« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

300kブルベ試走 復路

058 ←さて、復路に入り、途中までは往路を戻る形になります。その後、今回の「ハイライト」とも言える、D27号線を「花園渓谷」へと登って行きます。

061 059_2 ←まだ、それほどきつい登りではなく、ダムの写真を撮りながら登って行きます。

062 063 064 065 ←花園渓谷沿いでも、満開の桜や渓谷美を見ながら登って行く余裕あり。

が・・・・コマ図52(ナンバーは、5/2バージョンによります、以下同じ)の「花園渓谷終点」からが、「激坂」になって来ます(>_<) それも、激坂→ゆるい坂→激坂→ゆるい坂・・・と延々と続きます。

激な所は、急過ぎて、ぜんぜん乗れない!しかたなく、我が名門へばな家の奥義「必殺、燕返しの押し」を多用せざるを得ませんでした<(_ _)>

(注)「燕返し」という名は、そのあまりの遅さに上空を飛んでいた燕がひっくり返ったという故事に由来しています<(_ _)>

「なんで、一定の斜度で造ってくれなかったのよ」って、つっこみを入れたくなっちゃうような坂なんですわ~。

066 ←脚も終わりかけた頃、やっとのことで、頂上もまじか。さぁ~くだりだ!と、ヤッケなんかを着たりするわけですよ、安心して。

ところが、どっこい! この後も、登って下っての繰り返し。 そのたびごとに、ヤッケを脱いだり着たりの繰り返しで、少ない時間がどんどん削られて行くんですわ~(T_T)

でも、やっと本当のくだりが始まり、「さぁ、塙のPC3までガンガンくだるぞ~」って、思いますよね、普通。

そう思っているあなた、甘すぎます! おそれ多くも「AJ宇都宮」のブルベですよ! そんなに簡単にPC3に着けるわけないじゃないですか!

そうなんです。 コマ図53までくだったら、いきなり10%の登りが口をあけて待ち構えていて、またまた「必殺、燕返しの押し」多用というありさま! もう泣きながら押しました(>_<)

067 ←押したり乗ったりしながら、やっと本当の峠頂上に着きました! この切通しが見えたら、あとは塙のPC3までず~とくだりです(^_^)v

PCのクローズの時間に間に合うかどうかの瀬戸際なので、もう全力でくだります。 道は良いし、車は来ないので、ガンガンくだれます。

069_2 ←ようやく「塙」の文字が見えてきました(^_^)/

072 ←暮れなずむPC3の「ファミリーマート道の駅はなわ店」に到着。ちょうどS藤さんとI塚さんが出発する所でした。私の時間的余裕は30分を切っているので、得意の「F-1ピットイン」で、お二人より先に出発。 すぐに抜かれたけど・・・(^_^;)

もう真っ暗で、ライト点灯でN118を延々と走る。この道は全体的にくだり基調だけど、小さなアップダウンの連続。

頂上付近では、対向車のヘッドランプがもろに目に入るので、路面が見えなくなり、危険。 後続の運転手からも、われわれの自転車が見えなくなる危険性がある。

交通量も多いし。

でも、ここで時間を稼がねばならないので、危険承知で、全力で走らざるを得ないのが、悲しい(~_~;)

コマ図67の右カーブしてすぐのところに「山方商業入口」という名の信号が有ります。

074 ←PC4の「セイコーマートえびね店」には、制限時間の約1時間前に到着。 ようやく「完走」が見えてきました(^_^)v ここでもS藤さんとI塚さんが居て、食事中でした。

お店に入ったら、おにぎりは全部売り切れ(T_T) パンは、多少有りましたが、本番当日に100人からが買い物したら、遅い人はどうなるんだろうと、ちょっと心配。 まあ、カップめんなんかは、有りそうだけど・・・(^_^;)

その後、多少のアップダウンをこなし、コマ図74から、真っ暗な山道を登ることに・・・一人ではちょっと不気味(>_<)

コマ図80まで来れば、あとは往路を戻ることになるので、やや安心。

076 ←で、制限時間の約1時間前に無事ゴールできました。

振り返ってみると「花園渓谷終点」からの登りが大変で、それまでにかなり脚を使っちゃってるので、できるだけ大きなカセットギヤを付けて行ったほうが良いかと思われます。

I塚さんのGPSによると、今回の総上昇量は3876Mになるそうです(゜o゜)!

森林公園から自走で帰ったので、自宅に着く頃には、夜が明けてきてました・・・・疲れました(>_<)

それでは、本番当日の参加者の皆様が、無事に完走出来ますように、心からお祈りいたします<(_ _)>

そして最後になりましたが、今回一緒に試走してくださった皆様、そしてトラブルも無く走りきってくれたママチャリに、感謝です<(_ _)>

365kmでした。   FIN

| | コメント (18)

ツールド・足利

085 ←今日は「チーム・シャミセン」さんの「ツールド・足利」に参加させていただきました。

まだ「ブルベ300k試走の復路」を書いていないので、それが書き終わってから詳細を書き込みます<(_ _)>

| | コメント (2)

2012年4月29日 (日)

300kブルベ試走 往路

3時間ほど横になったものの、結局寝られず、AM4時に森林公園に向けて出発。

001_2 ←寒くはなく、夜明けの走りは気持ちいい(^_^)v

003_2 004_2 ←森林公園に着くと、佐野TCの「I塚さん」が! 聞いたら、お嬢さんがトライアスロンの練習会に参加されてるので、その間に日光方面へ走りに行くのだとか。DHバーがかっこ良かったです。

005_2 006_2 007_2 009_2 ←試走の参加者も集合し始めました。 今日は7時スタートが5名。 8時スタートが1名。

010_2 011_2 ←全員でAM7時にスタート! こちらはチーム・スプロケッツのお二人。 後ろの、かわいい女性の乗り方がすごく綺麗になったのにビックリ! それもそのはず、去年のブルベの最高峰「パリ・ブレスト・パリ」1200kmを見事に完走してますから(゜o゜)!

