はあまりにも危険な技のため、げんざい「封印」されております<(_ _)>。
・「膝」、早く治ってほしいのですが、仕事で使ってるので、なかなか・・・(T_T)。

投稿: へばな | 2010年10月21日 (木) 06時43分

過酷な状況のなか完走、お疲れ様でした。
ママチャリでもフレームの素材が違うと疲れ方が変わるんですね。
参考になりました。
体調がよくなりましたら、近場へツーリングにゆきましょう。
それとも今の状態のほうがリハビリにいいかもね。

投稿: hiro | 2010年10月21日 (木) 06時49分

hiroさんへ
・100kくらいだと、わからないんですが、今回のように「長距離&体調不良」だと、フレームの硬さによる違いがはっきりしてきますね。
・「ビアンキ」はウイップが全く無いくらい「硬い」です。小さな振動も拾うので、長距離では疲れますね。
・「ビアンキ」を改良するか、他の自転車にするか、迷ってます(^^ゞ。
・これからは「寒く」なりますから、近場のツーリングの季節になりますね。そのときは、よろしくです(*^^)v。

投稿: へばな | 2010年10月21日 (木) 07時02分

あらためてお疲れ様でした。
膝痛、私もです。でも、そこそこ回すと調子よくなるのが不思議で、そこから回しすぎるとまた痛むみたいな感じです。
ちなみに、歩きよりも自転車のほうが負担がないようです。

ところで、ビアンキの赤って、ずいぶん目立ちますねえ。今までのママチャリよりも、すでにこのビアンキの印象が鮮烈です。何しろ、デビュー(?)がすごすぎ。

投稿: 楽山 | 2010年10月21日 (木) 23時50分

楽山さんへ
・ありがとうございます<(_ _)>。
・「膝」の状況は、楽山さんと、全く同じです。一日休んだら、かなり良くなりましたが、仕事が忙しく、まだ「完治」までには時間がかかりそうです。
・「ビアンキ」は郵便屋なので「赤」でいいだろうと、買いました。マットガードまで赤いのは、ちょっと、やりすぎでしょうかね(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年10月22日 (金) 07時12分

変速有りの大楽勝かと思いきや、大変な思いもなさったのですね。距離が半端じゃないですから膝も手もお尻も・・・。
ママチャリと比べれば、ビアンキは圧倒的に付き合う時間が少なかったでしょうから、このような予想外のことも起こるのですね。
これからの克服課題も見えてきたところで、また来期からのブルベが楽しくなって来ましたね。リベンジ本当にお疲れ様でした。

投稿: koji | 2010年10月23日 (土) 23時13分

kojiさんへ
・アルミの「ビアンキ」は、かなり「硬い」ですね~。本当の「長距離」乗ったのは今回が初めてだったので・・・(T_T)。
・「来シーズン」に向けて、なんとか「ビアンキ」をもっとソフトにしなければと、いろいろ考えてます(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年10月24日 (日) 18時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジ400(その2) | トップページ | リベンジ400(追記) »