« メルクス | トップページ | トップギヤ »

2011年9月 7日 (水)

日光へ

今日は「年休」。 本来なら、ナイトランで長距離走るために「連休」にしてもらったのですが、台風で山方面がやばそうなので、切れ切れの走りになっちゃいました(T_T)

001 ←今日は「快晴」で湿度も低く、気持ちよい。 AM8:40発で「日光」方面をめざす。 平日なので、車の少ない「裏道」をたどります。

005 ←もう「稲刈り」が始まってますね。「セシウム」などの影響が無ければよいが・・・・。

006 ←この「イチョウ」は、毎年、色ずくのが早い。 どうしてなんだろう?(鹿沼市で)

007 ←北部方面は台風の影響が大きいかと思ったけど、わずかに水量が多いかな~って程度でした(今市町で)。

008 ←今市の「山久保T字路」に在る、草に覆われた公衆電話。 これ使う人居ないんじゃないの? なんで撤去されないんだろう?   このまん前にバス停があるんだけど、そこに居たおじいちゃんは「モバイル端末」使ってたし(すごい)(゜o゜)

今日も「メルクス乗り」で、重いギヤ踏んでたら、この「山久保T字路」からの急坂で、重くて踏めなくなり、「押し」が出ちゃいました<(_ _)>

010 ←で・・日光ICの上に到着。 私が自転車始めたころ、ランドナーを買って、初めて遠乗りしたのが、ここなんです。

一回目は、山久保T字路からの登りに耐えられず、DNF。 二回目で、やっとここまでたどり着きました。 眼下に日光市内が見えたときの「感激」は、今でも忘れません。

それ以来、自転車にのめり込んだので、ここが私の自転車人生の「出発点」なんですね~(^^)v

今は、どこへ行っても、あの時の「感激」は無いなぁ~(^_^;)

011 012 ←ちょうどここまで50km。 お昼なので、家で作ってきたオニギリで昼飯(汚い握り方ですみません)。

016 ←あとは、ゆるい下り基調を快調に走って帰宅。 今日も「ローディー」に何人かお会いしました。 女性のローディーも二人見かけましたよ。

100kmでした。

|

« メルクス | トップページ | トップギヤ »

コメント

またまた ママチャリに戻っちゃったみたいですね
寒くならない内にロードで長距離行きましょう!
(暗い内に走るのは無しで・・・)

投稿: kym(若爺) | 2011年9月 7日 (水) 17時59分

kym(若爺)さんへ
ママチャリだと、すぐに出て行けるので、ついママチャリで行ってしまいます(^_^;)。

>寒くならないうちに、ロードで長距離
    ↑
いいですね~。 どこへ行きましょうか?

投稿: へばな | 2011年9月 7日 (水) 18時58分

今日は郡山市も快晴でしたよ。

私も休みで自転車に乗ってましたが風が強くてちょっと肌寒い場面もありました。

すっかり秋模様です。

食欲の秋。
食べ過ぎに注意しなければ。

投稿: ロンリーH | 2011年9月 7日 (水) 19時51分

ロンリーHさんへ
・おっと、ロンリーHさんもお休みでしたか! 今日は気持ちよく走れましたよね(^^♪

・早朝は寒いくらいで、もう「秋」なんですね~。食欲の秋、私も気おつけましょう

投稿: へばな | 2011年9月 7日 (水) 21時06分

こんにちはペコリ(o_ _)o))

( ̄0 ̄;アッ なんとなくわかりますね。自転車にはまる景色とかありますねー。(゚-゚*)(。。*)ウンウン
私がチョットロングポタにはまったのもそれでしたからね。
だいぶ近県などは一日で行きつくしてきたので、もうちょっと行こうと思っておりますです。、

投稿: スキンヘッド | 2011年9月 8日 (木) 09時33分

スキンヘッドさんへ
・スキンヘッドさんも、そうでしたか~(^^)v

・私も近場はほとんど行ってしまったので、遠出したいのですが、天気や次の日の仕事のことを考えると、無理が出来ず、残念ですわ(^_^;)

投稿: へばな | 2011年9月 8日 (木) 18時24分

気持ちのいい秋晴れでしたね。“へばなさん”の“自転車人生の「出発点」”への旅。今では何でもない距離が、その時はウソのように大変だったのでしょうね。わたしの出発点はみちのく自転車道なんです。お尻と脚と手が痛くて大変だったのを覚えています。
“へばなさん”の自転車人生のスタートは今から何年前のことだったのですか?

投稿: koji | 2011年9月10日 (土) 11時40分

公衆電話の件ですが、非常用に作っているのだと思います。
私もあの道を走ったことがありますが、本当にまわりに何もないところにバス停があったりしますよね。多分、登山客が使うのだろうと思います。その停留所のそばに登山道の入り口があったりすることはよくあることです。あるいは山仕事の人たちの入山コースだったりもします。

たまに遭難なんかがあったりするのですが、救助を求めるのに使うことも想定されている筈です。携帯の電波が入る地区なのか分かりませんし、仮に入ったとしてもバッテリーの問題もありますしね。

山奥の無人のダムの周辺にも非常用電話があったりしますよ。

あとこのルート、ジロに出場した元プロレーサーの市川さんがたまに走っています。

宇都宮のロマンチック村に車を止めて森林公園そしてこのコースを通って霧降高原にアタックしてますよ。主に平日ですけどね。
霧降高原を43分ぐらいで登っていますね。

私も一緒に走ったことがありますが、登りはともかく下りの早さに驚かされます。プロの下りは信じられないぐらい速いですね。

普通の人より20キロは速いと思いますよ。

投稿: kuichaer | 2011年9月10日 (土) 13時38分

kojiさんへ
・自転車を始めたころですから、今から30年ちかく前の話しです(^_^;)

・その頃は、自転車で「日光」まで走れただけで「感激」でした。 ものすごく「遠く」感じましたよ。

投稿: へばな | 2011年9月10日 (土) 18時21分

kuichaer さんへ
・確かに、あそこのバス停に居たおじいちゃんは、山登りっぽい格好してましたね。 今度行った時、「通電」してるのか試してみますね(^^ゞ

・市川さんは、今でも登りで「43分」ですか~(゜o゜)!すごい! 

・くだりが速いってのは「天性」のものなんでしょうかね? 私はくだりは大の苦手なので、速くくだれる人がうらやましくてなりません(^_^;)

投稿: へばな | 2011年9月10日 (土) 18時29分

プロ選手の下りが速いのは落車の経験の差だそうです。
趣味で自転車に乗っていても、コーナーでの落車の経験の豊富な人はまずいない筈です。彼らは落車の経験が豊富なので本当の限界を知っているとのことです。

市川さんも以前コーナリング中にカエルを踏んで落車していましたよ。数多く転べば速くなるのではないでしょうか。(*^-^)

投稿: kuichaer | 2011年9月11日 (日) 01時03分

kuichaer さんへ
・「落車」の経験の差ですか~。 なるほど、説得力がありますね。 私も、以前、その「限界」を試すにはどうしたらよいかと考え、「スケボー」の膝あて・肘あてを買い込み、挑戦してみましたが・・・やはり「怖くて」限界までは倒せませんでした(^_^;)

・「乗り方」も、いろいろと試してみましたが、「オートバイ」のレースで選手がやる、お尻を落とす方法で曲がったら、いきなり落車しちゃいました(>_<)

投稿: へばな | 2011年9月11日 (日) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メルクス | トップページ | トップギヤ »