013_2 014_2 ←S藤さん、I塚さんが抜いてゆく。

N293は、この時間帯は出勤と重なるため、かなりの交通量なので注意。 大型も多いです。

016_2 ←河内町で、なにやら後ろから来た車が抜かない。併走してきたので覗いたら、なんとブルベでよくお会いする「オルテガさん」! 車で試走しに来たのだとか。

018_2 S20120428002_2 ←「グリーンライン」に入り、残雪の日光連山を遠くに見ながら天気の良い仲を気持ちよく走っていると・・・・

020_2 ←コマ図15のところで、なんと、「yamaさん」が追って来ましたよ! 上の私の写真は、yamaさん提供。 正式ではないけど、勝手に試走しに来たのだとか(^_^)v ものすごいスピードで走り抜けてゆきました・・・・。

025_2 ←那珂川を越え・・・

028_2 ←田植えの準備が出来た田園地帯を抜けてゆく。 今日はほんとうに気持ちがいい、最高!

029_2 ←PC1のセブン大子池田松沼店に到着。タイムアウトまで約40分ちょい。 ちょうどS藤さんとI塚さんが出発されるところでした。この先からが登り区間になるので、余裕が約40分では心もとない(^_^;)

参加される皆さんへ。 ここからは「県北広域農道」をえんえんと登ることになり、斜度もけっこうキツイので、注意。 

自販機はコマ図34(ナンバーは、5/2バージョンによります、以下同じ)の「内大野」の交差点の右手D33沿いすぐそばにあるだけです。

031_2 ←無風で真夏のような太陽が照りつけ、なんだか睡眠不足と登りのきつさがあいまって、熱中症一歩手前の感じ(>_<)

着ているものをどんどん脱いで行き、最後は下着姿で登り続ける。コンビニでは500mmのボトル一本しか買わなかったのが悔やまれる。 あまりの暑さに、途中の民家で水をもらおうかと思ったくらい。

コマ図37で左折し、またまた登りが続くんだけど、こちらの斜度はそれほどでもない。約88km地点の「里川集落」で、右手に「自販機」発見! 助かった~。 さっそくお気に入りのドクターペッパーを一気飲み! 元気でました(^_^)v

032_2 033_2 ←その後、8時スタートのB坂さんに抜かれる。 やはり暑いのか、脱いだもので一杯の後姿(^_^;) 立ち漕ぎでガンガンと登って行かれた・・・すごい!

034_2 ←やっとのことで登り終え、ここからはくだり。が・・・・寒~い(゜o゜)!この峠を境に、向こう側がまるで「冷蔵庫」の中状態!海側って、こうなの? 前回、ここを通過した300kブルベのときには「雪」が降ってきましたからね~snow

036_2 037_2 ←コマ図38の先では、まだまだ震災復興工事が続いていて、現実に引き戻される瞬間。 参加者のかたへ。ここはコマ図38の約1km先のくだりなんですが、この先の十字路からD22は「極端に狭い古い道」になり、不安になるかと思いますが、迷わず直進(やや左カーブ気味のくだり勾配で、すぐに橋があります)すれば、左手にD22の標識がすぐに出てきます。大きく左カーブする工事中の広い道はD22ではありませんから注意!

042_2 ←寒い中を右手に「小山ダム」を見ながら下る。

045_2 048_2 ←コマ図39からの小豆畑への「広域農道」もキツイ! 寒さのせいか、霧がかかる中を登ると、頂上付近から北茨城市街と海が見える(^^♪ タイムが気がかりなので、寒いけど、ガンガンくだるdash

050_2 S20120428021 ←と・・・・なんとすでに折り返してきたyamaさんと遭遇!速っ! そうなんです。 折り返し地点からこの近くまでは、コースがダブっているんですね。 あんまりくやしいので、前回この近辺で雪のくだりで落車骨折したyamaさんに「今回は落車しなかったんだね~」って牽制球を投げておきました(^_^;) (私の写真は、yamaさん提供)

このあと、N6号の近くで、やはり折り返してきたB坂さんとも遭遇。ちょうどパンを食べていたので、カメラ取り出せず、画像なしです<(_ _)>

051_2 ←さらに、折り返して来たスプロケッツのお二人とも遭遇。 こうして仲間とすれ違えるのは楽しい(^_^)v

052_2 053_2 054_2 ←で、折り返し地点の大津港にある「仁井田浜公園あずまや」に到着。 タイムもそんなに減っていないので、まあまあかな。

055_2 ←念のため、隣にある「トイレ」にも行ってみたけど、大と小がひとつづつしかない小さなものでした。N6沿いにセブンがあるので、そちらの方が良いかも。

056_2 ←折り返して来て、「大津港酒センター」で補給食の買い物してたら、セブンで買い物して来たS藤さんとI塚さんと遭遇。 お互いの健闘を祈ってお別れ。 参加者のかたへ、ここからの復路は「塙」のPCまで補給地点はないので、N6号沿いで補給しておかれることが重要です。

         つづく

| | コメント (4)

ブルベ300k試走

5月12日に行われるブルベ300kの「試走」に行ってきました。

前半の暑さ、後半の寒さ、そして何よりも「坂」の多さに圧倒されました。

詳しくは、後日。 2晩徹夜なので、もう寝ます(+_+)

| | コメント (2)

2012年4月25日 (水)

またまたブリッツェン

001 ←琴平峠への登り口で、ブリッツェンのお二人(初山選手と飯野選手)とすれ違った!

