« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

やまもと屋ツーリング

きょうは、K山さん主催の「やまもと屋ツーリング」におじゃましてきました。

004 ←「やすらぎの湯」に集まったのは、私を含めて、この6名。

010 ←まずは、「須花坂」をめざします。

012 ←須花坂では遅れる人も無く、団子状態で通過。

014 ←「名草」へ降りて、お次の「藤坂峠」へ。

016 ←ここで待ち構えておられた強豪の「M呂さん」と「S藤さん」が合流。 M呂さんは、すでに朝練で何本もの峠を越えていて、この藤坂峠は、これで3本目だとか(゜o゜)!

023 024 ←トップを引くのは、なんと「M中さん」。すごい!

027 ←くだって「もろい酒店」で休憩。

036 ←お次は、本日のメインデッシュの「長石峠」へ。

040 ←ここからキツイ坂が延々と続く(>_<)

041 ←ヒーヒー言いながら、やっと頂上へ。途中、「アプリコジャージ」を着た人の居る3人組とすれ違ったけど、誰?

043 ←くだった所で、用事のあるM呂さんとはお別れ。私たちは左へくだります。

044 ←「梅田ダム」の中の橋を通り・・・

048 050 ←桐生の細い道をくねくねと通り・・・・

052 ←「高津戸峡」にかかる、この赤い橋を渡れば、「やまもと屋」さんは、すぐそこ。

055 ←で、AM11:30ちょっと前に着きました。 お腹減った~。

056 057 ←まん前には、こんな建物がありました。

058 059 ←ちょっとブレちゃったのが、残念。

064 073 ←帰りは平地のCRですが「向かい風」強し(^_^;)

075 ←その中を「K山さん」と「野州さん」が引きます。

077 ←特に「K山さん」は行きも帰りも「引きっぱなし」で、すごいんだけど、あまりに姿勢が低いので、うしろの「がきまんさん」に風もろ当たりなんですけど・・・(^_^;)

080 ←で、無事「やすらぎの湯」へ戻ってきました。参加者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました(^_^)/

帰りに、「唐沢山」の近くまで来たら、お子さんとツーリング中の「M呂さん」とバッタリ遭遇。 午後は家庭サービスでしたか(^_^)v

081 ←かわいいお子さん。 将来パパのように強い選手になりそうな予感(^u^)

150kmでした。

| | コメント (2)

2012年6月28日 (木)

4日ぶりに

やっと4日ぶりに自転車に乗りました^^;

今日はシングルママチャリを久しぶりに引っ張り出して、近場の琴平峠へ。

途中、郵便配達やっていたころのお客さんと行き会い、そのおじさんから「ロードに乗りたいんだけど、どんなのがいいかね~?」って質問されて、知ってる範囲で、いろいろと教えてあげました(^^)

001 ←1本目の下りで、葛生側から登ってくる「U井さん」とバッタリ! ウエアーが綺麗ですね。 今日は「ナマズ木曜練」が無いので、単独練とのこと。 600kの試走の話で盛り上がりました(^_^;)

002 ←お別れして・・・・

葛生側から登って来て、頂上付近でサドルの角度を調整いていたら・・・・

003_2 004_2 ←こんどは「S崎監督」さんが柏倉側から登ってきましたよ。 この梅雨の時期のせいか、ケガした肩が痛むのだとか。 それでも、今日はこれから100kmを走り込むとか言ってました。

008 ←体重も2kgぐらい減ってきて、順調らしいけど、ギヤ見たら・・・・「インナー+ロー」じゃん! ぷっ(^u^)

009 ←2本目の柏倉側からの登りの途中で、こんどはK山さん・ポアッソンのマスター・C澤さんの3人組とすれ違う!

この3人では、そうとう飛ばしてきたんでしょうね~、いつものことながら(^^) 

ここでも600k試走のことが話題になりました。 こういうことを通して、「ブルベ」というものがさらに認知されてゆくといいなぁ~。

013 ←3人とお別れしてから、さらに葛生側から上り、計2往復で打ち止め。 けっこう足に来てました。 3日おいても、疲れが取れてないんですね~、歳はとりたくないものです(T_T)

| | コメント (8)

2012年6月26日 (火)

ブルベ600k試走 復路

さて、いよいよ復路に突入です。次のPC6までは小さなアップダウンをくりかえしながら、全体的にゆるい登り勾配です。

103 ←スタートしてすぐに「I塚さん」にちぎられてしまう(T_T)

105 ←右前方には、まだ雪が大量に残っている「月山」の姿が! まだ、あんなに雪があるとは、びっくり。

暗くなってゆく中、走りやすいN287を走って、29km地点から、いよいよ「村山西部広域農道」へ向かいます。

その直前、先に行ってるはずのI塚さんが後ろから来ましたよ! 「えっ、どこに居たんですか?」って聞いたら、途中のコンビニで水を買っていたのだとか^^;

109 ←この農道には「熊」が出るというpokkyさんからの情報があったので、ここからは2人で走ることに合意。 N287から農道までが真っ暗だし、くねくねしていて合ってるのか不安だったけど、だいたい「道なり」でOK。

この広域農道は、山の中腹を走る水平道で、かなり下に「長井市」の明かりが宝石をちりばめたように輝いて見えるshine

それはいいんだけど、23kmもあって、真っ暗で人家も無く、交通量もほとんど無く(車は2台ぐらいしか会わなかった。車よりも狸や狐にあう確率のほうが高い)、なんだか凄く怖い(>_<)

熊にあわないよう、2人で「大声」で話をしながら走りました。あそこを1人で走るのは、やだな~。

だいたい、対向車ですら、私たちのライトを見て、ブレーキ踏んで確認してるのがわかりましたからね~。何だと思ったんでしょうね^^;

後半になってI塚さんの眠気がひどくなり、できるだけ話しかけて覚醒させようとしても、マイクロスリープが来てるのが分かる状態。

110 ←なんとかもちこたえて、PC6の「セブン飯豊椿店」に到着。

広域農道からここへ入るには、この手前の「飯豊町役場」の看板が大きくて良い目印になります。

時間の余裕は1時間30分ほどあるけど、この先が「大峠」の難所なので、のんびりは出来ない。

2人とも、ライトの電池を交換して、即出発。

ここから約20kmはほぼ平坦。 I塚さんが先行して行き、まもなく「尾灯」も見えなくなった。

20km地点から37km地点の大峠トンネルまでが登りになる。

登りにかかった所で、前方からブルベ走者らしい「明かりが」降りてくるのに遭遇。 誰? 宮城発の試走者の「S藤」さんだろうか? でもコースがここは通過しないはずなのに???

112_2 ←なんと「pokky」さんでした!

こんな真夜中の山道へ再度の応援に来てくれたとは、感謝感激<(_ _)>

話しながら登っていると、後方にI塚さんらしき明かりが! どこかで抜いてしまったらしい。 仮眠していたのかも。

pokkyさんのライトがすごく明るい。聞いたら「キャットアイ」の新製品らしい。 光の束も手前から遠くまで広がっていて、最高!今度買う時は、これにしよう。

「大峠トンネル」までの登りが長い!

途中で時間切れで、pokkyさんは帰って行かれた。 深夜までの応援ありがとうございました<(_ _)>

別れ際「トンネルまでもう少しですから」っておっしゃってたけど、なんのなんの、いくら登ってもトンネル出てきませんけど・・・・。

113 ←「もうだめだ」と思い始めた頃になって、やっとつきました「大峠トンネル」。

そうか~、pokkyさんの登りの速さなら、ここまで「すぐ」なんですね~。 私が「遅すぎ」だったことが判明(^_^;)

このN121は交通量、ものすごく少ない。ここまで登ってくるうちに会った車は4~5台のみ!

114 ←トンネル内部はこんなかんじ。 明るいし、静か。ここまでが登りだったので、中は登り勾配なのに平地に感じる。

後ろを振り返るとI塚さんらしい明かりが見える。 が、やがてその明かりが見えなくなってしまった? 仮眠?

115 ←全長約4kmもあるので、途中で県が変わる。 長い長い、延々と続き、このまま一生トンネルから出られないんじゃないかと思うくらい長い!

来る前は、ここの交通量が多かったらやだな~って思っていたけど、4km走る間、1台も車来ませんでした(゜o゜)!

トンネルを出ると、長い下り。 ものすごく寒い!ヤッケ2枚着てるのに寒さで腕が震え、ハンドルも震えて危険。 でも車が来ないからバンバン飛ばします!

117_2 ←道の駅「喜多の郷」の先の農道の入り口は、暗くてわかりづらいですが、道の駅の入り口の先150mくらいの所に1車線幅の十字路があって、そこを右折するとすぐ先左側に、この標識が出てきます。

寒さで震えながらPC7の「ファミマ喜多方桜ヶ丘店」に到着(AM2:17) すぐにI塚さんも到着。

あまりの寒さに、時間的な余裕は無いんだけど、ここで暖かいカップめんを食べました。 寒さで、写真撮り忘れ<(_ _)>

この先にはキツイと言ううわさの「取上峠(桜峠)」があるので、2人で協議。 

I塚さんは眠くてだめなので「へばなさん、私にかまわず行ってください」ということになり、私も「時間内に着けるかどうかわからないけど、やるだけやってみます」と言って、出発!

なんだか、山登りで、遭難者を置き去りにして救助を呼びに行くような感じ・・・・。 寒さと疲労で、「八甲田山死の彷徨」っぽくなってきた。

「大塩磐梯温泉街」を抜けると、いよいよ峠への登りが始まる。

ふっと後ろを振り返ると、遠くにI塚さんのライトが見える。お~、大丈夫らしい、一安心。

118 ←夜明けの峠を必死に登る。ここで膝や腰がダメになってもいいから、とにかく次のPC8までは時間内にたどり着きたい。

斜度もきつい所があったけど、とにかく頑張りました!

120 ←登坂車線があるところはキツイ。 寒いけど何とか間に合いそうだ。

あとは心配は「パンク」のみ。 「どうかパンクしませんように」と祈りながら飛ばして下る。

121 ←で、今朝も通ったPC8「セブン猪苗代若宮店」に到着。何とか間に合ったけど、余裕は20分ぐらいしかない。

朝もやのなかにそびえる磐梯山の方向にI塚さんの姿を探すが、なかなか見えて来ない。 時間が無いので、見捨てて出発。

ここから次のPC9まではほぼ平坦なので、時間を稼げるはず。

が・・・着いたのがAM7:30ちょっと前。ここまでに、最低でも1時間以上の余裕がほしかったのに、40分ぐらいしかない。 がっくり!

いそいで買い物をする・・・・が、この「セブン北会津中学校前店」は小さいのに、やたらお客で混んでおり、レジにも行列が!

缶コーヒーと飴だけ手に取り、即レジに並ぶ。 時間が無い。

やっと私の前のおじいちゃんの番になった。ビールとか牛乳とか、いろいろ買ってる。レジのおばさんが「982円です」とか言ってるのに、なかなかお金を出さない。

「早くしてよ~」って思いつつ見てたら、なんとおじいちゃんはそれを全部「10円玉」で払い始めた!まじ!

レジ台の上は、10円玉でいっぱいに。

それをレジのおばさんが数え始める「1枚~2枚~・・・」

おいおい、ここは「番町皿屋敷」かいなぁ~。 お願いしますよ。

レジのおばさんが数えてる最中に、おじいちゃんが「後何枚だい?」などと聞くもんだから、おばちゃんは途中で分からなくなっちゃって「もう一度数えますね」なんて言ってるし・・・・・。

その間にも、私にとって貴重なお時間がどんどん過ぎてゆく(T_T)

1分を惜しんで、あの「取上峠」で膝も腰も折れよと踏み込んだ、あの苦労がこうしておじいちゃんの10円玉によって無残にも無に帰してゆくのでありました。

何度か数えなおしの後、やっと私の番に。 さらに、ブルベでここをPCに使います旨のお知らせをレジのおばちゃんにして、出きた時にはかなり時間がたってました(T_T)

この先には「大内宿」への「氷玉峠」があり、その先にも2つ登りを越さなければならないことを考えると、ちょっと無理かな~って弱気になっちゃいました。

125 ←で、ここから「大内宿」への登り。なんだか、ものすごく暑い。

127 ←斜度はこんなものなので、それほどではないと思うんだけど、足に力が入らない。 腰も痛い。 いままで痛くなったことの無い「お尻」まで痛くてダメだ。 どうやらママチャリのやわらかいサドルにはレーパンは合わないみたい。 今回かっこつけてレーパンなど履いてきたのは失敗。 やはりブリーフでいいんだな~。

126 ←もう「完走」はほぼ諦めちゃってるので、「押し」が出ちゃいました。「取上峠」を登った時のあの根性はどこへ行ってしまったのだろう?

128 ←タラタラ登ってるので、なかなか距離が縮まらない。天気は最高なんだけどね~。

129 130 ←このあたりから下りになります。

134 ←こんな表示があるけど、車はたまにしか通過しない。 朝だからかな?

131 135 ←大内湖。ここにこんなに大きなダム湖が有るなんて知りませんでした。

136 137 ←大内宿の入り口にあった、水場。 のどが渇いていたので、大助かり。 以前山の水を飲んで下痢して倒れ、救急車で運ばれてから、こういう水は飲まないことにしてるんだけど、ここのは大丈夫そうだ。

138 ←大内宿の駐車場は朝から一杯だ。 スカイツリーのように、新しい所に来るのならわかるけど、江戸時代の風景をこんなにたくさんの人が見に来るなんて、やはり古いものには何か人に訴える物があるんでしょうね。

見て行きたい気持ちもあったけど、汗臭いからだで人の多いところを歩くのは迷惑だろうと思い、やめました。

140 ←大内宿の先で、「昭和 中山」方面へ右折。ここから2つの山越えのはずだったんだけど、たいした登りは無く、ほぼ下りでした。

141 ←その途中にあった巨木。 この大きさにはビックリ! この頃には、もう完全に「観光モード」になっちゃってます(^_^;)

143 ←くだりの途中に工事区間もあったけど、問題なく通れました。

144 ←ここにも水場が。 このへんは、美味しい水なのかな?

会津鉄道を渡るとN121に入るんだけど、ここは左が崖で路肩が狭いし交通量も多く、トンネルも2箇所ほどあるので、注意が必要。

N121に入った所から約2kmほど先の左側に「ファミマ」がありました。

145 ←会津田島の街中に展示されていた「大屋台」。「田島祇園祭」(国の重要無形文化財)で使用されるそうです。

この先の「セブン」からS籐代表とI塚さんに「タイムアウト」のTELを入れようとしたんだけど、つながらず。

S藤代表は帰国直後でお疲れなのかもしれないし、I塚さんはそのうちに追いついてくるだろうと思っていたので、それ以後は連絡は取りませんでした(このことが、皆さんにご心配おかけする原因になろうとは、全然思いつきませんでした<(_ _)>)。

146 ←猛烈な暑さの中を走り続けて・・・・

PC10の「ヤマザキ会津高原店」で、ブルベでここをPCに使わせていただきます旨のお話をする。

148 ←台風が来たわりには、ほとんど干上がってる「五十里ダム」。 どうしたんだろう?

151 ←「鬼怒川」を抜けたあたりから「雨」が降り出した。止みそうもないしカッパはもって来てないし、「轟工業団地入り口」から先のルートは何度も使用されてるので試走しなくても大丈夫だろうと思い、そこから「今市」へ抜けて、直帰しちゃいました。 663kmでした(森林公園までの自走含む)。

途中、たくさんの方の「応援」ありがとうございました。 残念ながら「タイムアウト」になってしまいましたが、なかなか走りがいのあるコースで、車の少ない道を選んであり、良いと思います。

30日~1日の試走第2弾も、頑張ってくださいね!

| | コメント (16)

2012年6月25日 (月)

ブルベ600k試走 往路

23日から24日にかけて、AJ宇都宮のBRM707(600k)の「試走」に行ってきました。

コースは宇都宮ー猪苗代湖ー寒河江の往復で、往路と復路は異なるルート。

22日のPM9:30に家を出て、宇都宮森林公園へ。 かなり早く着きすぎちゃって、山の中の深夜の公園で、今日一緒に試走する「I塚」さんが来るのを待つ。

満天の星空がきれい!

001 ←唯一明かりがついてる、電話ボックスの中で待つ事にした。

003 ←やがてI塚さんが来て、AM1時ジャストにスタート。

004 ←「鶴カントリー」坂でI塚さんとはお別れ。この後ゴールまで見られないのか、400kの時のように、どこかで追いつくのか?

真夜中のスタートは交通量が少ないので、走りやすく、大好きです。

006 ←第1PC(チェックポイント)は「セブン那須関谷店」。ここまでは、何回も走っているので、慣れたものだが、そのわりには微妙な向かい風のせいか、なんだか「クローズタイム」まであまり余裕が無い。 最初からこれでは、先が思いやられる(^_^;)

天気予報では雨は降らないけど、風向きが向かい風で、北上するほど強くなるらしい。 なんだかず~と向かい風っぽい。

007 ←だんだんと夜が明けてきた。夜明けの「清冽な空気」は好きなんだけど、このあたりは牧場が多いので・・・・。

010 ←那須の高い所に架かる橋まで朝霧が登ってくる。

011 ←「池田」の交差点の進路表示。

012 ←「フロラシオン・ナス」の先の工事区間。舗装がはがされてるけど、走れます。 早朝なので、工事はやってない。

PC1をスタートして20kmぐらい走ったところで、「ロンリーHさん」が対抗してくるのとバッタリ遭遇!

015 ←早朝4時に出て、「試走の応援」に来てくれたのだとか!ありがとうございます<(_ _)>

019 ←試走といえども、参加者以外に引いてもらうのは厳禁。コースを教えてもらうだけでもダメなのだ。 それを知っているのでロンリーHさんはかなり離れて走ります。

ロンリーHさんによると、PC2に誰かが待っているらしい! 誰だろう?

022 ←振り返ると、この青空! 気持ちいい~。

023 024 ←PC2に着くと、そこの待っていてくださったのは、なんと「kojiさん」ではないですか!ビックリ! 

お互いにブログは見てますが、実際に会うのは1年ぶり?そのジャージですか? ご家族からプレゼントされたというのは?

44c509fefd94a54211a04da166384715 ←PC2を出発する私(kojiさん提供)

お二人とは、ここでお別れかと思い、手を振って出発しましたが・・・なにやら、後ろに「気配が」!

025 ←振り向くと、お二人が! で、この後もず~と応援ライドしていただいちゃいました(^_^)v

029 ←「勢至堂峠」へ向かう道。 この頃から北西の風が強くなり、しかも前方の山には雲が!

030 ←勢至堂の登りでは、直前に雨が降ったらしい。

6260a4dac9d079474d49dd7d41d1160d ←勢至堂の登りを行く(kojiさん提供)

031 ←向かい風に押されながらキツイ登りを登らされて、やっと着いた頂上のトンネル。

P1 ←カメラに向かっては「楽勝です」のピースサインを忘れない、芸人へばな(ロンリーH さん提供)。

トンネルからのくだりも向かい風が強くて、漕がないと進まない。くだりで漕ぎっぱなしですよ~もぉ(^_^;)

033_2 ←猪苗代湖を渡る風がびゅう~びゅう~。

1e59b7be357599fc2cd7577c7e648956 546fddf67a8bcabe5093fdb6b0214362 998bfee56c5f17dce8bd871b7fdd5a33 ←ロンリーHさんと走る(kojiさん提供。以下同じ)。

私が写ってる写真があるのは、記事を書く時に都合が良い。以後kojiさんには私が試走するときの「同行カメラマン」になってもらおうかな~(^_^)v

040 ←私のスピードがあがらないので、申し訳ないからお二人には先に行っていただく。

042 ←あっという間に小さくなるお二人。このスピードで走りたい~(^_^;)

044 ←で、PC3の「セブン猪苗代若宮店」に到着。 この先の「スカイバレー入り口」でお二人とはお別れということになりました。で、ここからはお二人には本来のスピードで走っていただく。 

どうせすぐに抜かれるので、ここまでのお礼を言って、先に出発させていただく。

046 047 ←すぐに追いついてきて、圧倒的なスピード差で追い抜いてゆく・・・・登りなのに(゜o゜)

048 ←私も桧原湖方面へタラタラと登る。

049 ←と・・・あれ~? 「剣が峰」のコンビニでロンリーHさんが手を振ってる! また休憩かいな? 

えっ、誰か居るって?

052 ←おっと、私のママチャリ道場の「師範代」の山形の「K関さん」ではないですか! お久しぶりです。

053 D088dfaf2e58ff11c44ea66e4f0d2e45 ←やはりブルベ600kの試走に来たのだとか。 で、話を聞いたら・・・・

なんですと!

ママチャリはやめた?

あんまり「きつすぎる」からだそうで。 見ると、かっこいい「コルナゴ」のロードに、ブルベの装備を付けていました(゜o゜)

師匠としては、ガックリだけど、まぁ若い彼ならロードのほうが似合いますよね。 ママチャリは60歳になってからでも乗れるから大丈夫だよ(^_^)/

054 ←もっと話がしたかったけど、この先のスカイバレーにある「白布峠(しらぶ)」を登らなければならないので、ゆっくりできず、残念。

056 ←またまたお二人が抜いて行く。

058 ←なんだか白布峠方面は雲の中。 雨が降っていたらやだな~。

Dsc03501 ←で、スカイバレーの入り口まで来たら・・・・

059 ←またまたお二人が立ち止まってる。 しかももうおひとかた、なにやら知り合いのお方が!

060 F5e8af0cc9f7dbdb9ed8e8dc0b930f56 ←なんと「なでら男さん」ではないですか!やはり山形県へ入るのには、このお方の「許可」がないとね~(^_^;)

私たちの試走を知り、練習がてら応援にきてくださったのだとか。 なるほど、こちら方面の方々が登りに強いのは、ここらへんの長い登りで練習してるからなんですね~。 大平山あたりではダメか(T_T)

E7c819867bee0ece9668871b4c15f8dd ←時間が押しているので、お礼もそこそこに峠に向かって出発。

063 ←まだまだ登ります。 斜度といい長さといい、「霧降高原道路」ぐらいかな? 福島県側のほうが短くてゆるいらしい。

064 067 ←頂上直下の見晴らしの良い所で。桧原湖を望む。

071 ←ここが頂上の駐車場のところ。 オートバイのライダーがたくさん休んでいた。 ここからは長い下り。 ヤッケは着たけど、レッグウォーマーは履くのが面倒なのでやめた。

が、これが失敗。 くだりは「なでら男さん」が言ってたように、ものすごく寒い! でも、途中で履くのもさらに面倒なので、がまんしてくだる。

072 ←くだってる途中に「最上川源流」の碑があった。 へ~ここが源流なんだ!

073 ←さらにくだると「米沢市」の市街地が見えてきた。 ここまでくると寒さもそれほどではない。

つぎのPC4まであと12Kmぐらいの所まで来たら、道路の反対側でカメラを構えているローデーが居る! えっ、誰?

076 ←なんと「pokky」さんではないですか! またまた知り合いが「応援」に来てくれました、うれしいじゃありませんか。

077 080 ←pokkyさんもブルベの規則を良く知っておられて、風除けにならないように離れた所を走る。

079 ←途中で見かけた変わった形の橋。 

米どころなので田んぼが広く、さえぎるものがないので、風はかなり強い。

「さくらんぼ」のハウスも多いけど「ブドウ」のハウスも多い。 pokkyさんに聞いたら、ブドウの生産量第2位だそうだ。

081 ←やがて、高畠のPC4の手前でpokkyさんは左折して帰って行かれた。 「復路の応援にも顔を出すかもしれません」とおっしゃっていたけど・・・・。

PC4は「ローソン高畠店」。買い物して出てきたら、自転車が強風で倒れてた。 風が横から当たらないように立てておいたのに(T_T)

ブレーキレバーの先が欠け、カゴから荷物が散乱。 強風で飛んで行っちゃった物もあるかもしれないけど、コマ図が飛ばなくて良かったです。 後ろのカゴは割れてるし・・・・(>_<)

082 ←細いルートの途中で見かけた「造り酒屋」さん。 煙突がいい味出してますね~。

085 ←天気が良くなってきて、ものすごく暑い。 空気も乾いているのか、喉が渇く。

086 ←「上山」へ向かう途中の「柏木トンネル」手前で。 やっぱり、居るのね(^_^;)

089 ←山を下って上山市街地へ向かう途中にあるただひとつの高層ビル。 この建物だけがやたら高いので超目立つ。

090 ←上山市内でコンビニ補給をして出てきたら、「I塚」さんとバッタリ! ついに追いつきました(^_^)v

「往路は楽勝かと思っていたけど、けっこう疲れましたね」と言うのが、二人の合致した意見でした(^_^;)

I塚さんは眠くて仕方が無いと言っていた。 私のほうはまだ大丈夫だけど、これから暗くなってからが心配だ。

091 ←「眠くて力が入らない」などと言いながらも、あっさり登りで私を置いて行っちゃうI塚さん! さすがにお強い。

101_2 ←右手下方には夕日に輝く「山形市街」が。 折り返しまでもう少しだ。

国道とは名ばかりで町道ぐらいしかない細いN458をくねくねと走る。

102 ←で、やっと着きました。ここが折り返し地点の「最上川ふるさと公園」。 宮城発の参加者は、ここがスタート地点になる。ここまで282.4km。

もう夕方なので、これからの夜間走行に備えて、レッグウォーマーを履き、ヤッケも着る。

さっき買った補給食を食べて、いよいよ復路へ。

          つづく

| | コメント (12)

2012年6月24日 (日)

タイムオーバーでした

23日~24日にかけてのAJ宇BRM600の「試走」は、残念ながら最後の第10PCに間に合わず「タイムオーバー」となってしまいました(T_T)

たくさんの方たちに「応援」していただいたのに、ほんとうに申し訳有りません<(_ _)>

「大内宿」への登りでスピードが上がらず、足腰ともに「限界」まで来ていたようで、ダメでした(>_<)

「応援」してくださった皆さん、ほんとうにありがとうございました(^_^)/

今は眠くて、まっすぐ歩けない状態なので、詳細は後日<(_ _)>

| | コメント (23)

2012年6月18日 (月)

ツールド佐野 試走

昨日の夜、「K山さん」から「明日、赤城山へ行きませんか?」という電話あり。 でも、ここのところ「連日」走ってるので疲れてるし、メンバーがK山さんにタムさんという「強豪」なので、丁重にお断りいたしました<(_ _)>

で、今朝は、ゆっくり寝ていたら、AM9に「hiroさん」から電話があって「明日の予定だったツールド佐野の試走、明日は天気悪そうなので、今日にしませんか」ということでした。

疲れてて、ちょっとなぁ~って思ったんだけど、以前から走る約束はしていたので、OK出しました(^_^;)

004 006 ←AM11時にhiroさんとおち合って、まずはコンビニに補給食を買いに。 hiroさんのウエアーといい自転車といい、綺麗ですね~(^_^)v

ここで、偶然にも、ナマズの強豪「K田さん」とバッタリ!今日は自転車ではなく車でした(^^)

009 ←ここがスタート地点の「アリーナ田沼」。

011 013 ←まずは、「近沢峠」へ向かいますが、ゆるく登ってる中、時速30k弱でhiroさんが走るので、疲れてる身には、かなりつらい(>_<)

015 ←今日も天気が良く、暑い。 その中を近沢峠への登りに入ります。

017 019 ←けっこうな登りをがまんして走り、トンネルへ。 トンネルの中は涼しいんだろうな~って思って期待してたのに、「生暖かい」のは、なぜ?

021 ←強い「向かい風」の中を「葛生」へ戻ります。

022 ←「壱番館」の「赤部」がお休みだったので、コロッケバーガーは諦め、ふたたびコンビニで補給を。

024 ←その後「琴平峠(長坂)」を越え・・・

029 ←あじさい祭りでにぎわう「大平山」へ登り・・・

033 043 ←「西山田林道」へ。ここのあじさいはほぼ満開でしたが、雨が降ってないので、やや乾燥ぎみで、花色悪し。

045 ←この先、くだった所の県道が工事中らしいので、「清水寺」まで戻って、下の農道を走りました。

047_2 048 ←最後の登りとなる「唐沢山」を登り・・・

「アリーナ田沼」へは戻らず、琴平峠(長坂)の登り口まで走って、ここでhiroさんとお別れ。 

hiroさん、どうもありがとうございました。私は都合で本番は走れないかもしれないので、今日走れて良かったです(^_^)v

さて、また琴平峠(長坂)を越して帰るのですが、この時間だと・・・

053 ←やっぱり、帰宅途中の「琴平の主」のテクセラさんと、バッタリ! 今日は、キャノンデールですか~。テクセラさんの次回のHCレースは「赤城山」だとか!頑張って欲しいものです(^_^)/

124kmでした。

| | コメント (17)

2012年6月17日 (日)

日光へ

今日は「mottiさん」主催の「日光マウンテンサイクリング」に参加させていただきました。

東武日光駅AM9:30集合なので、AM3:30起床でAM5:30出発のはずでしたが・・・・雨が!

雨雲レーダー見ながら待機。 

そのうちに寝てしまい、気が付いたらAM8時(゜o゜)!雨は止んだようだ。 即出発!

001 ←雨は止んだが、路面は濡れている。

004 ←「長畑」まで来た所で、この時間に皆さんは東武日光駅をスタートされたらしい。 私は、まだ、ここからでは小一時間ぐらいかかる(T_T)

008 ←日光に入って来たけど、なんだか山方面には雲が!雨が降ってなければよいけど。

011 ←右奥に見える三角屋根が東武日光駅。 もう、この時間では皆さんは「イロハ坂」登り終わってる頃かな~(T_T)

014 ←混んでる大通りを避けて、裏道を行く。 ここは「御用邸」の近く。 観光地日光でも、一歩裏道に入ると、こんな良い雰囲気の所が!

016 ←朝早かったので、お腹が減ってしまい、バイパスのコンビニで補給をcake

021 ←この頃から、ものすごく良い天気になってきたsun。 正面は「男体山」。

027 ←で、イロハ坂へ。

032 ←この天気、どうですか! 気持ちいい、最高! でも、なんだか、ものすごく「暑い」んですけど・・・・標高1000M越えてるのに、熱中症になりそうなsweat01

036 ←「明智平」の先のトンネルの中は涼しい~。でも、車の音が怖い(>_<)

038 ←はい、「中禅寺湖」に着きましたが、皆さんはどこに居るのでしょう? もしかして、もう「戦場ヶ原」の方へ行っちゃってるのかな?

044 ←おっと、「浅井精肉店」の前の行列の中に「C・O・G」のウェアー発見! 

「さくぽん」さんが居たので、皆さんの情報を教えていただく。

047 053 ←皆さんは「半月峠」へ登りに行ったということなので、そちらへ向かう。 しかし、何度も来てるけど、こんなに良い天気は初めてだ。 

055 056 ←登ってると、「鹿沼のあにさん」と「naoyさん」が降りてこられた。 まだ上に「motti」さんと「そばそば」さんが居るということなので、そちらへ。

057 ←その途中で中禅寺湖をパチリcamera  

058 201206172306251a7s ←こんどは「motti」さんと「そばそば」さんが降りてこられた(右の写真はmottiさん提供)。 で、聞くと、PM1:30に下で集合ということなので・・・・

059 ←ここで折り返して、一緒にくだる。

062 ←皆さん、ばらばらに食事してるようなので、「私たちもどこかで食べましょう」ということになり・・・・

063 ←私が先ほど見かけた、このお店へ入ることに!でも、外見からして、ちょっと「大丈夫なの?」って雰囲気(^_^;)

064 ←mottiさんも「ちょっとヤバそうですよ」なんて言ってるし。

071 ←観光地のお昼時なのに、ものすごく広い店内に、お客は私たちだけ・・・・(゜o゜)!

067 068 ←でも、接客態度も良く、日本語も通じるし、お味もちゃんと「本場モン」で美味しかったです。

食べ放題だったんだけど、私たちの方が時間が無くて、あまり食べられませんでした(T_T)  その後、私たちが出るときには、かなりのお客さんが入ってきてました。

075 080 082 ←いそいで、集合地点へ。 もう皆さん集まってました。  「レモン・ブー」さんにも、ここでお会いできました(^_^)v

087 088 ←これから「戦場ヶ原」・「湯の湖」方面へ向かう皆さんを見送り・・・・

090 ←私とこの3名様は、イロハ坂をくだります。

くだって、東武日光駅の近くで、お別れ。 私は「霧降高原」へ登ります。

100 ←どうですか、この青空! 暑いけど、気持ちいい(^_^)v

102 ←霧降の山々が全部見えるなんて、初めて! 

108 ←再度、中禅寺湖の高さ(1270m)近くまで登ってきました。

111_2 114 ←で、頂上のP(標高1440m)へ着きました。 気持ち良すぎ(^_^)v

115 118 ←さらに「霧降大橋」へ。 ここは霧の名所なのに、こんなに遠くまで見えるなんて、信じられません。

120 ←ちょいと登り返した、ここが最高地点ですね。

121 122 ←標高が高いのでPM4ともなると、やはりくだりは寒い、ヤッケを着て、「大笹牧場」までくだり、右折して「旧道」をくだって、「今市」へぬける。

そこから、くだり基調をMTBの重さを利用して、ほぼ時速30k平均で走り、PM6:30の暗くなる前に帰宅できました。 177kmでした。

mottiさん、今日は参加させていただき、ありがとうございました。 そして参加者の皆様、遅れた参加で申し訳有りませんでした<(_ _)>

| | コメント (20)

2012年6月15日 (金)

利根運河

今日は「休息」の日。 なので、ゆっくりとAM9まで寝床で本を読んでました。

073 ←これが、図書館から借りてきた、その本。

読んでると、ちょうど「利根運河」が出てきた。 そこには「窪田酒造」「窪田味噌」や「割烹旅館新川」についての記述あり。

そういえば「ブルベ宇200k牛久発」のスタート地点まで試走した時に、利根運河を通ったんだけど、そんな感じの建物がありました。

で、急遽、行ってみたくなって、急いで準備。

が、・・・かえりが暗くなる可能性が有るので、MTBに「リヤのライト」を着けようとしたら、ネジ山を壊しちゃって、どうにもならなくなり、焦るけど、全然ダメ(>_<)

結局「金ノコ」でネジを切断することに! 

そんなことやってたので、出発がAM11:30に(T_T)

018 ←やっとスタートできます。

019 021 ←「西山田」まで来たところで、「C澤」さんとバッタリ! 練習終わって、あがる所なんだとか・・・・普通、この時間はそうですよね~。 私が「これからです」と言ったら、ビックリされてました(^_^;)

35303799633b7f126064e781f275e7f74ae ←C澤さんに撮っていただいた写真(^^)

030 ←向かい風の中、CRで関宿城・金野井大橋・野田橋と過ぎて、やっと「玉葉橋」まで来ました。 ここを江戸川の左岸へ渡って・・・・

033 032 ←CRをちょっと走ると「利根運河」への分岐に着きます。 ここまで約70km。

062 069 ←北岸をちょっと走ると、「運河大師」というものが! 帰宅してから調べたら、どうやら こんなことらしいです。

063 064 066 ←そのすぐ先に、ありました「窪田酒造」。ここは東葛地方最後の造り酒屋だそうです。 建物がいい雰囲気出してますね~(^_^)v 明治29年ごろの創業らしいです。

036 038 ←その先にあるのが「窪田味噌」。そんな香りが漂ってきます。

040 ←その先、対岸に見える「塀」がこれから行く「割烹旅館新川」。

041 045 042 043 ←東武野田線の近くに公園があり、そこには運河の由来を書いた説明版と、この運河開削の陣頭指揮をしたオランダ人土木技師「ムルデル」の碑があります。

047 ←これだけ大きな運河(8.5km)をツルハシとモッコだけで2年かからずに造っちゃったんですから、たいしたものです(土手は、その後の大洪水により、かさ上げ改修されてます)。

一日平均3000人が働いたそうです。

048 049 050 052 051 ←南岸に渡って、すぐのところにある「割烹旅館新川」。 昔は料亭だったそうで、今でもかなり広いですが、以前はもっと広かったそうです。

この近くには昔は他にも料亭が何軒かあったらしいですが、今はここだけですね。

「窪田酒造」といい「新川」といい、昔の利根運河の雰囲気を彷彿とさせてくれる風情が残ってますね(^_^)v

047_2 ←ここを昔、外輪船「通運丸」や高瀬舟が行き交っていて、にぎわっていたのも短い期間で、やがて鉄道やトラック輸送に押されて、船運は衰退していったそうです。

帰りは「追い風」参考で、なんとか暗くなる前のPM6:30に帰宅できました。 148kmでした。

| | コメント (12)

2012年6月14日 (木)

あじさい

昨日の練習で疲れちゃってるので、今日は一番近場の「大平山」です(^_^;)

Z ←こんな表示がありました。 18日は行かない方がよいかも。

016 017 ←見晴台のところの「あじさい」。 まだ色がついてませんね。

Ajisaimatsuri2012 ←15日から「あじさいまつり」だそうです。

きょうはMTBで登りました。 乗りやすいので、ついついスピードが上がってしまい、かえって疲れちゃいました(T_T)

| | コメント (8)

2012年6月13日 (水)

K山さんと

今日はなんとか天気がもちそうなので、「琴平峠」練へ。

002 ←登り口で、いきなりこのお方に撃墜される(T_T) でも、「ブログ、見てますよ~」って、お声をかけていただきました。ありがとうございます(^_^)/

004 ←頑張って、着こうとしたんだけど、グイグイ行っちゃって、ぜんぜん着けませんでした(>_<)

005 ←2往復目の葛生側へのくだりで「K山」さんとバッタリ!

008 ←私の練習に付き合ってくれるというので、一緒に登ります。 やや速いけど、なんとか話が出来る範囲内。 私的には、このくらいがちょうど良いんだけど、K山さんには練習になってない(^_^;)

010 ←で、最後の葛生側からの1本は、K山さんギヤ比を上げました。 たぶん52×14~15ぐらいに見えた。 かなり重いギヤをグイグイ踏んで行きます(゜o゜)!

011 ←必死に着くけど・・・・ついにちぎれちゃいました~(>_<)

その後、いったんは差を縮めたものの、ふたたび差を開かれてゴール。 もう、死にそうなくらいきつかったです(+_+)

でも、良い練習になりました。 一人では、あそこまで追い込めないですからね~(^_^;)

014 ←これから「大平山へ登る」というK山さんとは緑地公園でお別れ。ありがとうございました、またよろしくお願いいたします(^_^)/

| | コメント (6)

2012年6月10日 (日)

AJ宇都宮 BRM400kのスタッフ

BRM400kは9日(土)のAM8時スタートなんですが、私は「ゴール」担当なので、夕方のPM5ごろ家を出て、雨の中、カッパを着て宇都宮森林公園へ。

001 ←PM7頃から、ゴールの準備。 第2PC担当の「S籐」さんが担当終了後、準備の応援に来てくれました。

聞いたところでは、78人の申し込みの内、今回出走してる人は36人なんだとか。 やはり、この雨が影響しちゃってますね。

003 ←なんだか「怪しい」雰囲気のゴール。 知らない人が見たら、ホームレスと間違われちゃいそう(^_^;)

006_2 ←今回は、「yama」さん「I塚」さんと私の3人です。

PM8時8分がゴールのオープン時間。 でも、待てど暮らせど、だ~れも来ませんわ。 皆さん「雨」のために、かなり苦労されてるようです。

各PCから、通過した人の名前を連絡してくるんだけど、じゃっかんの途中DNFもあったみたい。

007 ←PM7時ごろから待ち続けて、トップの参加者が来たのがなんと次の日(日)のAM4時過ぎ(^_^;)

その間は、蛾やムカデなどの野生生物に悩まされながら、3人でおしゃべり。 雨は弱くなって来てるが、北風が強く、やや寒い(T_T) 参加者は向かい風で大変だろうな~

014 ←3番手は「masa(茨城)さん」。速いですね~。

012 ←30分に1人くらいしか戻って来ないので、yamaさんが我が愛車を持って「ポーズ」!  尚、yamaさんが着てる透明のものは、ゴミ袋で作った「カッパ」です(^_^)v

018 ←masa(茨城)さんのお仲間や・・・

019 020 ←山形から参加の「なでら男」さんや「POKKY」さんもゴールして来ました(^_^)v

皆さんいちように「雨がきつかった」とおっしゃってました。 下りや道路の水溜りが危険だったようです。

021 ←しだいに天気が回復してきました。 その中、首を長くして参加者の到着を待つyamaさん。 なかなか来ません・・・。

023 ←トイレに行くのに、私のママチャリに乗るI塚さん。 なかなか似合ってますよ、次回はぜひママチャリで!

025 027 028 ←AM9時からは森林公園の管理棟2Fが使えるので、そちらへ移動。 AM10時頃になって、PC6の「大野屋旅館」で仮眠や入浴されていた方たちが、ぞくぞくゴールしてきて、やっと本来のにぎわいを取り戻しました(^_^)v

女性で唯一の完走者は、例のスプロケッツの「A元」さんでした。やはり強いわ(^^♪

「みさちゃん」はパノラマラインまでは頑張ったんだけど、PC4(日立)手前でリタイヤ。 あと残りは道祖神峠だけだったので、残念でした。 でもあの雨の中を頑張ったのは立派です(^_^)/

今回は400kということで、ゴールでの待ち時間が長く、走っても居ないのに、かなり疲れちゃいました。 ずーと座りっぱなしで膝痛いし(T_T)

残念なことに、お一人、「連絡もせずに」途中で帰られたお方が居た。 帰られた事は、最後になって分かったことで、それまでは「行方不明状態」!   

雨の中の走行ということもあり、スタッフが心配して連絡を入れるも留守電。 とにかく心配しました。

終了まじかになって、やっと、「途中で会社から電話が入ったので、帰りました」との連絡がスタッフに入った(-_-;)

まぁ、無事で良かったけど・・・・・

最後になりましたが、あの雨の中を走られた参加者のみなさんの「勇気と頑張り」に敬意を表したいと思います。 ほんとうにご苦労様でした<(_ _)>

| | コメント (20)

2012年6月 7日 (木)

木曜ナマズ練

今日は、木曜ナマズ練にひさしぶりに参加してきました。

昨日、S崎監督から「誰も来ないようですから、二人でのんびり走りませんか?」なんていう、お誘いがあったんですね。

二人だけなんてことは無いだろうと、思いつつも、もしかしたら本当かもしんないなどと、甘い考えで行ってみたら・・・・・

001 ←C澤さん、K山さん、S崎監督、マスターと、やっぱり「強豪」ぞろいじゃないですか~! 「山方面へロングで行く」なんて相談してるので、「そんなんじゃ、行かない」などと駄々をこねまくって、「小来川往復」という、短いコースに変更させちゃう(^_^;)

004 007 ←なんだか、スピード上がりそうで、やな感じ(^_^;)  だいたい、ロード乗ったの久しぶりで、立ち漕ぎしたらこけそうになったぐらいだのに~。

011 ←S崎監督に撮ってもらった、最後尾のわたくし。 オニューのナマズジャージ着ても、なんだかあんまりカッコよくないね~(T_T)  「着る人7割、あと洋服」は本当だな~。

016 017 ←いつもの「上日向」交差点のお店で休憩。 ここまでは、「おだやか」だったので、まあまあ着いて行けた(^^♪

018 ←が、ここからがスピード上がりまくりで・・・・

019 ←この「西大芦小学校」のT字路(振り返って撮ったもの)がゴールなんだけど・・・

そのず~と手前で、切れちゃいました(T_T)

007_3 ←単独でゴール。 ピースサイン出してる場合ではないと思われますけど・・・・(^_^;)

010 021 ←ここから「小来川」への登りですが、S崎監督とお互いに写真なんか撮り合っていたら・・・・

022 024 ←あとの3人は、本気で逃げてますがな~。

025 ←ケガが治ってないのに、この坂で「ダッシュ」と「蛇行」を繰り返すS崎監督、つらそう~(^_^;)

026 ←頂上(振り返って撮ったもの)。 暑いsunけど、カラッとしてるので日陰は涼しい。

027 ←頂上通過の監督。なんだかトップで登って来たみたいに見えるでしょう。 でも・・・・

029 ←実はへろへろで「ビリ」だったんですね~、これが(^_^;)

032 035 038 037 019_2 ←「小来川」からのくだり基調を監督さんの鬼引きでガンガン飛ばし、「山里」でお昼にしました。 ここのは、美味しいnoodle

027_2 ←たっぷり食べちゃったので、もう、あんまり走りたくない感じが皆さんから出てますが・・・・

042 028 ←そうは問屋が卸さないのが、ナマズ練! 結局、帰りも「ガンガン」でした(>_<)   

86kmでした(自走のK山さんとC澤さんは、もっと行ってるはず)。

久しぶりのロードでしたが、なかなかおもしろかったです。 もっとスピード練やっとかないと、着いては行けませんね。

参加者の皆さん、ありがとうございました(^_^)/

(注) 写真のうち、時刻が入ってないものは監督さんからお借りしたものです。 ありがとうございます<(_ _)>

| | コメント (24)

2012年6月 5日 (火)

明日が

予報では明日が一日中「雨」らしいので、4連チャンになっちゃうけど、今日も走りました(^_^;)

今日も、楽なMTBで走ります。 ママチャリではキツクて、4連チャンはできないけど、MTBやビアンキならOKなんですね(^_^;)

002 ←大平山へ向かうと、「競輪選手」もこれから練習みたいです。 私のように「遊び」で乗ってるのとは違い、「仕事」としての練習は、キツイでしょうね~生活がかかってるし・・・(^_^;)

005 ←1本目のくだり始めで、全力で登って来られた「C澤さん」と遭遇! すでに西山田林道→唐沢山→琴平峠とやってこられて、ここが最後なので、全力で登って来たのだとか!

一人で走っていて、そこまで「追い込める」のが、すごいですね。 今度の日曜がレースだとか。 ぜひ頑張ってもらいたいものです(^_^)/

| | コメント (2)

2012年6月 4日 (月)

新ジャージ!

001 ←今日は、ひさ~しぶりに古いMTBを乗り出してみました。 私が持ってる中では一番古いのですが、これがなんとも「乗りやすい」んですわ~(^_^)v   ビアンキも良いけど、こちらの方がぴったり来ます。

琴平の3往復目で葛生側から登っていたら、くだってきた「KCさん」と「シノさん」と遭遇!

KCさんはくだって行っちゃいましたが、シノさんが止まってくれました。

003 ←なんと「しゃみせん」さんの新しいチームジャージではないですか~!

005 006 ←綺麗なカラーですね~。 今までのよりず~といいですね。  また「モデル」が綺麗だからよりいっそう映えます(琴平の美女1号)lovely。 これからの季節にぴったりですね、最高(^^♪

シノさん、わざわざ止まっていただきありがとうございました(^_^)/

| | コメント (12)

2012年6月 3日 (日)

天気予報が

今日は朝から「雨」予報だったのに、晴れてるsun

予報を見たら、午後から雨に変わってる。  なので、近場の「大平山」で雨が降ってくるまで2~3本やりましょうかね。 昨日の疲れもあるから、ちょうど良いかも。

002 ←2本目に、ナマズの「sekiさん」が登って来た。雨予報だったので、ナマズ練がなさそうなので、こちらへ来たのだとか。

004 ←3本目になっても、雨が降るどころか、日差しがまぶしい。

006 005 ←sekiさんも登っては下るの繰り返しで、何本もやってるので、対抗上、こちらも帰るわけには行かない・・・・こんなはずではなかったのに、辛過ぎ(>_<)

007 ←これ、くだりではなく、登りですからね、このスピードがすごいでしょ(゜o゜)! sekiさんは、私と違って、緑地公園折り返しでやってるみたい・・・・長い!

お昼を過ぎちゃった7本目だか8本目だかでsekiさんは帰られたけど・・・

009 ←こんどは、なんだか、高校生がやたらママチャリで登ってくるので、これまた対抗上、帰るわけに行かなくなり・・・・

010 ←結局10本やっちゃいました。

008 ←天気は、このとおりだし・・・・予報大はずれじゃないの!<`ヘ´>

あっそうそう、例の「琴平の美女」の正体がほぼ判明しました。 このあいだS崎監督さんがことひらでお会いしてお話されたようです。 今日、私も大平山ですれ違いました(^^♪

個人情報保護法との関係も有るので、某チームの某女史としか書けないのが残念です<(_ _)>

| | コメント (12)

2012年6月 2日 (土)

滝が原峠

今日、TAKAさんが「滝が原峠」を越えて鬼怒川温泉まで行かれるという情報を入手したので、さっそく「迎撃」に向かいました(^_^;)

TAKAさんは、お昼頃出発するということだったので、AM11:30ごろ、家を出ました。

001 ←裏道を走って、12時30分ごろTAKAさんのルートになってる古峰ヶ原街道に入る。

003 ←しばらく走ると、なにやら「ブルベ」の参加者らしいお方発見!試走?本番?

聞いてみたら、AJ埼玉の600k、「アタック会津」猪苗代湖往復の本番なんだとか!

005 ←しばらくおしゃべりしながら走りましたが、TAKAさんが先に行ってるかもしれないので、お先に失礼します。 頑張ってくださいね(^_^)/

006 009 ←そのすぐ先にも、もうおひと方いらっしゃって、こちらの方は、先日のAJ宇都宮300kを走られた方でした(^_^)v

011 ←「八岡」のT字路から登ってゆくと、前方に「女性」の参加者発見!

012 013 ←なんと、全国のAJ支部を統括するAJ本部の「会長」さんのS木女史でした(゜o゜)! こんな偉い人に遭遇して、びっくり! お話をしながら峠を登り、頂上でお別れ。 登りのきつい所で話しかけちゃって、かえってきつくなってしまわれたのではないでしょうか、すみませ~ん<(_ _)>

015 ←小来川の交差点。 ブルベのルートは直進で、次のPCは日光だとか。 私はここを左折して「滝が原」へ向かいます。

016 ←最後の民家を過ぎると、だんだん勾配がきつくなってくる。

017 ←そこを必死の形相で登り続ける(>_<)

020 ←なんだか「気を失ないそう」になりながら、やっと着いた頂上。 いつ来てもつらいわ~(>_<) ここについたのがPM2:10ごろ。 TAKAさんには会わなかったから、すでに通過しちゃったのかも。

021 ←小来川の信号まで下ってきたら、最初に会った参加者のお方が、タイヤバーストで修理中。 なんとか走れるけど、あと450kもあるので、ここでリタイアして輪行で帰られるとのことでした。

「ナビ」を持っておられたので、駅とか検索出来て、こういうときに便利ですね~。 JRを、ということで、今市方面へ行かれた。

帰りは下り基調なので練習にはならないかと思っていたが、けっこうな向かい風で、良い練習になりました。 このコース、たまにはやった方がいいね。 101kmでした。

埼玉の参加者の方々は、今頃どこを走られているのでしょう、頑張って欲しいものです(^_^)/

そういえば、我がAJ宇都宮でも「K田」さんがお一人で、例の「実用車」で300kの試走をしてらっしゃる最中。 こちらも頑張って欲しいものです(^_^)v

| | コメント (10)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »