« 600kのリベンジ 往路編 | トップページ | 降ったり止んだり »

2012年9月17日 (月)

600kのリベンジ 復路編

さて、復路に入れば、今までの向かい風は「追い風」になるだろうと思っていたら・・・・いつのまにか風向きが逆転していて、またまた「向かい風」ですわ~(T_T)

067 ←遠く、かすかに見える「月山」にも、さすがにもう雪は無さそう。

069 070 ←一路、南下しますが、ものすごく暑い なんだか栃木あたりより暑いんですけど! 日射が皮膚に突き刺さるような強さ(>_<)

071 ←自販機が有ったら、即停車してその場で飲み干す!こんな時でも「ノンカロリー」を選んでしまうのが「ダイエッター」の悲しいサガ(^^ゞ

072 ←で、いよいよここから「熊」ちゃんが出ると言ううわさの、「村山西部広域農道」!

073 074 ←「試走」のときには夜の走行だったので、良くわからなかったんだけど、こうして昼間に来てみると、わずかながら住宅も有り、熊が出そうな感じはしない。

ただ、日陰がなく、ものすごく暑い 当然、自販機などは見当たらない。

075 ←と・・・・出ました! 熊注意の看板!

076 077 ←あちこちにやたら立ってる! やっぱり出るんですね~。 ということで、「熊鈴」は持ってないので、かわりに自転車の「ベル」を鳴らしながら走りました(^_^;)

途中、町の「パトロールカー」が巡回してるのも見かけましたよ。

078 ←ほぼ抜けた所から振り返って。熊に出会わなくて良かった~(^_^)v

079 ←で、PC6(338.3km)の「7飯豊椿店」に到着。

080 ←猛烈に暑いので、飲み物とミネラル補給は欠かせません。

ここから小さな峠を越えて国道121号線へ入り、「道の駅田沢」を通過して「大峠トンネル」まで約17kmの登り。

「試走」の時は夜だったので、ほとんど車は通っていなかったけど、今日は平日の昼間ということで、大型車も含め、ガンガン走ってますがな~(>_<)

こんなに交通量の多い中、全長4kmもある大峠トンネルを抜けるなんて、自殺行為に等しいんじゃないの!

どうしよう、どうしようと悩みつつ、ついにトンネルの入り口に来てしまいました・・・・

歩道は有るけど、狭くて自転車では走れない。 車道を行くしかない!

意を決して「突入」!・・・・悩んでたので、写真撮り忘れ(T_T)

4000mタイムトライアルだと思って、全力で走ります! でも、向かい風なので時速33kmぐらいしか出ない(T_T)

1500mあたりで、後ろに大型車が2台来てしまった・・・・ものすごい轟音(>_<)

大きく避けて行ってくれたけど、メチャ怖かったです。

そういうことを3回繰り返して、やっと出口に出ました(^_^)v

でも、この先には短いけどまだ「7つ」もトンネルが断続的に続くんですよ~。 ここからはくだり基調なので、飛ばして走り・・・・

081 ←やっと7つのトンネルを無事に通過し、ホッとして振り返って撮ったもの。

082 ←「日中ダム」

084 ←暮れなずむ中を走って・・・・

085 ←通勤帰りの人たちで混むPC7「ファミマ喜多方桜ヶ丘店」(392.8km)に到着。

086 ←きれいな「夕焼け」の中、次の難関、「取上峠」へ向かいます。

087 ←この「大塩温泉街」から、登りがキツクなる。

この峠も山の中で人家が無く真っ暗だけど、ちょうど通勤帰りの車が時々通るので寂しくは無かった(最初のうちだけ)。

088 ←気温もこんな感じで、寒くは無い。

頂上付近に来ると強風が吹き荒れていて、ゴーゴーという木々のざわめきが不気味(>_<)

089 ←頂上手前にある温泉施設。 わずかな明かりでも、見るとほっとする。

くだった「道の駅裏磐梯」でトイレを借り、ヤッケも着る。

090 ←桧原湖畔を走り、早朝に寄った「7猪苗代若宮店」PC8(432.9km)に到着。 明るい窓のところには、大きな蛾がたくさん来てるので、自転車を暗い所に寄せました(^^ゞ

ここからは平地&くだり基調の道を飛ばし、途中「会津若松市街」を見下ろすカーブから宝石のように輝く夜景を見ることが出来ました

091 ←で、PC9「北会津中学校前店」(468.2km)に到着。

ここは「試走」のとき、「10円玉おじさん」に泣かされた思い出の店^^;

お尻がちょっと痛くなってきてたので、ここでもう一枚、上からレーパンを履いてみました。 レーパンの2重履きですね(^_^)v

感じは・・・・そんなに変わんない感じ。 

痛くなっちゃってからでは、なにやってもダメですね^^;

そんなことより、ここで「重大な問題」が発生!