お昼頃だったけど、もう一度登ってくるのではないかと、後ろ見ながら登っていたら・・・

002 ←来ましたよ!ベストショットを撮ろうと、自転車から降りて待ち構えていましたが・・・・登りのスピードが速すぎて、シャッター押すのがわずかに遅れちゃいました(フレームから切れる寸前)(^_^;)

003 ←う~む、あの速さでは、「動画」じゃないと無理かもね。確か、このカメラには「連写機能」が付いてるはずなので、今度使ってみましょう(お二人の速さからして、その機能にする時間的余裕があるかが問題なんだけど)・・・(^_^;)

005 ←散った桜の花びらって、日ごとに「ピンク色」になってぐんだけど、どうしてなんだろう?

006 ←琴平峠の通行止めの看板もついに取り払われてました。

007 008 009 ←工事はやってましたが、「路肩」の工事だけで、通行は可能です。それも、たぶん今日で終わりみたいな感じ。

011 012 ←2往復目で、登って来た「hiroさん」と遭遇。これから「B☆Pとちぎ」へ行くのだとか。コルナゴのカラーリングが綺麗(^_^)v

013 ←hiroさんは乗車姿勢が綺麗なことで有名ですが、後姿からも、それがうかがえます。 また一緒に走りましょう(^_^)/

昨日は花粉なのか風邪なのか、のどが痛くて最悪でしたが、今日は、まあまあの調子だったので、良かったです(^_^)v

でも足の親指に出来た「タコだかマメだか」が、痛くて強く踏み込めないのが困りものです。 薬をつけてるんだけど、なんだか効かないなぁ~(T_T)

| | コメント (7)

2012年4月24日 (火)

ブリッツェンⅡ

今日は暖かく、日向では暑いくらい。 本来なら遠出できる陽気なんですが、ちょっとした野暮用を片付けていたら、どんどん深みにハマり・・・出発がAM11時半になっちゃいました<(_ _)>

002 ←琴平峠の手前で、火曜日なのでたぶんお会いできるかと思っていた「mottiさん」に遭遇。 ハイポーズ(^^♪「ちょっとだけ走ってきました」とおっしゃっていたけど、すでに60km以上走られてます。

峠を登っていると、なにやらロードの音が!mottiさんが、追いかけて来たのかな~なんて思っていたら・・・・

004 ←なんと、ブリッツェンの「廣瀬コーチ」でした! 速い(゜o゜)!なにせ、ジャパンカップで山岳賞をとる速さですからね~、普通では有りません(^_^;) 何を食べたら、こんなに速く走れるようになれるんだろう??

005 ←「こんにちわ~」って、向こうから挨拶してくれましたが、挨拶をかわしたら、もうすでにこんなに遠くなってました。 超音速ジェット戦闘機ですなぁ~airplane

013 ←道いっぱいに落ちてる桜の花びら。 これはこれで、綺麗ですねcherryblossom

011 ←工事区間にある、この表示は、何の意味? 今日は、もう工事関係者の姿は有りませんでした。ほぼ終了したのかな?

018 ←1往復目の葛生側で登ってくる「K山さん」とバッタリ!「エンド」の交換に、S崎君のお店へ向かう途中なんだとか。 しばし談笑(^^♪入賞された22日の草津のレースについてお話を伺う。

019 ←2往復目の始まりで、今度は下ってくる「Masaさん」とバッタリ遭遇。 懐かしいジャージが決まってますな~(^_^)v またまたしばし談笑。 ブリッツェンやツールド佐野など、話題が尽きません。

020 ←と・・・・用事を済ませたmottiさんが、再び走りに来ましたよ、ダブルヘッダーとはすごい!

3往復終わって降りてきたら、またまた登ってくるK山さんに遭遇! エンド交換したら、快調みたいです。 もうとっくにPM4を過ぎていたので、短めでバイバイ(^^)/~~~

021 ←さらに下ってきたら、こんどは帰宅途中の通勤快速「テクセラ」さんに遭遇(^^♪ 早出勤で早帰宅なんだとか、いいですね~(^_^)v

ということで、きょうはたくさんの方達にお会いできました。 こういうのも自転車の楽しみの一つですね。 誰にも会わないで、ひたすら登るのは、さびしいですから(^_^;)  60kmでした。

| | コメント (14)

2012年4月21日 (土)

通行可

今日の「琴平峠」は、通行可能でした。久しぶりに「葛生側」へ行ってみたら・・・

001 004 ←きれいに舗装されてました! なんだか私のために舗装しなおして頂いたみたいで、すみませんね~(^_^;)

