« 山岳試走その1 | トップページ | 積乱雲 »

2013年8月31日 (土)

山岳試走 その2

さて、夜も更けてきましたが、これから走るコースはこんな感じなわけです。

まずは「暮坂峠」をめざしてN292をくだります。 草津市街地は濡れていなかったけど、くだってくると路面が濡れてる。 少し雨が降ったようだ。

道の駅「六合(クニ)」を過ぎて・・・・

116_2←このT字路を左折して「暮坂峠」の登りに入ります。平日だから少しは車も通るだろうと思ってましたが、1台も通りません(T_T)

ここは、反対側から登ったことはあるのですが、こちらから登るのは初めて。 真っ暗で不気味。 熊注意の看板は無いけど、用心のためベルを鳴らしつつ登る。 こんな所でパンクだけはしないでほしい。

でも、心配してたほどの勾配は無く、案外スイスイ登れた。

峠を越えると、ず~と「西中之条」の信号まで長いくだり(途中、N353に入ったところで、路面打ち直しの工事区間有)。なんだよ~「楽勝じゃないの」って思っていましたが・・・・・AJ宇都宮の「山岳」が、そんなに楽勝なはずは無く・・・・。

「西中之条」から「N17号」へ抜けるD53号線の長いこと! 延々と登りですわ~。 しかもほとんどが人家の無い山の中(T_T) 斜度はそれほどでもないけど、もうかなり疲れてるし、眠いので力出ません。

N17どころではなく、このまま夜が明けたら福島県に入っているんじゃないかと思うくらい長く感じる。 真っ暗だから、周りの景色も見えないので、同じような所をぐるぐる回ってるような気もする(^_^;)

ただD53の標識は完備されていて、分岐で迷うことは無かった。 事前に地図で見た感じでは、間違えそうな分岐が3か所ほどありそうだったので、注意してたんだけど、そういう所には必ず標識が立っていて、大丈夫だった。 路面も良い。

121←寂しい山の中を走り続けて、どうにかN17号に出ました。この時間だと、さすがにN17もガラガラ。

122←途中、サイスポセンターへの入口を確認して、PC1の「ローソン群馬赤谷湖畔店」に到着。 暗い山の中から出てきたので、この明るさがうれしい(^^)v

店員さんはおじさん一人で、ヘルメット姿の私をうさん臭そうに見ている。 なんだか気難しそうな人で、話しかけるのやだな~。 でも、勝手とは言え、一応「試走」なので8日に50人ぐらい買いものすることを告げなければならない。

で、勇気出して話しかけると、意外にしっかりした良い対応でびっくり! 人は見かけによらないものだ。 「何名様ですか?」「何時ごろ到着でしょうか?」 「草津からだとお昼ごろになりますかね?」などと、聞き取りながらちゃんとメモしてる。

私が「走力が違うので、ばらばらに来ると思います」と言うと、おじさんは笑顔で「そうですよね~、わかりました。当日の担当者に伝えておきます」と。

おかげで、気持ち良くこのPCを後にすることが出来ました。 そう言えば、人と話したのは久しぶりだったな~。前日のPC2の「セーブオン」以来だ(^_^;)

さて、少しN17を戻って、先ほど確認して置いた「サイスポセンター」への道であるD272へ左折。 ここもすぐに人家の無い山の中の登り坂になる。先ほど走ったD53ほどは長くないけど、眠いし足の力もなくなってるので、やけに長く感じる。 ベルを鳴らしながら登り続ける。

124←いやになった頃、ついにサイスポセンターに到着。この先からは下りです(^^)v

126←「月夜野」の市街地あたりは、少しの間、明るい平坦な走りで助かる。

127 129←だが、そんなのもつかの間。ここが「利根沼田望郷ライン」の入口。 左側の横断歩道の標識と左前方下にある「玉泉寺」の看板が目印。 この手前に十字路がありますが、その先のこのT字路を左折ですから。 左折してから振り向くと、右手に大きく望郷ラインと書いてある看板が見えます。

133←この「望郷ライン」は「広域農道です」って書いてあるのに、それにしては立派なトンネルが出来てる。この三峰トンネルなんて、1605mもの長さがあり、群馬県で6番目に長いトンネルなんだとか!

134←さらにもうひとつ、5~600mぐらいの短いトンネルが!

135←夜が明けてきた中、やがて「川場村」に入る。ここの道沿いにあった立派なバス停。 なんとトイレまで付いているんですよ! 少し眠かったし、走るのに飽きて来てたので、ここで仮眠をして行きましょう。

座布団を横に並べて眠ろうかと思ったけど、近所に人家もあり、農家のおばさんなんかは朝早いから、散歩していて、私のような部外者が寝ていたら文句言われそうだし、バスや乗客が来ちゃったらさらにまずいことになりそうなので、座ったままで10分ほど寝ました(^_^;)

この先からD64号「奥利根ゆけむり街道」に入ります。これがまた延々と登りなんですよ。 斜度はそれほどでもないけど長い! 以前のブルベで反対側から登った記憶はあるのですが、くだりこんなに長かったかな~? 平日の朝ということもあり、交通量はものすごく少ない。

136←頂上のトンネルからはN120号との合流地点までず~とくだりで、寒い!体が冷えちゃったので、N120に入ってすぐのPC2「セブン片品須賀川店」でシーフードヌードルで体を温める。

ここはちょうど朝の混雑する時間帯で、お客で混んでいたので、ブルベPCの事は言い出せなかった。 今度の土日にyamaさんが試走で走るので、yamaさんが伝えてくれるでしょう(希望)。

このN120も路肩が無く、そのわりには「尾瀬」に向かう大型観光バスが列をなしてすぐわきを通過するので怖い!ここも私の「嫌いな道百選」に入ります(^_^;)

さて、ここから最後の長い登り「金精峠」までの約30kmを頑張りましょう!

「丸沼スキー場」の入口右手奥に有る湧水(誰でも自由に飲める)で水を補給し、さらに頑張る。

137←丸沼を過ぎ・・・

138_2←怪しい雲が出てきたので、雷雨にならないことを祈りつつ・・・・

139←菅沼通過。ここまでくればあと少しだ。

141←暑い中、頑張って着きました「金精トンネル」!ここまで来れば、終わったも同然(^^)v

144←中禅寺湖畔までくだったら11時だったので、この先にある例の「浅井精肉店」でお昼を食べて行きたかったけど、体中汗まみれなので、これではほかのお客さんに迷惑がかかるでしょう。 通過しながら見たら、お店が開いたばかりのようで、イスが一つ空いてました。あ~食べたかった(T_T)

146←本当にここが最後の登り、泣いても笑ってもここが最後です「滝が原峠」。こちら側からは短いし楽勝。

149←で、今回も、ここ「赤行橋」の所でコースから離脱。 ここからゴールの「ニューサンピア」までは9.2kmですが、私はまだ家まで32kmも走らなければなりません

148←あっ、そうそう。今回は「チタニコ」のサドルの張り具合を調整しながら走りました。 前半は固めにして置き、後半違和感が出て来たら弱くして行くというやり方でやってみたら、お尻何ともなかったです、完璧でした。  ただ走りながら調整できるのですが、なんとなく他から見ると股間をいじってるように誤解されかねないのが、難点と言えば難点(^_^;)

以上で無事終了となりましたが、400kmだのになんだかSR600kmよりも辛かったですね。 獲得標高も9585mで1万mに及ばないのに。

最後になりましたが、今回もメカトラもパンクもなく走り切ってくれた愛車には、感謝です<(_ _)>

































|

« 山岳試走その1 | トップページ | 積乱雲 »

コメント

お疲れさまでした!
今回も楽しませて頂きました。
読み進んでいる内に、一緒に峠を上ったり、夜道を走った気分になり、ブルベ参加したつもり状態です^^v

投稿: abe | 2013年8月31日 (土) 16時50分

abeさんへ

読んでいただきありがとうございます!
山岳ブルベの雰囲気を少しでもお伝えできたら、書いた甲斐が有ります(^^)v

今日と明日、yamaさんがこのコースを試走しています。もう渋峠から下り、宿でのんびりくつろいでいるころだと思います。

投稿: へばな | 2013年8月31日 (土) 17時53分

お疲れ様でした。
しかし、辛いコースですね。
へばなさんの耐力には、ついていけませんね。
那須に行った時も、すぐにコンビニに逃げ込んでいました。(笑)

投稿: テクセラ | 2013年8月31日 (土) 18時44分

川場の地名は知ってます。
シャミセンで一泊ツーリングしました。
あの、山岳をままちゃりで、一人で、夜間に走るなんて人間にはできません。
やはり、師匠は宇宙人ですね。

投稿: hiro | 2013年8月31日 (土) 21時20分

テクセラさんへ

テクセラさんとはスピードが違いますから。
もしこのコースをテクセラさんが走ったら、24時間以内に帰って来ちゃうんじゃないでしょうか(^^)v

投稿: へばな | 2013年8月31日 (土) 22時05分

hiroさんへ

「川場温泉」での1泊ツーリングが常識的な走り方ですよね。
私みたいな走りは、ぜんぜん楽しくないです(T_T)

投稿: へばな | 2013年8月31日 (土) 22時07分

1戦、2戦ともに“へばなさん”の上手な写真と詳細な開設で臨場感タップリ、わたしには別世界のお話しですが、分かりすぎるほど分かる最高の自転車読み物でした。
獲得標高1万メートルの山岳2連戦の試走、本当にご苦労様でした。どうぞごゆっくりお休みになって体力回復にお努めください。

投稿: koji | 2013年9月 1日 (日) 02時33分

お疲れ様でした。仮眠もほとんどなしで、山岳二発をやっつけるとは、… (O_O)

サラッと書いてますが、なにか修行を積んだ高僧のようなイメージを持ってしまいます。(^^;;

そうか、今回は逆回りだったんですか。う〜ん、出たかったけど、今年の走り込み量では完走は危ういですね。

なんにしても、ごゆっくり、お休み下さい。

投稿: なでら男 | 2013年9月 1日 (日) 03時57分

しかし、タフだなあ。
特に渋峠から暮坂峠、大道峠、CSC、望郷ラインあたり、普通深夜走るところじゃないよね。出るとしたら、熊しか考えられないし。(笑)

前橋の暑さ、榛名への15.2%、奥利根ゆけむり街道の長さ、このあたりは大変参考になりました。

試走、お疲れ様でしたー。

投稿: ふつうのパパ | 2013年9月 1日 (日) 09時14分

kojiさんへ

長い文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
つたない文ですが、山岳の雰囲気を少しでも味わっていただけたらうれしいです(^^)v

投稿: へばな | 2013年9月 1日 (日) 10時16分

なでら男さんへ

そう「修行」ですね、これは! 山を駆け巡る「行者」なみですよ(^_^;)
数々の困難なブルベを完走してきたなでら男さんなら、なんなく完走できるコースですよ。来シーズンの復帰を楽しみにしております(^^)/

投稿: へばな | 2013年9月 1日 (日) 10時21分

ふつうのパパさんへ

榛名への登りとD53が特に印象に残りました(^_^;)
パパさんが走るのは昼間ですから、風向きと暑さがどうなるかですね。まあ、パパさんの実力なら問題ないルートだとは思います(^^)v

昨日と今日、yamaさんが試走してますので、そちらのレポートも参考にしてくださいませ。

PS なんだか、パパさんのブログへのコメントが出来なくなってるんですけど。 大芦渓谷の記事の・・・

投稿: へばな | 2013年9月 1日 (日) 10時29分

へばなさん、
コメントの件、自分のブログにも、返信のコメントできなくて困ってましたが・・・復旧したみたいです。

投稿: ふつうのパパ | 2013年9月 1日 (日) 13時43分

ふつうのパパさんへ

まだダメみたい。何度やっても、ダメでした(+_+)

投稿: へばな | 2013年9月 1日 (日) 14時13分

へばな師匠こんにちは~。安価白@向井です。

実は今回、初めてAJ宇都宮さんのブルベに参加させて頂きます。よろしくお願いしますm(_ _)m

それにしても、、聞きしに勝るハードさですねえ。。いきなりこんなのにエントリーなんて無謀だったかも(^^;

ただ(人ごとみたいに)この試走記事が面白くって読みふけっちゃいました(笑)
まるで冒険小説とか読んでるみたいでしたよ!
それくらいに、ドキドキワクワクしてることだけは、間違いありません。
完走できるかどうかなんてわからないけれど、それまでこのドキドキワクワクを楽しもうと思います。

投稿: 安価白 | 2013年9月 2日 (月) 12時16分

安価白さんへ

コメントありがとうございます(^^)/

いえいえ、安価白さんなら「楽勝」でしょう。あまり速くゴールされると、スタッフの方が間に合わないかもしれませんので、ほどほどのスピードでお願いいたします。
つ~か、安価白さんの力なら草津に泊まらないでも、その日のうちに宇都宮へ帰って来られるんじゃないでしょうか(^^)v

それでは、当日はよろしくお願いいたします。 天気が良いといいですね。

投稿: へばな | 2013年9月 2日 (月) 13時14分

ままちゃり・・・寝ずに・・・なんというお方でしょうへばなさんって。
ふぃりっぷさんが熱中症でDNFの知らせで意気消沈しています。
修行ですか・・ふう~。行きたくないよ~
宇都宮・・・鬼っ!!
デブにとって山岳はマジきついです。
今回も最下位で完走めざします。
暑すぎず雨も降らずそよ風が気持ちよくずっと追い風だけでありますように。
楽しみはユースでの飲み・・・

投稿: ちゃりけん | 2013年9月 4日 (水) 09時50分

ちゃりけんさんへ

えっ、ふぃりっぷさんはDNFだったんですか~(@_@)!

たぶん本番当日は、「猛暑・雨・向かい風」でしょう(大うそ)(^_^;)
ちゃりけんさんなら大丈夫ですよ。頑張ってくださいね! 当日お会いできることを楽しみにしております(^^)/

投稿: へばな | 2013年9月 4日 (水) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山岳試走その1 | トップページ | 積乱雲 »