« SR400? | トップページ | 山岳試走 その2 »

2013年8月30日 (金)

山岳試走その1

もっと早くやる予定でしたが、天気がいまひとつで、延び延びになっちゃったわけです。

この山岳ブルベの1日めはこんなかんじなわけです。

001←AM3時に家を出て、ここ「みさか霊園」あたりで夜が明けてきました。

003←今回も、ここ「赤行橋」でコースに乗ります。

005←振り返ると朝焼けがきれい。 天気は上々だ。

006←「小来川」から小さな峠を越えて「古峰ヶ原街道」へ。すがすがしくて気持ちいいです!


011←おっと、さっそく(^_^;)

012←神社着。 平日だし、早朝なので観光客いません。静か!ここからが登りが大変なので、気合を入れる。

014←古峰ヶ原峠頂上。先が長いので、ゆっくり登ったせいか、いつもほどはキツクなかったです。

015←「粕尾峠」経由でN122号へ入り、「大間々」方面へ。この道は車が多いのに道路が狭いので嫌いなんだけど、平日の朝ということもあり、空いていて大助かり(^^)v

016←が・・・平日なので道路工事が多い。ここは路面打ち直し現場。 ガードマンの人に聞いたら、かなり長い範囲をやってるということなので車を先に行かせ、最後尾で通過することにした。ガードマンの人も同じ意見。

向こう側で待ってる車に迷惑が掛からないように飛ばして通過してるんだけど長い!1km程ありそう。 ん?なにやら後ろに気配が・・・・じぇじぇじぇ、ダンプですわ~! ガードマンの人は私を最後尾にしてくれたはずなのに(@_@)

1000mTT状態でやっと通過! 先が長いのに、もうゼイゼイでした(+_+)

017←第1PC(チェックポイント)の「デイリー桐生黒保根店」に到着。 「7日に50名ほどがここで買い物しますのでよろしく」と店員さんに伝えたけど「ハイ~?」って感じで、良くわかっていなかったみたい(^_^;)

この先からAJ宇都宮でよく通るD333号線へ入りますが、いきなりの登りがけっこうきつい! もうかなり暑くなってきてるし

018←アップダウンをくりかえしながらD101号へ入ると、道はいいんだけど、このあたりは牛舎や豚舎や鶏舎が多いので臭いが・・・・(^_^;)

019←天気は最高で、気持ちいいです。ただ~・・・・

020←お店の前に有る5本ほどの旗、見えますかね? そう、すごい向かい風なんですよ。「赤城山」方面から吹き降ろしてくるのでしょうかね。

021←はるか下に前橋市街が見えますが、道が下りになると追い風に変わるのでスピード出まくり

023←お~、今年もこの季節が近づいてきましたね。

024←大鳥居が見えてきました。ローディーが一人、そちらに登って行きました。 今回のこのブルベには、ここ赤城山は入っていないので大助かり。 日影の無い南面を登るので、熱中症になりかねない(^_^;)

027←「坂東橋」が近づくと、前方に「榛名山」が見えてきました。 あの頂上まで登り、さらに「渋峠」まで登るのかと思うと、気が遠くなる

「坂東橋東」の交差点は、「常時左折可」のレーンが左に有るので左折車は信号にかかわらずノンストップで左折するので要注意! 歩道は橋の左側に付いてます。 

028←坂東橋から前橋の県庁方面を望む。 

029←それにしても「暑い」 ルートよりも、自販機探す方が先(^_^;)

030←ここがPC2の「セーブオン・吉岡上野田店」。 新しいお店らしく、トイレが大きくて綺麗でびっくり! ここの店員さんにブルベで50人ほどが来ますと伝えると「ありがとうございます。お待ちしております! お気をつけて」と丁寧な対応にまたびっくり。 

PC1がダメだっただけに、ここの対応の良さに、気分も良くなりました(^^)v

ここを左折して「広域農道」を走るんだけど、古い農道で道悪かったです。くだり基調なのはいいけど・・・。

032←やがてD28へ入り、いよいよ「榛名山」への登りにかかります。

033←ここにも、やっぱり

035←直線気味に登って行きます。 なんだか、もうはやくも疲れちゃって、暑いこともあり、スピードでません(T_T)

036←途中のこの標識からつづら折れになります。つづら折れに入ると、道は細くやや荒れ気味の古い道に。

037←こんな標識が有るくらいだから、平均的な勾配は6~7%くらいかな?