もう少し上の方にも、路面が悪い部分があるので、今度はそちらをお願いいたします<(_ _)>

005 ←まだ工事関係者の方々が来てましたが、ほぼ終了で、これからは通行可能になるのかも(^_^)v

007 ←3往復目の葛生側からの最後の登りでは、こちらのお方が「ペースメーカー」になってくださったので、頑張れました。ありがとうございました<(_ _)>

琴平峠の距離を測ってみたら・・・

・柏倉側 フェスティカ→頂上=2.4km

・葛生側 NO40標識→頂上=4km

でした。葛生側は、最初の1kmぐらいが平坦なので、実質3kmぐらいでしょうか。でも、こちらのほうがキツイところが多い感じ。

| | コメント (14)

2012年4月18日 (水)

フェルト改で

昨日のブリッツェンに触発されて、今日はロードで行きました。

001 ←冬の間に、「フェルト」をドロップからフラットバーに変更しておきました。 私は腕の力が弱いので、幅が広くないと、立ち漕ぎの時に振りづらくてだめなんです(^_^;)

004 ←一番苦労したのが、このレバー。バーエンドバーとの隙間が少ないので、レバーの出っ張り部を削っちゃいました(^_^;)

尚、フェルトは、「登り専用」なので、平地の高速走行は度外視してます。

今日が「試運転」なのですが、いきなり乗ったら・・・・乗りづらい~(>_<)

ハンドル広すぎでふらつくし、削っちゃった変速レバーがやっぱりやりづらい。

でも、かんじんの登りに入ると、なかなか良いですわ~(^_^)v

立ち漕ぎが良い感じ・・・・でも、思ったほどスピード出なかったな~(~_~;) 昨日のブリッツェン並みに登れると思ってたんだけど・・・・coldsweats01

009 ←今日は今シーズン初めての「生脚」で走りました。暖かかったので、ちょうど良い感じでした。

014 ←昨日の「雷雨」で、桜の花びらが一面に敷き詰められてました。

010 ←落ち葉も流されてきてました(~_~;)

今日は登り口のずーと手前に警備の人が居て「山越え?」って聞いてましたから、葛生側はたぶん全面通行止めかも。

ロードで軽かったので、柏倉側のみ10本やりました。

| | コメント (12)

2012年4月17日 (火)

ブリッツェンが

003 ←大平山の桜も、今が満開。 下の方は、もう散り気味。

009 ←永野川河川敷では、ターゲットゴルフ?をやっていて、その中に局の同僚だった人が居た。「やりませんか?」って声を掛けられたけど・・・・う~ん(~_~;)

琴平峠を登り始めたら、前方から「ブリッツェン」の選手が2名くだってきた。すれ違いなので、カメラが間に合わず、残念がっていたら・・・・

010 ←再度、登って来ましたよ!ものすごいスピード(゜o゜)!プロの登りって、こんなに速いの!息も乱れてないし、顔もへっちゃらな顔されてましたし!

011 ←あっという間に小さくなってゆくお二人! そうね、ちょうど「車」のスピードと同じくらいと思っていただければ、そのすごさが分かって頂けると思います・・・しかも、楽そうに(^_^;)

ジャパンカップでプロの登りを見てるんだけど、全員速いから、あまり速さがわからない。 でも、こうして二人だけを見てると、そのすごさに圧倒されちゃいます。

この峠には、素人さんで速い人が登りに来るのを見かけるけど、ぜんぜんスピードのレベルが違う。 まるで「平地」のように登って行くのですよ、このお二人は・・・・(゜o゜)!

012 ←折り返して下って行くお二人とすれ違った後の、頂上の通行止め。でも、警備の方に聞いたら、「自転車は通れますよ」ってことでした。 工事のじゃましては申し訳ないので、柏倉側だけ何本かやることにした。

013 ←くだって来ると、またまたブリッツェンのお二人が登って来た! 前は「初山選手」。後ろは・・・「飯野選手」? 高速だのにカメラ目線の余裕ぶちかましがすごい!

014 ←私が行ったのがお昼近くの時間だったから、もうすでに何本もやってるんだろうか?全力で!(@_@;)

015 ←一番きつい所の、お二人のタイヤの跡。ぜんぜんハンドルがぶれてないのがわかる。 私のは、よれよれですけど(^_^;)

017 ←3本目の登りで、くだってきた「mottiさん」とばったり。15日の「八ヶ岳ヒルクライム」のお話を伺う。 500人近くの参加でmottiさんは50位だったのだとか。 すごい事だとと思うんだけど「そばそばさん」が18位とかだったので、ちょっと気落ちされてました(~_~;)

022 ←7本目で雨が降ってきたので、帰る途中、こちらのおかたに声を掛けられました。 古河から彦間のほうを走ってこられたのだとか。 ウールのジャージが、いい味出してました。大平山のほうへ行かれたけど、雨は大丈夫だったかな~?

023 ←西の空が真っ黒で、「雷」も鳴り出してたので、全力で帰宅しました。

今日は、行きも帰りも「ブリッツェン(稲光)」にびっくりさせられた一日でした(^_^)v

| | コメント (4)

2012年4月16日 (月)

BRM200kスタッフ

4月15日は、宇BRM200kのスタッフとして、お手伝いしてきました。

AM2時に自宅を出発。スタート地点の「宇都宮森林公園」をめざす。ぜんぜん寝てないので、眠い(T_T)

001 ←霧が濃いし、けっこう寒い。手袋の中にホッカイロ入れてきたのに、指が痛い。

002 ←森林公園は山の中なので、さらに「寒い」。参加者の皆さんもブルブル(>_<)

003 ←おなじみの、ブリーフィング風景。今回は200kだけど、細かい曲がり角があるので、説明もやや詳細になる。

と・・・ブリーフィングやってるのに、後ろのほうでなにやら「問題発生」の模様!

009 ←はい!「K子さん」のサドルバッグがタイヤに擦れてしまい走れないんだとか(^_^;)  「チャリケンさん」と「デンデンさん」が修理するも、ダメ。 結局チャリケンさんの予備のバッグをお借りして無事出発されてました。

013 ←6時スタートと7時スタートを見送り、後片付けしたあとは、トップの人が帰ってくるまでやることがないので、I塚さんの車の中で2人で、ひたすら「待つ」・・・・ただ待ってるのって、時計の進みがものすごく遅く感じる(T_T)

やがて13時を過ぎると、ものすごく速い方々が帰って来ました(速すぎ)!その後も、どんどん帰ってくるので、私たち受付はレシートのチェック・帰着時間のチェック・総合時間の計算・メダルの料金の受け取り・以後のBRMの参加受付・預かり荷物の返還などを、一度にこなさなければならず、もう、しっちゃかめっちゃか(>_<)

017 ←なので、写真を撮る暇も無く、ほんの少ししか撮れませんでした<(_ _)>

016 ←早い時間に帰ってきた「yamaさん」。夜になってから、再度スタッフのために「差し入れ」をたくさん持ってきくれました。 ありがとうございました<(_ _)>

2012_0415_162505imgp2953_2 ←「シーさん」に撮っていただいた、ゴール受付。

私が不慣れなため、なかなか集計が合わず、他のスタッフの方々にも、遅くまで残っていただき、たいへん申し訳有りませんでした<(_ _)>

今度からは、到着した所でメモ用紙に時間を書いて、一人一人に渡し、総合時間やメダルの要否はそれを見て参加者自身で書いていただき、受付ではレシートとメモ用紙のチェックのみをやる、というふうなやりかたを考えてます。

そのほか、メダル代金受領・次回以降のBRM参加受付は、もちろんやりますが・・・。

I塚さんと私は、そのままサイクリングターミナルに宿泊。 

今日もなかなか良い天気なので、このまま直帰はもったいない。

023 ←なので、まずジャパンカップの登りを登り・・・(久しぶりだったけど、ものすごくキツク感じた)

027 026 030 ←下ったところにある、yamaさんに教えてもらった有名な桜を見物。孔子かと思ってたら「孝子」なのね~。 

小学校の校庭のど真ん中にあるんだけど、開放されているのがすごい。 見物人たちの脇で、体育の授業が普通に行われていた(^_^;)

031 ←小来川で、滝ヶ原か古峰ヶ原か迷ったけど、即、楽な古峰ヶ原に決定で左折<(_ _)>

032 040 ←古峰ヶ原からさらに県58号で古峰峠まで登り・・・・

042 ←路肩には除雪された雪が残る中を、さらに登って・・・粕尾峠経由で帰ってきました。 くだり、寒過ぎ(>_<)

今回、はじめてゴールの受付をやらせていただきましたが、混乱でしっちゃかめっちゃかでした。 至らぬ所が多く、関係者の皆様には、いろいろとご迷惑をおかけしてしまい、申し訳有りませんでした<(_ _)>

最後になりましたが、無事ゴールされた参加者の皆様、たいへんお疲れ様でした。 また次のブルベでお会いしましょう(^_^)/ 

| | コメント (22)

2012年4月12日 (木)

ピザツーリング?(大嘘)

001 ←今日の参加者は、私のほか、この2名。 S木(栃木)さんとポアッソンのマスター。 言いだしっぺのK山さんは、体調不良とかでDNS。 このお二人とでは、なんだか「高速練」になりそうな、いやな予感が・・・(>_<)

002 ←まずは琴平峠へ。「ゆっくり行きましょうね」などという言葉とはうらはらに、ガンガン登っちゃうS木さん(>_<)・・・・なんだよ~、言ってることと違うじゃんangry

005 ←琴平峠の桜は、満開! 気持ちいい~(^_^)v

011 ←下ったところで、hiroさんが新車を見せに来てくれました。キャノンデールSIX。 かっこ良過ぎ、軽いし。「これで、みんなを撃墜してやる」と、息巻いてました(怖い)(T_T)

014 ←裏道の桜も満開。綺麗ですわ~cherryblossom

須花坂でも、S木さんが、ガンガン行くので、我々二人は大変(>_<) もう、この時点で「ツーリング」ではなく「ナマズ木曜練」であることを認識せざるを得ませんでした。

015 ←「名草」の満開の桜のもとを走って・・・・

017 ←藤坂峠へ。ここでもS木さんは「ゆっくり行きましょうね」などと言っていたけど、もう誰もその言葉は信用しませんって。 結局ここでも、S木さんが飛ばすので、全員でひ~ひ~(>_<)

猪子トンネルの登りを過ぎたら・・・・

019 ←今度はマスターが強風の中を鬼引き!ぜんぜん前に出らんない、着いて行くだけで精一杯(>_<)

登りではS木さんにいじめられ、平地ではマスターにいじめられるという、ものすごく「悲惨」な状況の中を着いて行く・・・・「ツーリング、ツーリング」という私の言葉が、むなしく響き渡るcrying

020 ←おかげさまでと言うか、なんと言うか・・・ちょうど開店の時間に到着いたしました<(_ _)>

021 ←話に夢中で、食べ終わってからパチリcamera(^_^;)

今日のおねいさんのサーブのタイミングは、遅からず速からず、ちょうど良く、何枚でも行けたんだけど・・・・・

なんせ往路が往路でしたから、食べ過ぎたら復路でリバースは必至・・・なので3人とも、控えめで終了←「食べ放題」に行った意味無いじゃん(^_^;)

023 024 ←白葉峠へ行ったことないと言うお方も居たので、それではと、食後、まずは白葉峠へ。

くだって、猪子トンネルへの登りをこなし・・・・・

026 ←諸井酒店で、水分補給していたら・・・なんとK山さんが来ましたよ! なんでも、気持ちが悪くて、飲食できず、腰も痛いのだとかhospital  「無理しないほうがいいよ」などと、心配するお二人。

032 ←K山さんにあわせて、ゆっくり松田ダムの桜を見学。ここも満開cherryblossom 今日は最高だな~・・・「ツーリング」なら(^_^;)

053 ←長石林道を登ろうとしたら・・・途中で通行止め!脇があいてるので、自転車は大丈夫なんだろうと、自己責任で登る。 グレーチングが無くなってるだけでした。

055 ←と・・・なんと、あのキツイ長石林道を、体調不良のはずのK山さんが、ガンガン登って来ますがな~! これで、体調不良とは真っ赤な大嘘で、たんに「寝坊して遅れた」だけである事が判明(゜o゜)!

060 ←近沢林道への登りも、ガンガン引くK山さん・・・・「うそつきは泥棒の始まりだ」という私の声も、彼には届かなかったような・・・(T_T)

062 ←K山さんに引き倒されて、さすがのS木さんも、この表情(ご愁傷さまです)<(_ _)>

近沢峠からの平地は、マスターの爆走で火がつき、「高速ナマズ練」状態。3人に引いていただき、私は着くのがやっとdash

065 ←「じゃ~ね」と、さんざんペースを乱しておきながら、途中離脱のK山さん。

067 070 ←その後「抜け殻」状態の我々は、ちんたら古越路トンネル、琴平峠と越えて、帰着いたしました(^_^;)。

帰りに「皆川中」のところで「テクセラさん」とすれ違ったんだけど、ロード姿の私には気づかなかったみたい(^_^.)

天気も良く、桜も満開で、「環境」は良かったんだけど、誰かさんのおかげでツーリングではなく練習会になっちゃいました・・・うそつきは・・・・誰だ<`~´>!

| | コメント (22)

2012年4月 9日 (月)

桜咲く

006 ←緑地公園の桜も、やっと咲いてきました。 きょうは暖かかったので、いっきに咲きましたねcherryblossom

でも、大平山のほうは、まだですね。

002 ←今日も「琴平峠」なんですが、「がきまんさん」と「炙り屋のマスター」にバッタリ遭遇! ポアッソンで昼食を食べた帰りなんだとか。

マスターは、自転車に乗るのが半年ぶりだそうで、かなりきつそうでした(^_^;)

003 ←ちょっと立ち話のあと、登って行くお二人とはお別れ。がきまんさんにも、久しぶりに会えたので、良かったです。あいかわらずパワー全開という感じでした(^_^)v

004 ←琴平の佐野側は、業者の方が路肩を掃除してくれてるので、ものすごく綺麗になってます。感謝です(^_^)/

| | コメント (4)

2012年4月 8日 (日)

ネタが・・・

今日の大平山は、車で一杯だろうということで、「琴平峠」だけにしました。

たんたんと、登り&下る。 車もほとんど来ないので、無念無想の世界に没頭しちゃいそう(^_^;)

知り合いのローディーに二人ほどお会いしたが、すれ違いなので、挨拶のみ。

今日はブログネタが無いなぁ~って思いつつ、3往復目の最後の登りで・・・・

002_2 ← 来ました!ナマズ練帰りの「M呂さん」と「SEKIさん」。今日は「粕尾峠」まで登って来たのだとか!まだ路肩には雪があったそうですsnow

帰りに、また琴平を登ってくる根性がすばらしい!おかげさまで、よいブログネタになりました、ありがとうございました(^_^)/

60kmでした。

| | コメント (8)

2012年4月 7日 (土)

ママチャリ!

012 014 ←大平山の桜は、まだですが、もう観光客の方たちが、けっこう来てましたcherryblossom

015 ←「下皆川林道」で、K山さんとY口さんにバッタリ!話がはずんでしまい、ついつい長話になってしまいました(^_^;) Y口さん、お時間に間に合ったでしょうか?

帰宅後、N里さんから「海釣り」の獲物をいただく。 いつもいつも、ありがとうございます<(_ _)>

020 021_2 ←その後、エヴァさんが、新車のママチャリを見せに来てくれました。内装3段。 乗らせていただいたけど、私のよりず~と乗りやすい(^_^)v

「エヴァディオ」のステッカーが、すごい!これで大平山でしょうか?

内装3段のギヤって、どんなものなのか知りたかったので、良い経験になりました。 

022 ←エヴァさん、ありがとうございました(^_^)/

| | コメント (6)

2012年4月 6日 (金)

通行止め!

