« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

消えた

いつもの周回コースへ行ってきましたが、「雪」は、どこにもありませんでした。

001 ←「大平山」の「少年自然の家」直下。 振り向いて撮ったもの。

003 ←「下皆川林道」

004 ←「西山田林道」入り口で、あやしい人影発見!(^_^;)  この「ナマズジャージ」は、誰でしょう?

006 ←その頂上付近。

007 ←県道から「池」のある、わき道へ。 ここで競輪学校の「登坂訓練」をまねて、やってみることにした。 奥に見えるのが、今くだって来た県道のガードレール。 あそこまで登り返す。 後半が、けっこうキツイ(^_^;)

1本目、トップギヤ!・・・ぜんぜん登れない!

2本目、1枚落として!・・・・登りの部分に来ると、とたんに「失速」(^_^;)

3本目、2枚落として!・・・・さすがに、これじゃ軽すぎちゃうかなぁ~・・・・が、やはり足が回りません、がっくり<(_ _)>

結局、こういう「才能」が無いことが判明しました(T_T)

010 ←「唐沢山」の田沼口のくだり。 下ってすぐの所に、この程度あるだけで、ぜんぜん問題なし。 

012 ←このあいだひどかった所は、「融雪剤」が撒いてあって、完全に溶けてました。

| | コメント (12)

2012年1月30日 (月)

下見に

今日は、「ふつうのパパ」さんの依頼を受けて、ちょっと「下見」に行って来ました。

001 005 ←「コース」をなぞって行きます。天気が良いので、気持ちいい(^_^)v

007 ←「真名子(まなご)」の無名峠を越え・・・

008 ←「大越路峠」の近くまで来たら、土手の上の道が「通行止め」!

010 ←ガードレールが落ちちゃってますね。 でも、自転車なら、問題なし。 近くに「迂回路」も有りますし(^_^)v

012 ←ところが、「大越路峠」への旧道も、通行止め!「理由」が書いてないので、なんで通行止めなのかが、わからない(~_~;)

013 ←しかたないので、「トンネル通り」を登り・・・

014 ←誰も見てないことを良いことに、この隙間から旧道へ侵入<(_ _)>

017 ←先ほどの通行止めの標識のところを振り返って見たところ。最近、カメラの調子が悪く「暗く」写っちゃうので「露出補正」かけてるせいで、日向が白く写ってますが、雪ではありませんので・・・(^_^;)

027 ←あちこちに、こんな塊がありますが、どうやら「除雪」したときの残骸みたいです。

028 029 031 ←登ってゆくと、雪がコーナーごとに現れてきて・・・・

035 ←私が2年前に「落車&滑落」骨折した所が、一番雪がありました。 でも、長い距離ではないし(50mくらい)、登りなので、ロードでも歩けば大丈夫でしょう(^_^;)

039 ←あとは、こんな状態で問題なし。毎日、風が強いせいか、杉の落ち葉がかなり有るけど・・・。

043 ←南側は、例の「蕎麦屋さん」のちょい上に通行止めの看板がありました。ここでも白く写ってるのは、日向でして、雪ではありません。こちら側には雪は無かったです。

044 046 ←お次は「寺坂峠」へ。 こちらは雪は無く、頂上付近にこんな程度有るだけでした(^_^)v

047 049 ←「出流(いずる)」のお店街を抜け、いよいよ皆さんお待ちかねの「18%坂」ですが、こちらも雪はぜんぜん有りませんでした。  ちなみに競輪学校の「登坂訓練」に使われる坂は、「23.75%」と言う凄さ(゜o゜)!・・・坂と言うより「壁」でしょう!

050 ←困ったのは、雪ではなく、頂上付近から下にかけて有る「鉱山」から、強い西風で飛んでくる「ほこり」(>_<)

あとは「琴平峠」を越えて、帰宅。 70kmでした。

| | コメント (10)

2012年1月28日 (土)

久々のロードで

今日は、郡山から「ロンリーHさん」が走りに来られるというので、「yamaさん」とお出迎え。

001 ←スタート時点で、すでにお二人は、自主練や自走で、30km以上走られてる凄さ(゜o゜)!

