« リベンジ400(その1) | トップページ | リベンジ400(その3) »

2010年10月19日 (火)

リベンジ400(その2)

さて、いよいよ「樹海ライン」へ突入ですが・・・・。

065 067 069 074_3 076 077  ←こちら側(くだり)の紅葉も、登りに負けず劣らず、すばらしい!

075_3  ←車がけっこう登ってくるんだけど、私も運転手も「紅葉」に見とれてるので、道が細い事もあり、非常に「危険」(^_^;)。

072 ←遠くに見える山は「燧ケ岳」ですね。

なんだか、新潟方面からは、非常に強い風が吹いてきていて、くだりということもあり、ものすごく「寒い」(+_+)。

078 ←新潟県との県境。このあたりまでくだってくると、紅葉にはちょっと早い感じ。

このあと、例のキツイ「登り」が3回ほど続く。本番では「押し」のオンパレードだったけど、今回は「F40×R30」というファイナルギヤに助けられて、膝が痛いけど、頑張れました。

081_2 083 087 ←「銀山湖」のあたりは、まだ紅葉してない。 さらにくだった、南面が少し紅葉してたけど。

090 ←「銀山平」の遊覧船発着所。次に乗る多くの乗客が並んでいた。ここからの乗船は団体客が多いみたい。

092 ←「枝折峠」(しおりとうげ)への登りに入ると、路面が濡れてる。風が強いのに濡れてるという事は、降ったばかりなのかも。

「尾瀬三郎」がこの峠付近で道に迷った時に、童子があらわれ、枝を折りながら道案内したということから、枝折峠と言う名前が付いたみたい。

旧道の枝折峠は、この道とは違う所に有るようです。

ここも膝の痛みに耐えながらの難行苦行でした。ファイナルギヤ固定で登る。 本番にはママチャリでも、ゆるく感じたのにな~。

095 099 ←だんだん「霧」がでてきて、「頂上」は霧につつまれてて、視界ゼロ。

ひんぱんに現れるこの「標識柱」の「ひらがな」は、なんと読むのだろうって、本番中にも疑問に感じてました。 「来たの、よ~し」かと思ってたら「よぉ~来たの」なのかな?

登山客のおじさんが「どこから来たの?新潟?」って、聞いてきたので「栃木市です」って答えたら「と・ち・ぎ!」って、びっくりされてた(^^ゞ。

くだりは車に付いて、ガンガンくだります。 前に目標があると、くだり易いですからね~。

100 ←でも「狭い」ので、すれ違えず、こういう状況になって、ストップすることも(^_^;)。

101_2 120_2 ←山からおりても、ギヤがあるので、ゆるいくだりをガンガン飛ばして、PC3のコンビニに到着。 約1時間半くらいの余裕あり。 うひゃ~、貯金が増えました(*^^)v。

本番とは違い「ミニスカ」の女性は居なかったけど、久しぶりにPCでのんびりくつろぐ。

これから夕方&夜間にかけて、大きな峠を二つ越えるので「英気」をやしなう。 でも膝の痛みが尋常ではなく、越えられるのか「不安」がつきまとう。

さあ「樹海ライン」はなんとか突破できましたが、この後に来る「六十里峠」と「駒止峠」を押さずに登れるのでしょうか・・・・次号をまて!

|

« リベンジ400(その1) | トップページ | リベンジ400(その3) »

コメント

まだ折り返しポイントなのですね。
この後、へばなさんの体とビアンキ号にどんなトラブルが起こるのか?
読んでるだけなのに、すごく不安です。

投稿: yama | 2010年10月19日 (火) 21時10分

yamaさんへ
・なかなか進まなくてすみません<(_ _)>。
・もうすでにこの折り返し地点で「予兆」が出てきてたのですが・・・詳しくは次号で(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年10月19日 (火) 22時23分

樹海ラインをソロで走るって、やはり精神的にタフじゃないと無理ですね。それだけならまだしも、六十里越えの帰りが待ってるわけですし。観光客に説明しても、理解されんでしょうね。

投稿: 楽山 | 2010年10月19日 (火) 23時42分

下手な小説読むより“先が楽しみ”で仕事にも身が入りません…。
この先どうなってしまうのか?
主人公“へばな”の運命は…

投稿: アルテアルマー | 2010年10月20日 (水) 07時13分

良い感じの紅葉具合ですね。天気も良さそうなので、余計に鮮やかです

枝折峠って、そういう経緯があってそういう名前になったのね。今度は大会じゃなくて、のんびりと銀山湖の方に走ってみたいです

投稿: Masa | 2010年10月20日 (水) 08時12分

今年の夏、枝折峠を魚沼側から登りましたが、辛かった。それをあのビアンキ号で登るなんて。もしかして、貴方は、私がかつて見た「火の鳥」だったのでは?次号が楽しみ。

投稿: C澤 | 2010年10月20日 (水) 08時33分

膝は大丈夫なの~

ところでセーブオンの「オリジナルドリンク」ってタウリンいっぱい入っているブツですよねぇ~。

あれはセーブオンしか売っていないブツです(他で売っていたら教えて欲しい~)

あのブツは最高に効くよ!!!

私も愛用してます 安すぎですね。

投稿: NAMAZU PLUS S崎 | 2010年10月20日 (水) 12時19分

楽山さんへ
・「樹海ライン」は2度目なので、肉体的にはともかく、精神的には楽でした。
・「とちぎ」と言ったら、あきれてましたね~(^^ゞ。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 12時31分

アルテアルマーさんへ
・日にちがたつと、詳細を忘れてきてるので、ちょっと急がねばなりませんね~(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 12時33分

Masaさんへ
・私は「紅葉」に当たるようで、今回も最高の日に当たりました
・Masaさんも「連休」があるのでしょうから、ぜひ走ってみてください。Masaさんの力なら「楽勝」ですよ(*^^)v。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 12時35分

C澤さんへ
・違いますよ。枝折峠は「魚沼側」からのほうが、倍ぐらいキツイはずです。くだっていても、車にすぐに追い着いちゃいますから(^^ゞ。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 12時39分

S崎店長へ
・膝は「だめ」です。なので、今日の「非番」は家でのんびりしてます(^^ゞ。
・えっ、あの「ドリンク」そうなの?「安い」ので選んだだけで、 ぜんぜん説明読んでません。即、ボトルに中身を入れて、容器は捨てちゃいましたので・・・・(^_^;)。

投稿: へばな | 2010年10月20日 (水) 12時44分

またまた綺麗な黄葉ですね。“へばなさん”の写真を見ていると、とても行ってみたくなってしまいます。でもわたしの場合は車で自転車を運んで、それも運んだ自転車が電動アシストだったりして・・・ハハハ。
『よお、来たのし』良くいらっしゃいましたということだと思います。会津の方では“○○のし”なんていう言い方をするような気がします。

投稿: koji | 2010年10月22日 (金) 10時25分

kojiさんへ
・きれいな「紅葉」ですよね~。赤は少なく、黄色が多いですが、すばらしかったですよ。是非!
・「よぉ、来たのし」と読むんですか~。これで疑問が解けました(*^^)v。

投稿: へばな | 2010年10月22日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リベンジ400(その1) | トップページ | リベンジ400(その3) »