011 ←大平山の桜も、下のほうから咲き始めましたcherryblossom

001 ←琴平峠の葛生側の登り口に、こんな看板が!

003 ←工事区間は、登り口のちょっと先から、NO34のカーブの所までらしいです。 けっこう長い距離やるんですね~(^_^;)

007 ←もう、その準備らしきことやってました。で、現場監督さんと思われる人に聞いたら「工事期間中は、申し訳ないけど、自転車も通行できません」ってことでした(T_T)

大平山は、桜まつりで車の渋滞、琴平峠は工事で通行止め・・・・私はいったい、どこを走れば良いのでしょうか?(^_^;)

009 ←きょうも風が強かったですね~dash 琴平からの下りは、漕がないでも時速35km出てました(^^♪

| | コメント (5)

2012年4月 5日 (木)

ピザ食べ放題ツーリング(4月12日)

しばらく、この記事がトップに来ます。

え~、前回の「柴又方面ラン」で、参加者の皆様に大変ご迷惑をおかけし、「ツーリング企画は、自粛いたします」との宣言の舌のねも乾かないうちで、大変恐縮ではございますが・・・・。

またまた、性懲りも無く、「ピザ食べ放題」ツーリングを企画しちゃいます<(_ _)>

お店についてはこちらをご覧ください。「ランチ」のシンプルナポリで、税込み1250円になります。

・日時     4月12日(木)

・集合場所  栃木市緑地公園 西側駐車場(工業高校の西側)

・集合時間  AM8時

・ルート    

    (往路)   琴平峠→古越路トンネル→須花坂→名草→藤坂峠→猪子峠→お店(AM11オープン)

    (復路)   食事しながら、そのときの状況に合わせて皆で考えましょう(日が伸びてきたので、「長石→近沢→牛の澤」も有りかも。

(注)「もっと良いコースが有るよ」と言うお方は、お知らせくださいね(^_^)/~

参加希望者は、コメント欄にコメントお願いいたします。

| | コメント (24)

桜まつり

009 003 ←明日から「大平山桜まつり」cherryblossom

まだ、ぜんぜん咲いてないけど、つぼみが大きくなってるので、あと数日で咲き出すんじゃないでしょうか。

005 006 ←明日からは「一方通行」になっちゃうので、上り下りが出来るのは、今日まで。 それに、今日も風が強かったので、風の来ない「大平山」だけ、上り下りしました(^_^;)

008 007 ←こちらのお方とは、良くお会いするんだけど、いつも「すれ違い」で、挨拶のみでした。

が、今日は、荒れた路面で工具を入れたボトルを落としてしまったということで、中身のアーレンキーを捜すのを手伝い、ついでにお話できました(^_^)v

工具入れが落ちたという、「偶然」のことで話が出来るなんて、人と知り合うきっかけって、おもしろいですね(^_^)v

013 ←10本やってから帰宅して、即「図書館」へ。 今日借りてきたのは、この2冊と「日本の仏像百選」というDVD。

江戸や東京に関しては、いろんな本が出てますね~。東京に住んでいた頃、こういう本を読んでいたら、あちこち自転車で回れて、さぞ楽しかったことだろうな~っと、今更ながら、残念がってます(^_^;)

仏像百選のほうは、これ見てると、眠くなってきて、かならず気を失っちゃうってのが、どうも・・・・(T_T)

| | コメント (4)

2012年4月 3日 (火)

B級グルメライドの内容

4月2日に、シャミセンさんの「春のB級グルメライド」に参加させていただきました。

001 ←「やすらぎの湯」に集合したのは、この7人。 紅一点は「シノさん」lovely(また、このお方が、速いのよ(^_^;))。

007 008 ←天気も良く、風もおだやかな中を、気持ちよく走り抜ける。

S_011 ←「老越路峠」への登りにかかると、あっという間に離される・・・皆さん速過ぎ(^_^;)

S_014 ←「hiroさん」と登りますが、ここは、登るにしたがって斜度が上がるので、つらい(>_<)  前方の「JPNさん」は、ぜんぜん乗ってないということで、かなりキツそう。

S_018 ←待っていていただき・・・・

S_019 S_021 ←くだりを快調に飛ばして「桐生川ダム」へ到着。

S_024 ←ここで、先行しておられた「ロンさん」と合流。

S_026 S_029 ←桐生市街から大間々方面へ走るが、私には、もうここがどこなのか、さっぱりわからない(^_^;)

S_031 ←ロンさんのこのパンツが、「秀逸」(^^♪

S_032 S_033 ←足尾線の「大間々駅」の近くを通過し、この交差点を左折してすぐ左側に・・・・

S_034 ←目的のお店、山本屋さんがありました(^_^)v ちょうどお昼で、時間的にもバッチリ! さすがはツーリング慣れしたシャミセンさんですね~good

S_035 S_036 ←この「カレーうどん」がここの人気メニューらしいです。 素朴な味で、とっても美味しい! 量も多いけど、カレーが好きな私的には、あと一杯は食べられたかもnoodle

創業110年という老舗の味は、さすがです! 店員さんの女性も、てきぱきした応対で、気持ちよく食べられました。食後にはコーヒーのサービスもcafe

S_039 S_054 S_059 ←帰りはサイクリングロードに出て、菜の花が咲く中を気持ちよく走る。 最高ですね~! 途中で離脱される方も居て、「やすらぎの湯」へ戻ってきたのはこの5人。