002 ←寒いので、まずは「大平山」で、身体を温めましょう(これは、下りに入るところ)。

003 ←「琴平峠」へ向かう途中、ランニング中のナマズの「S木(栃木)さん」とバッタリ! 毎日走られてるとのことで、頭が下がります。

006 007 ←琴平峠へ。ロンリーHさんは「アウター」で登ってました(゜o゜)!

009 ←お次の「須花坂」へ。 向かい風強しdash

012 ←須花坂を越えたら、今度は、名草から「藤坂峠」へ。

014 ←さらに「猪子トンネル」へ登る。時間的にちょうど良いので、このまま「小俣」方面へ下りましょう。

015 ←AM11オープンのちょっと後に、目的のお店に到着。そうなんです。 またまた桐生市にある「ピザ」食べ放題のお店へ来ちゃいました(^_^;)。

016 017 ←パスタもピザも、美味しい(^_^)v。

018 ←さて、帰りには「腹ごなし」に「白葉峠」でも、越えましょうかね。

021 ←そして「猪子トンネル」への登り・・・。

025 023 ←yamaさんが、「この程度では、練習にならない!」と言うので、しかたなく、トンネルから、さらに右手の「林道栗谷線」へ登らされました(>_<)。

トンネルまで戻って、「藤坂峠」→「名草」→「須花坂峠」→「古越路トンネル」と越え・・・

026 ←「葛生の郷壱番館」で、ドリンク休憩。

028 ←最後の「琴平峠」を越えて(ロンリーHさんは、ここでもアウター縛り)・・・・

030 ←下った所で、これから宇都宮まで「自走」で帰るyamaさんと、お別れ(^_^)/。

ロンリーHさんと、「緑地公園」まで戻って、解散。

ロンリーHさん、yamaさん、今日はありがとうございました&お疲れ様でした<(_ _)>。

距離は、途中でメーターを知らずに止めてしまったようで、不明だけど、100kmは行ってるはず(~_~;)。 PS ロンリーHさんのメーターから120kmと判明しました。

| | コメント (14)

2012年1月26日 (木)

行って来ました

この間の雪で、「峠方面」がどうなってるのか、ちょっと調べに行って来ました。

001 ←「須花坂」の下り。 こちらでは、雪はあんまり降らなかったのか、ぜんぜん無いです。 路肩はもちろん、山際にも雪など見当たらない(^_^)v

003 ←「名草方面」も、からから乾燥。

006 ←「藤坂峠」にも、雪はありませんでした。 ここでローディーにも二人会いましたし(^_^)v

008 ←「猪子トンネル」の中まで調べたけど、凍結なし。 時間が来たので、ここで折り返す。 結局、雪は無いのね(^_^)/

015 ←雪が無いんじゃ、ついでだから「金原林道」でも登って帰りますか!

こちらの「閑馬側」の方が「ゆるい」というのが一般的な評価なんだけど、私にはこちらの方が「キツイ」ような気がする。 ひーひー言いながら、頂上へ着いて見ると・・・・  

019_2 ←ガビ~ン(ToT)/~~~ こ・・・これは!

この先の下りは、この峠で一番「急斜面」と言われている所。 2年前のアイスバーンでの滑落(転倒だけでは済まなかった)骨折が、頭をよぎる。

せっかくここまで登ってきたのに、戻るのは、くやしいし、時間がもったいない。

下るべきか、戻るべきか・・・・それが問題だ!

山の中とて、冬の日は、はや傾きかけており、木々の梢を西風がゴーゴーと吹き抜けている・・・・寒い&さびしい! 

いままで雪など無かったのに、ここに来てこんなに有るとは・・・「神はわれを見捨てたか~」と言ったとか、言わなかったとか(^_^;)。

冷静になって考えてみると、ロードにビンディングシューズならダメだけど、我には「最強のママチャリとスニーカー」が有るではないか! 突撃だ~!

020 ←わぁ~、やばい!こわい!(>_<)。

022 ←おっと、インベタ、インベタ!