038 039←かなり登ると、すごい岩峰や前橋市街が見えてくる。 だんだんと斜度も緩やかになり、このまま榛名湖へ着くのかな~、なんて思って油断してたら・・・・・

040←いきなりこの標識が!(@_@)! この道を設計した人はどういう神経の持ち主なんでしょうか! 暑い中、さんざん苦労してここまでたどり着いた自転車乗りに対して、この斜度はないでしょう! これでは「自転車乗りなんか、榛名山へくんじゃね~よ」と言ってるようなもの。 これは、管理者の「群馬県」に対して抗議しなければならない斜度と言えましょう <`ヘ´>

そういえば「滝が原峠」の斜度はもっとあるから、「栃木県」に対しても抗議しなければならぬ。

041←やっとたどり着いた峠。前方に見えるのが榛名山頂上。 ここで作業していた人たちも「熊鈴」付けていたから、やっぱり居るんですね

043 046←気温はこのくらいで、涼しい。天気も上々。

047←本来のコースは、ここ「厚田」交差点を直進して「郷原」交差点左折でN145号線に入るんだけど、今日の私の試走の目的の半分は、ここを左折して新しく出来たという県道を走ってみるということにあったのです。N145は狭いし車多いし、私の「嫌いな道百選」に入っているので、別な道を探そうというわけです(^_^;)

049←左折して500mくらいで、右手に「ホンダ」のお店が有る所を右折。これで、川をはさんでN145と並行に走るわけです。

050←こんな感じの道。車はN145と違い、かなり少ない。

051 053←対岸の岩峰を見ながらのんびり走れます。まだここは新しく出来た道ではありません。

054←ここを左折すると新しく出来たD375号線に入ります。ここを右折するとN145沿いの「岩島駅」に突き当たります。このまま直進して旧道を行ってもN145に抜けられるのですが、新道を見たいので左折。

055←ダムのために移転する人たちのために作ったというだけあって、なかなか立派な道です。 出来たばかりだし車はたまにしか通らないので、自転車で走るには最適。下のN145の車の多さがうそみたい。 お金払ってもいいくらいだ(^_^;)

056←遠くに白く「八ッ場バイパス」が見える。手前の橋は「吾妻線」付け替えのPRC斜版橋。

057←対岸はこんな感じ。少し高い所を走るので、ちょっと登らなければならないのが欠点と言えば欠点(^_^;)

063 064←大型はここ「天狗の湯」のところから右折して「雁ヶ沢」方面のN145へ出よと書いてある。 なんで?

「雁ヶ沢」なら、すでに「八ッ場バイパス」と別れた後のN145に乗れるので車は少ないはずだから、私もここで降りても良かったんだけど、この先に有るという「トンネル」を見たかったので、直進。

068 069←ここが「吾妻峡トンネル」。涼しいし、車は来ないし、歩道は広いし、ここで「仮眠」とってもいいな~なんて考える始末。

070←が・・・でたら歩道はこの状態!なんでここだけ残してあんのよ!

071←ちょっと先も歩道はこんな感じでやり残してあり「自転車や歩行者はどうせ通らないでしょ」って感がありあり。 やっぱり手前でN145に降りちゃった方が良かったかな。

073←その先の「川原湯温泉トンネル」。ここの歩道は左側。 どっちかに統一すればよいのにね~。 

074 075←出るとこんな感じで、まだ工事中。だから大型通行止めだったんですね。

078 080 081←橋を渡って出た所は、道の駅「八ッ場ふるさと館」の交差点。 ブルベのコースはN145を右から来るんですね。 ここで、本来のコースに入っても良かったのですが、新しい道はこの先にも続いてるので、直進しました。

082 083_2やや高い所を通りますが、ここに文教施設を集めたらしく、子供たちが通るのでトンネル内の歩道も両側についてます。

085←ここが終点のN145と交わる「新須川橋」交差点。左の方に小さく写っている、自転車に乗り信号待ちしてる白いヘルメットの学生が居ますよね。

この子が女子中学生で、私と一緒に渡ったのですが、坂をスイスイ登って行きますよ! 私が頑張っても追いつけません。ちょっとどころか、かなりくやしい。

最初はクラブ活動をしていて運動部だから強いのかな~なんて思ってたけど、それにしても楽そうに漕いでる・・・・で、近寄って良く見たら電動アシスト自転車でした(@_@)

電アシって、お年寄りの乗り物ってイメージだったけど、こういう坂の街では学生も使うんですね~。

これはブログネタに最適と思い、写真を撮ろうとしたんだけど、周りは商店街だし、この子は近所の子だろうから、誰かが見ていて「変なジジイが、女子中学生の○○ちゃんの後ろから写真を撮ってますよ」などと警察に通報されかねないので、切歯扼腕あきらめました(T_T)

背後の気配に気づいたのか、女の子が振り向きました。 気づかれたからには、いつまでも後ろに着いているわけにはゆかない。 電アシ車には負けたくないという意地もある。

無理して前に出て、離すべく頑張る! 悪いことに、抜いたところから斜度が急になってた。 これから草津まで登り、さらに渋峠まで登らなければならないというのに、こんなところで体力を使っちゃって良いのでしょうか?

でも、抜いちゃったからには、再度抜き返されるなんてぶざまなことはできない。 もう頑張るしかない。 後ろ振り向きたいけど、それは意識している証拠になっちゃうし、もしすぐ後ろに来ていたら大変だ。

しばらく全力で登り、もう大丈夫だろうと、周りの風景を見るようなそぶりでそれとなく振り返ったら・・・・もう女子中学生の姿は見えなくなっていた。あの近くの子だったのかも。無駄な力を使ってしまった後悔にさいなまれる私が居ました(T_T)

087←無駄なことをして、喉が渇いたのでPCではないけど「大津」交差点の7イレブンで補給。ここからはN292で草津まで登らなければならぬ。 登りながらふと見ると、こんな看板が!

9日のスタートは7時だからブルベの走者は大丈夫だろうけど、スタッフの車はぐずぐずしていると引っかかる可能性大だな~(^_^;)

088←草津への登り。路肩はほとんど無いような状態で、しかも両方向とも交通量がものすごい! 平日なのに、なんで観光地にこんなに車が来るんだろう? 世の中「暇人」が多いんだな~と感心しながら登り続ける。 車の人は車の人で、平日のしかもこんな暑い中わざわざ自転車で草津へ登って行くなんて「暇人」なんだろうな、あの人は、って思っているに違いなかった。

途中で止まって休憩したかったけど、自転車にまたがったままうなだれていると、車に乗っている子供が「ママ、あのおじいちゃんは、力尽きちゃったんだね。あのおじいちゃんは車を買うお金が無いので自転車で来たんだね。かわいそうだね。」などと言われそうなので、休まず頑張る。

090←やっとのことで、「天狗山スキー場」までたどり着いた。 あたりはもう夕暮れだ。 温泉街は平日だというのに人通りも多く、ホテルの窓まどには明かりがついて満室の盛況ぶり。 ガラス張りのダイニングルームでは皆さん楽しそうにお食事中。

そんな中、私はこれから渋峠までたった一人で登らなければならない。 もうやめたくなった。 ホテルの前には「本日お部屋有ります」なんて看板も立ってる。

でもブログの読者からすれば、「ここでやめました」ではつまらないだろう。 やっぱり渋峠の登りが入らないと走りとしては片手落ちだ。 第一、草津に泊まるようなお金は持って来てないし・・・。

092 093←登り始めてすぐの所に有るこの遺構はなんなんだろう?

095←例の臭い場所を通過。 この臭いはどうも好きになれない。 深く深呼吸をすると、気が遠くなりそうだ。

097 098←まだまだ峠は遥か先だ。何度か登っているだけに、先が読めちゃうのもある意味困りものだ。 知らなければ、「あと少しかな~」なんて希望も持てるが、知っていては希望の持ちようがない。 実際は、この写真よりかなり暗くなって来てます。

099←はるか下に草津温泉街の明かりが見える。 あそこでは皆、美味しい食事を食べながら楽しく談笑しているんだろうな~などと考えながら、フロントバッグの中から食べかけのウグイスパンを出して食べつつ登る。 さびしさや、岩にしみいるセミの声。 でも、まだこの時間帯は、たま~に車が通るのが救い。

100←真っ暗な中を登り続ける。 前回のSR600の時も真っ暗だったけど、どうして私は暗い渋峠を登る運命なんだろう? 熊注意の看板は無いけど、心配なので自転車のベルを鳴らしつつ登る。 今回は、大きなベルに付け替えてきたのだ(^_^;)

104←やっと白根山に到着。 でもこの先が長いんですよね~。距離は5kmぐらいなんだけど、ここでホッとしてしまうせいか、やけに長く感じる。登りだし。

105 106 107←着いた!ゴールの「渋峠ホテル」。 でもタイムが遅すぎ! 途中でメーターはリセットしながら走った(この方が誤差が少ない)ので、総距離は正確には不明だけど、たぶん227kmぐらい。

112←ものすごく寒い。 アームウォーマー・レッグウォーマー・ネックウォーマー・冬用手袋・ヤッケ3枚重ねで下る。 雨具も持って来たけど、そこまでは着なかった。

いざ下りになると、それまで出ていなかった「霧」が出て来て、前が良く見えずコーナーがどこだかわからない状態で、すごく怖い(T_T)

ある程度下って来たら霧は消えてくれた。

115←草津まで下って、この「ナウリゾートホテル」を左折してYHに向かう。 このホテルの駐車場も車でいっぱいだ。 世の中お金持ち&暇人が多い。 まだまだ日本は大丈夫だ。 

YHの前でメーターを0にし、写真を撮ろうとしたら不審に思われたのか、中から人が出てきたので、写真は撮らず即スタート(^_^;)

山岳2日目はこんな感じなんですね。これから深夜の「暮坂峠」を登らなければなりません・・・・・果たしてどんな展開が待ってますやら、こうご期待!



























 

























|

« SR400? | トップページ | 山岳試走 その2 »

コメント

涙なくしては読めません。
過酷な自転車人生ですね。

投稿: hiro | 2013年8月30日 (金) 19時26分

hiroさんへ

今日は参加できず、すみませんでした<(_ _)>
どうでしたか?

投稿: へばな | 2013年8月30日 (金) 20時04分

hiroさんと同じで
涙なくしては読めません。
後半は笑いすぎての涙でしたが

しかし、キツイですよね坂が・・・
私に縁のない宇都宮の山岳ですが
へばなさんのブログでコースが良く分かりました。
参加の皆さんは坂の好きな方ばかりでしょうから
楽しみなんでしょうね。

投稿: シー | 2013年8月30日 (金) 22時48分

シーさんへ

「坂が好き」ではなくて、「坂を登らなければ」という強迫観念に取りつかれた、言わば「変人」「狂人」のたぐいでしょうね (^_^;)

投稿: へばな | 2013年8月30日 (金) 23時04分


へばな大魔神様、おはよウナギ!!

サイスポのブルベ特集、観ましたよ~。

とうとう大魔神様も”全国区”ですか~?!

あとで”サイン”もらいに行こうかな???

ヨロピク~!!

投稿: エヴァニョ~ロ | 2013年8月31日 (土) 08時25分

エヴァさんへ

あんなに大きく出ちゃうとは思っていなかったので、ちょっと恥ずかしいです(^_^;)
あっ「サイン」ですね! サインも握手も、いつでもOKですよ(^^)/

投稿: へばな | 2013年8月31日 (土) 10時42分

草津の宿から投稿です。榛名山の15.8パーセントの所で不覚にも押しが入ってしまいました。
一方、雨男の称号は返上ですね(笑)

投稿: yama | 2013年8月31日 (土) 18時31分

yamaさんへ

試走、お疲れ様です。
台風を心配してましたが、お天気で良かったですね。
あの15.8%はひどいですよね~。今日はゆっくり休んで、明日も頑張ってくださいね(^^)/

投稿: へばな | 2013年8月31日 (土) 22時00分

“へばなさん”の圧巻の写真入りレポート、人ごとだと思ってとても楽しく拝見しました。特に電アシの女の子とのくだりは、“自転車乗り”には分かりすぎるほどのシチュエーションで笑えました(失礼)。これって必要以上に体力を消耗してしまいますよね。
午前4時から8時まで過酷な坂道との闘いご苦労様でした。

投稿: koji | 2013年9月 1日 (日) 02時11分

kojiさんへ

いや~「電アシ」の実力をまざまざと見せつけられちゃいました。
女子中学生の後ろにピタ付けでは、世間体が悪いので、無理やり抜きましたが、無駄な労力でした(T_T)

投稿: へばな | 2013年9月 1日 (日) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SR400? | トップページ | 山岳試走 その2 »