« 600から帰宅 | トップページ | 600k試走(復路) »

2013年7月14日 (日)

600k試走(往路)

21時に家を出て、スタート地点の「宇都宮森林公園」をめざす。 雷雲は、どうやらおさまってきたようなので、だいじょうぶでしょう。

早く着き過ぎたので、街灯のある「サイクリングターミナル」の前で時間をつぶす。

002 004←0時になったので、いよいよスタート!


005←「矢板」を抜け、走り慣れた道を走って、いきなりですがPC1の「セブン那須関谷店」に到着。 平日なのに、意外に大型車は少なく、大助かり。

ここのレシートの時間が2:43。 クローズが3:24なので、まあまあ良い調子だ。

007←気温は、22度。 暑くも寒くもなく、ちょうど良い。

008←この中学校から70mくらいのところで、つい先日も「熊」が目撃されているので、緊張して走り抜ける(^_^;)

009←那須を抜け、福島県へ入ると夜が明けてきた。

011←PC2の「セブン大信増見店」に到着! ここのクローズが6:32。 レシートの時間は5:23。 1時間以上の余裕あり。

ここから今度は「猪苗代湖」をめざす。 風は向かい風だが、去年ほどは強くないので大助かり。


012←N118からN294へ左折し、「勢至堂峠」への登りにかかる。 今日最初の長い登りだ。


014←まあまあの調子で登れた。 直前の数日間の体調不良のわりには、良いペースでここまで走れてることがうれしい(^^)v

この調子なら、600kmも「案外楽勝じゃね」・・・な~んて内心思ってたわけですよ、この時点では (^_^;)

トンネル抜けたところから、ついに雨が断続的に降って来ました。でも小雨なので、カッパは不要。

015←くだって、ここを右折すると「御霊櫃峠」への登り口。 一度は登ってみたいと思いながらも、指をくわえて前を通過するだけなのが残念。


018←で、猪苗代湖と磐梯山が見えてきました。左からの風(西風?)が強い!


021←磐梯山を左手に見ながら走ります。通勤時間帯でも車は少ないので大助かり。

022←PC3の「セブン猪苗代若宮店」。ここへ着く直前に「土砂降り」! あと数分待ってくれたらびしょ濡れにならなかったのに(T_T)

ここのクローズが10:24。レシートの時間が8:46。1時間38分の貯金が出来てます。これから「磐梯吾妻スカイライン」を登るので、この貯金はうれしい(^^)v

N115は母成方面への分岐までは路肩が荒れているので要注意。

023 024←スカイラインへ入る前の登りがけっこうきつい。「登坂車線」という標識見ただけで気持ちがなえる(^_^;)

026 027←小雨が降ったりやんだりの中を登り続ける。 風強し  


029←やっとゲートが見えてきました。現在は「無料開放中」。

032 033←急ではないが、長い! おまけに強風にあおられるので走りずらい。

034←おっ、峠という名前が出てきました。しかもこの先から下り。 やっと頂上に着いたか! それではと、ヤッケを着て、くだりに備える。

が・・・そうは問屋が卸さず・・・ちょっと下って、またまた登りが!


036 037 038 039←おいおい、一体どこまで登らせれば気が済むのでしょう?

040←やっと出ました「最高点」! バス停の名前が「最高点」ってのがすごい! この先に車が止まってますよね、あそこらへんが実際の最高点で道路のペイントもあります。

042←ここですね。

043←さて下ろうとしたら、なにやら「噴煙」が! えっ、ここって活火山なの!

044 047←「浄土平」。ここでトイレ休憩しようとしたんだけど、ものすごい「暴風」で、自転車ごと吹き飛ばされちゃいそうで、とても止めておけなそうなので、通過。

049 051 053 054←いや~すごい景色! ちょうど「草津白根山」にそっくりの光景にびっくり! 火山ガスの臭いもしてるし。

056←下の方には「福島市」?の街並が見えます。

058←延々と下って来ますが、かなり下ったところで見かけた「山形新幹線」。けっこうな急こう配を登って行くのでびっくり。

浄土平からのくだりは長く、途中でブレーキを握る手が痛くはなるし、飽きてきて眠くなっちゃうし、さらには「無散水融雪道路」とかのコンクリート路面が2か所出てくるんだけど、「洗濯板」状態でガタガタしてて危険(+_+)

059←そんなこんなで、やっとPC4の「セブン飯坂八景店」に到着。ここのクローズが14:44。 レシートの時間が13:21。 1時間23分の貯金。 スカイラインの登りが有ったことを考えると、まあまあだな~(^^)v

060←出てすぐにトンネルがあるんだけど、右手に広い歩道が付いてるので安心。

061←おっと、いつのまにか「軽井沢」を走ってますが・・・(^_^;)

062←しばらくはのどかな「摺上川」沿いを走ります。 自販機は合計3か所ありました。 JAのところにはJAでやってる小さなスーパーのようなものが有りましたが、土曜日に開いてるかは不明。

064 066←摺上ダムとダム湖。ここから先は人家無し。

067←交通量ぜんぜん無いのに、立派な歩道が両脇についてるトンネル。 ダム関係ということで予算が付くんでしょうね(^_^;)


068←振り返って撮ったもの。この高さが半端ではないでしょ。下から見上げると、ほぼ垂直で、よくあの地震で崩れなかったものだと、技術の高さに感心しました。

070←前方はこんな感じ。緩い登りです。

071←こんな道なのに「国道」という標識が、臆面もなく立っているのがすごい! 5時スタートだと、遅い人は暗くなってからここを走ることになるけど、どうなんだろう?

情報によると、この先に「消防のポンプ小屋」があって、そこを右折となってるけど、どうみてもこんな山の中に「ポンプ小屋」など有りそうにない。

もしかして、通り過ぎちゃったのかもという不安がよぎる(T_T)


072←が、いきなり出てきました! しかも人家までありますがな!

073←あまつさえ、安心して写真など撮っていたら、いきなり地元のローディーに「撃墜」されちゃいました。宮城県まできて撃墜されるとは・・・・(T_T)

「遠くから来たんですか?」と聞かれたので「栃木から来ました」と答えたら・・・「え”っ」ってびっくりされておられた。

074←右折して「稲子峠」へ。 いきなり急坂。でも、すぐにゆるくなり、間もなく頂上。 なんだよ「楽勝ジャン」などと思っていたら・・・しばらく下って、そこから再び長い登りが!でも、急坂ではないので助かる。

075←頂上からのくだりは、このような大きな穴が何か所も開いているので夜間や雨の時には要注意。

下ってN113を左折してさらに県13に入り、「金山峠」への登りに入る。

076←ここが金山峠の頂上。 この登りも急ではないです。ここから山形県に入ります。ここの下りは、きれいな道です。


077←「上山」の市街地に入って来ました。この先の折り返し地点のPC5はコンビニではないので、この市内で補給しておきます。 が、お店を出て来たらいきなり大雨  

078←広域農道を登っていると、前方に車と人が止まっている! 「なでら男」さんが応援に来ると言っていたけど、違う人のようだ。 で、声をかけられて止まったら、なんとわざわざ応援に駆け付けてくださった初対面の「KOMA」さんというお方でした!

私なんかのために、しかもいつ来るかもわからないのに、わざわざ応援に来てくださって、本当に感謝感激でした!

080←雨は止みそうにないけど、あと少しで折り返しなので頑張る!

081 082←折り返し地点のPC5「最上川ふるさと総合公園」には雨の中「なでら男」さんが待っていてくれました。 差し入れもいただき、ありがとうございます(^^)/

Photo←(なでら男さん提供)。止まったら寒くなってきたので、カッパを着て復路へ突入して行きます。 貯金は1時間15分ほどあるけど、復路には「白布峠」と「氷玉峠」の難所が待ち構えているので油断できません。

復路へんへつづく・・・・











































|

« 600から帰宅 | トップページ | 600k試走(復路) »

コメント

お疲れ様です。
天気は安定していなかったのですね。
復路レポート楽しみに待ってます。。

投稿: 岳人 | 2013年7月14日 (日) 19時04分

岳人さんへ

そうなんですよ。まぁ多少は降られるだろうと予想してたんですが、こんなに降られるとは・・・(T_T)

写真が多くて、整理するのに時間かかってます。復路編は、もう少しお待ち下さい<(_ _)>

投稿: へばな | 2013年7月14日 (日) 20時06分

この日は会社で一日中地図とブルべのルート図を見ながら、“へばなさん”は今どこを走っているんだろうなんて考えていました。恨めしいことにわたしの職場には外の見える窓が全くないんです。ただただ、天気がいいことだけを願っていました。
スカイラインを抜けて摺上ダムを抜けて・・・往路の300キロを1時間15分の貯金を作って寒河江までですからねえ、やはり凄いです!

投稿: koji | 2013年7月14日 (日) 22時33分

kojiさんへ

いつもご心配かけどうしで、申し訳ありません。お仕事の方は大丈夫だったでしょうか(^_^;)

300kmまでなら、どうにか大丈夫なんですが、その後がいけません。白布峠の10%連続には、いつも負けてます(T_T)

投稿: へばな | 2013年7月14日 (日) 23時20分

へばな師匠
700km越えの超ロングライド、大変お疲れ様でした。
詳しい写真のレポートが素晴らしいです。
写真の時間もロスタイムに入ってしまいますので、当に骨身を削った渾身のレポートですね。

今はゆっくりしてお体を休養してくださいませ。

ありがとうございました。m(_ _)m

投稿: masa(茨城) | 2013年7月15日 (月) 00時55分

へばな大魔神様、こんにちワン!!
お疲れ様でした~!!
復路編も楽しみにしておりマース!!
時間を気にせず、観光しながら走れると良いのにネ!!
これからの”ブルベ”は、必ず観光地で観光するとか、必ず名物を食べるとかして、それらの入場券や領収書をタイムレコーダ代わりにするとかネ!!!

投稿: エヴァニョ~ロ | 2013年7月15日 (月) 10時30分

masa(茨城)さんへ

なんだか、ブルベがどんどん「過酷なコース」になってゆくのか、「私の体力」が衰えてゆくのか、その両方なのか? 最近、ぜんぜん600kは完走出来てません(T_T)
最近は、masaさんに教えてもらった「股割」をさぼってるせいかな・・・(^_^;)

投稿: へばな | 2013年7月15日 (月) 13時37分

エヴァさんへ

そうそう、そうなんですよ!
せっかく、遠方まで行くんですから、行って帰るだけではもったいないですよね。
「途中で観光」・・・これは「名案」だと思います(^^)/

投稿: へばな | 2013年7月15日 (月) 13時39分

へばなさんが通過した際も「浄土平の暴風」に遭遇しましたか。あれは危険でしたねえ。
往路、個人的には酷道399に強い印象が残りました。東北には階段国道といい、寒河江のN458といい、すごい道がありますね。酷道を巡るブルベなんてのも良いかも。

投稿: yama | 2013年7月15日 (月) 16時00分

yamaさんへ

浄土平の暴風には、やられました。写真を撮ろうとして、なんどもカメラ吹き飛ばされちゃいそうでした(+_+)
「酷道ブルベ」いいですね~。まずはスタッフだけでやりましょうか。何人生きて帰れるか・・・(^^)v

投稿: へばな | 2013年7月15日 (月) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 600から帰宅 | トップページ | 600k試走(復路) »