このまま、「氷玉峠」へ突入すると・・・・・「真夜中」に登ることになっちゃうんですけど(゜o゜)!

今までの峠は、けっこう「車」が走っていたけど、氷玉峠は車は来ないでしょう。 つ~ことは、真っ暗な山道を10kmも一人で登るの?

怖~い! 無理っぽい(T_T)  事前の計算では、登る頃には夜が明けるはずだったのに。

093 ←でも行くしかない! もう泣きたい気分(T_T)

登りはじめると、いきなり前方ど真ん中に細い顔の「狐」らしきものがお座りして、光る目でじ~とこちらをにらんでいる! 

近づいても逃げない・・・・・なんだか「化かされそうで」怖い!

「こらっ!」って、大声上げたら、脇の草むらへ入って行きましたが、うしろから「撃墜」されそうで、振り返りながら登りました^^;

音も無く、真っ暗闇の中を淡々と登る。 カーブに番号がついてるわけではないので、さっきの狐に化かされちゃって、同じ所をぐるぐる登ってるような気もするし・・・・・。

095 ←「大内宿まで8km」と書いてある標識・・・・・さっきも、おなじ距離数のが有ったような・・・・化かされちゃってます?

後ろ振り向くと・・・「真っ暗」。漆黒の闇って、こういうのを言うんでしょうね。

「熊出没注意」の看板は無いから、熊は居ないんだろうな~、居ないと思いたい! 居ないで欲しい!

しっかし、こんな所で、もし「パンク」でもしたらどうすんのよ! こんな所でパンク修理なんか、怖くて出来そうもない。

096 ←8%表示が多かったから、ここの最大勾配は8%なのかな? だとすると、試走のときに6段ギヤ付きママチャリで登れなかったのが、どうもげせない。

099 ←なんとか「恐怖」に打ち勝って、頂上付近のトンネルまでたどり着きました。 やったー(^_^)v

で、大内湖畔までくだって来たら・・・・・

突然「大音響」で「ピ~ンポ~ン、カ~ンコ~ン」とチャイムが全山に鳴り響き、思わず急ブレーキ(゜o゜)!

こんな「深夜」に何事でしょう????

と・・・おねいサンの声で「こちらは・・・電源・・・・開発・・・です。 まもなく・・・・ダムの・・・・放流が・・・始まります・・・・大内湖の・・・・水位が・・・・・上昇・・・・しますので・・・・付近に・・・・おられる方は・・・ご注意・・・・ください」

こんな深夜に、ダムの放流??? ははぁ~ん、ここは「揚水型発電」の「上部ダム」なんですね。

102 ←「大内宿」のところから、こんどは「中山峠」越えです。

その前に、ものすごく寒いのでアームウォーマーとヤッケを着ましょう。 なんで、頂上より下のほうが寒いんだろう?

お腹もすいたのでPC7のコンビニで買っておいた「チキンクリスピー」を食べる。 ものすごく美味く感じる(^_^)v

真っ暗闇の中で食事しながら、ふと空を仰ぐと、なんと「降るような星空」! メチャきれい! しばらく見とれていました

お次の中山峠も、何か出そうだったけど、何も出ず、くだりへ。

と・・・工事中の場所のカーブを曲がったとたん、大雨で流れてきたらしい砂利が道路を埋め尽くしている所へ突入!

ブレーキ効かない、足で止まろうとしても流される・・・・ガードレール寸前で停止。 ビンディングだったら、完全に「落車」でしたね。

あんな山の中でケガしたら、救助されるかどうか(>_<)

このあと、国道121号を避けて、平行してる別な道を行く予定だったんだけど、時間が時間なので、121号もすいているだろうということで、コマ図通りに走りました。

121号線はガラガラでした(^_^)v

103 ←で、最後のPC10「ヤマザキ会津高原店」(530.1km)に到着。

104 ←もう「時間内完走」は確実なので、イートインコーナーでのんびりとカップめんを食べる。 本番のときのここでのことが、いろいろと思い出されて楽しかったです(^_^)v

105 ←「山王トンネル」まで登り、栃木県に戻ってきました。あとはゴールまでくだり基調なので楽勝!

が・・・油断大敵!

お腹が膨れたら、気が緩んだせいもあり、「マイクロスリープ」の連続! だんだんひどくなり、(-_-)zzzの合間に「マイクロ覚醒」状態になってきたので、危険と判断。

ちょうど工事中の広い箇所があったので、そこの法面によりかかって座り、「仮眠」。

20分ぐらいだと思うけど、起きたらあたりは明るくなってました。 ものすごく寒い(>_<)

106 ←五十里ダムを通過。 

川治→鬼怒川→今市→宇都宮と走って・・・・

109 ←「森林公園管理センター」に、無事ゴールしました。

制限時間40時間のところ、36時間19分でした。

これで、懸案だった「リベンジ」成功です(^_^)v

                FIN

|

« 600kのリベンジ 往路編 | トップページ | 降ったり止んだり »

コメント

リベンジ完走&記事完成、お疲れさまです。
真夜中の氷玉峠越え痺れますね。キツネも相当驚いたのではないでしょうか。
それにしても、あの8%表示はちょっと(逆)鯖読んでますよね。あきらかに10%超の箇所もあったように思うのですが・・。

完走時間36h19m、偶然でしょうが私の試走完走時間と一緒です。私はロードだったのに(涙)。

投稿: yama | 2012年9月17日 (月) 20時12分

なんか、リベンジは余裕のよっちゃんじゃないですか。
天気良し、星まで降っちゃったら、言うことないでしょう。
平日と時刻がちょっと違うと、景色もかなり違いますね。
お疲れ様でした。

投稿: ふつうのパパ | 2012年9月17日 (月) 20時55分

リベンジお疲れ様でした。
朝晩の寒暖の差が大きくなってきているので気温対策は重要でしたね。

夜の下りはコーナーは注意が必要ですな。
怪我しなくてなによりでした。

投稿: ロンリーH | 2012年9月17日 (月) 21時16分

お疲れさまでした。
ロードのyamaさんと同タイムですか!吃驚仰天!

投稿: abe | 2012年9月17日 (月) 21時16分

yamaさんへ

真夜中の「氷玉峠」越えは、もう2度とやりたくありませんね(^_^;)

あれ、タイム同じでした? yamaさんも、もう一度やれば、もっと良いタイムが出るのではないでしょうか。 真夜中の「氷玉峠」越え、ぜひ!(^^)

投稿: へばな | 2012年9月17日 (月) 21時16分

ふつうのパパさんへ

ぜんぜん余裕じゃないですよ~、泣きながら走りました(^_^;)

あのコースを「雨」の中走っちゃったパパさんは「おかしい」ですよ。 私だったら、ぜったいにDNSですね(^^)

投稿: へばな | 2012年9月17日 (月) 21時20分

いや~ 単庫本読んでる感じです
熊の出る山道じゃないけど長井市にもトライアスロンでいっているのでなつかしく見ました 両サイドが田んぼで市のプールを使ってスイムをやりました。
歩道の狭いトンネル それも夜中に それと夜中の峠越え 一人で何かあったらおわりですよ~  もうやめて~~
二日間で20分の仮眠だけで走りっぱなし・・・
凄い   と言うより  何にも言えね~~

投稿: kym(若爺) | 2012年9月17日 (月) 21時21分

ロンリーHさんへ

明け方の沢沿いの下りは、ものすごく寒いですね。でも、天気が良かったので助かりました。

工事中で、仮設の道路らしく、狭くて急勾配だったので危なかったです。 落車しなくて幸運でした。

投稿: へばな | 2012年9月17日 (月) 21時25分

abeさんへ

yamaさんは「試走」でいろいろと確認しながらですから、その分時間がかかるんですね。
私は2回目なので、ルートも憶えてますし(^^)

投稿: へばな | 2012年9月17日 (月) 21時27分

kym(若爺) さんへ

あれ「長井市」にまで行ったことが有るんですか~、さすがですね!

ほんと、何かあったら「終わり」ですよね。 でもブルベのコースは、車の少ない山間部を走ることが多いので、しかたなくこうなっちゃいました<(_ _)>

投稿: へばな | 2012年9月17日 (月) 21時33分

本気を出したんですね。

投稿: | 2012年9月17日 (月) 22時25分

本気出したんですねさんへ

いえいえ。「試走」の時の6段変速ママチャリでの時のほうが「本気」モードでしたよ、時間に追われてましたから(^_^;)

今回は自転車の重量が前回より4kgほど軽かったので、時間内に走れたのでしょう(^_^)

投稿: へばな | 2012年9月17日 (月) 22時58分

漆黒の闇をひた走る恐怖のご報告読み応え十分でした。夜の山沿いは本当にいやですね、わたしにはとても走れません。熊も夜には寝ているんだと思いますが、オバケは夜に出ますからね。
闇の中流れた土砂にはまって転倒などしなくて本当によかったです。600ともなるとやはり眠気との闘いにもなるんですね。
今回は余裕で無事ゴールされリベンジが叶い本当におめでとうございました。

投稿: koji | 2012年9月18日 (火) 06時10分

お疲れさまでした。ロードの私よりも速い,..。○| ̄|_

投稿: なでら男 | 2012年9月18日 (火) 06時24分

kojiさんへ

今回はリベンジということで、真っ暗な山の中を「必死」に走りましたが、「リベンジ」でもなかったら、私も走りませんね~^^;

今回もいろんなことがありましたが、「無事」に帰宅できたことを感謝しています(^_^)v

投稿: へばな | 2012年9月18日 (火) 09時06分

なでら男さんへ

なでら男さんたちは、「試走」ということで、いろいろ調査しながらの走りですから、時間かかって当然ですよ。

今回の自転車は、ママチャリよりかなり軽いので、ロード並みに走れたものと思われます。 ダイエットして、体重も軽くして臨みましたし(^^ゞ

投稿: へばな | 2012年9月18日 (火) 09時11分

リベンジやりましたね!お疲れさまでした!
しかし…圧倒的に速い…ですね…普段のトレーニングはやはりこういうところで活きるんですねー。○| ̄|_

投稿: ふぃりっぷ | 2012年9月18日 (火) 18時54分

ふぃりっぷさんへ

ありがとうございます! でも、ぜんぜん速くないですよ(^^ゞ

「ふぃりっぷ」さんのように「大雨」の中を走られた人はすごいと思います。 私は雨ならDNSのつもりでしたので^^;

投稿: へばな | 2012年9月18日 (火) 19時53分

お疲れさまでした。
リベンジ、オンタイム良かったですね。(^O^)
冷たい空気の方が、下の方にたまるので
山頂よりも下の方が寒いのでは?

投稿: テクセラ | 2012年9月18日 (火) 21時35分

おつかれさまでした!

あの日の記憶が懐かしく蘇ってきましたよ。
写真で景色を楽しめて良かったです。

日が短くても夜間が楽しそうですね。
漆黒の闇の中の夜空なんて、たまりませんね!

投稿: あおあお | 2012年9月18日 (火) 21時42分

お疲れ様でした。
リベンジと言って、サクッと600を完走してしまうところが凄いですね。普段のトレーニングの賜物ですね。

投稿: 岳人 | 2012年9月18日 (火) 22時35分

テクセラさんへ

ありがとうございます! リベンジが果たせて、ほっとしてます(^_^)v

やはり、冷たい空気が下に溜まるんでしょうかね。ものすごく寒かったです^^;

投稿: へばな | 2012年9月19日 (水) 08時40分

あおあおさんへ

「大雨」の中走られた「あおあお」さんの場合に比べたら好条件だったので、なんとか完走できました(^_^)v

「漆黒の闇」は怖かった反面、きれいな星空が見えたりという良い点もありました(^^ゞ

投稿: へばな | 2012年9月19日 (水) 08時46分

岳人さんへ

ぜんぜん「サクッと」ではないんですよ~。トンネルは怖いし、日向は暑いし、夜は怖いし・・・もう、泣きそうになりながら走りました(^_^;)

投稿: へばな | 2012年9月19日 (水) 08時49分

へばなさんは、鉄人ですね。
楽しく拝見させていただきました。もう、へばなさんのリベンジ日記読んで走ったつもりになれたので満足です。
私なんか大雨の600kmをDNSしておいて、リベンジなんて考えも及ばなかったです。
いや、まいりました。とてもかないません(^^;;
しかも36時間台ですしね。

投稿: HEIZO | 2012年9月20日 (木) 20時52分

HEIZOさんへ

ありがとうございます。 なんとかリベンジできました(^^♪

いやいや、速いHEIZOさんなら、600kmなどあっと言う間でしょう。 また来シーズンよろしくお願いいたします(^_^)/~

投稿: へばな | 2012年9月21日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 600kのリベンジ 往路編 | トップページ | 降ったり止んだり »