021 ←だんだん慣れてきて、このくらいなら乗って行けるだろう・・・と思いきや、「ツル!」・・・・危険危険、危なすぎ!

緊張のあまり、寒さ感じる暇なし。 ほうほうのていで、何とか無事に下りて来られました(^_^)v

024 ←あとは「古越路トンネル」を抜け・・・・

025 ←雪と見まごうほどに「融雪剤」が撒いてある、「琴平峠」を越えて、無事帰還いたしました。  98kmでした。

| | コメント (20)

2012年1月25日 (水)

まだ

まだ、「日陰」には、溶け残ってる雪(氷)がありました。

002 ←日光方面の雪が輝いていて、きれいshine

003 ←「下皆川林道」に入ってすぐの所。 大平山の「少年自然の家」の下も、こんな感じでしたが、急すぎて、写真撮ってる余裕なし(^_^;)。

もちろん歩きましたが、少年自然の家の下は、歩きでも滑りそうでした。

004 ←「西山田林道」の清水寺の先の頂上手前。

006 007 ←「唐沢山」の田沼口の下り(3箇所ほど、こんな感じ)。下りなので、ここも歩いても滑りそうで怖かったです(T_T)。

011 ←「琴平峠」頂上付近。この白いのは、雪ではなく「融雪剤」です。ここは、両側とも融雪剤が撒かれていて、大丈夫でした。

(注) 私が走ったのは「お昼ごろ」の暖かい時間ですので、早朝には、このほかでも「ブラックアイスバーン」になってる恐れがありますので、ご注意くださいませ<(_ _)>。

(PS)「須花坂」・「藤坂峠」・「猪子峠」がどうなってるか、誰か行った人居ませんか?

| | コメント (10)

2012年1月24日 (火)

大平山

今日は夕べの氷雨で、山方面は「凍結」してるかも、ということで、やる気少な目。

ゆっくり起きて、ダラダラしてたら早くも、お昼近く。

今日は、走らない日にして、そのかわりに「職安」へ。 が、超短時間で「職業相談」が終わってしまい・・・・もったいないから、ちょっとだけ「走り」ますかね(^_^;)

001 ←近場の「大平山」へ向かう途中、緑地公園前の日陰が、「テカテカ」ですわ~。 これにビビッちゃって、以後、慎重に走る。

003 ←ゴルフ場も、今日は「休業」みたい。市街地は降らなかったけど、ちょっと山に入っただけで、違うんですね~。

017 ←あまり雪が降らない地域なので、なんだか「楽しくて」写真とりまくり(^_^;)

019 ←雪の「隋神門」も、趣があってよい(^_^)v

023 ←ここで突然・・・「そうだ、しばらく、ここの石段登りやってないから、やってみっか!」ってことになりました。

026 ←場所によっては、まだ雪が残ってる所があるので、慎重にくだってゆく。

039 ←お~し、スタート!run

041 ←あれれ~、あっさり神社まで、駆け上がっちゃいました。おかしい? こんなはずは・・・・?

いつもやってる「岩船山」より、こちらのほうがキツイと思っていただけに、わけわかんない状態?

048 ←しょうがないので、ふたたび途中にあるトイレ脇のこの鳥居までくだって、2本目に挑戦 run

またまた「あっさり」登りきり・・・・う~む?

042 ←(注)境内にある、右上の白いカメラは、ケーブルTVのライブカメラ

と言うことは・・・「岩船山」の石段のほうが「急」なのかも。 

あるいは、岩船山は「日本三大地蔵」のひとつで、全国から「死者の霊魂」が集まる所らしいので、霊魂だらけの石段をかき分けながら登ってるので「負荷」がかかるのかなぁ~? 

駆け上がる私の背中に、霊魂が「おんぶ」さってる可能性もあるなぁ~、だから重くて「キツイ」のかもね(>_<)。

大平山のほうがキツイと思っていたので、「理由」はともあれ、岩船山やってれば大丈夫ってことがわかって、よござんした(^_^)v

052 ←せっかくだから、さらに上の「見晴台」まで行って見ましょうかね・・・・お~、これはちょっと「危険」。登りはいいけど、くだりが怖そう。

056 ←ひさ~しぶりの栃木市内遠望。 寒いけど、清冽な空気の中で、気持ちいい(^_^)vj

064 ←ちょうど、そろったので、今日の練習は「打ち止め~」←少なすぎ(~_~;)

| | コメント (6)

2012年1月23日 (月)

初雪?

003 ←路面が凍ってないか、心配でしたが、時間が時間なので、大丈夫でした。 これは「琴平峠」頂上付近に、わずかに残っていた「雪」。

今日は、出だしから調子が悪く、「岩船山」では、足が上がりきらず、石段にけつまずいて、手を着いちゃうという、ていたらく(>_<)

かなりきつかったけど、それぞれの登りでは、「追い込み」をかけました・・・・でも、毎日は無理っぽい(^_^;)

最近、「琴平峠」付近で、ブリッツェンから、登り専門レーシングチームの「VAX」へ移籍した「長沼選手」とよくすれ違います。

彼のブログによると、今月は「3000km」走らなければならないそうで、単独の走行では、飽きちゃうだろうな~。 大変でしょうけど、頑張ってほしいものです(^_^)/

琴平あたりで会うってことは、「佐野」か「足利」あたりに住んでいるのだろうか?

| | コメント (8)

2012年1月22日 (日)

連続で

昨日は、一日中「雨」。 なのでエアロバイクで「室内練」。 ウォーミングアップの後、「5分全力、5分流す」の4セット。

5分全力が、メチャきつい(>_<)

ふだんの5分なんて、あっという間だけど、全力の5分は、「永遠」に続くような気がして、しんどいわぁ~(~_~;)

なんで、急にこんな練習やったかというと・・・

004_2 ←図書館で借りてきたこの本に、ダラダラ走っていてもダメで、途中に「全力走」を入れないと強くなれないって、書いてあったからなんですね。

べつに「ランニング」をやろうと言うわけではないんだけど、自転車にも「応用」できるかな~っと思って、借りてきたんです(^_^)v

今日も天気悪い予報だったし、「都道府県対抗男子駅伝」を見たかったので(自分で走るのは嫌いだけど、見るのは好き)、TV見ながら、エアロバイク漕ぎました。

001 005 ←去年「優勝」の栃木県だったけど、今年は中盤の選手が遅くて、ダメ。 アンカーが頑張ってくれたけど、4位でした(-_-;)

今日は、一定のペースで漕いだので、楽でした(←練習になってない)(^_^;)。

| | コメント (10)

2012年1月14日 (土)

長谷場方面

きょうは、「葛生」の山のほうの、「長谷場」方面へ行ってきました。

002_2 ←「上人橋」のところで、朝練帰りのポアッソンの「マスター」にバッタリ! さすがに強い人は、毎日やってますね~(^_^)v

003 004 ←「琴平峠」の登り口で、競輪選手が練習のウォームアップをしてます。 先頭は、なんと「ナマズ・ジャージ」の「N里」さんでした。これから「モガキ」をやるのだとか(゜o゜)!

005 ←「琴平峠」を超え、「古越路峠」を超え、のんびりした田舎道を走ります。向かい風強し(^_^;)

006 ←途中、この道路標識を目印に、左折。

008 ←そう、通称「金原林道」へ登るんですね。

011 ←最初はゆるいんだけど、このあたりからキツクなってきます。 木が切り払われて、頂上付近のガードレールが丸見え! 精神的に良くないよなぁ~(~_~;)。

019 ←で、そのガードレールの所から、下を見たところ。

020 ←くだって、このGSのところを左折して、今度は林道「大網線」へ。

021 ←激な所は無く、一定のペースで登れます。

023 ←で、ここが頂上。さっきの峠も、ここも、自転車にも車にも、ぜんぜん合わない、静かな走りが楽しめました(ちょっと、さびしいかな)。

026 ←くだってくると、「北関東道路」の下をくぐる。

027 028 ←さらにくだると、現在も「発掘中」の、国指定史跡「樺崎寺跡」がある。

031 ←そろそろ引き返す時間なので、ここからはR293で「越床トンネル」を超えて帰りましょう。側道が完備されてるので、交通量は多いけど、安心(^_^)v。

032 ←葛生側から、再度「琴平峠」を超えて来たら、登ってくる「K山」さんと、バッタリ! S崎監督のお店へ行った帰りだとか。 ちょっと立ち話して、お別れ(^_^)/

77kmでした。交通量も少ないし、このコースも、練習コースとしていいかも(^_^)v

| | コメント (10)

2012年1月12日 (木)

K山さんと

のんびり起きて、PCの復活最終章をやり、AM11頃、やっと出発(^_^;)。

「岩船山」の石段からおりてきたら・・・・

001 ←おっと「K山」さんが! ちらっとママチャリが見えたので、寄ったのだとか。 今日は「筋トレ」でゆっくり走るというので、一緒に走ることに(^_^)v。

A ←岩船山の下で、対抗してくる「ブリッツエン」3名とすれ違う。追い風ということもあったけど、けっこうな「スピード」でした(゜o゜)!

003 ←強烈な「向かい風」の中、K山さんに引いて頂くんだけど、それでも千切れちゃう(~_~;)。

004 ←「唐沢山」をアウターで登るK山さん。 私より重いギヤ踏んでますよ(^_^;)。

011 ←「琴平峠」でもアウター練! 上半身がぜんぜん「ぶれない」のは、踏み込む力がある証拠。  細い身体の、どこにあんなパワーが秘められてるのでしょうか? 私なんか「ぶれぶれ」ですけど、なにか?"^_^"

B ←くだって来て、ゆっくり走ってもらっても、向かい風で私が「つけない」ので、あきらめて「回転練習」に切り替える、K山さん(^_^;)。

「皆川」の県道に出た所で、「廻り峠」方面から帰るK山さんとは、お別れ(^_^)/~。

あまりに遅くて、「練習」にならなかったんではないでしょうか? それでも、最後まで付き合っていただき、ありがとうございました。 私にとっては、かなり良い練習になりました(^_^)v。

| | コメント (6)

壊れた?

昨日から、PCの調子が悪く(起動をくり返す)、セーフモード立ち上げなど、何をやってもだめで、結局「リカバリー」になっちゃいました(ーー;)

パーティション分けてなかった(Cのみ)ので、マッサラになっちゃって、9年前の状態に!

そこからが大変で、夕べAM1時まだかかって、やっと現状に近くまで持ってきたけど・・・・まだまだ大変ですわぁ~(~_~;)

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

パロディー(^。^)

「カンチェラーラ」がママチャリに?

         ↓

http://www.youtube.com/embed/Ljy_FgMM3G4"

| | コメント (6)

2012年1月 9日 (月)

出会い

今日も起きるのが遅く、出発はなんとAM11時という遅さ(^_^;)

「下皆川林道」をくだっていると、下の県道からスピーカーでなにやら放送してる声が! あれれ~、もしかして、今日だったのかな?

001 ←そう「県南5市対抗駅伝」が行われていて、ちょうど選手が通過してるところ。

002 ←着いた時には、10人のうち、ほとんどの選手が通過したあとで、この「真岡」の選手が最後尾から2番目。 監督の乗る「伴走車」から声が掛かって、箱根駅伝みたい(^^)v

003 ←で、この「栃木」の選手が最後尾。 「栃木頑張れ!」と声援を飛ばす(^o^)/

004 ←すぐ後ろには、NHKのスポーツ番組のオープニングテーマ曲を流しながら「最終走者が通過しました。ご声援ありがとうございました」と連呼しながら車が・・・!

最終ランナーは、ずーとこの放送「最終走者・最終走者・・・」って聞きながら走らざるを得ないんだから、やだよね~。 それでなくても、焦ってるだろうにさ~(^_^;)

005_2 ←「唐沢山」から下り始めたら、あれれ~、登って来る「Kし」さんと「S木(藤岡)」君にバッタリ! 「ナマズ練」帰りに「葛生壱番館」のバーガーを食べてきた所なんだとか。

バーガー食べたあと、まっすぐ帰らず、唐沢山を登ってくるところが、偉い!(^^)v

007 ←せっかくだから、頂上まで再度登る(と言っても、ワンコーナーのみだけど)。 二人のスピードは、さすがにすごい! で、頂上でお別れ。 またね~(^_^)/

008 ←「琴平峠」をへろへろ登っていたら、「ママチャリ」のお方が下りて来て、「へばなさん?」と言うお声がかかる。

地元「田沼」のお方で、このブログを読んでくださっているとのこと。 ありがとうございます<(_ _)>

010 011 ←自転車を見せていただくと「乗るより、いじるほうが好き」と言われるだけあって、素人ばなれした改造が各所に施されています。 すごく参考になる出来ばえでした。

ちょっと乗せて頂いたんだけど、さすがに良く進みます(^^)v

「プジョー」も持っていらっしゃるとのことでしたが、最近はこの「ママチャリ」一辺倒だとか・・・・うれしいじゃありませんか(^^)v

012 ←しばらく「ママチャリ談義」の後、再会を約束してお別れ。「S箸」さん、またよろしくです(^_^)/

014 ←で・・・くだってきたら、今度は登って来る「ナマズ」の「S木(佐野)」さんと、バッタリ! S崎店長のお店へ行った帰りとか。 平地を帰らず、わざわざ峠越えして帰るあたり、さすがですね(^^)v

015 ←まだ、だいぶ走らなければならないところをお引止めしちゃって済みませんでした。 明るいうちに御帰宅出来たでしょうか?(^_^;)

ということで、今日はたくさんの方々にお会いできて、楽しい一日になりました。 皆さん、ありがとうございました(^o^)/

       

        

| | コメント (14)

2012年1月 8日 (日)

ママチャリで

いつもの「周回コース」へ行く途中、大平山の登り口の「上人橋」のところで・・・

「へばなさ~ん」という呼び声が!

誰だか「ママチャリ」で追ってきますよ・・・・ママチャリって、誰 (?_?)

001 ←なんと「エヴァ」さんでした! ママチャリ姿、初めて見ました(^^ゞ

003 ←「大平山神社」へ行って来たのだそうで、しっかり「神足」お守り、ゲットしてきてました(^^)v

国学院前の「直登」をシングルママチャリで登り、石段登って、買ってきたのだとか・・・・風邪ひいてるのに、凄い!

004 ←後ろの荷台には「破魔矢」まで(゜o゜)!

007 009 ←途中まで、一緒に行くというので、ママチャリ同士で登って行きます(私の写真は、エヴァさんが撮ってくれました)。 エヴァさんの引きが強くて、着いて行くのが精一杯((+_+))

途中でお別れして、やっとマイペースに戻せました(^_^;)

012 ←「岩船山」の石段を終わって、汗を拭いていたら、中学生らしき「超若人」が3人、一段飛ばしで駆け上がって行く・・・・あのスピードで頂上まで行っちゃうんだろうか。さすがに超若人は違うな~って、感心してたら・・・・

013 ←すぐ上で「へばってる」じゃん・・・・ダメだこりゃ(-_-;)

「唐沢山」へ向かう農道で「M中」さんと、すれ違う。 手袋取って、カメラを起動させたら、もう小さくなっちゃってました(^_^;) 「黄金」のエヴァディオが、輝いていて、まぶしかったですshine

016 ←「唐沢山」から見える日光方面の山は白銀の世界!

017 ←「琴平峠」を登っていたら、後ろから2人のローディーが抜いてゆく・・・・即、追尾行動に移り、頂上までピタ付け。

抜く余裕があったんだけど、正月から「ママチャリ」に抜かれちゃったのでは、ローディーが気の毒なので、ピタ付けのまま頂上へ。

018 ←くだってきたら、またそのお二人が追い着いてきたので、またまたピタ付けで走らせていただく。 おかげさまで良い練習になりました、ありがとうございました<(_ _)>

| | コメント (10)

2012年1月 7日 (土)

軽過ぎ!

今日もいつもの「周回コース」を走っていたら、「西山田林道」で・・・・

002 ←「野州さん」とバッタリ! 例の「サンタさんが」届けてくれたという「エヴァディオの新車」を見せていただきました(^^)v

003 ←もちろん、フルカーボン。ヘッドもフォークも剛性たっぷりですが、そのわりには、突き上げ感などは無いんだとか。

持たせてもらったら・・・・めちゃくちゃ「軽い」! 軽すぎる(゜o゜)! 紙で出来てんじゃないの?ってくらい軽い。 この状態で6kg台。 決戦仕様にすると、なんと5kg台に突入というから、ビックリ!

こうなると、練習する時間があったら、そのぶん残業して、お金を貯め、軽い自転車を買ったほうが、苦しい練習をするより、よっぽど速く走れそうですね(^_^;)

005 ←野州さんは、帰るところだったんだけど、私の「岩船山石段登り」を見てみたいということで、ご一緒する事に。 私が全力で登ってるのに、余裕ぶちかましの野州さん(^_^;)。

006 ←で、岩船山の石段のところで、お互いに写真を撮りあって、お別れ。 きょうは「衝撃的」な軽さの新車を見せていただき、ありがとうございました<(_ _)>  もう「B級対決」は、勝負あったと言う感じですなぁ~(^_^)/

C1a8b219 ←「野州さん」のブログから頂いちゃった写真。 片手でヒョイの、この軽さがおわかりいただけるでしょうか(^^♪

Fd8217d9 ←これも野州さんに撮っていただいた、駆け上がる私の「勇姿」!あっという間に、小さくなる、このスピードや、いかに・・・遅っ(^_^;)

| | コメント (8)

2012年1月 6日 (金)

壱番館グルメツアー

今日は「K山さん&エヴァさん」プレゼンツの「葛生壱番館3大グルメツアー」へ参加させていただきました。

AM10時の「JR岩舟駅」集合です。 K山さんは今度の日曜にレースだし、エヴァさんは風邪ひいてるから、のんびりツーリングのはず。

001 ←集合地点へ向かう途中で、練習中の「C澤さん」とバッタリ! で・・・C澤さんも参加することに←ちょっとスピードが上がりそうな予感(^_^;)

002 ←「岩舟駅」へ着いたら・・・なんと、「ポアッソンのマスター」まで居ますがな~。 こりゃ、かなりスピード上がりますね~(>_<)。

004 ←その後、夜勤明けの「ジャンボさん」まで加わって・・・・これじゃ「ナマズ練」と変わんないじゃん((+_+))。

007 ←ルートも、当初のルートとは、かなり違って、えらくハードに!まず「旧南部清掃工場跡」から一つ目の登りへ・・・もう、ここだけで力使い果たすwobblysweat01

010 ←容赦なく、即、二つ目の登りへdanger

011 ←くだって、県道に出た所から「高速練」dash  「廻り峠」で待っててもらったけど、その後の集団走行から、ブッちぎれ(>_<)・・・(C澤さん、いきなりあんなにスピード上げてはなりません)。

013 ←「琴平峠」への分かれ道で、用事のある「C澤さん」と「マスター」が帰ったので、ここからはのんびり走ることが出来ました(^^)v

014 015 ←お話しながら「琴平峠」を越え、お目当ての「葛生壱番館」へ到着。 私の写真は、気が利く「ジャンボさん」に撮っていただきました(^^♪

018 ←お昼までには、ちょっと時間があるので、夜勤明けのジャンボさんを残して、再度「琴平峠」を登る。

019 020 ←ちょうど12時に帰って来て、お目当てのグルメが出来るまでに、ジャンボさん提供の「わらび餅」をいただく・・・とろける美味しさ(^^♪

024 029 ←で・・・これが壱番館の3大グルメの「イモフライ」・「コロッケバーガー」・「ハムカツバーガー」! リーズナブルでしかも美味しいscissorslovely

食後、私が日課にしてるルートで「唐沢山」へ。 「田沼高校側」から登る。 何度登っても、ここはキツイね((+_+))

030_2 ←「犬伏側」へくだって、旧南部清掃工場の近くで、車をデポしてあるジャンボさんと、お別れ。

033 A ←直後に、K山さんともお別れ。 8日のレース、頑張ってくださいね! 今日の「疲れ」が残らなければ良いけど(^_^;)

S ←エヴァさんと二人で走っていたら、車のジャンボさんが追い抜いてきて「引いてやる」というので、直付け! 時速40数キロ出てるのに、まるで「ローラー」に乗ってるように「楽チン」(^^)v

今日参加された皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました(^_^)/

エヴァさん、ジャンボさん、ごちそうさまでした<(_ _)>。

80kmでした。

帰宅してから、図書館へ・・・・と、駐輪場がガラガラ。 そう、今日は「休館日」だったの忘れてました(T_T)。

| | コメント (16)

2012年1月 5日 (木)

パンク初め

今日は「強風注意報」が出てる中、いつものコースへ。

001 ←「大平山」は、やや車が多かったものの、走りずらいことは無かった。

例の「神足」お守りを頂こうか迷ったけど、もう少し空いてきてからにしましょう(^^ゞ

003 ←お店あたりは、ガラガラ(^_^;)

久しぶりの「岩船山」石段も、強風の中、まあまあのペースで登れました(^^)v

が・・・・「琴平峠」をくだり切った所で「プシュ~ベコベコ」といういやな音が、後輪から(゜o゜)!

正月からパンクですわ~((+_+))。

005 ←さっそく「穴」を探すんだけど、どこにも有りません???空気入れて「音」で見当つけようとしても、「カート場」が近くに有るので、エンジン音がうるさくて、わからない(T_T)

しかたなく、エンジン音が聞こえない所まで引っ張って行く。

空気を入れてみると、なにやら「バルブ」あたりから漏っているような・・・バルブだったら修理は出来ないから、家まで歩きかよwobbly

が、バルブの周りをよく見てみると、異常はない。

004 ←なんと、バルブのすぐ近くのチューブの「内側」に2センチほどの切れ目が「縦に」走ってることが判明(゜o゜)!・・・・どうやったら、こんな切れ目が出来るのでしょうか???

やはり、チューブ込みで「980円」のタイヤは、ダメなのかな~。でも、今までは、こんな事無かったのに。

寒風吹きすさぶ中、孤独な作業が続く・・・・寒みぃ~typhoon。手がかじかんじゃって、うまく動きません(>_<)。 でも、直さないと乗っては家に帰れない。

手がうまく動かないので、ゴム糊を出そうとしたら、ドバーっと大量に出てしまうし。 登りでかいた汗がぐんぐん冷えてきちゃうし・・・・もう泣きそう(T_T)

なんとか直して、最低限の空気を入れ、とっとと帰りました。

このコース上には、幾多の神社仏閣があるのに、「お賽銭」をあげることも「お参り」することもしてなかった「バチ」があたっちゃったかな~<(_ _)>

| | コメント (12)

2012年1月 4日 (水)

走り初め

4日になって、やっと、外の「走り初め」ができました。

最近は、いくらでも「眠れる」状態で、今日も起きたらAM10時・・・・なんだか、このまま「ボケ」ちゃいそうです(^_^;)

天気予報では午後は「雨」だとか。 それに、いつものコースは「神社」をめぐるコースなので、まだ「初詣」の車が多いかもしれないし・・・ということで。

001 ←いつもとは違う、「北部方面」へ・・・・といっても、ほんの「近場」なんですけどね(^_^;)

002 ←「真名子(まなご)」にある、無名峠。 ここは、短いけど、車がほとんど通らないので、お気に入りの峠なんです。

003 ←東側の登り口にあった「クマ用のワナ」(゜o゜)! こんなに人家に近いところにも居るのかね~((+_+))

雲行きがあやしくなって来たので、2往復で撤収。

帰り道、ゴルフ場のところで、トラックで配達中の「アルテアルマー」さんと遭遇!  新年そうそうからのお仕事、ご苦労様です。 すれ違いだったので、カメラの起動間にあわず(^_^;)

41kmでした。

| | コメント (12)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年一年が良い年でありますように!

今年も大いに走りましょう! よろしくお願いいたします(^_^)/

| | コメント (22)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »