« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

ドクターヘリ

013 014 015 ←琴平峠へ行く途中、「緑地公園」脇の河川敷から「ドクターヘリ」が離陸して行きました。

017 018 ←急病人か、けが人でしょうか? ドクターヘリが来るくらいだから、かなり重症なんでしょうね。

でも、ドクターヘリが離陸するまでって、かなり時間かかりますよね。 救急車で「高速」飛ばして行っちゃったほうが「獨協大学病院」ぐらいなら速いような気がしますけど・・・・。

021 ←琴平峠で、帰宅途中の「テクセラ」さんと遭遇! お久しぶりです(^_^)v 次のレースは「嬬恋HC」だとか。 テクセラさんは登り速いから、期待できますね。

今日は「サドル」をやわらかい物に変えて行ったんだけど・・・・う~ん、短距離では、良いかどうかわかりませんね(^_^;)

| | コメント (4)

2012年8月28日 (火)

5本で

今日は、軽く乗りましょうかね。

ということでお昼頃、「大平山」へ。

のんびり登ろうと思っていたら、いきなり1本目で「フェルト」乗りのローディーに追い抜かれる! 

スピードが違いすぎるので、見送っていたら・・・・中盤でタレテますがな~(^_^;)

そうなると、こちらとしても、追い込まざるを得ず←なんで?

001 ←1本目でキツカッタけど、じりじり追い上げました(^_^)v

002 ←3本目にすれ違ったこのお方は、黄色いシングル「ママチャリ」で、なんなく登って来られた・・・・すごい! 確か、以前にもお見かけしたような(^^)

いずれこのお方と「雌雄」を決しなければならんでしょう(^^ゞ

004 ←まだ疲れが残っているので、今日は「5本」でやめときました。 

まだ暑いけど、一時の猛暑にくらべると、なんとなく秋っぽい感じのする大平山でした。

夕方からは9月2日に「遊水地」で行われるJBCFタイムトライアル・チャンピオンシップの「立哨員」ボランティアの説明会に行ってきます。

で、行って来ました。

S崎監督の車に乗せていただき、栃木市役所藤岡総合支所へ。

005 006 ←説明会会場にて。

当日は、半ズボンはだめで、長ズボン着用とか!暑かったら地獄見そう(T_T)

008 010 ←帰りに、餃子で有名な「永華」で、ラーメン&餃子セットを食す。餃子が大き過ぎて、食べづら~い。←ダイエット中なのに、こんなん食べてて良いのでしょうか?(^_^;)

| | コメント (26)

2012年8月27日 (月)

山岳300k試走レポート NO2

063 ←この登りはここ「丸沼スキー場」の手前がキツイ。 ここを過ぎると、ややなだらかになってくる。

064 ←「丸沼」を見ながら、たんたんと登り続ける・・・・と!

065 ←あれれ! 先に行ってるはずの「O和田」さんが追いついてきた。 丸沼あたりで、トイレに入り、ついでにトマトを買って食べてきたのだとか(余裕)。

066 ←あっという間に、引き離される(T_T)

この「丸沼」付近では「Xテラジャパン・チャンピオンシップ丸沼大会」がもようされいて、あちこちに係員が居まして、私も応援していただいちゃいました(^_^;)

「Xテラ」って、言わば「山の中のトライアスロン」なんですね、知りませんでした。

067 ←この登りには、ところどころに、こういう表示があるので、あとどのくらい頑張れば良いかがわかってグー。

069 070 ←「菅沼」。山間の沼って、神秘的でいいな~。

071 072 ←やっと「金精トンネル」通過。 こちらからだとくだり勾配なので、楽に通過できる。

073 ←次に向かう「霧降高原」方面を見ると、なにやら「怪しい雲」が! 雨ぐらいなら良いけど、「雷」だったらやだな~。

くだりを快適にくだっていると・・・・・なんだか「異音」が!

この自転車はフルアルミで、安かったせいか、段差のたびにあちこちから音がするので、気にしないで居たんだけど・・・なんだか変!

もしかしてスポークが切れて、フレームに当たっているのかも。 で、止まってみたら・・・・・

074 ←なんと!荷物が落ちないように後ろのカゴにつけていた「網目のゴム」がはずれて、後輪に巻きついちゃってる(゜o゜)!

フックが引っかかって、なかなか取れない。 しかたなく、後輪をはずすことにしたんだけど、空気が入ったままでは、ブレーキシューの間が狭くて車輪が抜けないことが判明!

交通量の多い、狭い路肩での修理は、見られていて恥ずかしい。

空気抜くのは簡単だけど、小さいポンプで入れなおすのは大変なので、力任せに無理やり後輪を抜き取る。

ゴムをはずして、後輪を再度入れるのにも苦労したけど、何とか入った・・・・が無理に入れたので、ブレーキシューの位置が狂ってしまったらしく、後輪のブレーキが余り効かない。

076 077 ←なんとか、だましだまし「中禅寺湖」までくだって来た。

079 ←かなり時間を無駄にしてしまったので、お次の「霧降」の登りに備えて、「いろは坂」で時間を稼ぎたいが、なんと目の前が「バス」! これで、いろは坂はゆっくり下ることが確定(T_T)

案の定、いろは坂は、動いていたけど車でびっしりでした。

奥日光から日光にかけて、観光客でいっぱいでしたよ。 夏休み最後の日曜でしたからね。

080 ←「神橋」交差点もこのありさま。 ぜんぜん動きません! コースはここを直進するんだけど、どうしたらよいのでしょう?

無理やり車の脇のせまい「下水のふた」の上を走る。 前方で同じところ走っていたローディーは「落車」しちゃうし・・・・。

081 ←こうも車やバイクが多くては、「鹿」も出てこないでしょうね。

083 ←「霧降高原」の登り。 車やバイクがひっきりなしに抜いて行く。 特にバイクは「走り屋」っぽい集団もいて、コーナーギリギリに攻めてくるので、ブラインドカーブで抜かれる時に、うしろから追突されそうで怖い。 音もすごいし。

084 ←「チロリン村」への入場待ちの車で渋滞する脇を抜けてゆく。 このあたりが暑い上に車の排気熱で、一番きつかったです。

086 ←この道沿いには、こういう「標高」を書いたトーテムポールが何箇所かある。 だいたい1000mを越すとやや涼しく感じる。 でも、ここまでの疲れと日射にやられて、ゆっくりとしか登れない(^_^;)

087 ←「耐え難きを耐え」て、やっとの思いで、頂上付近のPに到着! ここまで来れば、あとはゴールまでほとんどくだり(^_^)v

088 ←「六方沢橋」を越え・・・。 あれ!いつのまにか「自殺防止用」?のフェンスが新たに付けられていた。

089 ←再度、少し登り返したここが最高地点なのかな。

090 ←心配した雷雲もなく、気持ち良くくだります。 ここは、そんなに寒くなかった。時間が時間だしね。

091 092 093 ←PC4の「大笹牧場」。観光客でごった返し。 ここではレシートチェックが可能かどうか調べてくる手はずだったんだけど、どこも行列なので、諦めて下山。

ここからは旧道を下るんだけど、狭いし、路面悪いし、急コーナーもあるので対向車に注意が必要!

094 095 ←あとは、くだり基調を「お尻の痛み」をこらえながら走って、無事ゴールしました。 

お尻は、なんだか「3Dパッド」のでこぼこが私には合わないみたい。 年寄りなので、お尻の肉が落ちちゃってるのでしょうね。 でも、登りの区間は、痛みなしでした。 足に負担がかかるのでその分、お尻が浮き加減になるのかな?

今回のコースは、前半で時間を稼げるので、山岳といっても、あんがい完走率高いかも(天候にもよるけど)。

364km(自走分含め)でした。    

                    FIN

| | コメント (22)

山岳300k試走レポート NO1

001 ←22日(土)の22時スタートに向けて「宇都宮森林公園」へ向かう途中、「鹿沼市内」にこんな看板が! でも、最近、ここを通らない、しかも車の来ないルートを発見したので、大丈夫(^_^)v

今日の参加者は「I塚」さん・「O和田」さん・「yama」さんと私の4名。

002 003 ←スタート時間になったので「写真撮りま~す」と言っても、皆さん「携帯」でのメール打ちに夢中でバラバラ(^_^;)

その間に、私は一人で先行! 今日は「山岳」コースなので、時間が1秒でも惜しいのだ!

005 ←が、すぐに「yama」さんに追いつかれちゃう(T_T)

007 ←「yama」さんが普段、どのくらいにスピードで走っているのかを確かめるべく、後ろに付くと・・・・・。 なんと時速30kペース!

010 ←離されながらも、信号で追いつくが、とても私の走れるスピードではなく、あっさりチギラレちゃいました(>_<)

深夜ということもあり、交通量は少なく、安心して走れる。

011 ←文楽で有名な「奈佐原町」で「I塚」さんに抜かれる。

012 014 ←「磯町」で「O和田」さんに抜かれる。 途中、ハンドルから異音ということで、修理されていたらしい。

なんだか、もうすでに「お尻が痛い」! こんな距離で痛くなるなんて、はじめて。 どうしたんだろう?

コマ図8番の「金崎」右折箇所は、細い道なので、注意!

その先コマ図10番までの途中に一本広い道を横断するので、そこをN293と間違えないように!

016 018 020 021 ←N293の「新会沢トンネル」。 新しいトンネルは、旧トンネルの脇に出来ていて、それぞれが「一方通行」だし、内部には広い歩道&路側帯があるので、安心して走れます(^_^)v

旧会沢トンネルには「幽霊」が出ると言ううわさがあって、怖かったのだけど、これなら安心^^;

023 ←ここが、往路のメインの「老越路峠」への曲がり角(ここを左折するのです)。  この手前左側(私が立っている位置)に5台ぐらい自販機がならんでいます。

024 ←この峠は、地元なので、しょっちゅう来てますが、深夜に登るのは初めて。 静か過ぎて、なんだか怖い! 途中、右側に「お地蔵様」があるのも、一段と怖く感じる(>_<)

今日(27日)知ったんだけど、ブログつながりの「テクセラ」さんによると、このあたりでも「熊」が出没してるらしいので、注意してください!

025 ←PC1セブン「桐生梅田1丁目店」到着。「I塚」さんがおられました。 ここのクローズが3時だから、1時間30分ちかく貯金が出来てる。 こんなことは、初めて(゜o゜)

じゃっかん向かい風だけど、くだり気味の平地だからかな?

ここからPC2までは、暗い中、短い距離での右左折があるので、注意して走らないと通り過ぎちゃう危険あり。

コマ図35から先は、「豚小屋」らしき匂いの中をしばらく走ることになる(^_^;) 暗くて見えなかったけど、養豚地帯なのかもpig

コマ図39からのD40は、幹線道路らしいけど、片側2車線でこの時間は車もきわめて少なく、安心して走れました。

027 ←でPC2のセブン「前橋下佐鳥町店」に到着。ここには「I塚」さんと「O和田」さんがおられました。

ここのクローズが5時8分だから、2時間ちかく貯金があることに! ここから「登り」に入るので、この貯金はありがたい(^_^)v

この先も、短い距離での右左折に注意!