シャミセンさん、今日は参加させていただき、ありがとうございました。 B級グルメはたいへん美味しかったです。 またひとつ、新たなグルメの発見がありました(^_^)v

参加された皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました(^_^)/

142kmでした。

| | コメント (8)

2012年4月 2日 (月)

春のB級グルメライド

今日はシャミセンさんの「春のB級グルメライド」に参加させていただきました(^_^)v

001 S_032 S_036

詳細は、後日。

眠いので、もう寝ます<(_ _)>

| | コメント (0)

試走の内容

4月1日。 前日の雨もやみ、風が強かったせいか、路面も乾いている。なので、急遽「試走」をやることにした。

AM2時起床でAM4時出発。スタート地点の「森林公園」をめざす。

002 ←ものすごく寒い(>_<) 手の指が痛いので、カゴに入っていた「食パンの空袋」の中に手を入れてハンドルを握る。 気持ち、暖かいような・・・(^_^;)

005 007 ←森林公園で、同じく今日試走する「S藤さん」と「H川さん」にお会いする(^_^)v

008_2 ←AM7に一緒にスタート。

009 011 ←早くも「鶴CC坂」で抜かれ、以後お二人の姿を見ることは無かった・・・(^_^;)

023 ←天気も良く、追い風で、気持ちよく走れるが、那須方面の山々にはまだ雪が。

021 ←那須あたりでは、路肩に「雪」が!昨日、こちらでは雪だったんですね~。

024 ←第一PCのセブン「黒磯戸田店」には、AM10:25に到着。クローズ約30分前。だいたい、いつでもこんなのも。

ここまではゆるい登り基調だったけど、ここからはゆるいくだり基調。タイムを稼げると思っていたら・・・ものすごい「向かい&横」風dash

028 ←心配していた工事による通行止め区間は、開通してました(^_^)v

033 ←さえぎる物が無いので、もろに「風」が!(>_<) このあいだの「柴又ツーリング」といい、今日といい、私は「風男」なんでしょうか?

第二PCのセブン「那珂川町馬頭店」にはPM0:58着。余裕は約40分。風のおかげで、くだりでタイムが稼げなかったのが痛い(T_T)

037 038  ←ここでお会いしたお二人。やはり200kのコースをトレースされてるようでした。「へばなさんですか? ブログ見てます」と言っていただき、ありがとうございました<(_ _)>

041 ←で、117km地点から約10kmもの間アップダウンの連続という「農道」に入ると・・・

043 ←なんと、後ろから「yamaさん」がGTのMTBで現れました(゜o゜)!なぜ私がこの時間にここを通過することがわかったんだろう??yamaさん、恐るべし!

「スナイパーyama猫」さんに標的にされた私の姿はこちらのyamaさんのブログ参照。 まさか、あそこから狙われていたとは!今度からは、後ろばかりではなく、上方にも注意しなければ・・・(^_^;)

046 ←お~い、速すぎ! 

044 ←惰性で、登りの途中までは追い着くのだけれど・・・

042 ←その先は、あっさり引き離される。yamaさん強すぎ!

yamaさんは「急なのは最初だけで、あとはたいしたこと無いですよ」って言っておられたけど、AM4時から走り続けて、さらにこの強風に痛めつけられた私には、競輪学校の「登坂訓練」のようにキツイんですけど(>_<)

048 ←やっと農道が終わった所に有る「真岡鉄道」。ちょうど蒸気機関車が通過した後で、先着のyamaさんも見られなかったのだとか。 私が遅くて、ごめんなさい<(_ _)> 煙の香りだけをかぎました

049_2 ←「市貝町」で、宇都宮へお帰りになるyamaさんとは、お別れ。ありがとうございました(^_^)/

052 ←このころから、私の頭上だけ「暗雲」が立ち込めているんですけど・・・(T_T)

058 ←強風の中、なんとかたどりついた第三PCのセブン「二宮バイパス店」。PM4:32。クローズまで52分。これだけ時間があれば、完走はほぼ間違いない(^_^)v

060 063 ←夕方の中を頑張って走り、さらに真っ暗になっても走り続け・・・

069 066 ←ゴールの「サイクリングターミナル」に着いたのが、PM7:40。 クローズ50分前でした。

森林公園Pには「S藤さん」が待っていてくださって、うれしかったです。ありがとうございました<(_ _)>

今回は「試走」ということで、コマ図やキューシートが間違ってないか、わかりやすい目標がないかなど、いろいろ調べながらの走りなので・・・

061 ←メモをとったり、写真をとったりしながら走らねばならず、スタッフの方々のご苦労の一端を身にしみて感じた走りでした。

今回走られたS藤さん、H川さん、強風の中お疲れ様でした。

途中で応援に駆けつけてくれたyamaさん、ありがとうございました。

また、今回もトラブルなしで走ってくれたママチャリに感謝です。

往復の自走も含めて、265kmでした。

| | コメント (6)

BRM宇200k試走

今日・・・ではなく、もう昨日になっちゃいましたが、「S藤さん(宇スタッフ)」と「H川」さんと3名で、BRM宇200kの試走に行ってきました

008 ←AM7スタートの直前に!

復路の「強い風」に泣かされちゃいました・・・詳細は後日(^_^;)

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »