« SR600k北関東 | トップページ | SR600北関東 NO2 »

2013年8月 5日 (月)

SR600北関東 NO1

SR600北関東とは、こんな内容なんですね。

10日からは、お盆の渋滞が始まるとかの予想なので、その前にやっちゃいましょうという予定でした。

が・・・週間天気予報がどんどん悪くなってる(T_T)

まあ、600kmも走れば、どこかで雨に降られるのは、止むを得ないこと・・・山方面だし。

ということで、なんちゃってカッパ持参で出発。

001←出発直前に、長い距離を押すことになるかも知れないと考えて、急遽「フラットペダル」に交換。 これならスニーカーで行けますから(^_^;)

002←21時頃までは雨予報だったけど、どう見ても降りそうになく青空まで出てきたので17:05に出発!

「コマ図」は、このコースを最初に完走された「K林さん」のブログからお借りしました。とてもよく出来ているので、参考になります。(ただ、NO60番のセブンはNO59の交差点の所に移転しちゃってるので、注意。)

これに、AJ宇都宮から出てる「キューシート」で自分なりに補足して置く。


005←今日は「勝手試走」なので、森林公園へは向かわず、ここ「文挟」の近くの橋を渡る地点からコースに乗ります。


006←ここまで、自宅からこの距離。森林公園からここまでは13.1kmなので、21km(約1時間)ほど、すでに多く走ってることになります。

「小来川(おころがわ)」を過ぎて、真っ暗い中を「滝が原峠」への登りに入る。

熊が怖いので、ベルを鳴らしながら登る。 坂が急になって来た頃、後ろから私のより大きい「ベルの音」がして来ましたよ!

お~、今日、誰かSR600北関東を走る人が居たんだ! 同行の氏が居れば心強い。

すぐ後ろまで迫って来てる感じ。 いきなりピーと口笛まで吹いてますよ。

でも、振り返ってもライトの明かりが見えない。カーブが連続してるので、遮られちゃってるのかも。

と・・・いきなり、口笛が遠のいて行っちゃいました! もしかして「鹿」の鳴き声???

じゃ~、あの「ベルの音は」??? (@_@)

009←激坂に泣きそうになりながら、やっと着いた峠



010←くだりになったら鹿が姿を現しました。 あちこちに居る。

012 014←「清滝」まで下ったら、旧道に人がいっぱい・・・「日光和楽踊り」でした。


017←お次は「いろは坂」です。ここは後半緩くなるので、気分的に楽。


018←中禅寺湖畔。 このあたりにも鹿がいっぱい! ホテルの前にもたむろしてるし・・・・ここは「奈良公園」?

さすがにここまで登ると「超寒い」! ストーブが欲しい。 手がかじかみそう。 ヤッケだけでは、寒すぎる(T_T)

021←「二荒山神社」でも盆踊りみたい。 もう終わってたけど。

022←「戦場ヶ原」でやっと暖かいコーヒーにありつく。吐く息が白い!

この先の「光徳入口」では数日前に「熊」が道路を横断しているのが見られているので、緊張して走り抜ける。

この後、「湯ノ湖」までの森の中は鹿でいっぱい。 二つの目がたくさん光ってました。


023←ここから「金精峠」への長い登りが始まります。「滝が原」に比べれば、どうってことないですが、「腰」が痛くなってきてるので、ごまかしながら登るのがつらい。

025←金精峠着。すでに、登山者の車が2台ほど止まってました。

026 027←トンネル入り口で、長いくだりに備えて、持って来たものすべてを着る。レッグウォーマー・アームウォーマー・ヤッケ・コンビニのなんちゃってカッパ・冬用手袋・首にタオル。

夜だし、路面も悪いので、慎重にくだる。

028←長いくだりが終わり、「鎌田」交差点を右折して「尾瀬大橋」を渡る。

030←少し先にある、このコンビニで補給するはずが・・・・閉まってる(T_T) 

家から補給食はたくさん持って来たので、大丈夫なんだけど、ここをあてにして来たらえらいことになるところでした。この次に補給できるのは60km先の「水上」ですからね~(^_^;)


033←「鳩待峠」方面へ走り、ここを左折して「坤六峠」へ向かいます。 月は見えてるものの、霧雨のような細かい雨がず~と降っています。

斜度も、まあまあ有り、腰が痛くて、この調子では「直江津」までは行けそうにないな~なんて弱気になってます。

035←「坤六峠」着。ここからのくだりは道が悪いという情報が有ったけど、そんなことはなく、良い道で一安心。

040 041←明るくなってきて、ここは「藤原ダム」。

坤六峠から水上までは、アップダウンは有るものの、ず~とくだり基調で楽(^^)v


043←次のPCはここなんだけど、入口がコースに面してないので、くだりということもあり、スルーしてしまいました(^_^;)

かなり下っちゃってから、「出てこないな~」と思い、早朝散歩のおじいさんに聞いたら、かなり上の方なんだとか<(_ _)>


044←この画面の手前から下って来ますので、右側にある「水上中学校入口」という白い看板が良い目印になると思います。で、この左手の歩道の方へ左折すると、50m位先にPCがあります。

046←右手の白い看板が目印です。なお、ここのすぐ手前に「横断歩道橋」があるので、歩道橋をくぐったらブレーキをかけるくらいでちょうど良いです。

補給したい方は、コースから外れますが、ここから1km程くだるとセブンがあります。

さて、お次は「中学校入口」を右折して「仏岩トンネル」まで登ります。もう腰が限界で、下を向いてヒ~ヒ~言いながら登っていて、そろそろ頂上のトンネルかな~?と思い、ふと顔を上げると・・・・


047←20mほど先の道路の真ん中に「熊」が!

お互いに見合っちゃって、どうしたらよいのかわからない。 とりあえず写真を撮らなければと思い、フロントバッグを開けたら、熊はゆっくりと立ち去り始めた。

この急斜面を登れるのがすごい! さらには「こけ」の生えている所を避けてるのもたいしたものだ。

048←この上の金網も登って、姿を消した。

もう大丈夫だろうと、再スタート。 が・・・・次が右カーブ!ということは、熊が登って行ったほうへ進むんじゃないの! どうか、出てきませんようにと、祈りながら通過しました(^_^;)

これ以来、どこからでも熊が出て来そうで、トラウマになっちゃいました。

052←天気は良すぎるくらい良くなって、暑い



そんな中、「三国トンネル」へ向けてR17を登り続ける。関越が出来たせいで、こちらの交通量は少ないんだけど、確か、関越トンネルは危険物積載車両は通行できないせいで、R17へ回って来るから、大型が多く怖い(T_T)


053_2 054←何度も止まって、腰を伸ばしながら、やっと着いた三国トンネル手前にある「クロソイド曲線記念碑」と「トンネル案内板」。



056←トンネルからは長いくだり。 久しぶりに来た「苗場」。ここは、私がスキーを始めたきっかけになったところ。

この後に出てくる「二居トンネル」と、そのず~と先の「芝原トンネル」は、路肩が無く、内部の道がガタガタで少しえぐれてるので、要注意!特に「芝原トンネル」は対向車もひっきりなしに来るので、後ろの車は私を抜けない(^_^;)

両方ともくだり基調なのが、助かるけど。

058 059←くだりの途中、ここでR17とお別れして右折します。いきなり狭い道へ入るので、見落とし注意。先に見えるスノーシェッドまで行ったら行き過ぎ。


060←でPCの「越後湯沢駅」に到着。 このあたりはスキー場銀座。 山の斜面に高層ビルが建ってます(^_^;)

062←ちょっと先から、田舎の道へ入ります。私的には車の少ない、このような道の方が好きですが、でも登りがキツイ!腰が痛くて、何度も立ち止まります(T_T)


065←「津南駅」前を通過して、「松之山」方面へ。ものすごい山の中を登って行ったら、頂上付近に集落があってびっくり(振り返って撮ったもの)。この細さで国道405号線(^_^;)

066←昔ながらの「峠」という雰囲気があって、いいですね。

この頃から、不思議なことに「腰の痛み」が無くなっちゃいました。「走って治す」は健在ですな~(^^)/

067←棚田。「この位置が撮影の絶好ポイント」って看板が出てましたから、相当有名なのかも。 小屋がいい味出してますよね(^^)v

069←意味不明のトーテムポール?


070←こんな感じの建物の雰囲気も好きですね(^^)v

071_2←この付近は田舎だけど、「案内表示板」がしっかりしているので、コース取りは楽です。新潟県の方針なのかも。ここを左折。

072←PC9の「道の駅、雪のふるさとやすづか」。 道の駅にしては、閑散としていて、近くには親子連れが1組居ただけ。 トイレを借りて、出発。


073←その先の左折箇所がわかりずらいかもって思っていたけど、ここですね。キューシートに有る「高波測量設計」と「かやぶき美術館」が見えます。 この手前にも「かやぶき美術館→」という看板が有りました。 でも、夜間だったら、わかりずらいかもね(^_^;)


 075 074_2 076←このころになると、ものすごく良い天気になってきて、暑くて暑くて、自販機ごとに立ち止まって飲んでました・・・・食い物代より飲み物代のほうが多い

077 078←「三和区岡田」のため池の先(左の写真の前方にある標識の所)を右折すると、平地走行となり、穀倉地帯を快適に駆け抜けます(向かい風だけど)。 この付近にはため池が多い。

079←まもなく、折り返し地点の「直江津港西埠頭フェリーターミナル」に到着!ここまでで、森林公園からだと300.6kmのはず。 私は+21km。

080←せっかく来たのだし、もう来ることは無いかもしれないし、時間もあることだしということで、5Fにあるという「展望台」に上がってみました。 専用エレベーターであっという間。 だ~れも居ない。 ここで「仮眠」して行くのも良いかも。

082 083←海側と反対の街側。

さて、トイレに寄って、復路へ入りましょう。

つづく・・・・

 

|

« SR600k北関東 | トップページ | SR600北関東 NO2 »

コメント

直江津フェリーターミナルの展望台・・・佐渡ロングライドの時に上がりました!

そこへ自走・・・やってみたいけど・・・出来ないだろうなぁ~~~

投稿: がきまん | 2013年8月 5日 (月) 17時45分

がきまんさんへ

「やってみたい」という気持ちが有れば大丈夫です!

我々自転車乗りは「走り出しちゃえば」なんとかなっちゃいますよ。 天気の良い時を狙って、どうぞ(^^)/

投稿: へばな | 2013年8月 5日 (月) 19時47分

相変わらず すごいですね~ 
写真見てると綺麗でいいな~ なんて思うのですが・・・

田舎の住まい(住宅)風景 私もすきですね~

復路も楽しみにしてます。

投稿: kym(若爺) | 2013年8月 6日 (火) 09時11分

お疲れさまです。鳴りを潜めていると思ったら,SR600 ですか。@o@///
淡々と凄いことをやってのけますね。まったく,凄いです。たった一人で夜の滝ケ原峠とか金精峠は越えたくないです。^^;

それにしても,鹿の数が半端ないようで,ダウンヒルで真横から飛び出されたらアウトですねぇ。どうやって,注意したらいいんでしょうね?

投稿: なでら男 | 2013年8月 6日 (火) 09時42分

お疲れ様でした。
天気は、良かったようですね。
一人で長距離を走れるのは、
体力?精神力?何でしょうか?
途中で折れますね。
偶然にもR405走りました。(笑)

投稿: テクセラ | 2013年8月 6日 (火) 09時44分

kym(若爺)さんへ

景色、きれいでしょう! こういう所を、宿泊しながらのんびりと観光しながら走れたら最高でしょうね。

あちこちに「見どころ」も多く、ただ通過しちゃうのが残念でした(^_^;)

投稿: へばな | 2013年8月 6日 (火) 11時50分

なでら男さんへ

同じ600でも、こちらは55時間で走れば良いので、時間に追われるという感じではなく、わりあいのんびり走れます(^^)v

くだりで鹿が飛び出して来たらアウトですね。
私は車が来ないときには、センターラインの上を走って、多少でも回避する余裕を確保しましたが・・・(^_^;)

投稿: へばな | 2013年8月 6日 (火) 11時56分

テクセラさんへ

「栄村100km」に参加されたのですね!
私は「伴茶夢」のすぐ手前を左折してR405を走ってました。 あと少しで「スライド」してたかもですね(^^)v
私はゆっくり長距離を走る方が、テクセラさんのように「ヒルクライム」をガンガン走るのよりず~と「楽」だと思いますが・・・ヒルクラレースは苦しくて、途中で折れちゃいます(^_^;)

投稿: へばな | 2013年8月 6日 (火) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SR600k北関東 | トップページ | SR600北関東 NO2 »