コマ図51番の「止まれ」は、真っ暗な農地のなかの十字路ですが、「明かりがついている止まれの標識」が上方にあるので、すぐにわかります。 その手前に信号が一箇所ありました。

赤城山の裾野を走るので、だんだんと登り勾配になってくる。

028 ←「三夜沢」の信号を越して、いよいよここからが赤城山への旧道の登り。

030 ←「赤城温泉」入り口で、気温は「17度」と表示されてました。 涼しいんだけど、けっこう汗かいてます。 湿度が高いのかな?

032 037 ←朝日が出てきました。 朝日を浴びて走るのは気持ちいい(^_^)v 車も来ないし。

035 ←ここが、この道の最大勾配と言われる「見晴台」の所。でも、短いので、なんとか登れました(^_^;)

038 040 ←頂上付近から前橋市方面の眺め。冬ではないので、ちょっと霞んでますね。 ここまで登っても、まだ汗が出ます。

041 ←いったん下って、再度上り返したここが頂上。

042 ←「大沼」に向かってくだるんだけど、「寒い」(>_<)

このあいだ「赤城山ヒルクライム大会」のコースを登った時の「熱中症」になりそうな暑さが記憶にあり、暑いと思い、今日は下着もつけず、ジャージ1枚のみ! ヤッケもなし。

汗が冷えるので、まるで真冬並みsnow せっかくのくだりなのに、スピード出せない(T_T) 

唯一持っていた、汗用のタオルをお腹に入れる。 あんまり変わらないけど、気持ち的にわずかながら暖かいかも。ツールの選手もけっこう寒いんだろうな~新聞入れても。

043 ←「大沼」を撮ったんだけど、霧で見えない。このあたりで気温表示がたしか「15度」だったような。

044 ←「大沼」ではマラソン大会の日だそうで、大型バスや選手でごった返ししてました。

051 ←寒いので、神社も参拝はしないで、走りながら写真を撮ってパス。

052 ←再度「外輪山」を登って、いよいよここから「南郷」までながいくだり。しかも、ほとんど日陰。 たぶん寒さで死んじゃうかも(~_~;)

手はかじかむ、身体は震えが止まらず、ゆっくりくだるので、ブレーキレバー握る指も痛いし・・・・死にましたwobbly

054 ←「南郷」までくだって、やっと暖かい日向に出て、生き返りましたsun

056 057 ←「薗原ダム」前後の登りで、やっと汗が出てきました。 登りがこんなに「ありがたい」とは(^_^;)

059 ←N120合流地点からPC3まではほぼくだり勾配なので、飛ばします。

060 ←で、PC3セブン「片品須賀川店」に到着。 この手前にもセブンがあるので、間違わないでね。 ここは、GSの隣にあるセブンですから。

ここのクローズが9時44分だから、赤城登っても、まだ2時間弱の貯金あり! これはうれしい!

ここには「O和田」さんがおられました。 ほぼ同時に出発したんだけど、あっという間に見えなくなった(T_T)

062 ←ここからだと、こんなに距離があるんですね~。 「金精峠」までず~と登りっぱなしですからね~(^_^;)

長くなるので、NO1はここまでにします<(_ _)>

| | コメント (6)

2012年8月26日 (日)

山岳300k試走

昨夜の22時スタートで

宇都宮→前橋→赤城山→金精峠→霧降→宇都宮

の300kブルベの試走をなんとか「完走」できました(^_^)v

095 ←森林公園ゴールの時間です^^;

詳細は後日<(_ _)>

| | コメント (10)

2012年8月20日 (月)

回復走

002 L_20120820_10_43_46_00025 ←今日は、「K山」さん・「エヴァ」さんと3人で「回復走」です。 AM9「新開橋」集合(私、遅刻ですみませんでした)で、遊水地から利根川CRを南下。

004 ←のんびり話をしながら「関宿城」へ。

005 ←折り返して、帰りは利根川の左岸CRを北上。 時速も25kぐらいで、ちょうど良い感じ(^_^)v

007 ←「道の駅きたかわべ」で昼食。 食べ物は質素でも、自転車談義しながらの食事は楽しい(^^♪

ここの温度計では36度となっていたけど、湿度が55%ということで、蒸し暑くは無いのが救い。

「岩船」まで来て、解散。 

K山さん・エヴァさん、楽しい回復走をありがとうございました。 私的には、このぐらいのスピードがいいですね~(^_^)v

96kmでした。

| | コメント (8)

2012年8月19日 (日)

前日光牧場へ

今日は、「野州」さん主催の「前日光牧場ヒルクライム」に参加させていただきました。

005 ←「粕尾」にある「町の駅」にAM8集合。 「ジャンボ」さんはカブ号での参加です^^;

010 ←8時ちょい過ぎに、野州さんのブリーフィングがありました。 牧場まで33kmをノンストップで登るんだとか!

参加者は、全部で9人。

011 012 ←最初は平坦基調なので、皆さん飛ばして行きます。 

私は、すぐに「ビリ」になっちゃったので、ジャンボさんに引いていただくことに!

As ←いや~楽だわ! 先に行ってる人を抜きにかかります(^_^)v

019 ←はいはい、じゃまじゃま(^_^;)

022 024 ←抜かれた人達も着くので、後ろには「集団」が!^^;

025 ←またまた一人「犠牲者」が!

027 ←で・・・・ついには、こんな感じになっちゃってます(^_^;)

029 ←あら!写真撮ってたら千切れちゃいました(T_T)

031 ←「山の神」で、ここから「家庭サービス」のために帰るジャンボさんと、水分補給で停車した2名を抜きます。

032 ←後は、誰の後ろ姿も見えずに「粕尾峠」通過。 ここからさらに右折して登ります。

034 ←数キロ登って、やっと牧場の建物が見えて来ました。あと少しですね。

041 ←天気は良いんだけど、ちょっと涼し過ぎ(^_^;)

043 ←先着した皆さんは、寒いので「日向ぼっこ」してますよ(゜o゜)

047 ←こちらは、ここでお会いした「Putit Desperado」(プチ・デスペラード=ちょい悪)という名前の「宇都宮」のチームの方々。 ジャージが目立ちますね(^^♪

051 054 ←一緒にくだり・・・・

056 ←粕尾峠でお別れ。 またどこかでお会いしましょう(^_^)/

L_20120819_10_44_09_00050 L_20120819_10_44_09_00048 ←向かい風の中を飛ばし(エヴァさん提供)・・・・

058 059←出発地点まで戻って、ここで解散。 私以外は、例の「ニラそば」屋さんへ行ったみたいです。

061 ←私は、もう少し乗りたかったので、「寺坂林道」へ。 コケが濡れてて、スリップしちゃって立ち漕ぎでは登れません(>_<)

066 ←「出流(いづる)」へ下りたら、「そば」を食べに来た人たちでいっぱい。 駐車場待ちの車が道路に並んでました。 もちろん、お店の前にも、行列が!

068 ←お次は、短いけど18%が売りの「羽鶴峠」へ。

069 ←最後に「琴平峠」を越えて、帰宅。

今日は、次回の「BRM宇都宮山岳300k」をMTBで走るか、このビアンキで走るかを、決めるために走ったのですが、まだ決まりませんでした(T_T)

なんだか最近、身体が「重い」ので、帰宅後、久しぶりに体重を計ったら、なんと2kgも肥っちゃってますがな~(>_<)

「がきまん」さんにならって、「減量」しなければ・・・・。

118kmでした。

| | コメント (4)

2012年8月16日 (木)

赤城山へ

今日は、「K山」さん主催の「赤城山ヒルクライムツーリング」に参加させていただきました。

002 003 ←集合場所の「やすらぎの湯」に集まったのはK山さん・エヴァさん・黄黒エヴァさん・ジャンボさんに私の5名。 「がきまん」さんは、別行動で現地集合です。

009 ←CRで、「桐生」を目指します。

012 013 ←桐生でお会いした、この左の「女性のローディー」(あとで「umekoさん」と判明)は、かなり走りこんでる感じ! 乗り方もかっこ良過ぎ!

なんと、このブログを読んでくださってるそうで、ありがとうございます<(_ _)>

014 015 ←先ほどの「女性」は走って赤城山まで行くというのに、我々「軟弱な男達」は「西桐生駅」から電車で赤城山の登り口の「中央前橋駅」まで行きますよ(^_^;)

018 023 026 ←「上毛電鉄」はそのまま自転車を車内に持ち込めるんです。 しかも「無料」で(^^♪

027 029 030 ←こらこら! 車内で自転車に乗ってはいけません(^_^;)

メールによると「がきまん」さんはすでに赤城山の中腹まで登っているらしい(゜o゜)!

032 034 ←約1時間の乗車の後、「中央前橋駅」に着きました。 車内が涼しかったので、外の暑さがキツイ(>_<)

035 ←出てすぐに「登り」が始まる。

038 ←即「黄黒エヴァ」さんが飛ばして行き、「K山」さんも見えなくなった。 「エヴァ」さん・「ジャンボ」さんと3名で追うけど、早くも私は「ビリ」(T_T)

041_2 ←しかし、この「県道4号線」は車多過ぎ! 路肩、狭過ぎ!

と・・・・桐生でお会いした「女性」が下って来ましたよ! えっ! 電車より速いの!(゜o゜) 凄すぎる・・・・!

044 ←女性の凄さに圧倒されながらも、「ジャンボ」さんと先頭の二人を追う。 けど、暑さが半端ではなく「熱中症」一歩手前(>_<)

なんだか、気持ち悪くなりそうだし、腰も痛い(>_<)

045 ←それでも我慢して登っていると、「K山」さんに追いついた(^_^)v

046 ←さらに先頭を走る「黄黒エヴァ」さんに追いつく。

20120817023433 ←ゴールの500m手前で「がきまん」さんが待っていて写真を撮ってくれました。 ここで終わりかと思ったら「ゴールまで行け!」との、「がきまん」さんから厳しいお言葉が!←鬼でしょ(>_<)

050 051 ←「黄黒エヴァ」さんに引いて頂き、やっと20.8km地点のゴールに到着!

052 ←再度登って来られた「がきまん」さんとも合流して、一休み。

053 ←「黄黒エヴァ」さんの後輪のスローパンクを修理してたら、なんだか空模様が!

055 ←それでは下のコンビニまで下りましょう。

056 ←コンビニで遅い昼食(^_^;)  それにしても「暑い」!

058 ←食後は、「空っ風街道」のアップダウンに苦しめられ・・・。

060 ←夕方になっても暑いCRを走り・・・

063 ←さらに、私が左足を「蜂」に刺されるというおまけまで付いて・・・・・

065 ←やっと、スタート地点の「やすらぎの湯」まであと少しの所まで帰って来ました。

069 ←皆さんとお別れした後、暮れなずむ中を走り・・・

071 ←暗い「琴平峠」を何とか越えて、帰宅しました。 190kmでした。

参加者の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました(^_^)/

| | コメント (16)

2012年8月15日 (水)

平地練

001 ←今日は「K山」さん・「エヴァ」さんと私の3名で「平地練」です。

家出の直前に「ヘッドの緩み」がわかり、調整してるうちに集合時間に間に合わなくなりそうになり、タイムトライアル状態で集合場所へ・・・疲れた(T_T)

002 ←「K山」さんの案内で、「ぐるっと利根川ツーリング」です。

004 L_20120815_09_02_18_00044 ←利根川左岸を走り「利根川橋」(旧4号の橋)を渡って、右岸へ。

006 ←「加須未来館」で最初の休憩。 ここにもローディーが何人か居ました。

007 ←その後、このお方に「抜かれた」ので、K山さんの「闘争心」に火がついちゃって、追い上げ・・・・抜きかえす!

008 ←このお方が抜き返すと、さらに抜き返すK山さん(^_^;)

009 011 ←「羽生道の駅」で2度目の休憩。 自転車用ラックが2つも置いて有りました! 自転車乗りもかなり来てましたね。 ブームを反映してますな~(^_^)v

012 ←「邑楽用水」沿いを走って・・・

015 L_20120815_11_16_50_00042 ←再度、利根川右岸のCRを走るんだけど、ここがまた、草ぼうぼう! その中をK山さんが「気が狂ったように」飛ばすので、草が「鞭」のようにビシビシ当たって痛いし、汗かいた身体に種が無数にへばり付く(>_<)

017 018 019 ←「北川辺道の駅」で昼食。 休憩室の気温が36度! こんな中を走るのは「自殺行為」でしょうね~(T_T)

その後は、「岩船駅」まで走って解散。

お疲れ様でした。 111kmでした。

PS 写真のうち2枚は「エヴァ」さんからお借りしました<(_ _)>

| | コメント (8)

2012年8月12日 (日)

ホイールを

今日は、一昨日、タイヤ交換とハブのグリスアップ、フロントホイールの交換をしたMTBの試乗です。

001 002 ←タイヤを1.5から、ちょっと細い1.25に変更。 ただし、今まではオープンサイドだったけど、今度のはサイドまでゴムで覆われているので、重さは増えた感じ(^_^;)

フロントは、今までは重い「ハブダイナモ」付きの車輪だったけど、はずして元のホイールへ戻しました。 これは、かなり軽くなった感じ。

タイヤも細くなったし、ハブのグリスアップもしたから、そうとう速くなると思ったのに、スピード全然変わらず・・・・つーか、かえって遅くなってるような(T_T)   なんで?

003 ←「琴平峠」の手前の田んぼにある、囲いの「網」。 なんで、こんなことしてるんだろう?って思ってましたが・・・・

先日、このすぐ先にある「レーシングカート場」の手前で「鹿」に遭遇!

004 ←目の前の道路を2頭が横切って行きました。 ここが駆け上がった場所。 もう何度も通過してるらしく「獣道」になっちゃってますね。

場所は違うけど、ブルベの途中で鹿にぶつかり、重症を負った人も居るので、最近はこのあたりを通過するときには慎重に走ってます(^_^;)

007 ←「葛生」側を下っていたら、登ってきた「abe@佐野」さんと遭遇! その前にすれ違ったローディーが息子さんなんだとか!

abe@佐野さんと一緒に登ることにしたけど、「夜勤明け」というわりには、スピード速過ぎ。 着いて行くのが大変(>_<)

008 ←この人が息子さん。 なかなか良い身体で、強くなりそう。 「ナマズ練」に誘ったけど、高校3年で忙しいらしい。

011 ←「柏倉側」へ下って、カート場の所で、パチリ。 お父さんも大きいので、身長も高く、自転車乗りとしてはうらやましい身体(^_^)v

3人で同時にスタートしたけど、息子さんが「速い」! あっという間に見えなくなっちゃいました(゜o゜)。

012 ←頂上付近で待っていてくれたけど、着いて行くのが精一杯。 写真も苦しくてブレブレです(T_T)

013 ←「葛生」側に下ってお別れ。 親子で自転車に乗れるなんて、うらやましいな~。

014 ←曇り予報とはうらはらに、良い天気でした。

| | コメント (6)

2012年8月11日 (土)

ニラそば

007 008 ←今日はAM9に「緑地公園」集合で、K山さん・エヴァさん・ジャンボさん・私の4人で、ツーリングです。

012 ←車の少ない裏道を走り・・・・

013 ←西方町にある伝説の地、「真上(まがみ)のケヤキ」を見学。 ここには、女性にまつわる、悲しい物語が伝わる。

その後、この近くにある「無名峠」(本当の名前がわからない)を越し・・・

015 ←ここも西方町の伝説の地である「八百比丘尼(おびくに)」公園で休憩。 ここには800年も生きた女性にまつわる物語が伝わってます。

018 ←そこのテーブルに有った「蝉の抜け殻」。 なぜか「勢ぞろい」してました(^_^;)

019 ←さらに、少し走って・・・・

030 ←「C澤さん」のブログに書いてあった、「深程(ふかほど)」にある「ニラそば」で有名な「宮入」へ。 

お昼にはちょっと早いけど、12時過ぎると一杯になっちゃうらしいので、早めに入店。

020 021 024 027 ←私たち3人は「普通盛り」でしたが、ジャンボさんは「大盛り」! この量が凄いでしょう(゜o゜) 普通盛りで530円。 大盛りは+100円(安っ!)。

025 ←なんと、ジャンボさんは大盛りの「お替り」(゜o゜)! 凄過ぎます!

と・・・「アルマー」さんから電話が! 仕事でお店の前を通過したそうで、見つかっちゃいました(^_^;) 

034 ←満腹&満足(^^♪ 12時頃になったら混んで来たので、早く入って正解でした。

ここで、用事のあるジャンボさんとはお別れ。

035 037 039 ←その後、またまた裏道を通って、田舎にあるのに「町の駅」という名前の道の駅で「不労所得」の入ったK山さんに「ジェラート」をおごっていただきました<(_ _)>

042 045 ←「大越路峠」はトンネルで越し、お次は「寺坂峠」へ。

047 050 ←さらに、短いけど18%で有名な「羽鶴峠」へ。

053 ←平地に出て、向かい風の中を引きまくるK山さん!

054 ←葛生町まで来て「壱番館」で休憩しようとしてたら、見覚えのある「イケメン」が! なんと、お仕事中の「アルマー」さんではないですか!

055 ←あまりの暑さに、アルマーさんの「冷凍車」に首を突っ込もうとするエヴァさん(^_^;)

その後、のんびり「琴平峠」を登り、「B☆P」へ行くというお二人とは途中でお別れ。 お疲れ様でした(^_^)/   83kmでした。

| | コメント (16)

2012年8月 9日 (木)

涼しい

昨日も今日も涼しかったですね。

今日は「琴平峠」でしたが、日差しは強いものの、まるで高地を走ってるように爽やかでした(^_^)v

001 ←まず、「U井」さんと遭遇(^^♪

003 ←続いて「K山」さんと遭遇(^^♪

皆さん、やってますね~!

002 ←空も、なんとなく「秋」っぽい感じが。

006 ←そして、地上にも(^_^;)

夕方、親戚で来て、「うなぎの蒲焼」目いっぱいおごってもらいました(*^。^*)

| | コメント (6)

2012年8月 8日 (水)

大平山

今日は出だしの時間が遅かったので、一番近い「大平山」へ。

001 ←2本目に引いていただいた、「スペシャ」の方。

005 ←7本目には、こちらの「フェルト」の方に引いていただきました。

007 ←今日も無事「ノルマ」終了。 今日は涼しかったので、かなり楽でした(^_^)v 

もう「立秋」過ぎましたから、少しづつ涼しくなってくれると助かりますね。

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

山岳200k2日目スタッフ

さて、2日目の朝です。

今日の目玉は「榛名山」への登りと「猛暑」でしょうか(^_^;)

110 ←スタッフの車2台に、「早く着きそうな人」と「普通の人」に分けて荷物を積み込みます。 早く着きそうな人の荷物を積んだ車は、直接ゴールへと向かいます。

112 ←AM6時スタートにむけて、参加者が集まってきました。

114 116 ←宿の前でのS藤代表によるブリーフィング風景。 本日の参加者は49人。

118 ←坂には強いが暑さに弱い「東北3人組」をパチリcamera。今日も暑くなりそうですが、頑張ってくださいね(^_^)/

120 124 ←ウェーブごとに出発して行きます。

スタート地点のクローズ後、私とS藤さんは、S藤さんの車で国道122号線沿いのPC2(草木ドライブイン)へ直接向かいます。

ここは129km地点で、PCのオープンが9:48。 そのちょっと前に到着。 日陰が少なく、暑いsweat01

わずかな日陰をもとめて、車を少しつづ移動しながら参加者の到着を待つ。

ものすごい暑さなので、なかなか来ません・・・・(T_T)

125 ←2時間以上待ったでしょうか、やっとトップが入って来ました。 やはりこの人「N野さん」でした。

さすがのN野さんも、この暑さで消耗ぎみ。 ボトルに水の他、持参した「食塩」を入れてました。

127 ←立ったまま補給をこなし、即出発!N野さんの強さなら、残りの距離はほとんど問題なしなんでしょうね。

128_2 ←入れ替わりに「HEIZO」さん到着。 こちらも速い!

129 130 131 139 ←PCでの補給風景。 ものすごい暑さなので、皆さん日陰で補給してます。 2リットルの水を多くの人が買っていたみたいです。 身体にかけている人も!

134 136 ←「ふぃりっぷ」さんはこのタイヤをブンブン言わせて走ってこられたんですね~。 すご過ぎ(゜o゜)

140 135 ←入ってくる人、出て行く人。 炎天下でそれを待つ私たちスタッフも、暑くて倒れちゃいそうsun

私はふだん、長時間立ちっぱなしってことが無いので、「腰」が痛くなっちゃってキツカッタです(>_<)

143 144 ←強い「A野」さんがこの位置というのも、信じられないことですが、やはり暑さにやられちゃいましたね(^_^;) でも元気にスタートして行きました。

145 146 ←暑くて、補給に時間がかかるので、自転車を立てかけるガードレールが満員御礼になる時も!

147 148 ←暑さに弱い東北勢も、頑張ってますね~。「なでら男」さん「pokky」さん御到着!

152 ←お~来ました! ベテランの「O和田」さんがリードする、本日もこの時間帯、唯一走行中の女性参加者「A元」さん(^_^)v 

158 ←短い補給の後、元気に出発して行きました。頑張ってくださ~い(^_^)/

ん?・・・・・なにやら、トラブルっぽい参加者の方が!

150 ←げげげ~! リヤの変速用ケーブルが「タイコ」のところで切れちゃったのだとか(゜o゜)   さらに不運なことには「財布」まで落としちゃったとの事!

トップノーマルだから、この先の「粕尾峠」や、さらにその先の急な登りを「インナー×トップ」で登ることになる・・・・かなり無理っぽい。

154 ←困っていると、ちょうどそこへ最後尾を追いかけて来た、メカに詳しく且つこれと同じ経験を持つスタッフの「H部」さんが到着! さっそく応急修理を!

155_2 ←ワイヤーをチェーンステーに巻きつけて縛り、ビニールテープで固定。 なるほど!

160 ←あれれ~、去年の山岳3連戦をママチャリで見事完走した、強豪の「K関」さんが、この位置とは・・・調子悪いみたい。 頑張ってくださいね。

ワイヤー切れの方とその友人の方が、最後尾。 我々は、このPC2閉鎖後は、ゴールへ直行する予定だったのですが、一応走れるとは言え、いつダメになるか分からないので、そのお二人に伴走して走りました。

161 162 ←粕尾峠の登り口にある「水場」で補給。 ここからの登りも快調で、大丈夫そう。

「古峰ヶ原峠」の頂上まで来ても大丈夫。 さらに最後の短い「小来川」への登りもOKなので、ここでお別れして先にゴールへ。

163 ←ゴール地点の「サイクルスポーツセンター」に着くと、ちょうど「A野」さんと「A元」さんが帰られるところでした。 完走おめでとうございます(^_^)/ 

166 ←ゴールでは「yama」さんもスタッフ作業中。お疲れ様です。

167_2 ←クローズの時間前に無事全員ゴールされて、長かった2日間が終了!

参加者の皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした<(_ _)>

今度は「山岳300k」でまたお会いしましょう(^_^)/

               FIN

| | コメント (8)

2012年8月 6日 (月)

山岳200k1日目スタッフ

003 ←8月4日AM4時前。 スタート地点の「宇都宮森林公園」でのブリーフィング風景。 82人の申し込みだが、出走されるのは62人。

004 ←200k~600kまで、30kgの重い「実用車」で走り、他の参加者の度肝を抜いた「K田」さんも、今回は「ひよって」ロードでの参加です(^_^;)

スタート終了後、現場を片付けて、I塚さんと私は、I塚さんの車で「金精峠」の「シークレット」へ直行。

「まだまだ参加者は来ないでしょうから、コンビニにでも寄って行きましょうか?」などと話しながら、日光の「清滝神社」前まで来たら・・・・

006 ←前方に参加者らしき人影が! マジ! もう来ちゃったの? 「滝が原峠」を越えて? 速っ(゜o゜)!

008 009 010 013 ←抜きながら「トップですか~?」って聞くと、「まだ前に何人かいま~す」と言う返事が!

ひやぁ~自転車って速いのね~。 急がねば!

015 ←「いろは坂」の登り口で聞くと、まだ前に3人ほど居るらしい。

017 ←「いろは坂」の途中で、やっとトップグループに追いついた。 なんとMTBの「ふぃりっぷ」さんが、ロードの方と先頭争いの真っ最中(゜o゜)!

021 ←「中禅寺湖」を抜け・・・・

025 028 ←「金精トンネル」脇で「シークレット」を店開き。

026 ←振り返ると、「戦場ヶ原」や「男体山」が綺麗に見える。 今日も暑くなりそうだsun

029 030 ←待つことしばし。 トップで登って来たのは、やはりこの人、MTBの「ふぃりっぷ」さん。 強すぎ(^_^)v

031 032 033 035 ←間隔をあけながらも、次々と登ってきます。

036 ←「ここまで限定」ながら「走るスタッフ」として参加された「H川」さん到着。 お疲れ様です(^_^)v

038 ←標高約1800Mだのに、暑いので、I塚さんが持ってきた「水」が大人気!

039 040 045 046 ←「なでら男」さんと「pokky」さんが、やっと到着。 「東北勢」は登りには強いが暑さには弱いことが判明(^_^;)

何名かが「途中でリタイヤ」のメールも入る過酷さ。

047 049 053 056_2 ←いつも着実に走る「O和田」さんと「A元」さん到着&出発。 「A元」さんは、この時間帯走られてる唯一の女性! 頑張って欲しいものです。

059 ←去年は「ママチャリ」でロードをあおりまくった「K関」さんも、「ロード」なのにこの位置とは信じられません。 やはり、身体が「ママチャリ」じゃないと走れない身体になっちゃってるんでしょうか?(^_^;)

061 ←あれれ~、軽いロードでの参加で、さぞスピードが出るのではないかという大方の予想を裏切り、「K田」さんもこの位置。

やっぱり、「実用車」のほうが良かったんじゃないの?

062 ←「暑いし、登りが辛いし」と、座り込む参加者も!

069 ←残りはあと2人。 ぜんぜん来る気配なし。 このままだと、PC1でタイムアウトになっちゃう可能性が! 

071 ←「なんとか間に合って欲しい」と祈る中、一人来ました!

073 ←そして、もう一人、この「ランドナー」の方が最終走者として「シークレット」を出発! これで、全員通過です(^_^)v

075 ←ここから帰宅されるスタッフの「H川」さんとお別れして、我々は宿泊地の「草津」へ直行します。 H川さん、お疲れ様でした(^_^)/

「沼田」へ向かって快調に下っていると、メールが入って「参加者の一人が落車して大怪我。 走れそうにないので病院へ運んで欲しい」とのこと!

80km地点あたりということだけど、今下ってきたところでは見かけなかったので、さらに下りながら探す。

「鎌田」の交差点まで下って来ても見つからない。

なので、こんどは「金精峠」に向かって登ることに!

076 ←「どこだどこだ」と見ながら登ってゆくと、長い「スノーシェッド」の中で、自転車を発見!

脇に「旧道」があって、その奥に参加者が座り込んでいた!

危険だけど、道路に車を止めて、近寄ってみると、顔面血だらけ!

片手運転していて、段差らしきものを超えた衝撃でつい前輪のブレーキを握ってしまい、ロック&前転&顔面制動になってしまったとのこと。

かなりひどいケガだし、やってる病院をさがしてあちこちと我々の車で運ぶよりは「救急車」を呼んだほうが良いと判断。

077 ←しばらくして救急車到着。 出血してるので、応急手当をしていただく。

078 079 ←病院まで救急車の後を追って行くが、「鎌田」の信号が赤で、ちぎられた(T_T)

救急隊員の方から、行く可能性のある複数の病院の地図をもらってあったので、消防本部にTELして、どこの病院に決まったのか聞く。

病院が決まったらしいので、向かっていると、警察からTEL有り。

現場検証するから、現場に戻って欲しいとのこと! また戻るの!

084 ←やっとのことで戻ると、「イケメン」の若いおまわりさんが待っていてくれました。 まずは、自転車の検証。

085 ←続いて、現場の検証。シェードの中は危険なので路肩の高くなっている所を4人で歩いて行きます。

087 ←現場には血がしたたり落ちていて、かなりの出血があった模様。 この薄暗いスノーシェッドの中で転んで、よく後続車に轢かれなかったよなぁ~。 それだけでも不幸中の幸いでしたね。

現場検証も終わり、再度「沼田」へ下って、病院へ向かいます。

088 ←ここが運ばれた病院。 入ってゆくと、治療が終わったところで(かなり縫ったらしい)、ちょうど本人と行き会えました。

顔の右半分が腫れちゃってるけど、頭や骨には異常なしで、入院の必要はないとのことで、我々の車で「宿」へと向かうことに。

089 090 091 092 093 094 095 097 098 099 ←途中、草津を目指して暑い中頑張ってる参加者を激励しながら抜いて行きます。

100 ←宿に到着してからは、こんどは、名簿をチェックしながら、走り終えた参加者へ預かっていた荷物を渡し、浴衣や洗面道具を渡し、部屋や風呂場の案内、明日の受付場所の案内などの雑用をこなしますsweat01

102 103 ←そんな中、唯一の女性走者の「A元」さんが見事「完走」して「渋峠」から戻ってきましたよ。 おめでとうございます(^_^)/

106 ←全員に荷物を渡し終え、部屋への案内も終わり、今日のリザルトなどの集計も終わって、やっとスタッフも食事&風呂にありつけました。 疲れた! もう、寝ます。 明日はAM4起床ですわclock

| | コメント (18)

2012年8月 3日 (金)

金子君応援2日目

今日も金子君の応援に行こうと言うツーリングが計画されてるので、途中まで参加しました。

002 003 005 ←「栃木市運動公園」AM9:30集合で、休憩地点の「宇都宮森林公園」までノンストップ。 今日も暑いsun

昨日は「アンダーシャツ」を着てましたが、今日は着ないでチームジャージのみ。 多少、涼しく感じる(^^♪

006 ←35km地点の「宇都宮森林公園」入り口のコンビニで「ガリガリ君」休憩(^_^)v

007 008 009 ←私は「丑三つ時」に再びここへママチャリで来なければならないので、皆とお別れして、ここから帰宅します。「金子君」への応援よろしく(^_^)/

010 ←せっかくここまで来たんだから、ジャパンカップの登りでも登って帰りましょう。

頂上から、さらに右折して登って、「城山西小」の所へ下り、「みささ霊園」経由で帰ってきました。

帰宅して確認したら、なんと「金子君が優勝!」。 すばらしい! つ~ことは、私が応援に行かない方がいいのでしょうか(^_^;)

さて、夜中スタートに向けて、仮眠しておきましょう・・・・でも暑くて寝られないかも、エアコンは嫌いだし・・・(^_^;)

| | コメント (8)

2012年8月 2日 (木)

金子君の応援に

今日は、金子君の地元「宇都宮競輪場」での初レース2日目。

ということで、NAMAZU木曜練を兼ねて、応援に行ってきました。

002 ←8時にS崎監督さんのお店「B☆P栃木」に集合。

003 ←あまりの暑さに、まずは、近くのコンビニで飲み物を買い込む。 S崎監督は、得意のドーピング(^_^;)

004 008 ←良いペースで走って行くと・・・

Photo ←「ブリッツェン」の「普久原選手」が対向して来ましたよ!皆で挨拶したら、手を振って挨拶してくれました。 明るい性格がすばらしい(^_^)v

010 ←いつも休憩する「ネモトマーケット」で、苦しそうなS崎監督さん(^_^;) そうなんです、私の「作戦」にまんまとひっかかちゃったんですね~。

S崎監督さんが先頭義務果たして、後方へさがった所で、いっきにスピードをアップしてやると、S崎監督さんは疲てるのに休めず、こうなっちゃうんですね~(^^♪

014 ←あまりの暑さに「S木さん」が皆に「ガリガリ君」をおごってくれました。 ごちそうさまでした(^_^)v

016 ←「熱風」の中を走って・・・・

017 ←競輪場の近くの「すき家」で、早めの昼食。 私は食事よりも、「冷たい水」飲み放題がうれしかったです(^^♪

019 ←もうすぐ競輪場です。

020 ←おっと「hiroさん」も応援に来てくれました(^_^)/

021 ←金子君は、昨日の予選は「3位」。 今日の準決勝は「2位」でした。 ちょっと、いつもの、切れのあるダッシュが見られなかったのが残念でした・・・・ここに来て「疲れ」が出ちゃったのかも。

023 024 ←帰りにみんなで記念撮影(^_^;)

帰路は、めちゃくちゃ暑いのに、みんながガンガン飛ばすので、「抑えて、おさえて」と叫ぶのに必死でした(>_<)

「明日も行く」とか言ってるけど、明日の深夜にブルベのスタッフとして出発するので、どうしようかな~(^_^;)

| | コメント (10)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »