« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月27日 (日)

ポタリング

今日は寒い。 なので、ゆっくり起きて、AM11時頃から、近場をポタリングです(^_^;)

034 ←「東北道」も一般車が通行出来るようになったので、いつものように多くの車が走ってます。 ここだけ見てると「震災」が有ったなんて思えない、いつもの日常の様子です。

でも「鹿沼市西部」を走ってると、何軒かの家の屋根に「ブルーシート」がかかってたし、石倉にヒビが入ってるのも見ました。

新しい家にもブルーシートがかかっていたから、家の新旧ではなく、そこの「地盤」に拠るのかもですね。

035 ←「板荷(いたが)駅」に止まっていた「マルチプルタイタンパー」と「バラスト・スイーパー」と言う名の保線車両。 真夜中に作業するわけで、保線は大変な仕事ですね。

037 ←今日は、本当なら「次期主力機」でこの先の「滝が原峠」に挑戦してみる予定だったのですが、寒くて起きられず、時間切れで、ここで「撤退」となってしまいました<(_ _)>

039 ←帰宅して洗濯・風呂・飯(ドーナツ)とこなしてから、なにげなく「ヤマダ電機」のチラシを見てたら「地デジチューナー」が3980円と・・・。 アマゾンなら2千円台なんだけど入荷未定。 で「バッファロー」のHPで調べてみたら「在庫限り」と。

震災で、電機業界も部品調達が滞ってるらしいし、計画停電の生産への影響を考えると、これ以上は安くならないだろうと思い、今が「買い時」かと、さっそく買いに行って来ました。

「エコポイント」がもうすぐ終わるし、TVも投売り状態なので、震災どこ吹く風で、お客で満員!

というわけで、「7月のアナログ終了を見届けるんだ」という公約は、あっさり反故にしちゃって、きょうから「地デジ」になっちゃいました<(_ _)>

| | コメント (2)

2011年3月20日 (日)

県58号線

今日は「次期主力戦闘機」が、はたして「登り」に適応できるのかを確かめに、「県58号線」へ行って来ました。

005 ←「東北道」では、「災害派遣」の横断幕をつけた自衛隊・消防・警察の車が隊列をなして被災地へと向かっていました。 頑張ってほしいものです。 また「緊急援助物資輸送」という横断幕をつけた民間の大型トラックも見かけました。 かなりの人や物資が被災地へと向かっているのを目の当たりにして、心強く思いました。

自分には「節電」や「募金」ぐらいしか出来ないのが、はがゆいところです。

被災地ではガラスの破片などで、移動手段の「自転車のパンク」が多く、困ってるようですが、近くれば、行ってパンク修理くらいならお手伝いできるんですけどね。

014 015 ←大汗かきながら「古峰神社」まで来ると、県58号線は「チェーン着装」の看板が!

016 019 ←まぁ、ここのところの暖かさからして、凍結はしてないだろうと、前進。 路面は大丈夫でした(^_^;)

023 ←36×28のファイナルギヤ多用で、なんとか「古峰原峠」に到着。 今まで、ここを「シングルギヤ」で登ってたなんて、我ながら信じられません。 「膝」が壊れるわけだわ(T_T)

026 ←「前日光牧場」への入り口。ゲートは開いていたけど除雪してないので、スタッドレスじゃないと無理。

027 ←「粕尾峠」側にあった看板。 今までは「通行止め」だったみたい。

028 ←粕尾峠の下りも、路面は濡れてるけど、問題なく下れました。 古峰ヶ原神社から粕尾峠を下り終えるまで人っこ一人会いませんでした。「ガソリン」が無いから、こっちの方までは来ないんでしょうね。

030 ←「大荷場線」はあと少しの期間通行止めだそうです。「夜間は開放」と言われても、あそこを夜間走るのは、かなりの勇気が要りますよね~(^_^;)

108kmでした。 ファイナルギヤを「28T」から「34T」に換装するべきか、今悩んでいます。 36×34Tだと「押し」のスピードと変わらないんだよね~(^_^;)

| | コメント (16)

2011年3月13日 (日)

マスクで

今日は暖かく、風も穏やかなんだけど、ゆっくり起きて「三陸地震」のひどい映像をTVで見ていたら、あっという間に「お昼」になっちゃいました。

しかし「津波」って、すごいエネルギーなんですね~。 船も家も何もかも、一瞬で押し流してしまうのを見て、びっくりでした。 津波が来るまでの時間が短かったことが、被害を大きくしたようです。

で・・・お昼頃から近場へ走りに行きました。「琴平峠」へ。

今日は、前回の失敗にこりて「マスク」をしてゆきます。 スギ花粉が煙のように飛んでいるのは同じですが、やはりマスクをしていると、ぜんぜん違います(^_^)v

004 ←こんな感じです。

002 ←頂上付近に「とちぎTV」の車が置いてあったけど、何かの取材?

005 ←「葛生」側で見たひび割れ。 地震のせい? それとも、以前からこうでしたっけ?

006 ←2往復しての帰りに、登って来るMasaさん・Nabeさん・KCさん・紅一点シノさんとバッタリ!「江戸川」の崩落現場を見て来たのだとか。

008 ←お別れして

010 ←「東北道」の近くを通ると、通行規制のせいで、車がぜんぜん通ってませんでした(許可車は通れるみたいだけど)。 そのせいか、市内のバイパスがけっこう渋滞してましたよ。

| | コメント (14)

2011年3月12日 (土)

地震で

昨日の地震の大きさには「びっくり」でした。 あんな大きな地震にあったのは、生まれて初めて。

我が家は「古い」ので、つぶれないか不安でしたが、棚から物が落ちたくらいで済みました。 ただ、その後の長い「停電」には参りました。

今日は仕事帰りに「お墓」の墓石が倒れてないか、確認してきましたが、まったく異常なしで、安心しました。

被災地の「陸前高田」は昔、ロードレースで何度かおじゃました所だし、「名取」や「亘理」や「新地」や「相馬」は、ブルベで通過させてもらった所なので、あの被害の映像を見ると、人事ではなく心が痛みます。

被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。 大変でしょうが、どうか頑張ってくださいますように。

| | コメント (10)

2011年3月10日 (木)

花粉が

今日は「非番」。 でも寒いし、風も強いので、走りに行くかやめるか、迷ってるうちにお昼になっちゃいました(^_^;)

「近場」でも行って来ましょうかね。 「大平山」は工事中なので「琴平峠」へ。

が・・・向かい風強すぎdash

やっと着いたら、なにやら「煙っぽい」・・・はい~? げっ「花粉」が強風に煽られて飛びまくってますがな~(T_T)

あわてて出てきたので「マスク」も「カメラ」も忘れてきちゃってるし、もう最悪!

そんなわけで、「柏倉側」1回登っただけで、即「撤退」!

帰宅してからは、「鼻水」は止まらないわ、「頭痛」までして来るわで、もう大変でしたcrying

今年は「予報」どおり、すごい飛散量ですね~wobbly

| | コメント (4)

2011年3月 6日 (日)

ブラジルへ

今日は、このあいだ「シーさん」が食べてきたという「ブラジル料理」のお店に行ってきました。

そこは、群馬県「西小泉」。 いわゆる「リトル・ブラジル」と呼ばれている町で、三洋電機や富士重工の労働力として、日系ブラジル人が多く来ている町なんですね。 

一時程ではないものの、町の人口の10%が日系ブラジル人らしいです。 当然、ブラジル料理のお店も多いみたいです。

001 ←今日は「花粉」が多い予報なので、「マスク」をして行きます(T_T)

002 ←琴平→田沼→シャミセンさんに教わった裏道で「高橋橋」まで来たけど、ここから先は、「地図」だけが頼り。

022 ←ちょうど県境なので、地図が二冊必要で、面倒(^_^;) 群馬県の地図は「古い」のしか持ってないので「埼玉県」ので代用。

大きな道で行けば、地図は要らないんだけど、車の少ない「裏道」を行くのが私の「信条」なので、地図を見ながら細い道を選んで行く。

が・・・・地図がこれでも古くて、地図に無い道が出来ちゃってて、「わけわかんない」状態になることしばしば(^_^;)  しょっちゅう止まっては、地図を見ながら走る(めんどくさい)。

004 ←「多々良沼」の脇を抜け。

006 ←こういう古いお寺は、古い地図にも載っているので、「ランドマーク」になって良い(^_^)v

007 ←お~「東武小泉線」! あと少しだ。

008 ←やっとのことで「小泉」の町に入れました。 このあたりは細い道が「縦横無尽」に走ってるので、ここだけは「R354」を走らないと、道に迷う。

011 ←で・・・着きましたレストランブラジル。ここは最初に出来たブラジル料理のお店だそうです。

015 016 ←ブラジルの人が良く飲むという「ガラナ・ジュース」(200円)と、6種類ある「ランチ」(800円)の中から、最もブラジルで一般的な料理というものを注文しました。

ウェートレスのおねいさんは「片言」ながら日本語が通じますし、メニューは日本語でも書いてあります。

右の豆のスープ「フェジョン」は、ご飯にかけて食べます。 ご飯の下に見えるキャッサバ芋の粉「ファロファ」はご飯や肉にかけて食べます。

全体に「薄味」でした。 肉は薄いけど大きい! 焼く前はそうとうな大きさなんでしょうね。 1500円くらい出せば、もっと「厚い」肉が出てくるようですが、日本人にはこれくらいで十分ですねrestaurant

お客は日本人は私だけで、あとは日系ブラジル人ばかり。 若い男女がほとんどでした。

「ポルトガル語」が飛び交う中に居ると、ここが日本であることが信じられません(^_^;)

食後は「ブラジリアンプラザ」あたりで買い物をしたかったのですが、このあと「邑楽タワー」へも行く予定だったので、時間が無く、今度にしました。

020 ←古い地図なので、町役場が「移転」したことを知らず、見当違いの場所を探してましたが「駐在さん」に聞いて、やっとたどりついた「邑楽タワー」(^_^;)

031 ←100円払ってエレベーターで昇った「展望台」。

038 039 ←こんな風景が「約40M」の高さから見られます。

037 ←さらに階段を上がると「屋上」にも出られる。

043 ←あとは、来た道を戻り、琴平峠を登っていたら後ろから来たローディーに「撃墜」されちゃいました(T_T) 「物見山ジャージ」を着ていた人でしたが、名前が聞き取れませんでした(ナカジーさん?)<(_ _)>

その後「ナマズジャージ」の人が下ってきたんだけど、こちらもヘルメット・サングラス・ネックウォーマーで、誰だかわからず(M呂さん?)<(_ _)>

なんだか「平地」ばかり走ってるせいか、登りがやけに「重く」感じました(T_T)

| | コメント (14)

2011年3月 3日 (木)

8時間耐久

今日は「非番」。 「ポアッソン」のマスターから、「シャミセン」さんの「シロクマ・パン」ツーリングへ行きませんか?っていうTELをもらっていたんだけど、早朝の出発になるので、寒いのが苦手な私は、お断りしちゃってました←軟弱ですみません<(_ _)>

朝は寒いし風も強そうなので、2度寝して起きたのがAM9時(^_^;)

飯のあと、今日はどうしようか、悩む。

外は走りたくないので、以前からやってみたかった「室内練8時間耐久」をやることにした。

027 025 ←昔のビデオを見ながらAM10時半にスタート! トイレとビデオの交換の時以外は、エアロバイクを漕ぎ続ける(^_^;) 終了はPM6時半。

3時間を過ぎたあたりから、精神的にキツクなる。 あと5時間も漕ぎ続けるのかと思うと、やる気がなえてくるdown

でも、ここでやめちゃったのでは、今までの3時間が無駄になると、思いなおし、頑張る!

022 ←食事も漕ぎながら。 食べると頑張れるので、かなりの量食べちゃいました(コッペパン3個・柿ピー1袋)←たぶん消費カロリーより多い(T_T)

6時間過ぎになると、あと2時間頑張ればいいんだな~って感じで、精神的に楽になってきたけど、「お尻」が痛くて、立ち漕ぎ多用。

で、見ていた「世界戦ロード」のゴールとちょうど同時にこちらもPM6時半で「ゴール」しました(^_^)v お尻さえ痛くなければ「10時間」はいけると思います←もうやらないけど(^_^;)

| | コメント (12)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »