« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月25日 (月)

リベンジ宇BRM716 その1

ふつうのパパさんのブログを見ていたら、なんと! すでに「宇BRM716」のリベンジに成功してるというじゃないの!

私の許可も受けずに行っちゃうとは、あまつさえ、塩原のスーパーで190円の「竹天」を90円で買って食べてるとは・・・うらやましい!

それじゃ~、私も行かねばならんでしょう。

つ~ことで、急いで準備dash

月曜の仕事はキツイので、できるだけ早く帰って来たいし、午後からは雨予報なので、PM10時家出で、スタート地点の宇都宮森林公園へ。

001 002 ←森林公園入口のコンビニに着いたのが、AM0時前。 なので、森林公園までは行かず、ここをスタート地点とする。

006 003 ←徹夜なので、眠気と戦いながら真っ暗な中を走り続け、PC1のセブン「南那須大金店」へ着いたのが、AM2:30。 ここのクローズがAM2:51だから21分しか貯金が無い。 かなりやばい(T_T)

008 ←満天の星空の下を走ってきて、「矢板」に近づくと、ようやく「夜明け」が。

010 012 013 ←夜明けの清冽な空気の中を走るのは、気持ちがいい(^^)v

015 ←ほどなく前方に、これから登る「八方ヶ原」の山並みが見えてきた。

016 017 ←途中には、こんな石碑が。 この道は昔からあったんですね~。

020 ←ゆるい登りを登って行きます。

023 025 ←次第に斜度が上がってくる中を、朝日をあびて登ります。

027 ←時間が押しているので、登りながらパンを食べる。

028 ←振り向くと下界が良く見える。青空もきれい! でも、斜度がきつくて、スピードが上がらない。 時速6~7kmぐらい、きつい所は時速5km台に落ちる(T_T)

029 031 032 ←「県民の森」への分岐。 こんなキツイ坂でタイムトライアルをやる人の気が知れません。 長いし!

033 034 ←やっとのことで、最初のピークに着きました・・・・が、この先に登り返しがあることを考えると、かんぜんに「タイムアウト」確実に! ガックリだよ~(T_T)

037 ←いったん、下ります。

038 ←途中に「水場」があることを思い出すが、すでに先客が。 でも、気持ちよくあけてくれました。 おばさんが「どこへ行くの?」と聞いてきたので、「塩那・日塩・大笹」を登ると答えたら「大変だね~」って同情されちゃいました(^^ゞ

039 ←さらに下って、今度は登り返し。 もうかなり足に来ていて、膝が痛い(T_T)

041 ←登り返しが終わると、そこからは「塩原温泉」まで長い下り。これがかなり急。 途中で「カモシカ」発見(矢印の所に居るんだけど、わかります?)。 すぐ目の前に居て、逃げようとしないのが不思議?

042 ←塩原温泉街へ下ってきました。 残念ながら時間が早くて、パパさんが90円で買ったと言う「竹天」は買えず(T_T)

043 ←で、いよいよ「塩那スカイライン」が正面に見えてきました。 斜面を巻く道が見える。 ちょうど電柱の向こうに見える「鞍部」まで登るんですね。

なんだか、今日も「眠い」ので、すみませんが、今日はここまでといたします<(_ _)>。  

つづく

| | コメント (14)

2011年7月24日 (日)

リベンジ716

ブルベ宇716に出られなかったので、急に夕べ思い立って、PM10家出、AM0森林公園入り口のコンビニ、スタートで行って来ました。

結果はPC2でクローズから1時間半遅れ、PC3では2時間以上遅れと言う、とんでもない結果になってしまい、「力の無さ」が表面化してしまいました(T_T)

066 ←でも、走りたかった「塩那」を走れたし、そこで、新たな出会いがあったので、良かった点もありました。

「徹夜」なので、眠くてなりません。 詳細は、後日。

「リベンジ」のリベンジが必要かも・・・・(^_^;)

| | コメント (8)

2011年7月20日 (水)

BRM宇718

108 107 ←AM3:30起床で、AM4から「朝食」。朝食もバイキング。 夕食よりも、朝食のほうが、さらに美味しかったので、お替りしちゃいました(^^ゞ

109 112 ←AM5スタートの人たちは、ゆっくり食休みをする暇も無く、スタートの準備へ。

110 ←チーム「スプロケッツ」の彼女は、今日で3連戦。 なのに、疲れた表情も見せず、元気に出発して行きました・・・・すごい!

114 ←私はAM6スタート組なので、ゆっくりコーヒー(飲み放題)などを飲んでから出発! でも、「草津」なのに、早朝から、かなり「暑い」んですけど・・・(^_^;)

Photo ←昨日、痛くて困った「靴」は、YHのトイレの手を拭くための「紙」を8枚頂いて、4枚づつ中敷代わりに入れてみました。 結果「バッチリ」でした。 我ながら名案でしょ(^^)v

115 ←出てすぐのコンビニで「補給食」を買う。 PC1は「榛名山」を越えた先の「伊香保」なので、このあたりで買っておいたほうが賢明かと。 今日も暑くなりそうなので、飲み物を中心に買いました。

116 ←「草津」のAM6の気温が、これですからね~。 今日も「熱中症」要注意ですわsun

117 ←しばらくの間、長い下りが続きます。 その途中で見えた、高い山は・・・方角からして「浅間山」でしょうか?

119 120 ←「長野原町」から「吾妻町」へ続くR145(旧道)の途中には、建設中止で話題になった「八っ場ダム」建設地があるので、そのための超立派な橋が出来ていました。 山の中に高規格な橋が有って、びっくり!

124 ←長い下りが終わると、「郷原」という交差点からいよいよ「榛名山」への登りです(^_^;) 昨日の走りで、足が終わっちゃってるので、もう最初から40×30のローギヤ固定ですわ。

126 ←早朝の車の少ない時間帯をねらって走りに来ている、コーナー攻め攻めのお兄ちゃん達のバイクの「轟音」におびえながら、時速8kmぐらいで登りました^^;  ここが「外輪山」の頂上。 

128 ←下ると「榛名湖」です。

130 ←榛名湖周遊道路を走ってると、前方に「ポッキー」さんが! ポッキーさんは強い人なので、どうしたのかと聞いたら・・・・昨日の生まれて始めてのタイムアウトで、ショックを受け、「モチベーション」が下降気味で、なんだかやる気が出ないのだとか。 この後「渋川」からルートを外れて、帰宅されたみたい(T_T)

131 ←下って、PC1の「ファミマ伊香保店」へ到着したのが、クローズ約30分前。 あまりの暑さに「日傘」をさしてるお方が・・・このお二人はスタッフです(^_^;)ご苦労様です。

132 ←店内に入ると、チーム「アペックス」の「銀さん」が居ますよ! えっ! どういうこと?・・・・聞いたら、「アペックス」のツーリングで榛名山を登りに来たのだとか(^^)v まさか、ここでお会いするとは思っても居なかったので、びっくりでした。

これから「赤城山」を登るのに、貯金が30分というのは、かなりキビシイので、挨拶もそこそこに出発。 下っていると、登ってくる「うっしー」さんたちアペックスの数人とすれちがいました(^_^)/

134 ←遠くに、今下ってきた「榛名山」を見ながら「渋川」の街ともお別れ。 「空っ風街道」という名の、「赤城山」の裾野を巻く、アップダウン連続の道を行きます。 暑さが半端ではなく、たびたび自販機停車sweat01

137 ←「大河原バス停」のところから、今度は「赤城山」へ登る県道4号線へ入ります。 ここからPC2まで、11.7km。 残りの時間は約1時間。 間に合うためには時速11km以上で登らなければならない・・・・斜度からいって、とうてい無理。 ここで「あきらめ」ました(T_T)

166 ←暑くて、そばを流れる「側溝」に飛び込みたい気持ち。 そんな中を時速8kmぐらいで、タラタラ登りました。

139_2 140 ←3分の2くらい登ったあたりで「sakakaze」さんに追い着いた。 このままでは「タイムアウト」ですよと教えたら、びっくりされていたのは、時間を見間違っておられたのでしょうか?

141 ←ここから間に合うためには、時速12km以上で登らなければならない。 でも「sakakaze」さんは、あきらめることなく、最後の力を振り絞って登って行かれた。  残りの距離と時間からして、どうみても「無理」っぽいけど、自分を信じて、最後まであきらめずに踏み続ける「sakakaze」さんは、立派ではないか! 真の「ブルベ魂」を見せてもらった気がした。

144 ←この登りは、秋に「ヒルクライム大会」が行われるので、かなりのローディーが練習に来ていた。 皆さんかなり速いので、抜かれまくり(^_^;)

145 ←で、PC2の「赤城山総合観光案内所」へ着いたのが、クローズ14分後。 タイムアウト! 頑張った「sakakaze」さんも、8分差でアウトでした・・・おしい!

ここで、これから先どうするかを、スタッフの「上村」さんに聞かれた。 私の場合、家へ帰るのに、どちらにしても「粕尾峠」を越さなければならないので、その手前の「足尾」の「PC3」通過の時間で決めますと、答える。

146 ←くだって「大沼」を横目に走り・・・・

148 ←「小沼」で空を見上げたら、「積乱雲」が! やばいよ、即下山。

150 ←狭くて急な「旧道」を下りながら見た「前橋市」方面の市街地。

155 ←国道122号線へ出て、一路「足尾町」まで、約30kmのアップダウンが続く、全体としての登り坂。 途中にある「「草木ダム」は渇水状態。

156 ←国道122号線は交通量が多く、しかも「路側帯」が無いので、大型などは、肘すれすれに通る怖い道(^_^;) やっと、そこを抜け、足尾町のPC3へ到着。 なんと、時間はぎりぎりで「間にあってる」! そうなると、PC2の赤城が悔やまれますわ~。

157_2 ←タイムアウトになったのに、それでも心配して、スタッフの方たちが待っていてくれました。 私の後ろに、まだ3人走っているらしいです。 ここで、「ルートどおりに最後まで走ります」と、スタッフに告知し、了解をいただきました。 声援を受けて、出発!

159 ←走りなれた「粕尾峠」への登り。 でも、ここでも40×30が活躍とは、なさけない(^_^;)

167 ←あっという間に頂上へ到着←大いに誇張あり!

161 ←頂上を左折して「前日光ハイランドロッジ」への急坂へ。 ここを登りきれば、ゴールまではほぼ下りだ。  ここで、スタッフの車が抜いて行く。 最後の走者が無事にPC3を通過したのだろう。

162 ←小雨の中、夕方で人気の無い「古峰神社」前を通過。 

163 ←調子が出てきたので、小雨の下り基調を飛ばしてゴールの「ニューサンピア栃木」へ着いたのがクローズ約15分後。 部屋には、スタッフの方達しか居ませんでした(^_^;)  終わったあとも、これから荷物の積み替えなど、まだまだ仕事が残っているという、スタッフに見送られて帰宅の途につきました。

帰宅したら「暑くて」、ふだんはめったに使わないクーラーを朝までつけっぱなしで、畳の上で寝ちゃってました・・・・(^^ゞ

最後になりましたが、3日にわたって活躍されたスタッフの皆様、一緒に走られた参加者の皆様、いろいろとありがとうございました<(_ _)>

また、トラブル無く走りきってくれた「ビアンキ」にも、感謝です(^^)v

「PBP」に参加される皆さんは、どうか頑張って完走されますように!

                   FIN

| | コメント (22)

2011年7月19日 (火)

BRM宇717

AM3に家を出て「宇都宮森林公園」へ自走。 前夜は少し横になったが、眠れず、猛暑予報の中の睡眠不足が気になる(^_^;)

003 ←今日は参加者が多いので、AM5出発とAM6出発に分かれてのスタート。

005 ←「ふつうのパパ」さん。 なんだか、調子が良くないみたい(^_^;)

007 ←手前「ポッキー」さんと、後ろは「なでら男」さん。 お二人とも、昨日の200kを完走しての、二日目(凄い)。

008 ←と・・・来ました!「ママチャリ」の「K関」師範代さん。 昨日もこれで山岳200kを12時間台で楽に完走してます(さすが!)  師匠の私は、ぜんぜん無理ですが、この師範代は、すでに師匠を抜いてますね(^^ゞ

009 ←なんせ「15年落ち」という、年代物のママチャリで走っちゃうんだから、すごいです! 

010 ←AM5スタートということですが、ちょっと遅れてスタートして行きました。 頑張ってね~。

015 ←続いて、われわれ6時台スタート組の「ブリーフィング」が始まります。

013 ←おなじみの「sakakaze」さん登場。 昨日も走られて完走してます。

016 ←おっと「イケメン」登場(^^)! 「ふぃりっぷ」さん。 昨日の200kを9時間台で走りきって、全参加者中「トップ」! ブロックパターンのMTBでですよ! まったくもって、信じられない強さの人。

Dsc04258 ←スタート前に「ふつうのパパ」さんに撮っていただいた私(^^ゞ

017 ←スタート直前の「検車」受けたら、「ベル」を付け忘れてる事が判明。 このままではDNSになってしまう(゜o゜)   が、スタッフの斉藤さんが持っていたベルを譲っていただける事になり、ちょっと遅れて無事スタートできました。 斉藤さんには、ご迷惑をおかけしました、ありがとうございました<(_ _)>

019 020 ←スタートして、いくらも走らないうちに、後の「ウエーブ」スタートの「ふぃりっぷ」さんに抜かれる。 ものすごいスピードで、さわやかに抜いて行きました(速過ぎ)。

023 027 031 ←さらに続々と後続の参加者が抜いてゆく(小来川付近で)

036 037 ←ママチャリのときには、いつも、ブルベは一人で走っているけど、今日は8段変速つきの「ビアンキ」なので、少しの間だけだけど、皆さんと一緒に走れるのがうれしい(^^♪(滝が原峠の手前で)

「滝が原峠」は、なんとか押さずに登りきれました。

038 041 ←いったん下って、次は「いろは坂」へ。 ここは「滝が原峠」にくらべたら、楽勝。 でも連休ということで、車多すぎ。

045 ←「明智平」まで登ったら、なんと・・・・「yama」さんが応援に来てくれてました! ありがとうございます。 頑張ってきます(^_^)/

011_convert_20110717121445 ←写真はyamaさん提供。

047 ←で、「中禅寺湖」を横目に走る。 涼しくて気持ちいい(^^♪

049 052 056 ←「湯元温泉」から、お次の「金精峠」を登ってゆきますよ。 このあたりから、暑くなってきて、飲み物が底をついてきた。

057 ←頂上の「トンネル」が見えてきました・・・・と、なにやら「怪しい」人影が・・・・・。

058 ←おっと「シークレットPC」ですか~! 頂いた「コーラ」が最高に美味しかったです。「塩飴」も頂き、ここからは「片品村」まで長~いダウンヒル(^^♪  途中の「丸沼スキー場」で水を補給。

059 ←で第一PCのセブン「片品須賀川店」に到着。 ここまで下ると、かなり暑い。 まだこの先が長いので、速攻で出発!

060 061 ←「沼田市」を目指すんだけど、アップダウンの連続で、しかも容赦の無い「猛暑」の中を走るので、ペースがあがらない。 考える事は、「自販機があったら、冷たいコーラを一気飲みしよう」なんてことばかりsun

062 ←この「利根川」に飛び込めたら、どんなにか涼しくなるだろうな~(^^ゞ

063 ←「沼田」から「中之条町」へ抜ける「権現峠」が、これまたダラダラと長いし、日陰が少ないし、自販機もない。 もう、ほとんど「熱中症」一歩手前(>_<)

064 ←どこまで続くのか、ほとんどいやになったころ、やっと頂上へ到着。

065 ←第2PCのセーブオン「中之条平店」までは、長~いダウンヒルで気持ちがいい~(^^♪ でも止まった瞬間、倒れちゃいそうな暑さが(>_<)  もう食べ物というより「飲み物」ばかり飲んでる感じ。 固形物は、食べたくない。

069 070 ←お次は「草津」へ向かうんだけど、途中には「暮坂峠」が待ち構えています。

072 ←ここもダラダラと長い登りです。

どこまで続くのかわからないので、歩いている「第一村人」を発見し、頂上までどのくらいなのか聞いたら。  「あと1kmぐらい」というので、ラストスパートかけました。

が・・・・1kmどころか、2k~3k行っても、頂上は見えてこない・・・・どうやら「8km」と言ったのを「1km」と聞き間違えたようだ(-_-;)

071 ←もう、がっくり! 暑さと自販機の無さに耐え切れなくなってきた所で、道端に「湧き水」発見! ボトルにつめ、身体にもかける。 冷たくて心臓が止まりそうでした(^^ゞ

073 074 075 ←やっと頂上へ着きました。 ここからは、しばらく長いダウンヒル。

078 ←が・・・草津市内まで、また6kmほどの登りを登らねばなりませんでした(^_^;)

079 ←きょうは、この靴を履いてきたんだけど、やや「きつい」ので「中敷」をはずしてきたら、底のプラスチックが硬くて、足裏が痛くなり、まるで「焼けた鉄板」の上に足を乗せてるみたいに痛む(>_<) 大失敗。

草津市内のコンビニで、中敷を買おうとしたのだけど、「時間」が押してきてるので、その余裕がありませんでした。

081 ←やっとのことで草津市内へ入ってきた。

082 ←もう夕方になってきてるのに、これから「渋峠」まで20kmほど登らねばなりません。 わるい事に頭上では「雷鳴」が・・・・(>_<) 頂上付近は樹林帯の上なのに、そこを雷雨の中登る事になったら、どうしようと不安になる。

083 ←こんな道を登ってゆきます。草津市内のルート上には自販機が見当たらず、そのうちに出てくるだろうと思っていたら、無いうちに登りへ入ってしまった。

086 ←「硫黄」のニオイが立ちこめ、危険なので「駐停車禁止」の場所。 かなり臭い。 そこを「ハーハー」いいながら登るんだけど、大丈夫なんでしょうか? 「雷雲」は、去って行ったようで、助かりました(雷は大嫌いなので)。

090 ←登ってきた所を振り返って。 お腹がすいているので、食べようとしても、喉がカラカラなので飲み込めない。 ボトルにわずかに残っている水を少しだけ飲む。 ここまで登ってきても、涼しくないのは何故?

092 ←もうPM6時を過ぎて、いよいよ「霧」が出てきた。 ライト点灯。

095 ←最初のピークの「白根山登山口」のところにロッジがあった。 いったん通過したんだけど、振り返ったら「自販機」が見える! でも人影もないので、通電してるか不安だったが、もどってみたら・・・・

094 ←買えました! 一本はその場で、一気飲み! 助かりました(^_^)/ こんな時でも、一番安い物しか買わない自分って・・・・(^_^;)

096 ←すぐ左には「湿原」があった。

097 ←いったんくだって、「万座方面」への分岐あたりから、再度登りが続く。 霧が深くなってきて、周りの景色がわからない、どこがゴールなんだろう?

098 ←「国道最高地点」へ到着。 フラッシュを焚いたら、かえって暗く写ってしまって失敗でした。

メーターでは、とっくにゴール地点に来てるはずなのに、どうなってるんだろう? 一人の参加者が追い着いてこられたので、聞いたら、やはりメーターは同じらしい。

100 ←で、やっとのことでゴール地点の「渋峠ホテル」に到着。 フラッシュを焚かないほうが良く撮れてる(^_^;)。 チェックを先にしていただき・・・・

165 ←ホテルでは、夕食時で忙しい中、この証明書を発行していただきました。100円。 数種類あったけど、これにしました。 これ欲しかったんです。 困難のなか、自分の足で、ここまで登ってきたので、うれしさ倍増です(^^♪

ここの気温は「16度」って表示されてたけど、「ヤッケ」と半ズボン&半そでに切った「コンビニカッパ」だけで、くだっても、ぜんぜん寒くありませんでした。

102 ←草津市内までくだって、今日の宿は「草津高原YH」。貸切です。 私たちの部屋は「K関」さん「sakakaze」さんと私の、いわゆる「カゴ付き自転車」グループ、スタッフの「配慮」でしょうか?(^^♪

ほんとうは「ふつうのパパ」さんも、同じ部屋だったんだけど、身体の不調から帰宅されたということで、残念な結果になってしまいました。

103 ←私たちが風呂に入り、さっぱりしリラックスしてる間も、スタッフの人たちは、まだまだ「仕事」が・・・・・ほんとうにご苦労様です<(_ _)>

104 106 ←夕飯は「バイキング」。 同じブルベ仲間と一緒に泊まり、食事するのは、ほんとうに楽しい(^^♪ でも、疲れているせいか、思ったほど食べられませんでした。 美味しかったのに、おかわりは、しなかった(残念)。

夕食の後は、部屋で「K関」さん「sakakaze」さんと、ママチャリ談義を。  「K関」さんは、今やママチャリだけで練習しているらしい。 月に1000kmは楽に走っちゃうそうだ(゜o゜)

明日は朝食がAM4からなので、AM3:30起床ということにして、さっさと寝ました。

| | コメント (12)

2011年7月18日 (月)

結果は

先ほど帰宅して、風呂に入り、サッパリしたところです(^^♪

結果は・・・・

165 ←717は13時間ジャストで、完走できました(^^)v

718は、「赤城山頂上」で約15分ほど遅れてしまい「DNF」となってしまいました。 もったいないので、一応、コマ図どおりに、最後まで走ってきました。ゴールも約15分遅れでした(^_^;)

たくさんの方々の「応援」ありがとうございました<(_ _)> 詳細は、後日!

| | コメント (22)

2011年7月15日 (金)

準備を

宇都宮ブルベの「山岳3連戦」のうち、2日目(7月17日)と3日目(7月18日)に出るので、今日から遅まきながら「準備」を始めました。

で・・・なにげに「試走レポート」読んでたら、なんと!ベテラン中のベテランさんがお二人ともDNFと言う結果に(T_T)

なんとなく甘く見ていた私めは、ビックリ仰天! そんなに「厳しい」ルートを、8段ギヤしか無い「ビアンキ」で、完走できるのでしょうか? なんだか、ものすごく「不安」になっちゃいました。

「ママチャリ」で出るなんて言わなくて、良かったけれど・・・・今回も「ママチャリ」で出るであろう「K関」師範代は、大丈夫なんでしょうか? 我が弟子ながら、ちょっと心配(^_^.)

まあ、「K関」師範代は、私と違って、かなり「強い」ので、なんとかなるとは、思いますけど(^^)

これから「コマ図」の印刷をして、電池も充電せねば・・・・まだまだやることがたくさんありますよ(^_^;)←早くから、少しづつ準備して置けばよいのにね~。 なんか、「忘れ物」しそう(^_^.)

| | コメント (18)

2011年7月14日 (木)

富士山あざみライン

今日、昼休みに自宅に帰って、メールをのぞいて見たら、ブルベで知り合った「K田さん」からメールが。

なんでも、群馬県から、太いタイヤのMTBで徹夜で190kmも走り続けて、「これからあざみラインを登ります」って、内容でした(゜o゜)!

あざみラインと言えば、最大勾配22%、平均勾配10.5%という「激坂」ですよ!

S001_half ←あの登りのスペシャリストの「長沼選手」ですら、AVが15.5kmですからね~(^^ゞ

そこを登って、また190km走って帰ってくるんでしょうから、この暑さの中、ほとんど信じられませ~ん。 「凄い」の一言ですcoldsweats02

今頃は、どのあたりを走れられて居るのでしょうか? 頑張って欲しいものです(^_^)/

| | コメント (4)

2011年7月10日 (日)

決定!

今日は、「山岳ブルベ」へ、どの自転車で行くかを決定する日。

MTBかビアンキのどちらか、ですが、MTBの乗り心地は重々承知なので、問題はビアンキのほうなんです。

あいかわらずAM8起床のAM10:30出発(←遅すぎ)(^_^;)

011 ←いきなり真上からキビシイ直射日光に照らされて、もう、出たとたんに熱中症になっちゃいそう(>_<)

今日は大平山→唐沢山→琴平峠の、時計回りでビアンキの状態を確認します。

途中、クリップの位置をいじりったり、サドルを後ろにさげたり、微調整しながら走ります。

003 ←崩れ具合が、ちょっと話題になってる「岩舟山」。

006 ←裏側から見たところ。なんか、危なそう(゜o゜)

009 ←「唐沢山」から日光方面を望むと、積乱雲が! 「ナマズ」の日光方面隊は、降られてなければ良いがrain thunder

019 ←「琴平峠」からくだってきたら、さらに積乱雲が大きくなってきてたので、一周で帰宅。 56kmでした。

ビアンキは、硬いけど、まあまあ良い感じ。 それよりも、問題なのは「靴」のほう。 まだ足になじんでないみたいで、ちょっと硬すぎる。 なので、本番は、ママチャリの時に履いている「スニーカー」で行くかも(^_^;)

つ~ことで、山岳ブルベは、8段変速の「ビアンキ」で走る予定です。 雨だったら、どうしましょう? ママチャリ?(^^ゞ

| | コメント (24)

2011年7月 6日 (水)

大平練

きょうは「非番」。 でも、やっぱり朝早くは起きられず、AM8起床のAM10出発。 朝から、「暑い」sun

001 ←まずは、近場の「大平山」へ。 ここをやりながら、次にどこへ行くか考えましょう。

003 ←が・・・・ここは「日陰」が多いので、けっこう涼しい。 なんだか、他へ行く気が無くなっちゃいました(^_^;)

004 ←今までは、ここの「大曲駐車場」がゴールだったけど、最近は、ここからさらに右折して「山田屋」の所の駐車場までやってます。

005 ←4本目に「敵機発見」! 即、追尾に移る。 「コルナゴ」のクロスバイク! 機種は良いのだが、なんせ乗り手がタオルを頭に乗せた「おっちゃん」なので・・・・撃墜対象からは、はずれちゃいました(^_^;)

006 ←ここが「山田屋」下の駐車場。 ここから見る「夜景」は、「ハート型」に見えるらしく、アベックで見に来る人が多いのだとかheart01

008 ←ここで出会ったのが、このブログの読者の「とちたけ」さん。 前に見えたので、追いかけて来られたのだとか・・・・ぜんぜん気が付きませんでした、あやうく「撃墜」されるところでした(危なっ!)(^_^;)

011 013 ←日差しは強いけど、このコースは日陰が多いので、風も吹いていることもあり、さわやか(^^)v

「山田屋」までの、わずか4~500M伸ばしただけなのに、8本目あたりから、かなり「キツク」なってきた(T_T)

もう、やめたい気分なんだけど、10本は「恒例行事」なので、その「伝統」を、ここで破るわけにはゆかず、必死に登って、やっと終了(疲れました)(>_<)

こんなんで、「山岳ブルベ」は大丈夫なんでしょうか?

015 ←きょうは、ペダルを、25年くらい前(確か?)から使ってる「シルバン・ツーリング」に変えて行きましたが、ひっかかりは、まずまずだったけど「クリップ」が不調だったので、帰宅してから、これまた「古い物」に交換しました。

日曜に、これで走ってみて、最終的に、どれで行くか決めましょう。 コースからして、ママチャリは無くなり、MTBかこのビアンキかの、どちらかになりそう(^^ゞ

49kmでした。

| | コメント (20)

2011年7月 3日 (日)

ペダルが

きょうも、今日とて、AM8起床で、スタートはAM10という遅さ(^_^;)

最近、朝早く起きられません。 梅雨時なので「ロング」が出来ず、「目標」が無いからな~。

002 ←今日は久しぶりの「ビアンキ8段」です。

001 ←これに付いていたステムをママチャリに移植しちゃったので、こちらは「なんちゃってアヘッド」にしました。

ハンドルが遠くなるので、楽だけど、ちょっとハンドリングに難有り・・・設計から外れちゃってますからね(^^ゞ

この頃、足の指が攣ったりするので、底のやわらかいスニーカーではなく、今日は「底の硬い靴」でゆきましょう。

が・・・・これが「フラットペダル」では滑りまくり。 危なくて、立ちこぎ出来ませ~ん(>_<)

なので、せっかく「大平山」の登り口まで行ったんだけど、また家に戻り、別のペダルへと交換するはめに(T_T)

004 ←でも、手持ちのペダルはどれも滑りそう。 この青いフラペは「ピン」が出てるので、ましかと思い、これに交換。

が・・・・今度は「ピン」がひっかかり過ぎて、かえって危ない! 変な位置で、がっちりピンが食い込んじゃうと、ひねったくらいでは、はずれませんわwobbly

005 ←前後のピンは「+のドライバー」で高さを調節できるんだけど、持って来てないので、そのまま「琴平峠」や「唐沢山」で登りの練習。 やりずらい(>_<)

帰ってきてから、「クリップ&ストラップ」を付けようとしたら、これが付きませんわ・・・・しかたなく、外側にある、高さを調節できないピンをカットしてみたけど、どうなんだろう?

この「ビアンキ」は調子が良いので、「山岳3連戦ブルベ」は、これで行くのもいいな~って思ってますが、ペダルがナァ~(^_^;)

あと2週間しかないのに、まだどの自転車で行くか、決まってませ~ん<(_ _)>

| | コメント (15)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »