« 小さな旅(その2) | トップページ | ドーナツ »

2010年11月22日 (月)

小さな旅(その3)

052 057 096 ←「JR間々田駅」から西へ走ると、ほどなく「小山市立博物館」が見えてきます。

061 062 ←その北隣にあるのが「乙女不動原瓦窯跡」です。 国指定史跡になっています。

070 073

081 083

094 ←ここで焼いていた瓦のレプリカ。

091 ←窯のカットモデル。中国や朝鮮から伝来したのだろうけど、奈良時代にこれほどの仕様が出来上がっていたというのは、驚きだ。

077 ←付近には大量の瓦が捨てられたままになっていたけど、これ盗まれないんだろうか? それとも、レプリカなのかな?

小山市立博物館には、「乙女河岸」の再現模型があるらしいので、そのうちに入ってみたい。

また、この不動原瓦窯で焼かれた瓦の使われた「下野(しもつけ)薬師寺」や「下野国分寺」へも行って見ましょう。

|

« 小さな旅(その2) | トップページ | ドーナツ »

コメント

テーマのあるサイクリングはいいですね。(その1)の部屋八幡宮の“力石”、(その2)の乙女河岸、ここで家康が会津上杉討伐のために白河に向かえば『幻の白河決戦』といわれた待ち構える上杉の罠にかかっていたかもしれません。ところがここで引き返して石田三成との関ヶ原の決戦に引き返したために白河決戦が幻になってしまったということです。
こんなところで、白河と小山が結びつきました。わたし、歴史に疎いものですから勉強になりました。次の小さな旅も期待しています。

投稿: koji | 2010年11月24日 (水) 02時10分

kojiさんへ
・「歴史」は、過去を振り返って見られるので、まるで「タイムマシーン」に乗ってるようで、おもしろいですよね。
・「白河決戦」になっていたら、日本のいや世界の歴史が変っていた事でしょう。ちょっとした「タイミング」で歴史が変っちゃう所がおもしろいです(^^)。
・また「小さな旅」して来ますので、お楽しみに(^_^)/~。

投稿: へばな | 2010年11月24日 (水) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな旅(その2) | トップページ | ドーナツ »